極選体験談


団長の独断と偏見により、1話からの100話までの体験談の内から、良いと思った体験談のみを厳選しております。ご堪能下さい。

NO.100 団長、ありがとう。必ずまた来ます。


午後に仁川着,ソウル明洞近傍のホテルにチェックインの後,さっそく事前に連絡を取っておりました団長殿に電話。

待ち合わせ場所を決めて移動いたしました。団長殿とは初対面ですが,初対面の印象は大変感じの良い方です。

実は韓国 はソウルも含めて既に数回の渡航歴があり,その折にカラオケ ,按摩,ルームサロンなどなどは(お持ち帰りも含めて)経験済みなのですが,いわゆるエスコート・アガシは初めて。

どんなものなのか期待7割,不安3割,といった心境でしたが,団長殿とお会いしただけで既に不安は2割程度にまで減った感じです。

待ち合わせ場所から,近隣の○○○へ。この200 メートルほどの移動の間に「今,来ているアガシの人数」「各 々のちょっとした情報」を聞き、そして○○○到着!

ここでいよいよアガシとご対面です。

今回,じつは最もリーズナブルなコースでお願いしておりましたが,来ていたアガシは私一人に2名。

一人(向かって左側) は大変普通っぽい,ショートの黒髪,化粧薄めで整形もなさそう,スタイルはちょっとぽっちゃり系,胸は・・・無い,優しそうな印象,見た目年齢は25くらいかな? 

もう一人(右側 )は細身で出るところはばっちり出ているぞ!顔はちょっときつめの印象で,加えて化粧がやや派手かな。とくに瞼の緑っぽいアイシャドー,髪は長めで染めている。

当方は50歳手前の中年太りのオジサンです。一緒にいてあまりに違和感のある娘だと外を歩くだけでも何だか他人の視線が気になりそうです。

しかも団長殿には最初から「まあ,のんびりできる,癒し系で」とお願いしていたこともあり,加えて実はぽっちゃり好き,胸は小さい方が好き,ですから(これらの好みも団長殿に事前に伝えておりました)左の娘を指名いたしました。

さて,その後,私とアガシのSちゃん,団長殿でしばしコーヒ ーを飲みつつ談笑。

もうこの時点で不安感はゼロです。

時間は まだ夕方の4時。一旦,私のホテルに戻って,その後で夜にな ったら食事にでも出ましょう,ということで団長殿とは別れま した。

タクシーで明洞のホテルへ,まだ明るい時間ではありましたが ,すでに数度目のソウルなので,ショッピングも観光も大して興味も無いし・・・しばし歓談。

Sちゃん,日本語はペラペラ です。 私,じつは恥ずかしながら寄る年波には勝てず,最近 はアルコールが入るとてきめん弱くなる一方です。そこで,S ちゃんと(実は28歳でした)さっそく「仲良く」なることに いたしました。

彼女は「こんな早い時間からするのは初めてだよ。普通は夜と朝だよ」とのことですが「いやあ,年だからご飯食べてお酒飲んだら出来ませんから」などと言いつつ交代でシャワーです。

じゃんけんでシャワーの順番を決めて,先にSちゃん,後で私です。

シャワーを終えるとタオルを巻いたSち ゃんがベッドに腰掛けて待っています。

こっちがベッドの上に 仰向けに寝ると,そそくさと隣にやってきます。

私は自分のタ オルも彼女のタオルも取り,まずは彼女を下にして上からの抱擁タイム。

DKは苦手なの,と事前の歓談中に言っていたので無理強いせずに軽めのK。

胸はそこそこまあまあ,客観的に言って決してスタイルが良いわけではありませんが,私としては好みの体型,好みのバスト ,しかも結構感度が良いようです。

下を探ろうと手を伸ばしか けると,彼女の方から抱きついてきて私を下にします。そして 愚息に手を伸ばし,しばしソフトな手コキ,おもむろに彼女の体が遠ざかりFに移行です。

竿も玉袋も優しくレロレロされ元 気一杯に。身を起こした彼女は手コキを続けつつ私の手をマ◯コへ導きます。

ありゃりゃ,こりゃ濡れ過ぎでしょ? まだこ っちからは前戯らしい前戯もしていないのに,もう完全にやる 気モードのマ◯コ状態。 実は彼女は「その気」でチ◯コを弄ってると我慢できなく入れたくなる,大変な挿入好きであることが後で判明します。

というわけでG装着の後,正上位で合体 (Sちゃん,軽めの昇天)。

騎乗位〜再度の正上位で彼女が強 めの昇天状態となり,こっちはまだだったのですが一旦休憩です。

のんびりお昼寝(夕刻ではありますが)していると,30分 か1時間ほどしてからでしょうか,彼女がまたまた愚息を弄り出します。そしてFの後,私の上に騎乗挿入し自分で喘ぎながら上下運動に励んでくれました。

最後は正上位で発射っす。

ゆ っくり余韻に浸った後,シャワー,そしてお食事。

夕食は彼女の案内でカルビ,ハラミ,ビール,焼酎。そのあとのんびりと 明洞を歩いてウィンドーショッピング。

その後,コンビニでつ まみと飲み物を調達し,ホテルに帰ってテレビを見ながら談笑タイム。

じつはこの談笑タイム内で私の仕事の道具や資料を見たSちゃんが,一発で私の仕事を(かなり専門的なところまで)言い当ててしまい,聞いてみると彼女も関連業種と判明。

そこから私的な話が進み,実は米国内の同じ町に住んでいた(時期はかぶ ってませんが)ことまで判明し「今,◯丁目の西側はどうなっ てるの?」「X番の電車に乗って動物園に行くと。。。」などと超ローカルな住民トーク。

ぐっとSちゃんへの親近感が強く なりました。

その後,夜も更けてシャワーしてベッドイン。こっちは寝るだけのつもりだったのですが(夕方の合体時に,そう言ったでし ょ?)Sちゃんがおさまらないようで,またしてもチ◯コ攻撃。

「大丈夫,もう大きくなってるよ」と良いながらG装着から 騎乗位挿入。まあ,20代後半〜30台前半って女性が性的に (感覚,技術,経験,体力など,いろいろな要素のバランスで)最も「良い時期」というのが私の個人的な意見ですが,Sち ゃんは全くその通りで,本当に好きみたい。

こっちが「え,するの?」というくらいの積極性です。

で,もちろんあえなく発射オーライでぐったりと熟睡いたしました。ソウル1日目の終了です。

翌朝は会計(チップも上げましたよ)終了後,Sちゃんの案内で美味しいタラのスープを頂き,コーヒーを飲んでお別れです 。

こっちは午後から仕事ですし,名残惜しいですが仕方ないです。 それにしても,仕事も海外での居住経験も共通していたこともあり,個人的にいろいろと(ベッド以外に,ですよ)親近感を憶えたし,なによりも互いにあまり気を使わずに過ごせそうな 彼女の人柄が好きでしたので,「今日は仕事だけど,明日はま たのんびりできるので,来ない?」と誘うと「OK」とのこと。

1日空けてソウル3日目はまたしてもSちゃんと過ごすこと にしました。 3日目,午前中は仕事でしたが,午後(3時頃)にホテルに戻 り,空気を入れ替えようと窓もドアも開けたままパソコンでお仕事をそこへ約束通りSちゃん登場。開けままのドアから静か に入ってきて,そっと隣に座ります。

一つ一つの節度ある人懐 っこさが本当にカワイイ女性です。

一昨日と同様,早速まずは 夕食前の「仲良し」タイムに突入です。すでに2日目ともなる ともう彼女は本性むき出しです。裸で抱き合って,徐々に盛り上がってくると,顔中がべとべとになるくらいにDK,乳首を吸 っているのに「なめて」というので「マ◯コ,なめて欲しいの ?」と聞けば何度も何度もうなずきます。

その後「早く入れて 」コールに,後背,正。当方の発射後は,しばし放心後にG離脱時にクリーニングFまでしてくれるので大変感激いたしました。

当夜はフグを食して就寝(また要求されました)。翌日( 4日目)はゆっくり起きて,11時頃からサウナへ。

二人で汗 蒸幕,マッサージも満喫し,一旦ホテルへ。

ここで何故かまた しても1戦!「夜はしないよ」と白旗宣言をして,ホルモン屋さんへ,帰りに明洞でショッピングしてホテルへ。

「もうしないって言ったでしょ!」という当方の願いは全く聞き入れられず,性欲全開で騎乗につぐ騎乗,最後は正上位で発射。

発射後 は「まだ抜かないで」というリクエストでややそのままで息を整え,最後に抜くときには「あんっ」と敏感反応,そしてクリ ーニングF。

最後のそして最も濃密なひと時を終えて,シャワ ーして抱き合いながら就寝です。

翌朝は私は仕事がありますので,起きたらそそくさと身支度。 ご会計,チップ+昨夜一緒に買ったプレゼントを渡し,ホテル を出てソルロンタンを食べて,コーヒーを飲んで,そしていよいよお別れです。

名残惜しいですが,しかたありません。

彼女 はこの後1月もしないうちにこのバイトは終了,と言っていま したが,いつか,ソウルに行ったらまた逢えるかな? 本当に 気楽に,恋人と友達と風俗を足して3で割った様な楽しい時間を満喫しました。

本当に大満足のソウル旅行,アガシ経験でし た。

当方はお酒をあまり飲まない(飲むと出来ませんので)ことも あり団長殿との呑みやカラオケの機会はありませんでした。団長殿には大変不義理をしてしまったことをお詫びするとともに,本当にいい娘を紹介していただきましたことを心から御礼申 し上げます。

たぶん,次回ソウルに行く際にはまた団長殿にお世話になることと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げ つつ,大満足レポートとさせていただきます。 本当にありがとうございました。


団長のコメント:いや〜本当にイイアガシですよね。会ってすぐH、さらにベットテクニックなどなど韓国アガシには滅多にいないタイプのアガシです。ま、アガシのサービスが良かったのも貴兄のマナーの良さにもあったとは思いますが・・・(韓国アガシだけではありませんが、女性は総じて、遊ぶ側の取る行動により良い女にも悪い女にも化けるといういうことです。)またお会いしましょう。



NO.99 ソウルの上質な時間  


団長の存在とアガシ遊びを知ったのは、約1年前、ネットサーフィンをしていた時。 それ以来、ずっと気になっていた。 

とうとう先日、思い切って団長宛てにメールを送 り、ソウル行きを決心した。

某日○時、ソウルの某駅から、団長に電話した。待つこと5分、団長が現れた。

想像していたより、素敵な紳士系。挨拶の後、待ち合わせ場所への道すがら「 今日は4人来ています。その中の一人、私の隣の女性がタバコを吸わない人です。きれいな人ですよ。日本語も話せます。」との説明。

非喫煙の条件をつけると、選択範囲が 狭くなるとのことで、制限は外してお願いしていたが、団長の配慮に感謝。

この時点で その人にほぼ決めた。

喫茶店に入り、団長と席に座る。アガシ達は、隣のテーブルを囲んで4人。

どのアガシも素敵だったが、くだんのアガシの印象が良く、迷うことなく決心した。

挨拶のしぐさが可愛い人。 タクシーに乗り、予てから見たかった景福宮へ。

生憎、屋外の景福宮は寒く、彼女はハイヒールでつらいだろうに、嫌な顔を見せずに、付き合ってくれた。

その後、二人共、空腹だったので早めに夕食を取ることにして、冷麺で有名な江南の店へ。ここで、食べたブルコギと冷麺、可愛い女性とともにする食事の美味しいこと。

でも、なぜか、彼女は口数も少なく、遠慮勝ち。どうも、周りの人の視線が気になるようだ。

傍から見れば、日本のおじさんと韓国の若い女性の怪しいカップル。まあ無理もないが、その姿が初々しく見えて、愛おしい。

食事の後、宿を探す。私がコンビニで買い物をしている間、彼女が一人で甲斐甲斐しく探してくれた。

土曜なので、なかなか見つからなかったとのこと。

部屋へ入って、麦酒を飲みながら、日本語と韓国語でいろいろ話をした。ここでは、彼女もリラックスしている様子。

ふと、彼女が形の良い豊かな胸をしていることに気づく 。期待が高まる。

先にシャワーを浴びて、待っていると彼女が「こちらを、見ないで」と言いつつ部屋へ入って来た。

そう言われると、全く見ないわけには行かない。

彼女はバスタオル1枚 を身にまとった姿、暖かい部屋で、体を拭いているではないか。昼間とは違う、大胆な面を見た。

その後、いい気分で、ベッドイン。

期待に違わず、ベッドでの彼女はかなり 積極的で、素敵だった。満足させて貰った。生きている素晴らしさを感じた。

ところが、余韻を楽しんでいる時、突然彼女が言った。 「お金を今いただけますか?」 お金は、翌朝、支払うシステムのはず。

訊くと、チップも含め、初めての人には、いつもこうしていると言う。

以前、貰えなかったり、足りなかったりした時があり、自分で弁済したとのこと。

事情は理解するが、自分が信用されてない気がして、気持ちが一気に萎えてきた。

また、そんな日本人がいる事が情けなった。約束を守れない屑男は切腹すべき。

チップも払った以上、もうサービスは期待できないだろうし、態度が変わる可能性も大きい。

「まあ、いままで十分良かったから、これで良しとすべし。」と自分を納得させて寝る。

そして朝、彼女は予想を裏切った。前日と変わることなく、再度の求めにも嫌な素振りを微塵も見せず答えてくれた。最後、わかれる前まで。いや正確には、分かれた後までも、メールと電話のフォローがあった。

また、時間を作ってソウルに行こう。

こんどは、彼女に直接電話して。

最後に、素晴らしい体験に案内していただいた団長さんに感謝いたします。

今回は出来ませんでしたが、いつか、またお会いした時は、お酒をご一緒しましょう。

この遊びは相手に対しどれだけ、心を許せるかがポイントと感じました。自身の人間性 と度量も試されます。

幸いにも、団長が紹介してくれるアガシに関しては危険はありませんから、心を許し易いですね。

その分満足度も高くなるのだと思います。

同時に、この遊びは怖いですね。ほどほどにしないと、単なる遊び(彼女に取っては仕事)を超える可能性があります。でも、そこがいいですね。


団長のコメント:体験談を見ると満足度が伝わってきます。当方も最近は新しいオキニ
を物色中ですので、羨ましい限りです(苦笑)それでは、またお会いしましょう。




NO.92 初訪韓で大満足でした。

休みをどう過ごすか思案していた○月末、韓国の友人から暇なら遊びにおいでとメールが来たので 初訪韓を決心したのが訪韓の6日前。

しかし、友人との約束は私の滞在期間の最終日しか合わず、殆どを1人で過ごさないと いけない状況に。

それなら、1人でどう遊ぶかをネットで検索していた時に運命の出会いが(笑)

掲載されている、諸先輩方の体験談を読めば読むほど下半身がバーチャルコリアモード に。

韓国が・・素敵なアガシが私を呼んでいるぅ〜!!

さっそく団長さんにメールで、詳細を教えて頂き疑いもなく予約をさせて頂きました!

22時過ぎに空港に到着し、団長さんへ約束通り連絡を! ここで初めて団長さんの声を聞いたんですが、関西系の発音から「軽い浪速の商人風」 な方かなぁと推測しながら明日の時間を約束。

ホテルに行き、寝るのはもったいないので東大門を2時間ほど探索〜カジノという日本人らしい観光コースででっかい散財をこさえてホテルに戻り就寝(韓国女神とご対面してから行けば良かった・・・)

翌日の3時に、約束通り団長さんに連絡を入れると、予定が入り4時過ぎでもいいですか?との事。

問題ありませんよ!朝から明洞を3時間歩き回って疲れてましたから!

再度、約束の時間に連絡を入れて無事に団長さんとご対面!

でんがなまんがな〜と登場・・・ん?「こんちわ!お待たせしました」 ・・・

予想と反して素敵な紳士のご登場・・・

団長さん!勝手な推測ごめんなさい。

「今日は、良い娘達が揃いましたよ!」とまず団長さんが話してきてくれました。

ちょっと待て!!このフレーズは、過去の体験談の中に確かあったはず!

