団長の独断と偏見により、201話から300話までの体験談の内から、良いと思った体験談のみを厳選しております。ご堪能下さい。



NO.300 6回目の訪韓、初めての体験談


こうして体験談を投稿するのは初めてですね。累計6回もお世話になってて、その都度、良い嬢をあてがってもらいながら、すみません。今回こそは書きます(汗)いつも一緒に行ってる悪友の分までしっかり書きますのでご勘弁を。

団長との初めての出会い⁉から約3年余。今回を除き前5回は

3人大当たり * 内2人は団長おススメ、一人は自力で引く

1人中当たり * 前日ふと思い立ち訪韓、急なスタンバイにも関わらず100点満点とはいかないまでも90点台の嬢をご紹介頂きました。

一人大外れ * 仕事で訪韓していて事前予約なし当日急遽時間が出来たので連絡してみるも時間21時と遅く団長のおススメは既に出払っている運任せで良いなら用意するがヤメた方がいいよーとの団長のアドバイスもありましたが強引にセッティングしてもらい、見た目はそこそこ良かったので選んだが内容はハズレ

とハズレは予約なしの急遽のパターン一回のみ。

前回の失敗を取り返すべく訪韓3週間前に事前予約、日本でもいつも一緒に遊び歩いてる悪友とと2人での利用。

いつものように必要事項をメールに書いて送信。ポチっとな。

翌朝、団長からの返信

Jさん、今まで4,5人会ってると思いますが、次回に続くような良い娘はいませんでしたか?

当方のおススメアガシと上手く合わないようなら、今度はママさんのおススメでスタンバイしてみましょうか?

団長のおススメ嬢を累計5人。その内一人はハズレなので良かったのは4人ですが、一度も指名で使った事が無かったので気に入らなかったのか?と勘違いされた模様。

一度も体験談を書いた事も無ければ、利用後に詳しくはお返事していなかったので、そのように考えるのも無理はありませんが。

いえいえ、違うのですよ~。毎回、団長の揃えてくれるアガシのレベルの高さには恐縮し通しです。

そして大変、満足しております。

しかしながら毎回毎回、訪韓を前に指名するか新しい出会いを求めるかで葛藤が…

毎回毎回、良い嬢を揃えてくれるものだから、ついついもっと良い娘に会えるのでは?というドス黒い欲望が渦巻き、毎回、別の嬢で楽しませて頂いております。

そして今回はしっかりと満足しましたという証明書代わりに体験談を投稿している次第です。

さて序章が長くなりましたが、本編を進めていきたいと思います。

空港到着後、団長に電話。

お、今回はママさんではなく団長さんご本人。

いつものようにホテルへチェックインした後、団長との合流場所へと移動。

4か月ぶりに会う団長、少し太ったかな~など他愛もない話をしつつ嬢の待つ喫茶店へと移動。

店内に入ると、5人のキレイどころが目につきます。

わかるわかる、あの娘たちなんだろうな~。

それにしても既に6回目のご紹介タイムで毎回利用人数×2(もしくはそれ以上)の嬢を用意してもらってるけど、一度もかぶった事が無い。

団長、あなた一体何人のおススメ嬢をキープしているのですか?

コーヒーを飲みながら、いつものように嬢をガン見して、悪友が先攻、Jが後攻。

今回はじゃんけんで負けました(くやしー)

でも、どの嬢も甲乙つけ難い。

とりあえず心の中で候補を2人に絞り、悪友の決定を待つ。

悪友も迷ってる模様。

その間に喫煙室にて煙草を一服。

2分ほどたったかな悪友が私の方を見て親指を立てる。

どうやら、決まったようだ。

吸いかけの煙草の火を消し、そそくさと席に戻り、どの嬢を選んだのか聞くと、黒髪ロングのスレンダー、ちょっとエロチックな服装のA嬢を選んだ模様。

困った、、、心の中で決めた候補が2人とも残ってる。

どちらか一人は悪友が選ぶだろうから悩まなくても良いと思ってたのだけど。

うーん、困った時には団長のアドバイス。

この嬢とこの嬢のどちらかで迷ってるのですがどっちが良いですかね~と聞くと

この2人ならどちらも高評価だから、どっちを選んでも問題ないですよ。直感でどうぞ。

団長はおススメ出来ない嬢が選ぶ現場にいる時はそれとなく教えてくれるので、その点は安心。

言われた通り直感でちょっと茶髪がかったスレンダーというより華奢で小柄なU嬢を選ぶ。

選び終わると選ばれなかった嬢は退散し、団長含め男3人、選んだ嬢2人で世間話。

悪友の選んだ嬢(A嬢)も私が選んだ嬢も近くで見るとより一層、エロチック(A)&かわいい(U)。

私の選んだU嬢、まだつたない日本語で恥ずかしそうに話す姿がまたそそられるんだな~。

しかも華奢な割に凹凸のハッキリとした体形。胸も適度にをちょっとオーバーしたくらいの大きさ(推定Dカップ)で私の好みにピッタリ。特筆すべきは肌が透き通るような白さ。お世辞抜きで身長が170とかならモデルしててもおかしくない嬢です。さすがは〇ランク。実際の嬢の身長は162~163ってところかな。

あー数時間後にはこの嬢とめくるめく愛⁉の時間を過ごせるのかと思いながら胸の谷間を見つめながら、ついつい生唾ごっくん。

悪友の選んだ嬢は日本語もそこそこ堪能なA嬢。私の選んだU嬢とは打って変わってエロい。服装も自分のチャームポイントであるおっぱい(推定E?下手すりゃF)を強調するかのような服装で何気ない表情や仕草がエロイんだな~。

文才が無くてうまく表現できないのが心残りだけど、みんな実際に体験してみてね。

 時間は午後5時、夕食には早いけど6回目の訪韓とあり観光もしつくしてるので、何をしようかなー?と迷ってる時に団長が『私これからデートで食事するんですけどちょっと早めで良いなら一緒に行きますか?』とのお誘い。

そういえば団長と酒は飲んでも食事は一緒にしたことないな~。団長の彼女?嫁?も見てみたいし…と二つ返事でOK。

さて、とある某黒豚の焼肉屋さんまで団長の車で移動。

美味い!!値段も良心的、雰囲気も上々。

お肉は野菜にはさんで味噌つけてアーンしてれば口に放り込んでくれます。

至れり尽くせりでいいなー。

途中、団長の彼女さんも合流し、6人で大変おいしく頂きました。

団長の彼女さんの詳細については個人情報保護の為(笑)、省略。

私達が選んだ嬢と同じくらいキレイでしたが日本語が全く話せないので会話はほとんどできませんでした(残念)

食事後は団長とは別れ、4人でいつものカラオケパブへ。

ま、普通の流れですね。

食事が早かったのでカラオケパブについたのが午後7時。お客は私達だけでした。

貸し切り状態でしたが、カラオケも歌わず、店のスタッフと嬢を交えて会話を楽しみました。

午後8じくらいからちらほらと他のお客さんも入ってカラオケなど歌いだしたのでうるさくて退散。

時間はまだ午後8時、ホテルに帰るにはまだ早い。かといってどこに行くアテも無し。

ちょっと飲み足りないなーと思ってたので、宿泊ホテルのバーでワインを一本(調子に乗って結構高いの抜いちゃいました)

カラオケでは見知ったスタッフがいるからなのか、あまりボディタッチはなかったけどホテルのバー(個室風な仕切りのある場所)ではU嬢もほろ酔い気分で結構密着してきます。

太ももに手をおいたり、胸を押し付けてきたりと私の息子もチンボウタマラン状態。

早々にワインを飲み干し、4人ともいい気分になったので午後10時前、各自の部屋へと移動。

さー始まりの時間だ!!

部屋に入ると先ほどまでの喧騒が嘘かのように沈黙。

やっぱ、恥ずかしいのかな~。

U嬢の肩を抱いて軽くキスし、先にシャワーしておいでと言うと、こくんと頷き、何も喋らずシャワールームへ向かいました。

その間、私ははやる気持ちを抑えながら、テレビをつけて何喋ってるかもわからない韓国ドラマをつけてUがシャワールームから出てくるのを今か今かと待ちます。

部屋の照明は暗めにセット。明るすぎると嬢が嫌がるからね。

ガチャっとドアのあく音と同時にバスタオルを巻いたUが登場…恥ずかしいのかすぐさまベットの中へ潜り込みます。

こういう所もかわいいんだよなー。

私も何も言わずシャワールームへ。

しっかり息子を洗って歯磨きも念入りに。

ボディソープでつま先まできれいに洗い、汗臭さもゼロ。

私も腰にタオルを巻いてシャワールームを出ると点けていたテレビも消えていて準備万端のようです(笑)

Uはシーツの中から頭を半分だけ出してシャワールームとは逆の方を向いています。

そっとUの横に横たわるとUも振り返り、私の胸に顔を隠してしまいます。

私の腕の中にスポッと入り込む小柄なUちゃん。

ぎゅっと抱きしめるとUも私を抱き返してきます。

まずは軽いキスから始まり、ディープは軽く。

胸に手を伸ばし程よい大きさのおっぱいをモミモミ。

柔らかく、そして張りのある良いおっぱいです。

首筋から下へ軽いペッティングを繰り返しながら、やっとおっぱいまでたどり着きます。

まずは乳首の周りをチロチロと舌先で攻めますが、あまり反応がありません。

敢えて乳首を攻めず、そのまま下へおへそ回り、股の付け根など秘部には手を出さず、8の字攻めでまた上に戻ります。

8の字攻め2週目からは少しずつ乳首や秘部を舌先で軽くタッチ。

タッチを繰りかえす毎に、ビクッビクッと体が反応します。

声にならない声も少しずつ漏れてきました。

そして3週目。

いよいよ本格的に乳首への攻め。

柔らかく舌先で転がし、時折口に含み。丁寧に丁寧に攻めていきます。

徐々に声も反応もよくなってきます。

Uの反応に確かな手ごたえを感じつつ、次は秘部を。

既に溢れんばかりの蜜が流れでていますが、まずはクリちゃんを。

体をくねらせながら喘いでくれます。

普段ならここから指で一度イカセルのですが、韓国女性は手マンを嫌う娘が多いので、口撃を続けます。

Uも気持ちいいのか私の頭を押さえながら韓国語で何か言ってます。

たぶん、ダメダメ、気持ちいいみたいな事を言ってるのでしょう。

体の反応を見ればわかります。

反応が良いのでもう少し続けようと思ってた矢先、Uが体を入れ替えてきました。

足を絡ませながら乳首から息子へと移動していきます。

いきなり口には含まず周りを少し攻めて、息子をお口で優しく包んでくれます。

お口での時間は短めでテクニシャンというわけではないけど、一生懸命さは十二分に伝わってきます。

そしてゴムを装着。

体を入れ替え、挿入…と同時にUが強く抱き着いてきます。

蜜は十分すぎるほど出てるのにキツイ。

今、思い返してもナカの具合も最高でした。

浅く深くを繰り返し、Uの喘ぎ顔と声に私も息子も大興奮。

何度か体位を入れ替えながらピストンを繰り返し、もっと楽しみたかったけどあまりの気持ちよさに耐えられずフィニッシュ。

久しぶりに心の奥まで満足できるHをしました。

所定のものと気持ちばかりのチップを封筒に入れて渡します。

寝る時は一人じゃないと寝れない…というより隣でゴソゴソされると気になって寝られないのでUには、今帰って自分の家で寝ればいいよと話し、明日〇時にロビーでまた会おうねと約束をして別れました。

2日目はUとの待ち合わせの時間まではカジノで遊びUとの遊び代分くらいは勝てました(ラッキー)

そして2日目は初日よりも少し大胆になったUの口撃にさらなる満足感を得て、カジノで勝った分チップも弾んであげましたよ。

悪友もいつも通りの満足度だったと聞いております。

私は体験談を投稿したのは初めてですが、今回のUも大当り。

今後は1回目、2回目、そして今回のUの3人を順番で会っていこうかと思っています。

また団長のお時間が許せば、一緒に食事に飲みにとお付き合い下さい。

ダラダラと長文すみません。


団長のコメント;初めての体験談ありがとうございます。ローテーションで会うのは良いですが、お互いの嬢にバレないように気をつけて下さいね。嬢が深い娘ほど嫉妬深いパターンが多いですから。また、指名で会うとまた違った楽しみができますよ。