「まず左端の娘は良い意味で”妖艶”な娘です。日本語は少し話せるというレベルですが・・・ そして真ん中の娘は話好きで、とても人気のある娘ですよ。右端の娘も日本語は堪能で可愛い娘ですよ」と何と3人もの娘を用意して頂く接待ぶり!

後で団長さんから、実は今日はランク○の娘が2人もいたんですよと言われましたが 何十回も体験談を読んだ自分は・・・うすうす気付いていたんですよ団長さん(エヘン ♪)

部屋に入ると3人の娘達が座っていました。

「うわぁ〜レベル高けぇ〜」これが部屋に入っての純粋な第一印象です!

団長さん!真ん中の娘でしょ!この娘ズバ抜けて可愛いし、胸にマスクメロンが入ってるし 話し好きだし100点満点でしょ!!

ランク○は彼女でしょ!!!

普通なら即決です。

・・・ですが、「妖艶」の言葉が頭から離れないんです。

妖艶の娘は、他の2人より少し年が上なのは間違いなく、日本人で言えば島崎和歌子似で胸も大きくはなさそう(おっぱい星人です)

団長さんが「たばこ1本吸ったら決めますか」と・・・皆さん!本当にこの瞬間は緊張 しますよ!!

私の出した結論は・・・「妖艶」な娘!!

選んだ理由は後ほど出てきますので割愛。

選べなかった2人が退席すると団長さんが「実は今の2人はランク○の娘だったんですよ」と一言。

・・・分かってたんですよ団長さん!

見た目、年齢を考えても少なくとも真ん中の娘が ランク○だって!

普通なら絶対真ん中の娘を選んでいます!

でも今回は目的がありまして 「韓国ドラマ関係の店や場所に行く」がメインテーマだったんです。

そして、自分が1番好きなドラマの女優さんに「妖艶ちゃん」は横顔や笑顔が凄く似て るんです。

この事は、後でカラオケ屋で団長さんにもお話したんですけどね。

その後、ドラマロケ地に案内して頂き、リクエストした焼き肉屋(豚)で夕食。

この店の焼肉はマジで絶品!!ぜひ団長さんにリクエストして食べてみて下さい。

夕食後にカラオケで弾けてからホテルへ!

実は、この日はHをする気は初めから無かったんで、本当はもう少し団長さんと飲んでいたかったんですが 気を使って頂いたので、コンビニで妖艶ちゃんお薦めの韓国ワイン(ラズベリー酒) を購入して朝方まで飲み入る事にしました。

妖艶ちゃんは、簡単な日本語と英語、それに翻訳機を持参していたので2人で過去の恋 愛話や 明日の予定などを話しワインと焼酎を6本ぐらい飲みまくりでした。

この焼酎も、よくドラマに出てきてたので飲みたいと妖艶ちゃんにリクエストしてたんです。

4時頃に就寝したんですが、10時ぐらいに下半身に快感が・・・私より先に息子が起 こされていまして、すでに臨戦態勢に!

妖艶ちゃんは伊達ではなく、かなりのテクニシャン+アソコが小さい!!

すみません・・・数分で撃沈です。

妖艶ちゃんも少しは感じてくれたのかな・・・私の左腕が引っ掻き傷で大変な事になってますから。

この後、2人でシャワーを浴びて、妖艶ちゃんを1度家に戻して遅い昼飯を食べる事に。

この時、妖艶ちゃんにお願いを1つ。カジュアルな服装で来て欲しいと。

妖艶ちゃんは、初日ドレスアップで来てくれてたんですが、妖艶過ぎて目立つんですよ これが!

私は団長さんと同年代なんですが、さすがに若過ぎる娘と歩いてると目立つかなと思った部分も選択基準にあったんですが、妖艶度が想像を超えていたので、弘大(ホンデ)に行った時に目立つ事目立つ事・・・

妖艶ちゃんお薦めの店で遅い昼食を食べ、買い物をし夜にナンタを予約してたので それまでホテルで昼寝をしようとホテルへ!

昼寝中に、妖艶ちゃんが「フェラ好き?」と聞いてきてそのまま即フェラ攻撃・・・し かもねっとりとリップサービスが続き、彼女着痩せするんですね!!

豊満なおっぱいでパイズリ攻撃。そのまま妖艶ちゃ んの口で終了です。

リップサービス中の顔も女優さんにそっくり(女優さんのその時の顔は知りませんけど ね)で大満足で昼寝タイム。

夜はナンタを見て(絶対見た方がいいですよ!)夕食に蟹を食べ、コンビニで韓国ラーメンをお土産に買ってもらい ホテルへ戻り、ファイナルバトルに突入です。

ファイナルバトルは、気合が入ってたので様々な体位で楽しみ最後の夜を堪能しました 。

初日より2日目の方が積極的になると皆さん言いますが、これ本当ですよ!

妖艶ちゃんのいやらしい顔と、感じている時の顔、攻めている時の顔・・・・たまりま せん。

団長さん曰く「ランクより自分に合った娘が最高のアガシなんですよ」と・・・まさし くそうですね!

妖艶ちゃんもアガシ経験が少ないらしいですが、一生懸命リクエストに応えてくれまし たから 本当に愛らしいって思いました。

次に韓国に行く時は、100%Hを目的として行こうと思っていますので 今度はランク○の娘が現われる事を期待しています。

妖艶ちゃんでも全然いいんですけど、どうせなら何人か試したいですもんね。

何より団長さんには、本当にお世話になりまくりで、最後の夜も団長さんと飲みたかっ たんですが 夜に突然電話しても失礼かと、今回は断念しましたが次回は必ず飲みましょう。

長くなり過ぎましたがありがとうございました。

団長のコメント:良いアガシですね。夜の部分に関しては韓国アガシにあるまじきアガシですよ(笑)実際、こんなに夜のサービスの良いアガシは稀です。当方も一度はお願いしてみたいものです。


NO.90 「2泊3日初めての韓国」

以前から韓国に興味があり、一度行ってみたいと思っていました。1人では行く勇気が無かったのですが、現地で1日一緒に居てくれて、観光案内から、食事、おまけに夜も楽しめる「派遣アガシ」が居る事をネットで知り、団長さんのサイトに巡り会う事が出来ました。

体験談を読んで初訪韓する決心が固まり、自力で航空券、ホテルを予約し、団長さんに メールで予約をしました。

数回のメールでのやり取りを経て、待ちに待った初韓国です。

昼頃、金浦空港に到着、団長さんの携帯に電話しました。

時間が早いので、ホテルにチ ェックインし、○時頃にまた電話下さいとの事。タクシーでホテルに向かい、無事にチ ェックインを済ませました。

韓国のタクシーは驚くほど安いのでビックリです。日本の 半額以下では?

以後、移動は全てタクシーを利用しました。3時に団長さんに電話すると、タクシーを捕まえたらまた電話下さいとの事で、タクシ ーに乗り込み、団長さんに電話、運転手に電話を代わり、行き先を告げていただきました。

そして、団長さんと初対面です。

団長さんは、とても気さくな方で、優しい感じ、 好印象でした。

簡単に注意点を聞き、喫茶店に入ると、すでに3人のアガシが来ていました。

ギャルっぽい感じ、色っぽくてグラマー、細身でかわいい、緊張でまじまじと見れませんでしたが、第一印象の細身でかわいい感じの女の子を選びました。

団長さんは まだ仕事中との事で、喫茶店でお別れしました。いきなりアガシと二人で行動する事になりましたが、日本語が堪能で、明るい子ですぐに打ち解ける事が出来ました。

まだ、5時と時間も早いので、マッサージに行き、その後、私の希望でサムギョプサルを食べ に行きました。

アガシが知っている店のようで、またあまり日本人が行かない店のようで、空いていましたし、とても美味しく、また安い!過去の体験談にもありますが、アガシはいろいろ世話を焼いてくれ、献身的で感動しました。

楽しい食事を終え、カラオケに行く事になりました。カラオケでは、団長さんも合流し、若く明るいスタッフが場を盛り上げてくれ、歌が得意ではない私でもとても楽しく過ごす事が出来ました。

あっという間に時間が過ぎて、そろそろホテルに戻る事に。

コンビニでお菓子や飲み物 を買い、ホテルへ。

部屋では、雑談をし、お互いシャワーを浴びて、いよいよという時 に弱い酒を飲み過ぎた為か息子が言うことを聞いてくれません。

自分でも、これは無理だと判断し、このまま寝よう、とアガシに言い、寝る事にしました。

アガシはとても申 し訳なさそうにしていました。

私はこのアガシと明日も一緒に居たいと思い、アガシに伝えると、明日はすでに予約が入ってしまっているとの返事。

残念でしたが、仕方ありません。翌朝もぎりぎりまで眠ってしまった為、エッチは無しでした。アガシにお金を渡し、別れるまでアガシはエッチ出来なかった事を気にしていました。

今度来る時に必ず会おうと、携帯番号を交換し、別れました。

2日目、前日のアガシが頭から離れませんでしたが気を取り直し、また団長さんに電話 をしました。

事情を話すと、急でしたがアガシを用意してくれるとの話。本当に感謝。

時間まで、1人で南大門市場、景福宮を観光し4時に団長さんとの待ち合わせ場所に向かいました。

そこにはすでに、何と4人ものアガシが待っていました。私1人に4人なん て・・・ありがとうございます!

いざ、アガシの前に座ると、前日以上の緊張でアガシを見れません。皆ベッピンさんです。

今回は団長さんがこっそりオススメの子を教えてくれました。私はこのままでは一 生決められない、と思い団長さんオススメのアガシを選びました。

彼女は○○歳、すこ しオリエンタルな顔立ちの美人です。日本語は少し話せる程度でしたが、私のカタコトの韓国語で何とか意志の疎通は出来ました。

2人でインサドンに行き、ブラブラ歩き、 私はお土産を買いました。結構な距離を歩きましたが、彼女は高いヒールの靴だったにもかかわらず、終始ニコニコしながら付き合ってくれました。とてもいい娘です。

お腹もすいたので、お礼に彼女が食べたいカニを食べに行きました。この店もまた安い !日本とは比較になりません。

お腹もいっぱいになり、少し時間は早いですが、ホテル に戻る事にしました。

部屋で、飲み直し、いろいろ雑談しているといい時間になったの で、お互いシャワーを浴びました。

そして・・・

過去の体験談を読み、韓国の娘はエッチには淡白だと思っていまし たが、彼女は違いました。

彼女から積極的にキスを求めてきて、凄い腰の動きです。演技かなとも一瞬思いましたが、アソコの濡れもハンパではなく、終始韓国語で喘いでい ましたのでそうでも無い様でした。

いい意味で裏切られました。一回戦を終え、眠りま したが夜中に彼女が自分の息子をまさぐって来た為、そこからまた二回戦目をしました。

前日の不発だった分を取り返した気分でした。 朝になり、チェックアウトぎりぎりまで寝てしまった為、慌しく支度を済ませ、部屋を出ました。ホテルのロビーで彼女にお金を渡すと、彼女は「have a nice day!」と英語 で言い去って行きました。

別れ際があっさりしていて、その時は寂しい気持ちになりま したが、今思うと後腐れが無くて良かったのかなと思います。

初の韓国、初アガシでしたが、団長さんのおかげでとても充実したものになりました。

ありがとうございました。 金額的には決して安いものではありませんが、それ以上の満足を得られるというのが分かる気がしました。

次回、訪韓の際にはまたお世話になると思いますので宜しくお願いします。

団長のコメント:2日目に初日の遅れ!?を取り戻せて良かったですね(笑)2日目のアガシですが、相手もとても気に入ってくれたから=アガシに対して紳士的に振舞われたからこその結果だと思います。アガシも人間ですから、優しく紳士的に接していればそれに応えてくれるものですよ。それではまたお会いしましょう。


NO.82 ソチョンの初めての韓国一人旅

団長さまその節はお世話になりありがとうございました。団長さまもご都合があるのに、私のわがままの為にお付き合いをして頂き、ありがたかったことと、申し訳なかった気持ちです。

でも、そのおかげで初めての韓国一人旅が大変有意義なものになり、感謝にたえません。御礼かたがた、記憶が薄れないうちに体験談をお送り致します。(少々長文になりますが、掲載する時ははしょってください)

今回、予定していた韓国での用事が急にキャンセルになり、「さて、どうしようか・・・?」と悩んでいたのですが、せっかく航空券や宿泊を取ってしまったので、行くことにしました。

初めての海外一人旅。今までは、会社の社員旅行や旅行会社のツアーでしか海外は行ったことがなかったので、不安が一杯・・・。

インターネットで韓国の情報をあっちこっち探しておりましたら、団長さまのホームページを発見しました!!諸先輩がたの体験談を読んで、「へぇ〜。こういう遊びもあるんだぁ〜」と。国内では風俗と呼ばれる遊びは一通り経験しましたが、こういうのは初めてです。

体験談によると日本語が堪能なアガシも沢山いるようなので、大丈夫だろうと思い、思い切って団長さまにメールをしてみました。システムの内容や質問など数回のメールのやり取りで、団長さまにお願いすることにしました。

最終確認のメールを出発の3日前にしようとしたところ、テレビニュースで「韓国売買春摘発!日本人3名書類送検」というニュースが・・・「これは、やばいかな?」と思い、団長さまに不安かたがたメールにて質問・・・。

団長さまは落ち着いた様子で、私の不安を取り除いてくれる内容のメールを返信して頂き、最終確認のメールをお送りさせて頂きました。

さて、当日!定刻に仁川空港に到着。手荷物を受け取ったあとゲートを出る前に銀行がありました。「本日は土曜日の為、ここで両替した方がいいですよぉ〜」と言っている銀行の係りの人の言葉を聞いて、「じゃあ、とりあえず交通費で1万円両替しよう」と思いお願いしました。

1万円=124000ウォン

「まぁ、銀行だからしょうがないか」と考えながらゲートの外にでたらもう一つ銀行があり、レートを見ると、

1円=12.5ウォン!!

「なぬっ!たかだか10メートルも離れていないのに1万円の両替で千ウォンも違うじゃないか!」・・・・してやられた気分です。

バスが来るまでに団長さまに電話

私「団長さまですか?」

団長「はい、団長です」

私「はじめまして、ソチョンですけど、今、空港につきました」

団長「あぁ、ソチョンさん、こんにちは、空港に到着されましたか、では、ホテルにチェックインしたらまた電話をください」

初めての電話での会話でしたが、とても丁寧に対応して下さいました。ということで空港からバスに乗りホテルへ向かいます。

この日はあいにくの雨・・しかも寒い・・・ソウルの町は渋滞だらけでした。でも、KALリムジンバスは3列シートで椅子がゆったりしていて快適に移動ができました。飛行機でしたらビジネスクラスのシートです。

約2時間のバス移動後、ホテルに到着しチェックインをすまして早速、団長さまに再度電話・・・。

私「もしもし、ソチョンです。チェックインも済みました」

団長「了解しました。では、○○○の××まで来てください。着きましたらまた電話をお願いします」
タクシーにて待ち合わせ場所まで向かいます。宿泊ホテルより待ち合わせ場所まではタクシーで2〜30分くらいタクシー代にして1万数千ウォンでした。(安い!)