NO.289  2年ぶりの7回目



2年ぶりの7回目?のお遊びです。No. 196の体験記以来ずっとそのオキニと遊んでましたがその子が他のママの事務所に移籍?したみたいで連絡はとれるものの、団長とのお付き合いなら安心で勝手もわかるということで新しいアガシにチャレンジです。ある意味ワクワクしまする。
 
〇月にあるソウルでのスポーツイベントにエントリーしたので前日受付とその翌日スタート会場までの案内、昼くらいにゴール地点までのお迎え、その後のサウナ、食事、夜の営みまでつきあってくれるアガシをもとめて団長に相談、

『そんな都合のよいオススメのアガシはなかなか難しいと思います』

と連絡を受けがっかりし、今回の訪韓はお遊びなしで、とあきらめていたのですが、

『チョイスなしのおススメのオマカセでよければ手配します』

という条件でアガシに事前依頼してもらえることになりました(ママもイベントのこといろいろ調べてくれたみたいで、お世話かけました。)
結局のところ訪韓前にケガをしてしまいイベントには出場しないことにしたので、オマカセではなくチョイスして遊ぶということになりました。
 
当日はうわさに聞く美人ママと初めて待ち合わせ・迎えに来てくれて、梨泰院の喫茶店に行くと団長がいらっしゃいました。

『今日はおすすめ含め2名手配しました~』

と待機していた1名、遅れてすぐ1名が。どちらも見た目は全く問題ない、というか期待以上、
  1. 最初に待機してたアガシはまさに韓国のお綺麗な美女で超私の好み、清楚で色白、過去最高レベル。
  2. 遅れてきた子はロングヘアーに超ミニスカート、着衣の下がよくわかるスタイル抜群セクシーアガシ。
『ロングのほうはかなりオススメで評判いいですよ。間違いないでしょう。もう一人は全然悪くないですが、
夜のサービスの評価が淡白すぎるという声があり評価分かれます。日本語もあまり上手ではないです。

タバコは吸いませんが、ロングの子が100点とすれば、もう一人は85点といったところです。悩むのであればロングヘアーをお勧めしますよ』 

 
確かに悩みましたが、ロングの子はあまりにセクシー過ぎて一緒に歩くのがあまりにこっ恥ずかしく、気後れしてしまいそう。
団長のオススメなら間違いないのでしょうが、結果が予測できるのであればアドベンチャーの醍醐味も薄まってしまうだろうと思い、
一方のアガシ、85点なら・・・希望が・・・かつハングルはそれなりに勉強してたし、簡単な会話ならなんとかなるし、
顔が超好みのアガシ(誰が見てもキレイ)、ファーストインプレッションを採用しました!団長の反応は、(どうして?)みたいな感じでした。
団長の当日イチオシっぽかったのに、言うこと聞かずにすみません。
 
その後、場を離れ待ってるとアガシが一人やってきてご挨拶、まずはコーヒーショップで予定を確認しますが、思った以上に日本語が厳しい!
特にヒアリングが厳しいので少し話が込み入ると、こちらの言うことが全く分からない状態で、まるで聞いてなかったかのような反応=聞き取れていない。
ましてや私のハングルもわかりにくいみたいで(数年前1年間学校に通ったんですよ・・・)『うん?』『おっ?』と何回も聞き返されます、先が厳しー。
やっぱり団長のお勧めを信じるべきだったか!
 
とはいえ、行きたい場所を告げ、タクシーに乗りあれこれ話してるうちに段々わかるようになってきて、ご飯を食べる時間にはすっかり打ち解けてきました。
話すスピードとか、なるべく教科書にあるような丁寧な言い方やリズムに気をつけると分かってもらえるようになってきた!たとえ日本語でもこれ大事ですね。
暗くなってからようやく手をつないだり腕を組んだり、というムードになってきました。夜になって彼女のバッグがとても重い(お泊りセットとスニーカーが入ってた)のに気づき、
それまで重いのに持ってとも言わず、いい子だなと思いました。もっと早く気づいてあげればよかった。
 
梨泰院でサムギョプサル、居酒屋(かわいい顔して焼酎よく飲む)、そして例のカラオケでママと団長に会い握手を。

『今のところバッチリっすよ!』

と伝え早々にホテルに戻りました。正直、他のお客さんについているどのアガシよりも美人で歌もビックリするほどウマくて、常連さんと思しき人から

『こんなかわいい子がいるんだ~』

2人で歌ってるステージまで見に来るし、帰り際も

『可愛いね~』

とうらやましそうに言われ、私もすごく優越感を感じました。
 
部屋でも2人チューハイ飲んでシャワー後いざベッドへ。団長からの情報どおり、確かに彼女からの攻めはかなり淡泊で、
こちらの口撃もくすぐったいようで前戯はそこそこにすぐゴムをつけるように求められましたが、(残念)
合体してからはゆーっくり焦らないようにあの手この手使ってると段々感じてくれて、積極的に下からまったり腰が動いてきます。
最後は急にアガシの全身の動きが激しくなり同時に昇天、
イッた後も下からビクッ、ビクッと腰を動かして感じてくれているようで

『まだ抜かないで~』

2,3分はヒクヒク感じてくれました。このとき、男は最高の気分になりますよね。
『久しぶりにイッたです、体合うは大事ですね、ビックリしました~』。
と喜んでもらえて私も満足、前戯とか考えると確かに100点ではないけど、初日としては2重マルでしょう。
肌もすべすべ、胸もCくらいでしょうか、DKも激しくはないですがOKでした!明日の一戦もより良くなること期待大。
 
翌日は昼前から日本語学校(習いはじめて5ヶ月)に行くというので遅めの朝食を10時くらいにとってお別れ、夕方から会うことに。
会うまでにロッテマートでお土産買って、短時間カジノで30万ウォン勝って蚕室(チャムシル)に移動し合流、
前々日が誕生日だったらしく、前日も友達との誕生パーティをキャンセルして

『ママに仕事頼まれたからパーティキャンセルした、今度パーティするに変えた』

と言ってたのでプレゼントをしたいと提案。
チャムシルはブランドショップがあるので警戒したのですが、気を使ってアウトレットへ~春物ブラックコートがほしいというのですが、
そこでは気に入ったのがなく、東大門へ移動、ちょっと高かったけどブランド品ほどでもないし、カジノでラッキーにも浮いたので余裕のプレゼント。
オーバーしたけど、予算も伝えていたので無茶なリクエストもされなかったし、もともとせがまれてたわけではないので気持ちよくお買い物できました。
2日目は朝から手をつないでずっとイチャイチャしてました。やはり初日は警戒していたとのことで、緊張してたと言ってましたね。
そして晩飯を食べて後、ホテル近くのポジャンマチャ(屋台)で活タコ・貝焼きと焼酎を楽しみホテルへ。
 
家から持ってきてくれたフェースマスクで美容エステしてくれ、マッサージとかして超仲良し状態に。
夜の営みは中盤までは前日と同じで淡白でしたが、後半は彼女が上になって、上下ではなく(私の大好きな)前後の腰ふりがすごく超エッチ。
胸も下から手を差し出すと、結構大きい(仰向けだと分からなかった)。最後はまた正常位になり、しばらくすると
『私イクね』
と小さな声で言うのでこちらも動きを激しくしがんばって同時昇天。ビクビクビクっと、うーん最高。チュウしながらしばらく合体したまま余韻にひたり、なかなかいいHでした。

2日続いてイクのは初めて~スゴイスゴイ』

と本当かどうかは分かりませんが、こちらの気分も最高にさせてくれました。
朝は私が早朝に空港に向かわないといけないので早々にお別れ。
チップは封筒にいれて渡しましたが 『中身は気持ちしか入っていないのでバイバイしてから見てね』と、別途タクシー代渡してお別れです。
もちろん初日からLINEID交換して、2日目あうのも連絡取り合い、また帰国するなりソウルで撮った画像をシェアしあってます。どうしても通じない言葉は翻訳もしてました。
以上、団長のイチオシを蹴ってチョイスしたわけですが、これはこれでとても満足でしたよ。


以下、採点とメモ、私の推察含め
外観:98点、最高レベル(24歳、某企業受付嬢、出勤はレアとのこと)
マナー:98点、道案内や食事など安いところを探してくれるし、おねだりも全く無く、お高くとまりません。笑顔も可愛くバッチリです。
H84点、上記のとおり前戯があまり楽しめないのと、責めは上手ではありません。彼女によるとやはり、相手によって好き嫌いがあるので・・・
お客さんではなかなかイカないとのことでした。
そういう意味でプロフェッショナルではないのに、相性がマッチしてたので良かったと思います。もし私独りよがりのHで終わってたら、不合格だったかも。
総合:90点 → まだまだ上が入るんだろうという今後への期待も含めて100点にはしませんが、正直今までで最高の時間だったかもです。
これから日本語がもっと分かって話せるようになると、ハングルが全く分からない人でも意思疎通ができて超人気がでるのではないかと想像します。
ハングルが分からないと気が短い人には厳しいかも知れませんね。
あまり他には紹介して欲しくない、この仕事して欲しくない、なんて勝手なこと言いたいですわ。
 
次回はインチョンまでレンタカー借りて迎えに来てくれるって、そのままソウルに戻らず海側を旅行しようと言ってくれています。いつになるか分からないけど楽しみ~
完全にオキニになってしまいました。
 
ということで団長・ママさん、おそらく事前にいろいろお手間かけていただいて&お計らいいただいてありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。




団長のコメント:最近は新入生も入って全体のレベルは上がりましたね。うまく合う娘で良かったです。末永くお幸せに…。



NO.283&284 「充実のソウル年越し」




昨年5月以来、4回目の訪韓、また団長さんにお世話になりました。

いつも間違いないアガシをありがとうございます。直近2回(昨年11月 、この年末年始)分の体験記を投稿いたします
(1)昨年11月<お気に入り譲>・・・3回目訪韓

昨年8月に指名したアガシが気に入り、日本帰国後も複数回LIN E交換したTさんにどうしても会いたくて11月上旬の土日で訪韓 しました。

「指名女性とはホテル待ち合わせ等ご自由に連絡取り合ってどうぞ」でしたので、団長さんやママさんとの珈琲シ ョップ待ち合わせではない故、正直、「上手く落ち合えるかなあ」 との一抹の不安を感じつつ当日を迎えました。

また、 直前のLINE交換で「待ち合わせが、仕事の関係( 舞踊の発表会?)で夜9時頃になってしまう。 それでもいいですか?」と言われており、 どうするか正直悩んだのですが、時間が短くてもお気に入りのTさ んに会いたい気持ちが勝り、別のアガシセレクトではなく、 Tさん指名でいきました。遅くなることを事前に伝えてくれたこと でますます好きになりました(完全に”アガシ病”に感染ですね)。


さて、当日ですが、キンポ到着後から夕方にかけて何回かLINE交換をし、 ミョンドンのロッテホテルの前で問題なく待ち合わせ。 今回も車で来ており、ホテルに駐車場が無かったので、 確保にかなり手間取り、少々、彼女の機嫌も悪くなり、気まずくなりました。

駐車場確保し、ホテルに着いたのが、22時近く(※ アガシが車で来ている場合、 宿泊客は駐車場無料のホテルが安心ですね)。 彼女は公演の打ち上げ?で何か食べたことと、夜も遅かったので外出は止めて、ホテル内のBARでゆっ くり語り合いました。これから本格的な冬を控えることから、日本で買った マフラーをプレゼントしたところ、凄く喜んでくれました。