到着後再度電話・・・

私「ソチョンです。今××に到着しました」

団長「わかりました、××の出たところに喫煙所がありますので、そこにいて下さい。すぐに行きます」

ほどなく団長さまと会うことができました。初対面でしたがとても紳士的な方で安心しました。喫茶店でいろいろな説明や今回の韓国での摘発についての話をして頂き、いろいろと不安だった私はさらに安心して、本当に今回、団長さまにお願いしてよかったと改めて思いました。

ほどなくして女の子2人が隣の席に着きました。

団長「こちらの2名です。どちらにしますか?」

入って来たときから第一印象で私は決めていたのですが、(誰かに似てるなぁ〜)と思いながらも、団長さまの意見も聞きたく私「団長さまのおすすめは?」と聞いてみましたが、

団長「いや、ソチョンさんの第一印象で決めた方がよいですよ♪」

私「では、向こうの女の子で・・(誰だっけかなぁ〜??)」

団長「わかりました」ってことで、ご指名の女の子がこちらの席に合流vv選ばれなかった女の子にタクシー代を渡してご帰宅願いました。

私「はじめまして、ソチョンといいます」

アガシ「Uです、よろしくお願いします♪」

日本語も十分、不自由なくコミュニケーション取れます。

団長「さて、これからどうしますか?」

私「いやぁ〜、雨ですし、どうしていいか・・・」

晴れていれば街を歩きながらデートでもできるのですが、あいにくの雨なので見て回ることもできず・・・。

アガシ「映画・・大丈夫ですか?」

とUちゃんの言葉に、

私「とりあえず、そうしますか」

という事になり、Uちゃんとタクシーで映画館へ。ここで団長さまとは夜また会うことを約束して一度お別れ。

私が傘を持っていなかったので、彼女とアイアイ傘です。移動中は腕を組んでまさに恋人気分♪タクシーで映画館に移動。

アガシ「なに、見たいですか?」

私「ん〜???」映画館のポスターを見て

私「これにしよう♪」

アガシ「これ、私も見たいと思ってました♪」

という事で、トムハンクスの(天使と悪魔)ポップコーンとコーラのカップルセットを購入して席に着きました。

字幕は韓国語でしたが、私は英語のでの鑑賞で普通に見ることができました。鑑賞中は手を握ったりして、イチャイチャ。最後の大!どんでん返しには2人で顔を見合せて、「えぇ〜!そうだったのぉ〜!?」って・・ラブラブ・・映画を見終わったところで団長さまに電話。

団長「今、用事を済ましているところなので、お二人で食事をして下さい。食事が終わりましたら、落ち合いましょう」

アガシ「まだ、雨、降ってますねぇ・・・」

私「そうだね、あまり遠くに行けないねぇ」

アガシ「なに、食べたいですか?」

私「サムギョプサルvv」

アガシ「おいしい所はあるですが、遠いので・・近くでもいいですか?」

私「いいよ!」

と映画館の前の焼き肉屋へ入りました。

まずはビールで乾杯!私はあまり強い方ではないので、それに合わせて彼女もセーブしてくれてます。厚切りの豚の3枚肉をお店の人が焼いてくれます。焼きあがったお肉を彼女が手際よくサンチュやゴマの葉に揚げニンニクと一緒に包んでくれて「ハイ!あ〜ん」って言って食べさせてくれます。

アガシ「おいしい?」

私「おいしいよ♪」

アガシ「よかったぁ♪」

食事も終わり、お腹も一杯になったので、団長さまの待つカラオケへタクシーで行きました。タクシーに乗る前に彼女が「タクシーの中では日本語はシー」と言って人差し指を私の唇に付けてきました。

「はて?なんでだろう?」と思ってましたが、カラオケ到着後に彼女「さっきはごめんなさい;今、危ないから用心♪」とのこと先日の摘発の事を考え、彼女が気を回してくれたのでした。こういう気使いも安心できますね。

さて、カラオケでは団長さまと合流してお店のMEN’s達とも盛り上がり楽しい時間を過ごしました。ほどなく、

団長「ソチョンさん。そろそろ帰りますか」

私「え?もうそんな時間ですか?」

団長「もう12時ですので」

楽しい時間は過ぎるの早いです・・・・。

そしてタクシーに乗ってホテルへ。

部屋に到着後、くつろぎながら、さっきまでの楽しい時間の話やテレビでメジャーリーグの試合などを見ていろいろと話をして

アガシ「ソチョンさん。先にシャワーしてきてください♪」

テレビを見ていた私は、ちょうどイチローが打席に入ったところだったので彼女に先にシャワーをすすめました。彼女がバスローブをまとってシャワーから出てきました。

つづいて私もシャワーをしにバスルームへ・・・。

念入りに息子を洗ってあげてバスルームを出ました。ベッドに行くと部屋の照明は薄明かり程度に落とされており、彼女は既にベッドに中に♪薄明かりに照らされた彼女の顔を見たら、やっぱり誰かに似てるなぁ〜??誰だっけかなぁ??バスローブの紐をほどき、ぬがせます。

けっこうスレンダーな体ですが、胸はおわん型で丁度私の手のひらに納まるいい形です。なんと言っても肌が吸い付くようなきめの細かさで気持ちいい。

首筋、胸、お腹、腰・・・と下の方へ唇を這わせていったところで彼女声が「あん、あん、あん♪」と漏れ始めました・・・そして呼吸が少し荒くなって来ました。

下の茂みに向かった時に彼女が、「あん♪はずかしい」とまた上に戻って乳首を官能したら、ビク、ビクっと反応しています。そーっと指をあそこに這わせてみたら、もうすでに洪水状態;;;

クリをやさしく刺激してみたら、さらに声が大きくなって感じているようです。さらにクリをちょっと強めに刺激をしたら、「あーっ!」と言って腰を浮かして軽く行ってしまったようです。

息子も臨戦態勢OK!そろそろ挿入の時に彼女が優しくゴムを装着してくれました。もうあそこも洪水状態なので、スムーズに挿入できるだろうと思っていたのですが、いざ挿入してみると、これがまたきつい。

若い頃に処女とやった時の事を思い出すくらい中が狭いんです。でも十分濡れているのですごい刺激です。噂では韓国女性のあそこは狭いと聞いていたのですが、本当でした。

挿入しても狭い上に締め付けられるので、これは、ゴムがなかったら即効で行ってしまっていたでしょう。ゆっくり、時には早く、挿入を繰り返していたら、彼女の声がさらに大きくなり体を弓のようにそらせて行ってしまいました。

つづいて私の行く番です。彼女は自分の足をかかえ私が挿入しやすいようにしてくれて、ラストスパート!彼女の声もボルテージが一杯。思わず口を手で押さえちゃいました。

二人汗だくになったので、またシャワーを浴びてベッドの中でいちゃいちゃしながらおしゃべり。

私「そういえば、日本の誰かに似てるって言われない?」

アガシ「木佐○子」

私「そうだ!○○テレビの元アナウンサー」

もやもやの謎も解けて、眠りについたのは外がすこし明るくなってきてからでした。

今回、初めての紹介アガシでしたが、アガシからの攻撃はあまりなかったのですが、十分満足できました。団長さま、また機会がありましたらよろしくお願い致します。

団長のコメント:そういえば確かに似てますね(笑)初体験で良いアガシと巡り合わせられましたこと、、お祝い申し上げます(笑)また、一緒に飲みましょうね。


NO.74 期待以上のアガシ


ワタクシの韓国アガシ経験は今回で4度目。

初アガシの時は、団長ではなく知人にママさんを直で紹介してもらっての経験だった。結果は、ボチボチといった感じ。可もなく不可もなくってとこだ。

2回目は自力でネットサーフィンをし、某紹介サイトを利用。これは最悪だった。昼間のガイドもボッタクリの店へ連れていき、バックマージンをせしめようとしているのが簡単にわかる。夜は夜でまったくと言っていいほどのマグロ状態。さらに一回戦終了直後にシャワーを浴びてさっさと帰る始末。本当に最悪。

そして、3回目。団長と奇跡!?の出会い!?。知人が韓国から帰ってくるなり興奮して、ワタクシに団長の事、紹介してもらったアガシの事など詳細に教えてくれて、団長とのコンタクトを取ることが出来るようになった。

初めての団長との出会い時はタイミング悪く、団長が出張でアガシ対面の際はママさんがサポートしてくれた。アガシは団長が前もってママさんに団長の指名したアガシを準備するよう配慮して頂いたお陰でそれなりに良いアガシに出会えた。満足度で言うなら90%程度。

そして、団長への信頼も深まり、4度目のアガシ体験となったのだが、今回は本当に超大当たり!!!見た目、セッ○ステクニック、気の遣い方、どれをとってもなんの不満のない100点、いや、120点満点のアガシを紹介してもらった。

実は今回は以前よりランクを1段階上げての勝負!?

客はワタクシ一人の為、アガシは3人がスタンバイしていた。やはりというかさすがというか、団長、「あんたはえらい!!」 本当に期待を裏切らない。いや、いい意味で裏切ってくれた。

実をいうとそんなに差はないだろうと思っていたのだ。それが、なんとも言えない。どのアガシも甲乙つけ難い最高のアガシ達だ。

迷いに迷った末、、3人のうちの一人を選び、まずはコーヒーを飲みながら団長も含めて3人で談笑。

彼女は24歳。髪はロングで身長は162,3cmというとこか。顔は清楚な感じだ。

彼女の素晴らしい気の遣い方をここで全て書ききれないのが残念でならないが、本当に良いアガシだ。(文才が乏しくてごめんなさい)

夕食を共にし、軽くお酒を飲んだ後、ホテルへ。

ホテルへ着くなり、今までのアガシはまずコトを済ませようと「シャワー先にする?」という感じで聞いてくるのだが、彼女は違った。

「酔ってるとうまくいかないかも知れないから、ちょっと酔い覚ましにコーヒーでも飲みましょうか?」

ワタクシの年齢を気にしての一言だと思うのだが、こんな小さな気遣いが中年男には嬉しい限り。

そして、彼女とコーヒーを飲みながら、酔いを醒まし、シャワーへ。

次は彼女。20分ほどで出てきた。本当にバランスの取れた最高のボディだ。

腰のくびれ、ほどよく大きな胸(推定Dカップ)。酒のせいかシャワー後だからか、多少赤らんだ頬。

たまらん・・・。スタートだ。

まずは軽いペッティングから。キス、おっ○い、秘部と順を追って攻めていく。最初は多少の恥じらいからか、声を押し殺している感じだったが、念入りに秘部を攻めだすと次第に声が大きくなっていく。

感じやすいのか、ギュッとシーツを掴んで耐えている感じ。

そして、体を入れ替え、次は彼女が攻めてくる。丹念なペッティングから始まり、ワタクシの秘部へ。

いきなり咥えるようなことはせず、周りから攻めてくる。焦らしに焦らされ竿の周囲をペッティング。そして、袋も器用にもみもみしつつ、アリの綱渡り。

そして、突如パクッと。もちろん、袋への攻撃も続いている。危うく発射しそうになったので、体を入れ替え、帽子をかぶり挿入。

彼女も感じてくれているようで、体をビクビクッとさせながらこちらの腰の動きに合わせてくる。深く浅くを繰り返しながら、最後はお互い体を強く抱いて、ほぼ同時に果てた・・・・。

終わった後のピロートークもまったりとした感じで最高だった。

そして、2日目。彼女は昼間は仕事があるらしく、連チャンでの指名でも昼間は一緒に過ごせない。しかし、仕事を早めに切り上げてくるとのことで、午後4時には再会可能との話を聞いた。

ワタクシは二つ返事でOK。こんな良いアガシなら、それくらいどうってことない。そして、午後4時までカジノで時間を潰し、運良く15万ほど勝てた。あげまん効果か!?

そして、午後4時。彼女と合流。少しお疲れモードだ。仕事も多少忙しかったらしく、顔には疲れが滲みでている。確かに昨晩も寝たのは少し遅かったし、朝は仕事の為、7時にはホテルを出て行った。睡眠時間は4,5時間程度だろう。しかし、ワタクシに気を遣わせまいと気丈に元気に振舞っている。

そこで、一度家へ戻り、ゆっくりと休むように彼女に伝えると最初は大丈夫を繰り返していたが、ワタクシが強硬に戻って休むように言うと、本当にいいの?と何度も確認しながら、家へ戻った。

そして、ワタクシは彼女が一眠りする間に団長と一緒に食事を取ることにした。本当に良いアガシを紹介してもらった礼を言いたかったのだ。

幸い団長も当日は特に予定もなかったようで、すぐに合流した。そして、お礼の意味も込めて団長に「一夜の安らぎ」をプレゼント。カジノでも勝ったコトだし、もともと無かったお金だから惜しくもない。

団長にも喜んでもらえ、私も団長のお陰で良いアガシと巡り合えた。そして、彼女が一休みしてくる間、団長と団長のパートナーワタクシの3人で一緒に食事をし、お酒を飲み、彼女は午後10時頃に合流した。団長、団長のパートナー、ワタクシ、彼女の4人と店(飲み屋)の店員も交えてで少し飲み続け、かなりの量の酒(ウィスキー5本程空けたようだ)を飲んだと思う。

飲み代は団長のオゴリだった。それでは、ワタクシが「一夜の安らぎ」をプレゼントした意味がない。最後までワタクシが払うと言い張ったのだが・・・。

結局、ワタクシがプレゼントした「一夜の安らぎ」くらいの料金だったのではないだろうか?申し訳ない。

そして、12時くらいにホテルへ戻り、ラストナイトを満喫した。初日と同じく、最高の夜となった。

今後は団長に新しいアガシを紹介してもらうことはないだろう。この彼女一本でいきたい。団長、本当に本当にありがとう。今後はアガシの紹介はないとしても、忙しくなければ韓国へ行った際に一緒に食事や飲みに付き合ってくれるとありがたい。敬具


団長のコメント:本当に大満足だったようですね。末永くお幸せに・・・。韓国へこられたらいつでもご連絡下さい。一緒に飲み明かしましょう。


NO.73 感度良好!! 


団長、先日お世話になったジャイアンです。 体験談を送らせていただきますので、よかったら使って下さい。

昨夏、団長ではなく別のルートで念願のアガシデビューを果たしましたが、その時のアガシは顔はばっちり好みだったもの、会って早々のおねだり攻撃、 高い店への強制連行、チップ(2日で2万)に対する賃上げ交渉等々・・・ と見事なまでのダメダメアガシぶり!

『悔しいです!』と顔を皺くちゃにしながら帰国の途につく、 なんともほろ苦いデビュー戦となってしまいました。

そんな思いを晴らすべく、帰国早々情報収集に励んでいると団長のHPを発見! 前回の事なども含めて質問事項をメールしてみると迅速かつ丁寧な回答をいただきました。また、体験談の中から団長が日本人であるということも私に安心感を与え、訪韓まで3ヶ月以上もあるのに予約メールを入れてしまいました。(競走馬であれば間違いなく4コーナー手前で失速する程の入れ込みようでした、、、 )

この異常なまでの入れ込みが災いしたのか出発の2日前になって 猛烈な腹痛に見舞われてしまい病院での点滴生活を余儀なくされました。 不安な出発となりましたが、機内で美味しいシャンパンを飲んでいるうちに『アガシの為なら何でも出来る。腹痛の馬鹿野郎ー!』と ソウルに着く頃にはすっかり闘魂モードに切替わっている変態ダメオヤジがそこにいました。

初日は最近の円高を考慮し、免税店での買物やマッサージをして過ごすことにしました。(アガシと免税店に行ったら何をねだられるか分からないという恐怖心もありました。)買物後、お気に入りのお店で食事をしましたが、そこの大好きなキムチに治ったはずのお腹がまたしても反応!即効でホテルに帰り明日に備えました。

翌日、一抹の不安を抱えながらながら団長との初対面です。 とても気さくな方で、会話をしながらアガシと会う喫茶店に向かいました。

店に入るとすでに2人のアガシが待っていましたが、更にもう一人来るとの事。 一人は小柄なかわいい系、もう一人はちょっときつめなお姉さん系、 体験談の通り、二人とも笑顔は無く、下を向いたままでした。まもなくもう一人のアガシが来ました。ちらっと見た瞬間、一番いいかも?と思ったのですが、私の真横に座ったので顔が殆ど見えません。

かといって彼女の前に行きジロジロチェックする勇気もないので、小柄でかわいい系のアガシをチョイスすることにしました。

しばらく喫茶店で会話をしてから、食料品や革製品のお店で買物を済ませた後、 デジカルビ〜カラオケというお決まり?のコースを堪能し、ホテルに戻りました。(団長、急な仕事が舞い込んだにもかかわらず最後までお付き合いいただきありがとうございました。)

部屋に着いてからもお茶で乾杯し、会話をしながらアガシとの時間を楽しみました。 3時間を過ぎるとさすがにアガシも眠くなってきたようで、 『オッパ、先にシャワーどうぞ。』となり、お互いにシャワーを済ませベッドイン!

いよいよですが、正直、Hに関してはあまり期待してませんでした。 前回もそうでしたが、日本でもHに積極的なアガシにはお目にかかった事がないからです。体験談に出てくるようなアガシなどはそうそういるはずがない。そんな勝手な判断と日本人と同じようなHをして嫌がられるのも本意ではないので はじめは優しく髪を撫でながら、おっ○○を攻撃していると 2分もしないうちに悲鳴なような泣き声を出すではありませんか!?

5分を過ぎる頃には

『オッパ、いきそうだよ!』

!?? そんな馬鹿な?こりゃ、演技かっ?と思いつつ、

『キスしてもいいの?』

と聞いてみると、

『オッパ、ずっと待ってたよ!』

なんて言ってくれるではありません か? キスをしながら更におっ○○を攻撃し続け、ようやくアガシの下半身に辿り着くと そこは既に洪水警報が発令中でありました!

これはいかん!と急いで “リトル加○鷹”を出動させましたが、使用するアイテムを間違えてしまったので 水かさが更に増し、直後、鼓膜が破れそうな大声でアガシは立て続けにいってしましました。

(後で聞いたら、以前、隣の部屋にいた先輩のアガシから、 『どうしたの?なにかあったの?』と部屋に電話されたことがあったそうです。)

アガシがぐったりしながら『オッパ、ちょっと待って!ちょっと待って!』と言うので 、 小休止しようとしたら、

『違うの!オッパのが欲しいの!』

と愚息を要求してきました 。 ゴムを装着し、彼女のお○○こに挿入すると更なる絶叫タイムの始まりです。

様々な体位で楽しんでいるうちにも彼女はいき続け、それに応えるように私も最後は 正常位でフィニッシュとなりました。 終わった後、

『オッパ、オッパ、動けない〜 5回までは数えていたけど〜 気持ちいい〜』

声になっていません。こんな彼女を見て私も大満足です!

しばらく休憩した後、お互い眠りにつきましたが、、、 彼女の絶叫タイムはまだ終わっていませんでした。しばらくすると彼女の方から グ〜、グ〜、ゴォ〜、ゴォ〜・・・はる○愛というより、大西賢○ばりのいびきでした。

疲れているようだからしょうがないなぁと思った矢先、今度は ガリガリ、ギー、ガリガリ・・・マジで!歯軋りかよ!

すっかりリズムを崩された私は、この後5時半まで眠りにつくことは出来ませんでした 。

翌日は食事〜東大門観光〜夕食〜ナンタ鑑賞の予定を立てました。 一旦、自宅で着替えた後、食事に行きましたが、昼食後、あまりの寒さと、 昨日の疲れから?『オッパ、ホテルに戻ろう。』と彼女は言いだしました。

私も殆ど寝てないので、それもいいか!と思いましたが、彼女の足が冷たくなっていた ので、 『ホテルに行ってもいいけど、ブーツを見に行かない?』と聞いてみると彼女はにっこり微笑みながら当初の予定通り東大門へ向かいました。 何件も見てようやく気に入ったブーツが見つかったので、手袋と一緒にプレゼントしてあげると 彼女は大変喜んでくれました。(そんなに高価ではありませんが)

買物後もまだ時間が余ったので一旦ホテルに戻ることにしました。テレビを見ていると 、 『したくなっちゃた!』と私の愚息を握りながら彼女の方から誘ってくるではありませんか! 今度はお○○こへのペロペロ攻撃も交えてHを楽しみました。

彼女も大洪水&大合唱で 楽しんでくれたようです。 Hの後は予定通り夕食〜ナンタ鑑賞してからホテルに戻りました。 (団長、無事に会場に辿り着けました。ナンタ最高でした。)

最後の夜なので別れを惜しみながら会話をしていましたが、1時を過ぎたので そろそろ寝ようとベッドに入ると、またしても彼女のほうから 『やっぱりしたいかも?』と挑発され、結局、3回戦に突入してしまいました。

最後の夜は彼女の方から愚息は勿論のこと全身リップサービスの攻撃にあい、 最高の夜になりました。勿論彼女も大満足の様子でした、 翌朝、お互いの電話番号を交換し、再会を誓ってのお別れとなりました。

今回のアガシは食事や観光も一生懸命に案内してくれましたし、おねだりもありません でした。 チップに対しても文句どころか非常に喜んでもらい、最高のアガシでした。

それとHの方も! こんなアガシであれば黙っていてもこちらからプレゼントしたくなるものですよね!

非常に満足な訪韓となりました。団長、改めてありがとうございました。 また訪韓する際もよろしくお願いします。

団長のコメント:Hのノリ&相性の良いアガシは本当にヤミツキになりますよね。体験談を読んでいて当方も興奮してしまいました(苦笑) 明日は、久々にオキニでも会いにいこうかな?


NO.59 気分はどっぴーかん!


このHPを閲覧し始めて、約2年。この日が来るのを一日千秋の想いで待ちわびておりました。そして、遂に期日到来!!!今日が「D-DAY」です。そう、初訪韓の日となりました。今まで諸先輩方の投稿を羨ましく思いながら、次こそは俺も韓国で色白美肌のアガシとムフフと考えていましたが、ナカナカ韓国に行く機会がありませんでした。

2年前から会社の社員旅行幹事に「次は是非韓国にしよう」とあの手この手を使って、社員旅行を韓国へしようとやっきになっておりましたが、2年前はタイ、去年はハワイとなり、行けずじまいでした。

そして、遂に今年は韓国へ行く事になりました。しかし、ここで問題が発生!社員旅行は韓国なのですが、行き先がなんとチェジュ。お偉方がゴルフを楽しみたいとの事。・・・なんという事だ〜。HPで見る限り、団長さんはソウルに滞在している模様。チェジュは???

そこで、早速、団長にメールを出しました。チェジュなんですが、ご紹介可能でしょうか?という旨のメールを送ると、やはりというかなんというか、予想通りの返答が返ってまいりました。

団長いわく「チェジュは私も遊びに行く程度で、ご紹介は可能ですが、あちらのママさんと連絡を取れるようにするくらいですよ。ソウルと同じようにはならないと思います。」との事。

これは大ピ〜ンチ!!ワタクシ決心しました。ここはお偉方に直談判だ。「○○部長、今回の社員旅行の件なのですが、ゴルフをしたいからと言ってチェジュに行くのは、ゴルフをしない連中はどうするのですか?まったく面白くないじゃないですか?私の課の女性社員は皆、チェジュよりソウルだと言っております。ここはひとつ、上の人間の立場ではなく下々の者の意見を尊重するべきだと思います。それにソウルでもゴルフ出来るって幹事が言ってましたよ。」

部長「う〜ん、そうか。社長に言ってみるよ」

ま、そんなこんなやり取りをして、結局、ソウルに変更が決まりました。

そこで再度団長にメール。

私「社員旅行がチェジュからソウルに変更されました。ご紹介して頂けますか?」

団長「それでは、予約フォームを埋めてメールを送って下さい。」

との、返事を貰い、社内で有志を募って、総勢8名の予約をさせて頂きました。

他にも何回か韓国に行った事のある人がいて、俺は知り合いがいるからそっちに頼むという人もいて、内心私もそっちにしようかな?と悩みましたが、諸先輩方の体験談を信じ、いやさ団長を信じて予約をさせて頂きました。これが後ほどおもしろい事になるとは(笑)

話は出発日に戻りまして、私と一緒に予約した8名は飛行機の機内でもアガシの話で持ちきり。女子社員の軽蔑の視線を受けながらも、まったく意に介さず下ネタトークで気分もアソコも盛り上がってまいりました。

ソウル到着。ガイドさんとお会いして、まずはホテルへチェックインかと思いきゃ、ホテルへ行く前に免税店めぐり。そういえば、以前の体験談でガイドによる「市中引き回しの刑」ってなんなのだろうと思っていたら、この事だったんですね。しかし、これが長い長い。免税店だけでも3件、その他わけのわからないマッサージ屋、もういいって言ってるのに色んな所へ引きずりまわされ、結局ホテルへチェックインしたのが、午後7時ですよ。空港についたのは確か12時前だったはずなのに・・・。

つぎに来るときは、チケット、ホテルは自分で取ってガイドなしが一番良いね。そう、心に決めた私でした。

さて、ホテルへチェックインして早速団長にお電話を。レンタルしていた携帯をフロントで受け取り団長へコール。約束していた時間は午後5時だったのだったので2時間のタイムオーバー。ガイドによる市中引き回しの刑がこんなに長くなるとは予想もしていなかったので連絡が遅れてしまいました。

電話に出てくれるのだろうか?と心配しながらコールを続けると「もしもし」との返事が、「団長さんですか?」と聞くと「はい、団長の○○○○です」。連絡が遅くなった旨を謝罪し、今からでもOKと団長に言って頂いたので、早速準備をして、ホテルをでました。

待ち合わせ場所は、わかりやすい場所で団長もすぐに見つかり、しばらく世間話をしていよいよアガシとのご対面です。

ドキドキしながら、アガシの待機しているドアを開けます。瞬間、やっぱり団長に頼んで良かった〜。と心の底から思いました。ずらっと並んだアガシ達。きれい系からかわいい系、癒し系まで色んなタイプのアガシがいます。わたくし、団長に予約をした功労者としてトップバッタ-の権利を持っております。

結局、かわいい系の小柄なアガシを選びました。目がクリッとしていて本当にかわいいです。その他、大勢も順番にパートナーを選び、食事へ行く事に。

実は日本を発つ前にもう一組の方と約束をしていたのですが、お互いパートナーが決まったら食事の場で合流しよう。どっちの紹介してくれたアガシが質が高いのか見比べようと話をしていたのです。

もう一組の方はすでに到着している模様。そこへ我々「団長組」が登場するともう一組の方は唖然としています。なぜなら、彼らのパートナーよりも私達が連れてきたアガシの方が明らかにレベルが違うからです。ちなみに料金は同じだけ払ってます。ぐふふ、ちょっと優越感。

もう一組の方について行った人達は総勢5名。知り合いがいると言っていたお調子者には他の4名から厳しい視線を浴びています。ご愁傷様。

ま、そんなこんなで食事を済ませ、全員で恒例!?(決まりになっているのでしょうか?)のカラオケ屋なるお店へ行き、飲んで歌って騒いでホテルへと戻りました。

さて、ここからが本番。ホテルの部屋に入るとアガシが「先にシャワーしますか?」と聞いてきました。ここはレディーファーストで彼女を先にシャワールームへ送ります。

その間、リング!?の準備を整えて、コンドーさんも用意して、枕は出来るだけ近づけて・・・と準備万端。

アガシがシャワーから出てきて、次に私の番です。ちゃっちゃっちゃと素早く洗い、重要な部分はしっかりとソープで泡立てきれいきれいにしてあげました。

シャワールームを出ると彼女はすでにリング(ベット)中央に。私も何も言わずにリングへ上り、1ラウンド目のゴングが鳴り響きました。

まずは軽くジャブから。口づけを交わし上へ下へとペッティング攻撃です。ただ、大事な部分には触れません。少し焦らして上へ下へを2〜3回繰り返します。ちょっとずつ彼女の体から反応が出てきた所で、まずは上の大事な部分をピンポイント口撃。声を押し殺していた彼女も遂に声が漏れ始めました。

そうなると一気に下も口撃体制に入ろうとすると、「あ、下はダメ。恥ずかしいから・・・」とNG。そこで攻守交替。

私が下になり彼女の口撃を受けます。見よう見まねなのか私がやった口撃と同じ様に上へ下へを繰り返します。時折、私の反応を確かめるべく「きもちいい?」聞いてきます。その表情が本当にそそるんです〜。

そして、私の大事な部分をお口に含みました。なかなか、うまい。深くは咥え込まないものの、自分なりに浅く深くを繰り返しています。あまり慣れてないのか、時折深く入れすぎて「げほっ」とむせる場面も。

そろそろ、挿入のお時間です。コンドーさんを装着して、温存していた右ストレートを正上位からぶち込みます。中はすでにぬるぬるですが、ナカナカの締まり具合。アガシの反応も上々です。一心不乱に右ストレートを繰り出し続けると、アガシもシーツをギュッと掴んで一生懸命に耐えて!?います。

途端に中の締まり具合がギュギュッと良くなったかと思うと、水が溢れ出しました。同時に私も果ててしまい、1ラウンド目は無事終了。少し、会話を楽しみ、ご就寝です。

翌朝、当然の如く、彼女を2日連続で指名してソウルの街を探索しようと思っていたら、ドアをノックする音が・・・。扉を開くと昨日の「もう一組」のメンバーです。案の定、全員パートナーに不満があったらしく、団長と連絡を取ってくれと頼まれました。

そして、もう一組のメンバーを連れて団長の下へ向かいます。車中では私とアガシは昨日よりも親近感が増しラブラブモード全快です。羨ましそうに見てる輩の前で、恥ずかしくもあり、自慢げでも有り。優越感に浸っておりました。その後、団長と合流し昨日と同じパターンを繰り返します。

昨日とひとつ違ったのは、夜のリングの中でした。団長とのメールのやり取りをしてる時に教えていただいたのですが、2日目は初日と違って積極的になるアガシが多いと聞いておりましたが、本当にその通りでした。

前日とはうってかわって、彼女の方から先制攻撃をうけました。前日NGだった下の攻撃もOKをもらい、色んな体位を試してみて、より、ねっとりまったりした、時間を過ごせました。

翌日、アガシとの別れが本当に辛かったのですが、また来る事を約束し日本へと戻りました。

最後に団長、本当にありがとうございました。是非、来年の社員旅行も韓国へ来たいと思います。その前にプライベートでもくるとは思いますが(笑)これにハマルナというのは無理なようです。


団長のコメント:ご満足頂けたようでなによりです。カラオケでも皆さん楽しんで頂いてましたしね。また、お会いしましょう。


NO.52 オキニ募集中!! 