部屋に移動して、ベッドでは8月同様、まったりと過ごしました。前戯にたっぷり時 間かけていっぱい感じてもらい、一緒にいるのは実質10時間足ら ずとあっという間でしたが、とても満足しました。
年末も訪韓予定につき、スケジュールを事前アナウンスして、 都合が合えばお願いすることを約して朝9時頃に別れました。本当に遠距離恋愛している気持ちになりました。

(2)年末年始<New Face譲>・・・4回目訪韓

昨年5月の訪韓から帰国後に「年末はソウルで過ごしたい」と思い 、早々とホテルと飛行機の予約をしていました。

今回もお気に入りのT さんを指名すべく、11月訪韓時(上記(1)ご参照)に事前アナウンスしていましたが 、12月初旬のLINE交換で、「年末年始はソウルにいない、 会いたいけど、、、」でした。

残念ですが、「新たなアガシと知り合いになれるチャンスかも!」と思い直し、「 ここは団長さんにすがるしかない」と「12/30-1/1 7万円を1人」でお願いしました。但し、年末年始は女の子が少ない ようなので、正直期待度は50%くらいでした。


さて、当日ですが、15時に○○ホテルまで来てほしい と言われ、その近くでママさんと落ち合い、近くの珈琲ショップに 行きました。
相変わらず美人のママさんに連れられて珈琲ショップの3階に行く と、入って右手に女性5人が入り口に向かって座っていました。

今回は団長さんもスタンばってくれていました。団長さんとも少しで したが、お話も出来、落ち着きました。

5人も居ると相変わらずな かなか選べないのですが、その中からルックス重視の第一印象で、 向かって右端の女性を心の中でチョイス。

団長さんの意見も聞きたいと思い、「彼女はどうですか?」と確認 したところ、曰く、「普通です」でしたが、自分の感性を信じて 変えずにいきました。女優の木村佳乃似の美人でした(お世辞ではなく、日本人っぽいルックスで)。
その後、彼女(Jさん)と店の外で合流し、近くのスターバックス でまずは予定確認しました。

年末の休日なので、店内は混んでいま したが、「座っていて下さい、買ってきます」でしたので、 財布を渡し、支払いはお任せ。ここで、日本で買ったプレゼント(手袋)を手渡し、喜んでもらえました。
Jさんからの「今日は何したいですか?」に、「 夜はトンデムンでタッカンマリが食べたい、何かショーが見たい、 年越しの時間帯に合わせてどこかお参りしたい。」とリクエストし たところ、「今日は土曜でソウル市庁辺りでデモ(毎週土曜にやってるようでした)やってるので、 車の移動は時間かかるかもしれないし、タクシーも捕まりにくい 」でした。よって、タッカンマリ食べにトンデムンに行くこと、 年越しお参りも諦め、 代わりに彼女お勧めのチムタクを食べることにし、お決まり? のナンタを見て、グランドハイアットのバーに行くプランを立てて もらいました。

彼女は車(なんと、ベンツでした!!) で来ていましたので、スターバックスを出て、車をピックして、 いざゴーです。

当初予定は、17時からのナンタを見た後に、晩ご飯を食べるつも りでしたが、ミョンドンのナンタ劇場がどの時間帯も予約で一杯と のこと、別の場所(ソデムン)の方を20時で予約してくれました 。

そこで、まずは、早めの食事をとることにし、市庁舎近くのホテル には戻らず、ミョンドンでチムタクを食べました。今回はスムーズ に駐車場を見つけることが出来ました(よくご存じでした)。 駐車場からお店まで腕を組んでいちゃいちゃ、店に入って、瓶ビール2本と浅目の鍋一杯の蒸し鶏料理(鶏、野菜、春雨等) で合計4,000円くらいでした。初めて食べましたが、適度の辛さで美味しかったです。彼女は車なので「ソフトドリンク どうぞ」と言いましたが、「水でいい」と可愛い回答でした。

ソデムンの劇場内カフェで20時の開演を待っている間、グランド ハイアットに連絡してくれましたが、こちらも事前予約で一杯らし く、Jさんのお勧めもあり、体験談によく出てくるカラオケに行く ことにしました。

ナンタも最高、カラオケも乗せ上手の若い男性店 員が面白く、カウントダウンのちょっとした演出もあり、他にも日 本人客とも交流でき、楽しかったです。Jさんも日本語の歌を歌っ てくれました(松田聖子の「抱いて」←その後、しっかり抱きましたよ(笑))。カラオケですが、 過去の体験談では確か1人あたり5, 000円くらいと書いていましたが、もう少し高かったです、 年末価格ですかね、、、でも日本よりは安かったです。

ホテルではより積極的な彼女に変身です。

スタイル抜群という訳ではありませんでしたが均整の取れたプロポーション、おっぱいは大きく、ずっと触ってました。

私は基本、攻め好きなのですが、彼女はそれを許してくれず、完全 に女性上位で、上と下の口でいっぱいしてくれました。

終わった後は、お湯で濡らしたタオルで身体を拭いてくれる等至れり尽くせり 、大感激です。

物事ハッキリ言うタイプで、私自身は新鮮で心地よ かったですが、人によっては好き嫌いが別れるかもしれません(日本 人はおとなしい娘が好きですよね、、、)。初対面につき、私も 未だ彼女のことを十分理解できない部分もあった分、現お気に入り のTさんを上回るところまではいきませんでしたが、「せっかく来たので楽しんで欲しい」とのガイドぶりや 夜は完璧で「また、会いたいな」と思いつつ、朝8時頃、ホテルでJさんと別れました。

帰国後も数往復LINE交換し、「今回はありがとう、また 、会いたい」と表明したところ、「嬉しい」でしたので、Jさんも 今後のお気に入りの1人に決めました(男はしょうがないですね)。

新たな出会いもさることながら、同じ女性と再会する楽しみも、このシステムの醍醐味だと思います、 団長さん、今回もありがとうございました。暖かくなってまた訪韓 したい(お二人に会いに行きたい)と思っております。



団長のコメント:訪韓の回数が増えアガシに対する経験地が溜まっていくと、皆レベルアップします(笑)どういうことかと言うとオキニが一人ではなく2人、3人と増えていき、それぞれと良好な関係を築けるようになります。(韓国のアガシはヤキモチ焼きが多いのでバレナイようにうまくやって下さい。)かくいう当方も現在オキニ4名(それぞれ2ヶ月に一回くらいの頻度で会ってますから何度目になっても新鮮に感じられて良いですよ)

NO.278 充実した3回目の訪韓 

団長さん、投稿します。思いのほか、長くなったので、適当に切っていただいても、不適切 な表現があれば削除いただいても構いません、お任せします。本日帰国し、一気に書きました。

〈題〉充実した3回目の訪韓

団長さん、ママさん、先日は大変お世話になりました。団長さんに お世話になるのはゴールデンウィーク以来、今回で2回目、3ヶ月振り の訪韓でした。

前日夜にソウル入りし、翌日は15時に○○○辺りで待ち合わせと のこと。「14.30頃にタクシーに乗って電話下さい」 でしたので、ホテルがあるヨイドから地下鉄に乗って適当な場所で 降りて地上に上がりタクシーに乗り、電話を繋いで運転手に渡し、 待ち合わせの○○○近くの○○らしき前で降ろされ、再度電話し、 5分ほど待つとママさん登場。ママさんに連れられて近くの建物の 2階のコーヒーショップに入ると4名の一見したところ雰囲気漂う コリアン美女が入り口の方を向いて座っていました。 皆さんからの体験談にもあった通り、日本語堪能なママさんも美人 でビックリ。席に座ると、4人がこちらの方向を向いて横1列に並 んでいました。最初のドキドキです。

私は黒髪好みで、髪が長い女性が最初に目にとまったことから、左 から2番目の子が第一印象としては好印象。右端の髪の長いショー トパンツの子も気になりましたが、あまり目を合わせられず。 それ以外の2人は横ないしは下を向いていて、 顔詳細は判別できずにいたところ、ママさんから、「団長さんもあとで来ますよ、どの子にしますか?」と、手元の紙に左から1、 2、3、4と書いて、「左から1、2、3、4としますので、 何番にするか教えて下さい」でしたが、「うーん、 決められません、オススメは?」、「皆、いい子ですよ」、「尚更 、決めれません」との会話をしているところで全身黒づくめの団長 さん登場、私の左席に座り、思ったより若くてまたビックリ。 ママさんから「2番目と4番目の子が、、?」 と団長さんと話しているようで、「どちらでもいいですよ、 フィーリングです。」でした。

第一印象では洋服の色も手伝い左から2人目の子でしたが、終始下 を向いていた顔が上を向いた時に目が合ってニコッとしてくれたよ うに感じた1番左の女性の落ち着いた優しそうな笑顔と何となくの落ち着きさ が突然気になり、「1番の子は?」と聞いたところ、「彼女は最近 入ったので情報が無いんです。だから、いいとも悪いとも言えないんですが、個人的には初物(はつもの)は好きです」でした。 なぜかその言葉に心動かされ、1番の子に決め、その旨をママに伝 えました。当てずっぽうに決めるのもフィーリングあってのことな のかもしれません。ママさんからは「店出てすぐ右にある○○の前にいて下さい、すぐ行かせます」でした。

すぐに笑顔溢れる割と背の高いアガシが出てきました。間近で会っ てまたまたビックリ、タンクトップが窮屈なくらいの豊満な胸で、 白のミニスカートから伸びた足が眩しいスタイルバッチリのアガシ でした。単に細いのではなく、程良い筋肉美を感じました。
「車で来ています、駐車場はそこです。」でしたのでまずは車に乗 って移動、盛夏の中、大変助かりました。運転中は彼女のミニスカ ートから無防備にはだけた太ももが妙に気になり、 見入ってました。
5分ほど車で移動した場所に車を停めて徒歩でコーヒーショップへ 。そこで簡単な自己紹介とこれからの予定を確認。彼女はTちゃん 、聞けば、舞踊をしていて、子供等に教えるのが仕事と、どおりで スタイルがいいはずです。また、エスコートアガシの仕事も始めた ばかりで(←私が初お客さん?)今日は仕事内容の詳細をママさん から聞くかと思いきや、いきなり私の指名で、ややビックリしてい ました(顔合わせ中に手持ち無沙汰に下向いていたのもそのせいら しいです、そのつもりなく座っていた?)。1時間ほど雑談していました。

これからの予定ですが、ヨイドのホテルから乗船場が近かったことも あり、前から気になっていた漢江(ハンガン) 遊覧船をリクエスト。残念ながらディナー付きは予約一杯でしたが、 食事無しであれば予約可能、暗くなってからの方がいいからと 19.30からを予約してくれました。
「船に乗るなら、家に帰って着替えたい」でしたが、私をホテルに 送り届けて、家に帰ってホテルに戻るまでの時間はないことから、ホテルの地下のシ ョッピングモールでジーンズ(白の短パン)と歩きやすいサンダルをプレゼントしました、 ちょうどセールシーズンで合計で9,000円くらいでした。
 
19.30からの遊覧船も川風が気持ちよくて快適そのもの。彼女 も小さい時以来久しぶりと喜んでくれ、船の中から見える場所や橋のガイド をしてくれました。
70分の乗船後に近くに屋台が出ていたので、急遽、そこでおつま みをテイクアウト。一口ステーキとアイスを食べた後は、 是非食べたかったチキン屋をスマホで探してくれて、徒歩で移動。
ガイド本には載っていない地元客で溢れるお店で、山盛り一杯の骨付きチキ ンの唐揚げとビールジョッキ2杯、1時間ちよっとで2人で料金も 4万ウォンとお値打ちでした。

すっかりお腹いっぱいになったので自然に手を繋いで徒歩でホテルに戻り 、お互い別々にシャワーしてお楽しみのベッドタイムです。
「どこを触られるのが苦手?」とまず聞いたら、「首」とのこと、 後は全てオッケーかと思っただけで興奮も増してきました。