私は今回で訪韓8回目!!いつもの3人組(M氏、B氏、私)で成○空港を出発。色々なサイト、ポン引き、タクシーの運ちゃん、ママさんなど知ってはいるが、今回は3人組のリーダー格にあたるM氏がネットサーフィンの途中に「韓国風俗探偵団」を発見!!他のママさんの店のアガシも見てみたいというのと、正直いまだオキニに出会えてないので他の体験談を見て、今回こそは!!と団長にお願いする事になった。幾度かのメールのやり取りをして、韓国へ・・・。

空港到着。到着ゲートにてお迎えに来た運転手と落ち合い、車へ乗り込む。余談ではあるが、M氏は幾度かの訪韓の後、韓国にハマり韓国語を勉強しはじめて早2年。私が見た感じではかなり韓国語が上手である。だから訪韓3回目くらいからはパックツアーではなく航空券、ホテルなども全てM氏がアレンジしてくれる。お陰で韓国ガイドによる地獄巡り(市中引き回しの刑&日本人価格のボッタクリ店への強制連行など)で無駄な時間を使わずに済む。パックツアーで来ると2泊3日の内、初日は昼前に空港に到着しても、韓国ガイドによる地獄巡りでホテルへ着くのが夕方になる、ヒドイ時には夜9時くらいになることもあり2泊3日の内の貴重な1日が無駄になってしまう。これはかなりイタイ。

これを読んでいる諸氏も訪韓する時は、旅行会社に頼まず、自力で航空券、ホテルなどを予約した方が良いだろう。韓国語が喋れなくても幸いな事にネットで探せばホテル予約や航空券などは自力で手配が可能だ。空港からホテルまではタクシー、バスなど色々な方法でアクセスも可能だし、言葉が喋れなくて不安だという人は、空港からホテルまでの送迎だけをしてくれるサービスもある。しかも運転手は日本人だ。韓国のタクシー運転手は少々怖い、まず運転が乱暴だし、日本語の喋れるタクシーはボッタクリ店へ連れて行こうとミエミエの営業トークをしてくるので、かなりウザイ。実は今回、その送迎サービスを利用したが、同じ日本人という事もあり話も盛り上がりホテルへ着くまでの時間が気にならなかった。

ホテルにチェックイン。レンタルしてある携帯電話を受け取り、手はずどおり団長へ電話。○時に某所にて落ち合うことを約束する。ホテルにて日本のBS放送をみながら時間を潰し、約束の時間が近づいて来たのでタクシーへ乗り込み出発。

待ち合わせ場所にて待っていると、向こうの方から男が近づいて来た。

「M氏ですか?」

この人が団長か。体験談にあるとおり、身なりもキチッとしていて紳士的な男だ。私の団長に対する第一印象である。軽く挨拶を交わし、アガシの待つ喫茶店へ移動。喫茶店に入り、コーヒーを飲みながら団長からの注意事項などを聞き、いよいよアガシとの対面だ。

喫茶店内の隅にひとつの個室がある。どうやらあの個室にアガシが待機しているようだ。このシステムは嬉しい。なぜなら以前に利用していたポン引きやママさんは普通の喫茶店などでアガシと対面する事が多く、そこは他にもお客がいるのでパートナーを選ぶ際にゆっくりと「鑑賞」が出来ないからである。「性売買特別防止法」なる悪法が施工される前ならばホテルの部屋に呼んでから選ぶ事が出来たので「鑑賞」も出来たのだが、今となってはホテルに呼ぶのはかなり危険度が高い。よって、ホテル以外の場所で会うのだが、周りの目もあるので気恥ずかしい部分もありゆっくり「鑑賞」も出来ないので、この個室のある喫茶店というのはベストだ。

まずはリーダー格であるM氏が個室に入る、1〜2分たっただろうか一人のアガシを連れて出てきた。なかなかの美形である。次はB氏、ものの10秒ほどでパートナーを連れて出てきた。これにはM氏も私もビックリ。いままでB氏はどんなに早くても5分はかかっていた。出した料金に見合うアガシがいなければ何度でもチェンジをして気に入ったアガシが来るまで待ついわゆる「難しい人」なのだ。その割には最終的に選ぶアガシ(私とは好みがかけ離れているせいだろうか?)は私から見ると「たいしたコトないアガシ」なのだが今回、連れて出たアガシは結構そそるアガシだ。

ついに私の順番。個室に入って中を見渡すと数人のアガシがソファーに座っている。私は少し迷った挙げ句、ロングヘアーのスレンダーなアガシをチョイスした。顔は誰に似ていると言うわけでもないが、典型的な韓国女性の顔立ちでかわいいというよりは綺麗という表現が当てはまるだろう。8回の訪韓(アガシ)体験からすると、歴代2位くらいにランクインはする。見た目だけの歴代1位は初めての訪韓の時に出会ったアガシである。ただ、サービスがあまり良くなく総合1位(オキニ)の座はいまだ空席だ。今回こそと思ってはいるが・・・。

3人とも無事パートナーを決めて、コーヒーを飲みながら話しをする。これからどうしようか?訪韓はすでに8回目、ソウルの観光もし尽くして、特にどこへ行きたいというわけでもない。また、アガシ達も観光はうんざりだろう。韓国初心者の「お客さん」と会えば常に観光ガイドとして幾度となく同じ場所を訪れているに違いない第一、外は寒い!!この日、気温は氷点下5度。風も強く外へで出歩く気にはなれない。結果、食事の時間までの小一時間を喫茶店にてパートナー及び団長との親睦を深める事にした。

団長から色々と韓国の情勢や最近の「新鮮な情報」(当然、風俗関係についても)を聞きながら時間を潰す。アガシ達の前なので詳しくは聞けなかったが、団長もかなりの「遊び人」ある事は間違いない。韓国に住んで7年というから韓国の遊びにはもう飽きたらしく、最近は日本式の遊びが良いらしい。そうこうしているうちに、食事の時間だ。食事はいつも愛用しているタットリタン(辛い鶏肉の料理)の店へ行く。団長も一緒にどうですか?と誘ったが、仕事が残っているとのコトで、のちほど「カラオケ」にて合流する約束をし、ここで一度お別れした。

アガシを連れて6人での食事。3人とも結構気の利くアガシだ。話も盛り上がり酒もすすむ。おっと食事の後に団長との酒の席があるのを忘れてしまってはイケナイ。初対面で酔って無礼をするのは、あまりにも非常識だ。酒を飲むピッチを少し遅らせながら食事を楽しんだ。

行きつけのカラオケ店があり、そこで団長と合流。色々なカラオケ店に連れていかれたが、去年からはずっとこの店に来ている。他の店と違い、従業員がサービスが良い。客を楽しませようという意識が、他の店の従業員とは格段に違う。驚いたのは団長もこの店の常連だという事。団長曰く「この店は少しにぎやかで、楽しく酒を飲むには良いお店です。何より従業員が良いですよね。「プロ意識」をしっかりと持っています。」同感である。この店に行った後に他のカラオケ店へ行くと同じ酒を飲んでも何か損した感じがする。それほど、このお店は「楽しいお店」なのだ。

アガシも楽しいお店に来れば酒もすすむし、一時でも仕事を忘れて楽しんでくれる。これがアガシ遊びの中では結構重要な部分である。と私は考えている。アガシと一緒に楽しみ、歌い、笑い、お互いに一体感というか恋人感覚が生じる。これが、「締めくくり」の大事な部分で生きてくるのだ。アガシもやはり初対面の人と一夜を共にするのは、いくら仕事とは言え多少の抵抗感がある。それを少しでも取り除いてあげれば、「締めくくり」でのサービスが違ってくるということを、以前7回の訪韓の経験で悟った。こうやって少しずつアガシとの心の距離を近づけるのだ。1時間ほど飲んだ後から、アガシとまったりとした雰囲気になったところでお会計。ホテルへ戻る。

さあ、いよいよ「締めくくり」だ。まずは、私がシャワーを浴びる。全身を綺麗に洗い、酔いを少し醒ます。次はアガシの順番だ。私がシャワーを浴びて出てくると何も言わずシャワーを浴びにいく。私はその間、テレビを見ながらビールを飲んでいた。韓国語のテレビなので何を言ってるのかよくわからないが・・・(苦笑)こういうときは、M氏のように韓国語を勉強しておけばと思ったりもする。

不意にバスルームのドアが開いた。少し恥ずかしそうな表情で私の隣へ小走りで来て布団にもぐってしまった。こんなところがまたそそるのだ。布団をめくって顔を覗き込むようにして見ると、酒のせいか、それとも恥ずかしさからか頬が赤らんでいる。部屋の中はテレビの明かりだけなのでそう見えたのかも知れない。

お互いの目が合い、一瞬の沈黙が流れる。私が唇を地近づけていくと、目を閉じて私に身を任せるようにすりよってきた。軽いキスからはじまり濃厚なディープキス。バスタオルをゆっくりとはがし、彼女の裸体があらわになる。恥ずかしさが増したのか「そんな風に見られると恥ずかしい」と言って私に抱きついてきた。彼女の胸に手をかぶせると乳首が硬くなっている。キスで感じたのだろうか?その手に力を込めていくと、彼女の口から声が漏れ始めた。私は持てるテクニックを全て使い全身をリップ攻撃。声が段々と大きくなってくる。

「僕のもやってくれる?」というと無言で体位を変えて私のモノを口に含んだ。口の中はかなり暖かい。テクニックの方は、思ってたよりも良い。今まで出会ったアガシ達の中には嫌々するのがミエミエのアガシもいれば、拒否するアガシもいた。ちなみに以前、他のアガシに聞いたのだが韓国では口でのご奉仕はあまりやらないそうだ。だから、日本の女性ほど口がうまいアガシとは滅多にお目にかかれないのも納得だ。そんな中で言うと彼女はかなりの上玉だ。一生懸命やってくれているのがこちらにも感じられる。

また、体位を入れ替える。いよいよだ。○○を装着し、彼女の大事な部分に私のモノを差し込む。一つになったまま、腰を前後させる。先程よりも声が大きくなり、私の腰の動きに合わせて断続的に声が漏れる。彼女も感じているのがハッキリとわかるほど下からは○○が溢れてきた。そして、クライマックスを迎える。彼女の体は小刻みに震え、私もついに果てた・・・。そのまま、眠り朝を迎える。

私が目覚めると彼女はシャワーを浴びていた。バスルームから出てきて、二人でまったりとしていると部屋の電話がなる。M氏からの電話だ。M氏、B氏共に同じアガシで2日目も続行との事。私も同じだ。アガシに今日もヨロシクと伝え、2人で食事に出かけた。2日目はそれぞれが2人きりで別行動だ。

食事を済ませ、今日は何をしようか?まずは明洞の町を散歩、お昼もそこで済ませる。午後は久しぶりに射撃へ行くことにした。2人で行くのもなんなので、M氏に電話をする。こういう時に携帯は便利だ。日本の携帯を国際ローミングで持ってくると携帯の感度が悪い。時に繋がらない場合もあるし、何より着信料を取るというのが腹ただしい。それに料金もので、我々3人組は韓国へ行く時は必ず携帯電話をレンタルする。最近はレンタル代金も2泊3日で2〜3千円で済む。M氏に電話をするとM氏もやることがなくて困っていたので4人で射撃に行くことにした。B氏にも電話をしてみたが、彼はパートナーと○ッテワールドに行ってるようだ。こっちに来て一緒に遊ぼうと言ってくれたが、あいにく私は乗り物が苦手だ。金を払って怖い思いをするというのがなんとも・・・理解に苦しむ。B氏に丁重にお断りをして4人で射撃場へ行く。

その後は、夕食、カラオケと初日と同じパターンだ。ひとつ違ったのは「締めくくり」の部分だった。昨日よりも、より濃厚で愛!?のある○○○○を楽しんだ。やはり2日目は良い。多少なりとも彼女のウィークポイントも初日の体験によりわかっているので、彼女も私も、より満足した時を過ごせた。

今回の私のパートナーの評価は「見た目」歴代2位、夜のサービス「歴代3位」(もう少し大胆になると良いのに・・感度は抜群なのだが・・)、気遣い度「歴代1位」(これは文句なし)、私のはまり度「歴代2位」 総合「2位」だ。惜しくも1位にはなれなかったが、点数にするなら90点の高得点といえる。夜のサービスがもう少し大胆でテクニックが上達すれば「総合1位」もイケルだろう。私は個人的に夜のサービスは口の部分が占める比重が大きいので、夜のサービスの部分は3位だが、感度は抜群、体の相性もかなりいい線なので、当分の間、彼女を指名して夜のサービスを改善できるよう2人で頑張ってみるとしよう。そこさえ改善できれば私がハマってしまうんだろうな。(苦笑)

余談だが、M氏、B氏共に飛行機の中で次の訪韓について話し合っていた。3人とも今回のアガシには満足しており次回も指名するとの事。特にB氏はかなりお気に入りの様子。日本の家庭を壊さなければ良いのだが・・・。

団長のコメント:本当に詳しい体験談ありがとうございます。3人とも満足して頂けたので良かったです。体験談の中に「口で・・・」の部分がありましたが、私も同感です。韓国の女性はあまり口でやりたがらないし、置屋や按摩程度のサービステクニックを持ったアガシでなければ私も満足しませんでした。今はオキニを教育しある程度のレベルまでテクニックを向上させましたので、一応の満足はしています。何回か同じアガシと会っていると少しずつ自分好みのアガシに変えていけます。頑張って下さい。


NO.51 初訪韓&初アガシ体験談

まずは団長様にご挨拶。色々とお世話になり、ありがとうございます。一緒に連れて行った友人達もとても満足しております。本当にありがとうございました。下記に体験談を記しておりますので、HP更新の際に掲載して下さい。

初めての訪韓にあたり、悪友とネットにて下調べをしていると団長様のHPがHITしました。諸先輩方の体験談を読んで、「いいな〜俺もこんなアガシと巡り会いたいな〜。っていうか、こんなアガシとララララしたいな〜(笑)でも、この団長って人、本当に大丈夫なんだろうか?」などと友人と熱いディベートを繰り広げながら、最終的には「とりあえずメール送ってみようか?その返事を見て決めてもいいんじゃない?」って事になり、メールを送るコトと相成りました。

翌日には早々と団長さんからの返信があり、「お〜!!きてるよ、きてる」友人と喜び合う私の姿がありました。それから、2〜3回メールのヤリトリをした後、ついに団長様の電話番号GET!!韓国にて落ち合う約束をして、訪韓の日をいまかいまかと待っておりました。

そして、ついに訪韓当日がやってまいりました。当方は悪友を引き連れて総勢7人でいざ出陣!!

飛行機の中ではみんな爆睡!!なぜなら、前日は当方の家へ集合して徹夜でアガシを決める順番などを話し合っておりました。よって、一睡もしておりません。・・・気がついたらすでに飛行機はインチョン空港へ到着。全員、寝ぼけた顔してイミグレを無事通過(当たり前か)。空港からは前日に決めていた通り、タクシーを拾ってホテルへ・・・。

Yホテル到着!!事前に団長様に教えて頂いたレンタル携帯をフロントで受け取り、早速、団長様へпB

私 「もしもし、メールでお願いしてある、田畑(仮名)ですが・・・」

団長 「ホテルには到着しましたか?それじゃ、どこかで待ち合わせしましょうかね?」

私 「あの〜韓国初めてなもので、わかりやすい場所でお願いします。」

団長 「あ〜初めてですか?それだったら私がホテルに迎えに行きますよ。」

私 「本当ですか?ありがとうございます。助かります」

結局、午後3時にホテルで団長様とご対面することになりました。

・・・いまかいまかと時計を睨みつけて待つこと1時間、団長様より到着したとのご連絡を受け、待望のごた〜いめ〜ん!!他の体験談にあるように素敵な人でした。私がイメージしていたのとは若干違いましたが・・・。

さて、団長と世間話から始まり、注意事項や私達の疑問などにお答え頂き、いざアガシの待つ○○○へ!!

車で15分ほどの距離の場所にありました。1軒のコーヒーショップ。ドキドキしながら店内へ入っていきました。友人の中にはかなり焦ってた奴もいて階段で転んだ奴もいましたね(苦笑)

コーヒーショップにてしばしコーヒーを飲みながら団長様と歓談。5分ほどたったでしょうか?不意に団長様が「みんな揃ったようですね。そろそろチョイスしますか?誰から行きます?」

前もって順番を決めておいたので、順番通りにひとりずつアガシの待つ部屋の中へ入っていきます。私の順番は2番手。ドキドキしながら待っていると1番目に入った奴が1人で出てきました。「あれ?どうしたの?いい子いなかったの?」などと私が不安そうに聞いていると、その後ろから小柄なアガシが遅れて出てまいりました。外で待っているツレ達も注目!!

「これ、当たりじゃない?」「良いよね?」「俺もあの子がいい!!」

などと、言って羨ましがってます。次は私の番。団長に誘導されて部屋へ入ると12,3人のアガシがソファーに座っています。一瞬、圧倒されましたが、気を取り直して「アニョハセヨ〜」というと、何人かが笑ってくれました。その笑ってくれたアガシの横に一際光るアガシを発見。私好みの小柄でロングの髪、胸も小さすぎず大きすぎず、顔はちょっとロリが入ってますね。もろに私のタイプです。ここは<リーチ一発>でそのアガシに決定!!

その後、友人達もそれぞれパートナーを決めて総勢14名でお茶会(コーヒーですけど)兼自己紹介の時間です。と言ってもそれぞれ自分のパートナーに夢中でほぼ2人だけの世界ですが・・・。私は一人残された団長様とその後の行動についてお話をしておりました。

その話の最中に団長様が私に「<当たり>を引きましたね。今回、人数が多めなのでママさんに1つ上のランクのアガシを混ぜるように言っておきました。田畑さんが見事に勝ち取りましたね。これくらい人数が多いと(当日のアガシ出勤状況にもよりますが)お願いすれば1人や2人は混ぜてくれるのですよね。おめでとうございます。」とのコト。

確かに見渡してみると私のアガシは群を抜いているような感じがします。人の好みはそれぞれ違いますので、そうでもないんじゃないの言われればそれまでですが・・・。とりあえず、団長様のご配慮により一人「おいしい思い」をして喜んでいました。

おっと、話がそれちゃいましたね。さてさて、話の続きです。団長との話し合いの結果、14名で食事に行くことになりました。韓国へ来たらやっぱりカルビでしょうってコトで焼肉を食べに行きました。他の体験談にもありましたが、食事中は殿様状態!!こりゃヤミツキになりそうです。サンチュに包んだお肉をあ〜んして食べさせてくれるのです。もう、感動です。何よりもこんなかわいいアガシがしてくれるのだから、たとえ肉がまずくてもおいしく食べられそうです。(※焼肉がまずかったわけではないですよ。本当においしかったです。)アガシのサービスがそれだけ良かったって事ですね。本当に楽しく飲み食いしました。

食事の後は、「カラオケ」なるお店へお連れ頂きました。私は歌が苦手なもので行きたくないな〜と言うと、アガシがカラオケボックスじゃないんですよ。普通のメンズの飲み屋さんです。と言うので、とりあえず行ってみました。

そこは確かにカラオケボックスではなく日本のスナック、パブに女の子の変わりにボーイさんがいるって感じの店でした。アガシが「どうですか?本当に嫌なら他に行ってもいいですよ」と聞いてくれたので、「いや、こんな雰囲気なら大丈夫」と言って、またまた14名で飲むことになりました。

私のパートナーのアガシが席に座るとすぐにボーイさんを呼んで韓国語で「?????」。何て言ったの?って聞いてみると、「団長さんのお知り合いが遊びに来てくれたんだから、しっかりサービスしなさい。」って言いましたとの事。「それ、言うと何か違うの?」って聞くと団長さんこのお店の常連さんらしく店のマスターとも仲が良い。言うと言わないのとでは従業員のサービスの度合いが違うそうです。恐るべし団長!!

それを言ったからかどうかはわかりませんが、テーブルマジックショーから始まり、吹き矢、ファイヤーショーなど数々の体を張った面白おかしいショーを堪能させて頂きました。当然、私たちも飲めや歌えやの大騒ぎ!!普段はカラオケなんか歌ったこともない私も雰囲気に呑まれて!?歌っちゃいました。気がつくと時間は午前1時。楽しいときは時間が早く過ぎるものなんですね。でも、メインディっシュが残ってます。そろそろ帰らなきゃと思っていると、団長様が先に言ってくれました。「そろそろ、終わりにした方が良いのでは?後のコトもありますしね。」さすが、団長様、わかってらっしゃる。というわけでカラオケは終了!!

それぞれが、ホテルへ戻り、いざ!!いざ!!いざ!!

メインディっシュを食す時間でございます。私と私のパートナーはほろ酔い気分で部屋へ戻り、まずはアガシがシャワーを浴びます。ドキドキ、ドキドキしながらベットの上で、ウォーミングアップ開始。腰を振る音がバスルームまで聞こえたら恥ずかしいのでテレビをつけます。

アガシがバスルームから出てまいりました。「お〜」声になりません。バスタオルを巻いた姿が妖艶です。軽くほっぺにチューをして、「僕もシャワーしてくるから待っててね」と一言。シャワールームでは元気になりすぎた息子を念入りに洗い、歯磨き、シャンプーと速攻で洗い彼女の待つベットへ・・・。

まずは軽いペッティングから・・・。彼女の小ぶりな山を探索しつつ、下のジャングルも指でツンツン。声にならない声が漏れ始めます。「感度良好!!」体を右へ左へくねって我慢しています。声を聞かれるのが恥ずかしいのか、必死に喘ぎ声を押し殺しています。そうなると、イジメッコの私、さらに上の山へ舞い戻り「ペロペロ」、下のジャングルを掻き分け「ぺろぺろ」 それを2〜3回繰り返すと彼女の方から私の息子をがっちりキャッチ。

「あなたばっかり、ダメ。次は私」と息子を慰めてくれます。決してうまいわけではないのですが、その表情が妙にそそります。(今でもあのアガシの表情を思い出しては息子に「ボーナス出たら連れてってやるから、今は我慢しろ」となだめています。)さあ、息子も暴発寸前、一人立ちの時が参りました。いざ、秘境の宝を求めて・・・合体!!私の持てる力を全て出し尽くして1回戦終了です。彼女も良かったのか、終わった後も私の息子をいじっています。そして、しばし話をした後、就寝。

朝です。隣の部屋の友人Fが私の部屋へやってまいりました。モーニングコーヒーでも飲みながら全員の結果報告をしようとのコト。アガシに一緒に行く?と聞くともう少し寝たいからというので、私一人で報告会へ・・・。他のアガシたちも皆寝てるらしく男子だけでの朝食となりました。まあ報告会ですからアガシはいない方が良いんですけどね。結果、私を含む6人は大満足、残りの1人はアガシがマグロだったようです。しかも、一番最初にアガシを選んだ奴がハズレ!?を引いたのでした。

長くなったので2日目は省略します。ちなみにハズレを引いた一人は2日目は一人で按摩屋さんに行ってきたそうです。残りの6人は2日目もアガシと一緒に1日目よりも濃厚な1日を過ごしました。団長様、本当にありがとうございました。また、お会いできるよう頑張ってお金を貯めておきたいと思います。

団長のコメント:1人はダメでしたか?確か、あのアガシは初出勤のはずでしたので、なんとも評価が難しいですね。結果は7人中6人が大満足って事ですから、とりあえず良かったって事でよろしいでしょうか?田畑さんが「当たり」を引いてくれて良かったです。私とのメールのヤリトリを直接した人なんだからちょっとした「役得」ってやつでしょう。


NO.50 2度目の訪韓、最高のアガシ


先日はいろいろとありがとうございました。早くも一週間がたち日がたつのが早いですね。記憶の薄れない内に御報告致します。○月○日より2泊3日の韓国への慰安旅行となりました。前回訪韓したメンバーで行くはずでしたが急遽変更になりひとりで団長にお世話に成ることになりました。仁川空港に11時すぎに到着し例によって恒例の観光がありホテルに着いたのが夕方の17時すぎでした。私は少し疲れており団長にも到着時間が18時から19時と伝えていたのに思ったより早く着いた為眠ってしまいました。団長の電話により起こされました。(団長すいません!)

団長と再会し前回も訪れたカラオケにてアガシ2名とご体面。ひとりは私の顔をずっと見ておりもうひとりは目も合わさず下を向いていました。団長の意見もあり日本語が少しできる目を合わさないRちゃんに決めました。この後食事をしに行く事になりアッサリしたものが食べたい私のリクエストに今からが旬のカニ・のおいしい店に団長の車にて案内して頂きました。とてもおいしいかったです。食事中に恥ずかしがりながら(私もアガシも共に恥ずかしがり屋)簡単な挨拶を交しました。

この中でRちゃんは○○出身でソウルに来てまだ4日目で何処に何があるかわからない右も左もわからないとの事。私はまだまだいろんな所に行きたいと思ってましたので先行不安になりました。食事後再びカラオケに戻り団長と再会!そこにてカラオケ、ショ‐またRちゃん、カラオケのスタッフと会話と手品・で盛り上がりました。時間もあっというまに過ぎ0時過ぎにカラオケ店を出て団長ともお別れをしタクシ‐にてホテルに戻りました。

部屋に入り、Rちゃんから先にシャワ‐を勧められ先に入りました。私がシャワ‐が終わるとRちゃんが入りました。この間に私はベットを2つ並べて準備完了。Rちゃんがシャワ‐を終え出てきました。化粧を落としたRちゃんは化粧を落とす前より綺麗に見えました。そしてお互いにベットイン!軽くキス・をしながらディ‐プキス・。やや小さめのオッパイを攻めながら片手は茂みをかきわけクリトリスを優しくタッチ。少しすると下の方はビショビショに。そしていよいよ正常位でドッキング。あえぎ声が一段と高くなり対面座位、騎乗位、正常位で一緒にいってしまいました。

それからお互いシャワ‐を浴び知らん間に寝てしまいました。1日目の感想としてはHの最中のRちゃんのあえぎ顔がとてもかわいく綺麗な印象が今でも私の頭に残像として残っています。2日目は起床すると昼の12時でした。こんなにゆっくり寝たのは久しぶりです。とりあえず昼食を兼ねた朝食をイテウォンの韓定食屋に行きました。その後は先に述べたようにRちゃんはソウルに来て4日目ですので何処に行く事もできず近くの喫茶店に入りお互いの恋愛話で5時間も話してました。(喫茶店のマスターすいません。)

この後二人で映画を見に行く事になりましたがとりあえずお腹も空いたのでRちゃんが昨日行った焼肉店に行きました。味はまあまあでした。(団長!次回はおいしい焼肉店教えて下さい。)その後そこから映画館が遠い事もあり二人は昨日訪れたカラオケに行きました。2日目という事もありそのカラオケ店では昨日以上に盛り上がりました。カラオケ、手品、ゲームと楽しみまたカラオケ店のスタッフがRちゃんをからかっていじめる場面では私がRちゃんを守る場面も!カラオケのスタッフと次回も遊びに来る約束をしホテルに二人でタクシ‐で帰りました。

部屋に入り昨日同様私が先にRちゃんが後にシャワ-しました。そして2日目のベットイン!昨夜以上にお互い求めあいました。正常位、対面座位、騎乗位、正常位と体位を変え納得の行くまで求めあいました。この時私はRちゃんと別れたくないなぁと感じました。その後いつ寝たかは覚えていません。翌朝、お腹が痛くて私は8時頃起床しました。あまりの痛さにトイレに直行。Rちゃんは心配してくれて「大丈夫?」と声をかけてくれました。その後二回トイレにいき落ち着いた後朝食を取りに昨日行った韓定食店へ。そこのママに「昨日も来ましたね」と言われお互い目を会わせて笑ってしまいました。この後ホテルにもどりしばし談笑しいよいよお別れの時がやって来ました。この時程辛い気持ちになったのは久しぶりです。Rちゃんに気持ちだけのチップとお金を渡しました。その瞬間Rちゃんから抱きついてきました。

Rちゃん「帰ってしまうの?」

私「仕方ない。帰るよ。」

Rちゃん「次回いつ来るの?」 私「すぐに訪韓できないが1月ならこれるよ!」

Rちゃん「約束だよ。必ずきてね!次回は空港まで迎えにいくよ!」 

私「必ずくるよ。約束守るからね」

Rちゃん「日本に着いたら電話してね」。

この後5分位言葉もなく抱き合ったままがすぎ、ディ‐プキス・をしお互いの携帯番号を交換しRちゃんと別れました。別れた後の私は何も手がつかず放心状態。仁川空港離れるまでRちゃんの事ばかり考えていました。体験談によくあるアガシウィルスに完璧に感染してしまいました。日本、関西国際空港に着き家に着いてからRちゃんの携帯に電話しようか止めようか?葛藤が始まりました。「電話したい、声が聞きたい!」「駄目だ、自分を捨る気か?」「電話したい!」「壊れてもいい」「声が聞きたい!」と一時間も悩み電話してしまいました。

Rちゃん「ヤブセヨ(もしもし)」

私「ヤブセヨ(もしもし)」

Rちゃん「ヤブセヨ?(もしもし?)」

私「〇〇です。今着いたよ!」

Rちゃん「無事に着いて良かった。電話くれてありがとう!」 私「また1月にいくからね」

Rちゃん「わかった。待ってるね!あなたに謝らなければならないことがあります。あなたと交換した電話番号を書いた紙をなくした。電話番号もう一度教えて!」

Rちゃん私と別れた後日本に着いた位に電話しようと交換した紙が見つからず私から電話なければもう会えないと考えていたらしい。何とかわいい!それだけでも感激!電話して良かったと思いました。ますますRちゃんに惚れてしまいました。

翌日、私は占い部屋へ占ってもらいました。もちろんRちゃんとの事です。結果は前世では一回彼女と出会っていて彼女の方が位が高くこの愛は結ばれなかったとの事。今世は再び出会うべきして出会ったのだから一緒にならなければ駄目といわれました。それから彼女の事が毎日頭から離れずアガシウィルスにかかったまま毎日送っています。

Rちゃんにはあれから三回電話しました。Rちゃんからも一回ありました。今度どうなるか分かりませんが体験談の中で団長がよく「はまり過ぎないで下さいね。」の言葉は今回のRちゃんに関しては私には無理みたいです。

団長様、在韓中はありがとうございました。アガシの希望も無理いいましたがRちゃんに会えた事は一番に感謝しています。Rちゃんはソウルはあまり知らないけどそれもまた新鮮でした。次回は1月に訪韓予定です。もちろんRちゃんを指名したいので宜しく・お願いします。それでは次回会える日を楽しみにしています。寒くなりますので風邪をひかないようにお元気で・・・。

団長のコメント:はまっちゃったか・・・気持ちはわかりますが、ほどほどにね。


NO.49 はまっちゃいました韓国アガシ


2005年11月、3泊4日の日程でソウル入り。初めての韓国、初めてのアガシ体験にどきどきしながら仁川空港に降り立ちました。今回は社員旅行での訪韓。既に決められたツアーコースでガチガチに固められ、3泊4日の内フリーな時間は2日目の夕飯後から翌日夕方までしかありません。なんとか楽しむことはできないものかと思っていたときに、団長さんのHPを見つけました。

皆さんの体験談を読み進め、高まる期待を抑えられず散々迷って訪韓1週間前に団長さんへメール。初めてのメールなのに、色々な質問やこちらの都合などを送りつけてしまいました^^;待つこと数日、丁寧な回答をいただき、こちらの腹も決まりました!予約のメールを送り、期待に胸膨らませながらいざ韓国へ。

既定のツアーをこなし、いよいよ団長さんへ連絡です。今回、軍資金の都合で○クラスのアガシをお願いしていたのですが、「本当に○でいいんですか?○と○の差って、かなりありますよ?」という団長さんのお言葉。こちらの懐事情を説明すると、「それでは懇意にしている娘に、その金額で、チップ込みで翌日夕方まで一緒できるか、交渉してみましょう」という、なんともありがたいご提案!通常のようにアガシを選ぶのはまず無理ということで、こちらの好みを伝えてそれに近い娘に連絡をとっていただくことに(結局午後2時くらいまで・・ということになりました)。

夕食後ホテルへ戻って、団長さんへTELして待つこと30分。ホテルまで迎えに来ていただいた団長さんへはじめましてのご挨拶。皆さんの体験談のとおり、親切そうな方で一安心。諸注意など聞きながらアガシとの合流ポイントまで移動です。そこで会ったアガシは・・・めちゃくちゃ可愛い!声も笑顔もスタイルも、派手じゃないところがまた非常に好印象です!団長さんと別れて明洞をブラブラ。

彼女にも今回の懐事情を説明(なんとも情けない><)したところ、「それじゃ、食事や飲みは節約しましょうね!」と笑顔。「大丈夫!屋台とか色々あるんですから」ということで、インサドゥン近くへ移動。屋台で1時間ほど飲んでから、すぐそばのモーテルへ。移動中に「どうしても食べさせたいから」と買ってくれたトッポギをつまみながらしばし会話。

シャワーを浴びたらいよいよベッドイン!スッピンになっても可愛い!スレンダーなスタイルも最高!ベッドに座った僕の膝に乗って抱きついてきました。目の前の小ぶりな胸から徐々に下へと攻めていきます。されたら嫌なこともないというので、あそこもぺろぺろ。あら、あっという間に濡れ濡れ状態。

いい声も出してるし感じやすいのかしら〜などと思っていたら、いつの間にか攻守交替。僕の毒松茸が咥えられてるじゃありませんか。お互い我慢できなくなってきたので、ゴムを装着してインサート。ぬっ?!なんかすごい恥骨が当たるぞっ?!これは初めての感覚、新鮮な刺激だわ〜などと思いつつ、色々な体位を堪能してフィニッシュ。

彼女がフロントで借りてきたビデオ(当然、僕は全然わか りません)を見ながらしばし休憩。終わったところで「そろそろ寝ようね」と言いながら彼女の胸を軽く触っていたら、Hモードのスイッチが入ったのかいい声が出始めました。・・あれ?いつの間にかゴム装着されてる?!あれよあれよという間に2回戦へ突入となりました^^;

朝になってシャワーを浴び、ホテルを出る前に「外でもらうのは恥ずかしいから」ということで精算。お粥で朝食をとり、博物館やデパート巡りなどして、午後2時ころに別れることになりました。一緒にいる間はずっと、僕のポケットの中で手をつないだり、腰を抱えるようにしながら歩いて、会話もキスしそうな近さでするという感じで、すっかり恋人気分を堪能しました。それだけに、「これは浮気じゃないからね(僕は既婚者です)。お金のやり取りでしてるんだから」という彼女の言葉にちょっと考えさせられたりしましたね。うん、女の子の割り切り方ってすごいかも。

ホテルの近くまで送ってもらい、ついにお別れ。タクシーで帰るという彼女と別れ、数歩歩いて振り向いたときには、もうその姿はありませんでした。僕は夢か幻を見ていたのか、という不思議な感じ。それでも、僕はとても満足できました。団長さんと彼女にはかなり気を使ってもらったり、無理を聞いてもらいました。本当にありがとうございました。僕もすっかりアガシの虜です。はまりすぎないように、と言われますが・・無理ですわ、これ!また軍資金を貯めて訪韓したいと思いますので、その時はよろしくお願いします!