腕枕してあ げたら身体を預け、足も絡めてくれました。バスローブの襟元から 胸を弄ると微かな吐息が。

下の方も優しく触るとしっとり濡れてるようで、口で攻めると体を仰け反って感じているようで、合体して 無事フィニッシュを迎えることが出来ました。

その後は身体を合わせてお互いを弄り合ったま ま、いつの間にか寝入ってました。
翌朝は8時半には仕事に向かう、でしたので、7時過ぎに起床。私 は別れが名残惜しくて、20〜30分間寝ている彼女の身体を弄っ てました。彼女の身体を触りながらの反応にとっても癒されました 。
別れ際、規定料金にチップとガソリン代等諸々込みのお小遣い相当 を手渡し、再会することを約束して、ホテルの地下駐車場で別れま した。お小遣いのおねだりも控えめで好感が持てました。

朝、LINEアドレス聞かれので教えてあげたら遊覧船で彼女が撮 った写真を送ってくれました。その後、ホテル滞在中にLINEで メッセージを2往復、なんか繋がってる感を勝手に感じてしまい嬉 しくなりました。最初に迷った別のアガシだったらどうなっていた だろうと気にはなりますが、「次も彼女を指名したい」と思わせる 女性でした。警戒していましたが、完全にアガシウイルスに感染し たようです。これからも訪韓すると、 彼女がエスコートアガシを継続している限り、彼女に会えると思っ ただけで、明日からの仕事も頑張れそうです。

素晴らしい女性をご紹介頂きどうもありがとうございました。
最後に私が感謝していたことを是非とも団長さんから彼女に伝えて あげて下さい。私のような者との再会でも喜んでくれるものか、その反応なんか も探ってもらえると嬉しいです。お互いに無理は禁物なので、、、

最後に10点満点での採点です。
顔  9点
スタイル 8点
性格 10点
ガイドぶり 8点
しぐさ、話し方 9点 →「はい」と頷く時に「い」が少しトーンが高くなって、そこがま た可愛い
夜の奉仕 7点
トータル 9.5点 ※今10点つけちゃうと、更に良くなった時につける点が無いため

トータルでは完璧に近いです、夜の方は仮に再会が叶い、私がお気に入り宣 言した後にゆっくり仕込もうかな、と勝手に思っております。

 長文、駄文お許し下さい。


団長のコメント:トータル95点とは高評価ですね。初物での大当たり、おめでとうございます。今年は例年よりも夏休み時期に体験入店の娘も多くて、彼女もその中の一人ですが、総じて評判は良いようで当方も満足しております。とりあえず当分は安泰かな(笑)



NO.275 自分の好みか?オススメか?




団長との付き合いも今年で3年目。回数にして7回目の利用となりますね。

7回目も利用してて初めての体験談投稿で申し訳ありません。

最初に紹介してくれたアガシがあまりに良かったので初回~3回目まではN嬢ひとすじ。

4回目、5回目、6回目は最初の嬢が業界を引退するという事で別の嬢で楽しませて頂きました。

正直なところ最初の嬢が良すぎて(目が高くなりすぎたのか?)4回目5回目の嬢は次回指名をするくらいの嬢ではなかったです。

総合面では満足点をあげられますが、もうひとつ私の心を虜にするほどではなかったですね。

※ちょっと辛口ですかね?それでも他と比べれば雲泥の差なのは認めてますよ。

6回目の嬢はというとルックスは今までの嬢の中でもTOPクラス。

サービスも最初の嬢と比べても負けず劣らずという感じで2回目の指名嬢誕生か!?というところですが、男の悪い虫が発動。

もっと良い嬢もいるのでは?もっと私に合った嬢もいるのでは?という虫が発動しちゃいまして、今回は6回目の嬢はとりあえずキープという事にしておき、新しい嬢を探してみることに。

団長礼賛ってわけじゃなく、この団長の良いところは7回の間、一度も同じ嬢(見たことあるけど選んではない嬢も含め)がかぶった事がないということ。

どことは言いませんがヨソでは以前に選んだことのある嬢や選んではないけど嬢を選ぶコーヒーショップなどで見たことある嬢がまぎれこんでいる場合が多々ありました。

団長が気を使って嬢を送っているのか?それともアガシがたくさんいるから、たまたまかぶってないのかは定かではありませんが、何度も色々な店で利用している私としてはありがたいことです。

7回目ともなると団長との合流もスムーズに進みます。

空港到着後に電話。

今回はママさんが電話に出ました。

※7回中3回くらいはママさんのアテンドでしたね。電話はママさんで現場には団長がいる場合もありましたが。

いつものように待ち合わせ場所を聞いて、時間に遅れないよう余裕をもって合流時間を決めます。

午前便での到着なのでホテル到着後、団長との合流までに2時間ほど余裕があります。

ホテル地下にはカジノが併設されているヒルトンホテル。

こりゃ行くっきゃないでしょう(笑)

賭け事をしない友人は放っておき一人カジノへ赴く。

・・・

・・・

・・・

2時間後


バカラだったのですが一進一退を繰り返し、時間が無いので最後に大勝負!!

ちーん

カジノ用資金の半分負けで終了。

やらなきゃ良かった・・・



団長が待つ、いやさかわいいアガシの待つ合流場所へレッツゴー!!


無事ママさんと合流し喫茶店へ到着。

そこには数人のアガシと談笑する団長の姿。

前より少し太ったかな~?お顔はふっくら丸みをおびてました。


そんな事よりアガシですよね。本題に入るまで長々とすみませんね。

アガシの数は5人。

それぞれのアガシに対しスカウター発動  ピピピピ

GOOD及びPASSは私個人の好みでの判断です。バストサイズは推測(笑)


1人目 茶髪ロング かわいい系Eカップ GOOD!!

2人目  黒髪セミロング 韓国顔系美人 Cカップ GOOD!!

3人目  黒髪セミロング かわいい系 A?Bカップ PASS

4人目 黒髪ショート エキゾチック系美人 Dカップ GOOD!!

5人目 茶髪ショート ハーフ系美人 Dカップ PASS!!