団長のコメント:念の為、言っておきますが、いつもこんなパターンがあるわけではないですよ。


NO.47 犬肉!!恐るべし!!


団長、今回もこれまで以上に親切にして頂き、只ただ恐縮です。今回は約4ヶ月ぶりの訪韓でした。前回訪韓してから、一刻も早く訪韓したかったんですが、仕事に追われてなかなか予定が立たず、今回急遽の訪韓とあいなりました。そのバタバタにもかかわらず、団長にはいろいろと心配りをして頂き感謝で一杯です。

実は今回少々迷いました。というのも、前回のアガシと相性が合っていたからです。団長にもメールと電話でご相談申し上げましたが、正直最後のさいごまで、迷いました。その迷いの中での訪韓が今回でした。

8月から羽田⇔金浦便が2倍になった為、今回はいつもより異常に早くソウルに着くこととなりました。当初は買い物等で時間を潰して、それからホテルにチェックインする予定でした。搭乗便等を団長に連絡したら、『うちのオフィスに来て、お茶でも飲んで昼飯を一緒に行きましょう』とのこと。取り合えず、お言葉に甘えることに・・・

訪韓の当日は、秋雨前線のためにかなり強い雨が一日降っている日でした。地下鉄で最寄り駅に行き、そこから団長に電話を・・・なんと、団長自ら迎えに来ていただき、うれしさと恐縮で一杯でした。なかなか広いオフィスですね〜そして、スタッフの皆さんもお若くて頼もしそうな方ばかりでした。

団長とのしばのし歓談あと、昼飯に行くことに・・・部隊チゲを頂きました。団長の好みでうどんも入ってました。非常に美味しく頂き、ありがとうございました。結局団長との打合せの結果、前回のアガシではなく新しいアガシにすることに決定・・・その後、団長と一緒に宿泊のホテルに行きチェックインしアガシと面談するため、いつものとある喫茶に・・・

実は事前に団長がオススメのアガシをキープしておいてくれたんですが、風邪との事で欠勤となり、当初とは想定外の面談となりました。その日はもう一人面談する方がいたので、アガシ4人との面談となりました。団長からは、『無理して選ばなくて良いですよ』とのアドバイスが・・・一緒にいてもいいな〜と思ったアガシもいましたが、早朝4時に起床した為、あまり気持ちも高ぶらず初日は選ばないことに・・・団長から一緒に晩飯でもどうですか?と誘われ、団長のオフィスに戻り社員さんと一緒に晩飯に行きました。

ポッサムの専門店行く予定でしたが、向かっている途中に新規開店したばかりの店が・・・なんと、そこは犬肉専門の店でした・・・これが後々の好結果になるとはつゆ知らず・・・韓国では精力増強の食材だそうで、特に男性が好んで食べるそうです。食べたのは、茹でた犬肉のスライスとポシンタン(犬肉のスープ)です。団長によると、この店の肉は充分臭みを取り除いているそうで、多少歯ごたえはあったものの、印象としては豚肉と鶏肉を併せたような味がしました。最初は恐る恐るでしたが、なかなか美味しかったですよ〜

団長とは晩飯の後、どこに行こうかと話し合い、結局アンマに決定!アンマ屋には団長のおろしたての愛車で・・・かっこいい車ですよね!以前よりその独創的なスタイルから、実は気になっていた車なんですよ〜そのアンマ屋は去年団長と行った店でした。各自の好みを伝え別々の部屋に・・・勿論、アンマ屋のアガシは日本語が話せないので、こちらが片言の韓国語を使いコミュニケーションをとりました。恥ずかしながら、片言でしたが、去年まったく話せなかった時に行ったことを考えると隔世の感がしました・・・意思疎通が図れ、そういう意味でも非常に楽しかったです。

もちろん、団長オススメのアンマですから、サービスは極楽ごくらくでした。あと、付け加えですが、アガシのスペシャルサービスが終わったあとに本当の?アンマをうけるわけですが、そのマッサージが非常にうまくて、そのあと目茶快調になりました。

アンマ屋を出た後、団長行きつけのスナックへ・・・そこは、日本人が良く来る店だそうで、ほとんどの女の子が日本語が上手です。今回は団長の配慮で、自分には日本語があまりできない女の子がつきました(試練〜)団長がお菓子を買出しに出ている間いろいろと片言の韓国語で会話を楽しみました。そのスナックへ行ってしばらくしてから気づきましたが、アンマに行く前より自分が元気になっていたんです。いつもの訪韓初日でしたら、夜中の12時を過ぎるともう限界で、すぐにでも寝たい気持ちになるんですが、その日は逆でした。(次回から初日はマッサージかなぁ〜^^)結局、団長とボトル1本半を空けその日は宿泊するホテルへ気分良く戻ることに・・・

2日目は、団長は仕事がある為、午後合流となりました。やはり、とある喫茶店です。 今日はアガシが3人です。一人は団長が良くご存知の大学生アガシです。団長から『決まりましたか?』と言われ、迷ったものの小柄で美人系のアガシをお願いしました。団長からはまたしても『頭突きさんの好みが解らない』と言われましたが、その直後団長から『頭突きさんの好みが解った!』と言われ『頭突きさんは、日本人に似ているアガシが好みでしょう!』とのことでした。自分でも深く考えた事はないんですが、言われてみればで、そうかな〜って感じです。(^^)

確かに、顔のつくりといい、化粧の仕方といい、日本人と言われてもわからない様なアガシでした。昨年まで欧米へ留学していて、今年帰国したとのことで、仕事もスタイリストみたいな事をやっているそうで、服も日本のものが好きだそうです。そのアガシも日本語は片言で、韓国語勉強中の自分にはうってつけでした。喫茶店を出て、昨日お願いしていたマツタケの買い付けに団長の車で京東市場へ・・・

何件か物色した後、一番良さそうな店で買うことに・・・団長が店の人にさんざん交渉してくれたお陰で、最上質のマツタケをゲットできました。(今日、家でマツタケ尽くしを食べましたが、本当においしかったです。香りが非常によかったですよ〜)その後、団長と別れ、アガシと2人で晩飯にポッサムを食べに行きました。ポッサムは初めてでしたが、非常に美味しいかったですよ〜その店では、ビール4本に人参酒1本を飲みほろ酔い気分に・・・アガシもそこそこ酒が飲めるようで、食後に某ホテルのラウンジで一杯やることに・・・そこでもビール1本ずつ飲み、その後コンビにに寄ってワインを買ってからホテルの部屋へ戻りました。

ホテルの部屋でもワインで乾杯し、しばし歓談の後シャワーを浴び、いよいよメインイベントに・・・今回も飲みすぎて、なかなかイクことができず、そのまま抱き合って寝ることに(いつものことですが)。翌朝、近隣でお祭りがあったようで、早朝から大音量のスピーカーがうるさく、6時に目が覚めてしまいました。前の晩、ダムが決壊していないことを思い出し、アガシはまだ寝ていましたが、ちょっかいを出して戦闘開始の意思表示をしました。酔いもだいぶ醒めていましたので(でも少々二日酔い〜)無事ダム決壊に成功しました。

シャワーを浴び、2リットルのミネラルウォーターを一人で半分以上飲んでいたら、アガシが『頭突きさんはムルコギだ』と言われてしまいました。ムルコギとは魚のことです。アガシ曰く『昨日も晩飯の時ビールに人参酒、そのあとまたビール、でホテルに戻ってもワインを飲み、そして今朝はミネラルウォーターをがぶがぶ。だからムルコギだ』とのこと。ということで、私のニックネームがムルコギになってしまいました〜(笑)

アガシにもあだ名をつけようと思い何にしようかと話していたら、自分は『ケグリ』だとのこと。理由としては、怒ったらほっぺたを膨らませるからとのことでした。なるほど確かにケグリでした。(笑)その後、一緒に遅い朝飯と少々の買い物に出かけました。その時、はたと気づきました。それはアガシのことです。面談の時に団長がアガシに『どこかであったことがあるような人だな〜』とおっしゃってましたが、その時わかったのでした。そのアガシは、CCガールズの森洋子そっくりだったんです(^_^)森洋子と比べ、身長は10センチくらい低いですが、脱いだらすごいんです・・・^^

アガシに聞きましたが、韓国式でBカップ、日本で言うとなんとEカップなんです。森洋子そっくりと気づいてからは、下半身の高ぶりを押さえるのに必死でした。犬肉の効果も手伝っているんでしょうね〜(笑)感情を抑えられず、思わず市内の中心部で抱きあってしまいました・・・(恥)また、タクシーの中でも密着状態で、自分の手がまるで別の生き物みたいに動き、気づいてみると手がアガシのブラの中に入っているではないですか!

帰国は遅い便でしたので、午後まで一緒にいて欲しいと事前にお願いしてあったというのもあり、あと何時間残っているだろうと、すかさず時計を見ました。空港へ向かわなければいけない時間まで、あと3時間半もあるではないですか!これはもう一度お願いするしかない!!このままでは、悔いが残ると思い、アガシにダイレクトにお願いすることに・・・^^

片言の韓国語でしたが意思疎通も図れ、この時には既にお互い超ラブラブモードでした。 最初は、恥じらいもあったようでしたが、OKとのこと。結局アガシの家の近くのモーテルにタクシーで行きました。モーテルでもお互いシャワーを浴び、そのあと時間を惜しむように愛し合えました。アガシが竿と袋を丁寧になめてくれるのには感動ものでした。また、豊満な胸に挟んでももらい文字通り、Eカップで気持ち"E〜"時間を過ごせました。(すみません、オヤジギャグで)

終わった後、アガシも『頭突きさんは元気過ぎる〜』と言っていました。普段はそうでもないんですが、やはり犬肉の効果は絶大です!モーテルを出た後、結局空港までアガシが送ってくれることになりました。空港へ向かう地下鉄の中で、お互いのアドレスと携帯番号を交換し、色々な話で盛り上がりました。アガシは、温泉が好きなようでしたので、日本の温泉に行かない〜?と誘い、この仕事はアルバイトだから週末であればOKとのこと。ということで、紅葉の季節に露天風呂に行こうという話でまとまりました。

そしてお別れの時間です。手荷物検査場の柵越しに熱いキスをし名残惜しい別れをしました。今回は最後のさいごまで満喫の訪韓でした・・・満足度200%です〜片言ですがこちらが韓国語で一生懸命話せばお互いの距離が近くなるような印象を持ちました。非常に長くなりましたが、団長ありがとうございました。また、次回もお願いしますね。 でも、今回のアガシとは、次回は日本の露天風呂で会うことになりそうですが・・・

団長のコメント:ふむ、恐るべし犬肉効果!!実は私も翌朝、久々の「朝○ち」で犬肉の効果を実感しました。やはり効果があるのですね〜。マツタケもおいしかったですし、頭突きさんも満足したみたいで、良かったです。次回、お会いするときはもっと韓国語が上達してるのでしょうね。そろそろ韓国語オンリーの遊びに切り替えの時期が来たのかも知れません。勉強頑張って下さい。


NO.29 カルチャーショック!?さん


団長様、あけましておめでとうございます。訪韓の際は大変お世話になりました。遅くなりましたが体験談を投稿させてもらいます。よかったら使って下さい。

今年の慰安旅行どこにする?この一言からすべてが始まりました。いままでは国内の温泉地でコンパニオンを上げて微妙な年齢のレディーにそこそこの大金を無駄に使っていました。俺たちのメンバー4人は海外に行ったことがあるのは私だけで過去1度だけ訪韓したときの楽しかったキーセンパーティーの話をしたらすぐに韓国行きが決定しました。ここで問題がー!あきらかに他のメンバーは韓国は俺について行けば安心と思い込んでいるようで余裕をかましていました。

確かに6年前にキーセンパーティーを体験しましたがそのとき一緒に行った先輩におんぶにだっこでただ楽しかった記憶以外何も覚えていなかったのです。その先輩も音信不通でいまさら期待満々の他のメンバーに本当の事は言えませんでした。こーなったら自分で何とかするしかないと思い必死になってインターネットを検索しこの韓国風俗探偵団にたどりついたのです。

この韓国風俗探偵団の体験談を何度も読み返し意を決して団長にメールを出したら返信が来て「あ−これで何とかなるかも」と安心したのをおぼえています。それから団長にメールで質問(かなりした)などやり取りしいざ韓国へ――飛行機の中で他のメンバーに向こうに知り合いがいるから任せてと大きく出て(団長とはまえからの知り合いという設定を打ち合わせ済(芝居までやらしてすみませんでした!)みんなの期待をふくらませなんやかんやで韓国に到着。

ホテルに到着後レンタル予約しておいた携帯で早速団長にTEL(その時点で夜10時近くなってた)ホテルに15分位で到着との事でいろんな意味でドキドキしながら待ってると「ピンポーン」と部屋のチャイムが鳴りいよいよ団長とご対面。(ある意味この時が今回の旅行で1番緊張した)  おーこのお方が団長さんかー以外に予想どうりのお方だったなー 体験談を読んでいたので自然に接すれた。

 「久しぶりです○○さんおげんきですか?」と俺が切り出すと「いやー元気です。久しぶりですね」となかなかの演技力で返してくれた団長さん(感謝しています。) あいさつを済ましとりあえず食事をしながらこれからのエロスケジュールのプランを立てることになり団長おすすめの海鮮鍋&かに料理の店にー(これがかなりの絶品で一緒に行った某店料理長もうなった)

空腹もおさまった所でとりあえず今日は按摩に連れて行ってもらうことになりいざ出陣!まず個室に連れて行かれ待つこと3分「アンニョンハセヨ」入ってきたのは生意気そうな小娘でした。しかーし!き、綺麗過ぎるのです団長殿!わたくしにはこのレベルの免疫がございません!なんて考えてるうちにシャワールーム連れて行かれ全身リップサービスの天国の世界へ・・・

安馬の結論から言わせてもらうと鶯谷で10万のコースで喜んでた自分がバカらしくなるー取り合えず行く価値絶対ありです!!(ちなみに他のメンバーもみな骨抜きにされ次の日もキーセンやめて安馬にしない?と意見が出たくらい) 大満足の1日目が終了しました。

 そしていよいよ2日目を迎えました。とりあえず昼間はお土産などの買い物を済ませバイ○○ラを買い(取り合えず俺たち皆30歳前後で必要ないのだが朝までがんばりたいので)団長と一緒にとある喫茶店に到着。店に入るとそこには8人の美女(一人はハズレ)が待っていました。さすが団長おすすめのランクと感心してるうちに次々にパートナーが決まり自分が1番最後になってしまったのだが全然問題なく気に入ったアガシをゲットしました。そしてここで団長とは別れ(本当にお世話様でした)

まずは腹ごしらえでアガシ達と俺達8人で焼肉やへ行きアガシ達が焼肉を上手に焼き、これを口まで運んでもらい殿様気分(周りの視線なんかきにしません!)マッコリで気分も上々になったところで次はカラオケを歌いにスナックへ行き、なぜか店員のお兄さんたちと盛り上がりテーハミングクと大絶叫して再会を約束し店を出ました。この時点でまだ8時くらいでまだ外で恋人気分を味わってたかったのでアガシに変わったところに連れて行ってと頼んだら混浴サウナに連れて行ってもらうことに!ここは混浴なのでカップルが結構いて皆イチャイチャしています(もちろん自分も負けずにイチャイチャしました)いろんなサウナがあり満足しました。

そしていよいよホテルに戻りベットイ――――ン!!!しかしここで失敗がー

バイ○○ラを少し早めに飲んでしまいシャワーを浴びる前に前屈み状態になり結局オオカミに化けてしまいそのままロングプレイに突入!そんなことになっても俺のアガシは嫌な顔もせず俺を受け止めてくれプレイの後半には本気汁をいっぱい出してくれました。アフターも俺が寝るまで隣で頭を撫でてくれてとてもやさしくその時点で俺の心は完璧に犯されていました。

いよいよ別れの朝を向かえ最後にみんなであわび粥を食べて別れました。この時の他のメンバーも皆別れが切なそうでやはりキーセンは情が移る危険?な遊びなのかとおもいました。帰りの飛行機でも皆静かで自分も早く現実に戻ろうと必死になりました。特に現役女子大生にあったたメンバーは2週間たった今も心はソウルにある感じです。

 団長様、本当にお世話になりました。私たちのわがままを嫌な顔せず聞いてくれて感謝しています。ちなみに地元に帰った今、韓国にすごい知り合いがいると広まってしまい俺も連れてけと言われる日々を送っています。その時はまた面倒見てください。  
 
団長のコメント:了解しました。それでは、再会する日を楽しみにしています。また会う日まで・・・。


NO.26 北の漁師さん


到着1日目、ご存知の通り団長さんとママの薦めもあり、その晩からアガシと過ごすことになりました。最初のアガシの中には好みの子がいないので、別の子を頼み次に来た子の中から『李ちゃん』を選びました。これは実のところ、非常におなかがすいておりまたチェンジをすると数十分待たされる事を思い妥協した形となりました。が、結果的には大満足となりました。というのは、この子は見た目は非常に落ち着いた感じ(私はそう思った)で赤の濃い口紅をしていたため、お水系に見えました。

5人で食事をしながら、肉を食べさせてもらったりビールを飲んでいるうちに彼女の若さに気づきました。(遅いかも藁)焼肉屋を出たあと、ホテルで軽く飲むことになりコンビニで酒を購入、4人で部屋に戻りました。部屋でリラックスムードでビールを飲み、その後李ちゃんと一緒にマッコリをおいしくいただきました。非常においしく楽しいひと時でしたが、飲みすぎてつんぽが立たなくなってはいけないので、そこそこで切り上げ僕らは外のホテルへ。

---その頃にはすっかりと打ち解けて、いちゃいちゃしながらホテルへ入り早速シャワーを浴びました。彼女がシャワーを浴びている間に腹筋などをして気分を落ち着かせ、つんぽを押さえて待ちました。

化粧を落とし髪をほどいた彼女はもんのすんごい僕好みのロリ系で、きつく抱きしめ合いチュウをしました。チュウ好きな私はかなりの時間をかけてチュウをして体中をなめなめしました。途中であそこをなめられるのを拒否しようとしたので「大丈夫だよ」とやさしく声をかけ(?)おまたをぺろぺろしてあげました(笑)

すんげえベチョベチョだったので興奮してしまい、ゴム製品を装着後いんさーとしました。体中なめまわしたときにはほとんど反応が無く、もしかしたら不感症なのでわと思うほどでしたが、つんぽを入れたとたんに体をくねくねさせて感じているようでした。(あいかわらず声はださない、こらえているようでした)それを見て興奮!突きまくり!突きまくり!いつもの僕ならもう出ているだろうと思われたが、旅の疲れか酒のせいかゴム製品のせいか、はたまたつんぽが成長をしたのか、すごく気持ちがいいのにイカない。

こりゃあいいやと思い、普段は到底できない(普通の人はできるだろう)つんぽをそうにゅうしたままいろいろな体位で突きまくりました。汗だくになって突きまくって気持ちよかったし、李ちゃんぐったりしてきたので自分いってないけど休憩だといってやめてチュウしながら抱き合って寝ました。明日も1日あるし・・・、と思いながら。朝7時30分起床し、朝からチュウなどしていちゃついた後シャワーを浴びてホテルを出ようとすると、彼女が悲しそうに「今日は帰らなければいけない」と。

ん!!と思い話(ホンとかウソか、本当だと思うけど)を聞き納得、そういう家族親戚の集まりならば仕方が無い。2日間を1人の子と過ごそうとしていたが、考え方によってはもう1人別のことエッチも出来るんだし、もっとカワイイ子いるかも!と考え直しました。そして、Hホテルの2人と合流しあわび粥の店へ行きおいしい朝食!一晩目はこんな感じ。イってないけど自分的には激しくエッチできたし、結果的に女の子もびっくりするほど好みだったし・・・。90点ですな(笑)

二日目、喫茶店にてアガシに会う。僕も先輩も午前中の過密スケジュール(無茶言って色々連れて行ってもらい本当にスイマセン、一番疲れたのは団長さんでは?)のためテンションダウン気味。

僕らの前に3人のアガシが並んだ途端昨日とは明らかに違いました、レヴェルが!!先輩はひと目で決定、私はそれ以外の2人で非常に迷いましたスゲエ。どっちもキレイで選べない、でも選ばないと・・・。僕の足りない脳みそで考え、エッチのときどっちがエロイか想像して『李○○ちゃん』に決めました!二日連続で『李ちゃん』でびっくり( ゜_゜;)2人とも、一気にテンションは最高潮!!2人とも第1印象は大満足でした。

それからスーちゃんの車でHホテル入りし、僕&李は南大門市場探索に行くことにしました。李ちゃんは自由奔放な感じで天然な感じの子で、スーちゃんの車に乗った時からずっと手をつないで南大門に行きました。すごい数の人間で、歩くのに精一杯で店に売っているものを見る余裕なし。とにかく密着してお話をしながら打ち解けていきました。韓国にはあんまりボウズ頭はいないらしく、コメディアンにボウズ頭いるみたいですね、そのせいもありずっとニコニコしていたせいもあり李ちゃん曰く『かわいくておもしろいひと』という印象だったみたいです。照れた。

手ぶらでホテルに帰るのも何なので、トン足を購入しおやつにしようと帰りました。ホテルでトン足を食べると、先輩は昼のサムゲタンがまだおなかに残っていたらしく一切れくらいしか食べず、ほとんど僕&李チームでたいらげました。その後しばしマッタリ。夕食は焼肉(柳の家という店らしいです、知ってますか?)にしました。食後はまっすぐホテルへ戻り、僕らはモーテルへ。

モーテルでは少々ビールとカクテルを。僕は忘れないうちにとその日1日の行動日記を書いていると、李ちゃんが「書く」と言い出したので書いてもらいました。そのあとちょっぴり伸びた手の爪を切ろうとすると、李ちゃんが切ってくれました。照れた、けど恋人気分(?)満喫。(付き合っていたら爪切り合うかどうかは不明 藁)しばらくテレビを見ながら雑談、急に李ちゃん「寝る」と言い出しました。

今思うとエッチしようサイン。じゃあシャワー浴びなきゃといそいでシャワー。俺があがると李ちゃんしっかり準備してました、すぐにシャワーに。待ち時間にまた腹筋!腹筋!(爆笑)あがってきたので部屋の電気を消し、テレビの明かりのみに。抱き合ってチュ!チュ!やさしくチュ!(僕はチューが大好き)それからペロペロ!体中ペロペロ!(僕はペロペロが大好き)おま○こはびっちょびちょ、つんぽはビンビン!李ちゃん慌ててテレビを消し挿入!真っ暗です(^^;昨日に引き続き、本当は早漏の僕、普通の人(?)みたいに腰フリフリ!昨日イってなかっただけに、早めに絶頂をめざしてフリフリ!ひととおり(?)してから李ちゃんに上になってもらうと・・・、すんごい腰!ぐいんぐいん動く動く!セクース経験の少ない!?僕はびつくり!というかエロイな!と思っているうちにイっちゃいました(微笑)

韓国1発目の発射を終え、抱き合ってマターリ。今度は彼女をうつぶせにして背中側からナメナメし始めて2回戦へ。キスのときも舌をチロチロとしか出さず終始恥ずかしそうにしていたので、ちょっと教育してみようと思いました。

まずは舌を出させてオイラの指を舐めさせたりして舌使いを、そのまま僕ちゃんの乳首をなめさせて「僕が李ちゃんのおっぱいを舐めてあげたように、やられたことを同じようにしてごらん」だんだん上手になってきたので次はちんちん。なめてというと恥ずかしがるので「大丈夫」とやさしく声をかけ(またか昨日もだな)「僕が李ちゃんの指を舐めたようにして○○○を舐めてごらん」といって少しずつ舐めさせました。嘘か誠か李ちゃん、ちんちんを良く見たことが無いとのことで「電気つけてよおく見てごらん」といってみたけど恥ずかしがって電気はつけませんでしたが、形を確認するかのように触りながらチロチロしてくれました。あとこすり方も教えてあげました(爆笑)それから2度目の挿入!

相変らずマ○コびっちょびちょ。それこそぶっ倒れるんじゃないかってくらい突きまくりました、李ちゃんヒーヒー言ってくれたし体力限界近かった(僕体力なし)のでイって無いけど満足して抱き合い就寝。朝目覚めと同時に李ちゃんにキッス!そしてナメナメ!「しよう!」と誘ってはみたもののあまり良い返事は無い。ニヤニヤしながら本気でナメナメしたところ○○○びちょびちょ、体はその気になってくれたみたい(ん、無理やりだったのかな)「やっぱりやめようか」と意地悪するとやっぱしたくなっちゃったみたいで入れろというので朝セクース!普通に(いつものペースで)発射!かいかんでした(^。^/)うふっ


それからシャワーをあびてモーテルを出発、朝食へ行きました。ごま粥を食べた。ちょっと甘め、李ちゃんのきのこ粥のほうがウマかった!それからタクシーでHホテルに行き李ちゃんとお別れしました。いい子だったよぉ〜( -_;)( ;_;)( ;_;)(>0<)わ-ん

話が支離滅裂ですがなんとなく伝わりましたよね?結果的に2人とも大満足!

不満を言うとすれば体力の無いオレ!だらしない(自爆)!

感想ですが

@韓国のアガシは随分と濡れるなあ

A肌がすべすべだなぁ

B恥ずかしがりやだなぁ

C腰使いすんごいなぁ(僕の選んだ二人がたまたまだったのかな)

Dやさしいなぁ

Eオナニーしすぎかなぁ、もうやめよう自慰行為は‐‐‐

簡単すぎですがこんな感じです。また韓国に来て『李○○ちゃん』とシタイ!今度は犬食べてチンチンにパワーを蓄えてからしたいです。

団長のコメント:笑いたっぷり、大爆笑!!の素晴らしい体験談ありがとうございました。ホントに読みながら笑いが止まりませんでした。今までの体験談の中でも郡を抜く、最高の体験談と思われます。他の人も面白い体験談お待ちしております〜。ドシドシ、ご応募!?下さい。


NO.9 ひろさん


昨日30日、ソウルより帰国しました。25日は大変お世話になりました。ホテルまでお越しいただきありがとうございました。私は26〜30日まで仕事で韓国に出張でしたが、1日早くソウル入りし団長さんの紹介のアガシと遊ぶ計画となりました。

PM5頃、ホテルにチェックインし、団長さんと一緒に梨泰院までタクシーで向かい、地下のカラオケボックス(?)でアガシを選ぶ事になりました。1人での参加なのでキーセンハウスではなく、カラオケボックスでのご対面となりました。ここは、絶対1人では立ち入る事の出来ないエリアですね〜。

中に入いり、お店のママさんの流暢な日本語での挨拶と、いくつかの注意事項を聴き数分後にアガシ登場です。2人のアガシが登場し、1人はごく普通のかわいい系の女性で年齢も若そうでした。もう一人は、紺のパンツスーツ姿の女性で、若干、歳は上の様な感じがしました。

外観では分からないところもあるため2人に「日本語でお話出来ますよね〜?」と話しかけて見ました。すると、紺のパンツスーツ姿の女性が、一瞬ですが軽くこちらと目を合わせてうなずいた様な、会釈した様な仕草を見せたので、フィーリングでこちらの女性を選びました。ママさんがこの後、お店で遊ぶか?と聞いてきましたが、街に出かけたかったのでジュンちゃん(アガシ)と一緒に出かけました。もう時間的に遅かったのですが、どうしてもロッテワールドの遊園地に行きたかったのでリクエストすると、ジュンちゃんも久しぶりに行きたいとの事で腕を組んで向かいました。

彼女はOLでつい先ほどまで仕事をしていたとのこと・・・こちらをとても気遣ってくれて、梨泰院からロッテワールドまではタクシーではなく地下鉄で行きました。2人で1400Wで済みます。遊園地の入場料も無料入場券を1枚持っていて、それを私に使ってくれましたし、彼女の分は、銀行系のクレジットカードで無料で入場できましたし・・・金銭的にこちらに負担をかけさせない本当に良い女性でした。遊園地では軽く乗り物に乗った後、近くのお店で豚肉のジンギスカンみたいな物をお腹いっぱい食べました。この食事代も2人で22000Wと安く済みました。それでも彼女は、「私の普段の昼食代は5000Wだから少し高い」と言っていました。良い彼女でしょ?!

ホテルへ帰る前に、コンビニによって飲み物やつまみを買いました。部屋へ入って少し話をした後、風呂にお湯を貯めてくれて「背中を流してあげる・・・」とささやいてくれました。お互いに恥ずかしがりながら、こちらは素っ裸になり彼女は下着姿で体中を洗ってくれました。その後、ベットへ・・・。

軽いキスの後、少し小さめのおっぱいを愛撫し下の方へ移ろうとすると「私がしてあげる」・・・と・・・彼女から積極的に私のジュニアを口でしてくれました。そろそろ・・・と思い、彼女の大事なところをさわってみると大洪水!!指を入れなくても手のひらで、その洪水が確認出来るほどに濡れていました。本当にすごい洪水でした。

彼女曰く、「久しぶりなの・・・」夜は1回、翌朝に再チャレンジでした。とても、とても満足な時間を過ごすことが出来ました。彼女の方から積極的にしてくれるアガシは初めてでした。別れの朝・・・ママさんが「帰りに少しタクシー代をあげてね!」の言葉を思い出し当初、考えていたよりも多めにタクシー代をホテルの封筒に入れて渡しました。次回、機会があれば同じアガシでもいいかな・・・?

団長さん、ありがとうございました。


団長のコメント:やはり、お互いのフィーリングというコトでしょうか?噂!?によるとアガシの方も自分の好みのタイプのお客が来たら、自分から視線を送るそうです。今回がそうなのかな?う〜ん、エッチに積極的なアガシ…私も相性抜群のパートナーを早く見つけなければ〜(笑)




満足体験談一覧へ

TOPへ戻る