6人目 黒髪ベリーショート メタボ系中年オヤジ・・・・って、おい!!団長じゃねーか

しょーもないギャグ入れてすみません。団長にもすみません。


さて気を取り直して本題へ・・

5人中3人は私の好みです。ウヒョヒョヒョ



今回は韓国初の友人もいるので選ぶ順番は1番友人、2番私。

好みが3人もいる時点で友人に一人取られても残りは2人もいるから大丈夫。

友人は1人目の茶髪ロングかわいい系巨乳を選ぶ。

私はじっくり残りの4人を見渡し団長へアドバイスを求める。

「どの娘がいいですかね?」

「ズラッと見渡してファーストインプレッションで決めるのが一番ですよ」

「またまた~オススメいるんでしょ?」

「まあいるにはいますが、自分の好みが一番ですよ。」

「2番と4番で迷ってます。」

「う~ん。それなら2番かな」

「ん?それはなぜ?」

「4番はね。仮に選ぼうとしてたら私がSTOPかける娘だから」

「???」

「評判が良い時と悪いときと波が大きいの。ある意味ギャンブルだよ。加えて2番は4番と比べれば高評価。外見上2番と4番が気に入って迷ってるなら2番が良いと思けど・・・5人の中で一番のオススメは5番の娘だけどね。ふふ」

「え、5番?」

ハーフ系美人に苦手意識のある私。明らかに好みではないというわけではない。

普通に美人なんだけど・・・2番と4番の方がストライク。

考え中

・・・

・・・

先程のカジノでも大敗した私。運気は下降気味なのか・・・

しかーし、ここは自分の好みを優先。

「2番でお願いします。」


結局、1番と2番を選んで男女2組でデート開始。


嫁への罪滅ぼしの為のプレゼントを買いに免税店へ向かう。

カジノの負けもあって高額なものは買えない。質より量で安いマスクパックや韓国製化粧品を買い漁る。

これで一安心。

さてメインのアガシと心置きなく遊びましょう。

ちょっと早めの夕食へ。

予めネットで調べておいた店の情報をアガシに渡しエスコートしてもらう。


とある焼き肉屋さんにて舌鼓を打ち、アガシとの親密度UP

さらにパターンであるカラオケ(飲み屋さん)へ行き、お酒も引っ掛けて、デュエットなんかしちゃって、さらに親密度UP

顔が韓国系美人でちょっとツンとした感じがあったけど、デートが始まった後からは手も繋いだり、腕組みしたりで結構なラブラブモード。

選ぶ前と後では本当に印象が違います。いい意味でね。

友人も初体験のわりには結構楽しんでる模様

最後の仕上げはホテルにて

ほろ酔い気分で部屋へ到着。

ベットに腰をおろし、酔い覚ましに水をがぶ飲み。

まずは私がシャワー。

あつーいシャワーでさらに酔いを醒まし、体中きれいに。特にあそこは念入りに洗う(笑)

シャワーを出てベットに横たわると次はアガシがシャワーへ


照明を適度な暗さに調節し、何言ってるかわからない韓国テレビをみつめながらアガシが出てくるのを待つ。


アガシ登場。

恥ずかしいのか、ささっと布団に潜り込む。

「テレビが明るすぎるから消してね」

「はい」

スタートだ!!!

まずは当然キッス。おじさんキッス大好き。

軽いキッスから始め、すこしずつ濃厚なキッスへ

お互い抱きしめ合いながら、首筋から胸へと少しずつ下がっていく

やっとたどり着いたお山がふたつ。

スカウターではCカップと思ってたが失礼Dカップはありますね。


舌で頭頂部をコロコロころがすと同時に漏れだす声

ひとつひとつ、じっくり丁寧に2つの山を攻略し、さらに下へ

下はご存知のようにジャングル

まだ熱帯雨林にはなってないようだ。

まずは、ほとりを攻めて焦らす

その間、軽く秘部にもキッス

またほとりを攻める

繰り返し繰り返し攻めると、ジャングルは熱帯雨林に・・・彼女の声も少しずつ大きくなっていく

日本でならここからまずは指で一度昇天させて本番突入だけど、お国柄韓国では手マンを嫌う傾向が強いので、そこは省き秘部の奥へと息子を突入させる

・・・と思ってたが、突如体を入れ替えるアガシ

次は私の番と言わんばかりに、まずは手で・・・

そして口で・・・

若さゆえか・・・ぎこちなくはあるが、一生懸命さは十分に伝わってくる。

息子もほど良く興奮したところで、女性上位のまま突入


中の具合は・・・エクセレント!!


濡れ具合、しまり具合、両方が程よくからみあって、息子に最高の快感を与えてくれている。


体位を変え次は私が上から攻める。


息子よ。もう一頑張りだ。

相手を先に、いやそれがダメならせめて同時に・・・

しかし、あまりの気持ちよさ、彼女のセクシーさにいつもより早めの限界到来

・・・
うぐっ
・・・
相手はイカせられず自分だけカ・イ・カ・ン
・・・
でも本当に気持ちえがった~
・・・


終わった後は軽くシャワーで流し就寝


2日目も彼女と一緒に過ごしたい旨を伝えたが、翌日はどうしてもはずせない用がありダメとの事。

友人は同じアガシで続行


一人でカジノ三昧かとも思ったが、夜1人はさみしすぎる・・・

ふと昨日の団長の言葉が気になった

オススメは5番・・・

団長にTELし昨日の5番の娘をお願いする。

・・・
話が長くなったので2人目(オススメ5番)の詳細は割愛させてもらい結果だけ。


確かにオススメなだけの事はある。

昼、夜ともに高水準で満足点を与えられるアガシでした。

初日の娘と比較すると・・・同じくらいか若干オススメが上かってくらいでしたね。

2泊3日間、楽しく遊べました。

ちなみに2日目の娘がアゲマンだったのか、帰る前の数時間で初日の負けを取り戻し、大幅に勝ち越せました(笑笑)

今後は前回の娘と今回の2人を含め、3人のローテーションで回していきたいと思ってます。


長々とすみませんでした。



団長のコメント;久々に体験談というにふさわしい体験談頂きました。今後はローテーション。それぞれのアガシにばれないようにうまく回して下さいね。ヤキモチ焼きが多いですから。



NO.273 10年ぶりの再会,一緒にシャワー?



団長様

体験談遅くなりすいません。

長文乱文失礼しますが、体験談お送りします。


今回、先輩と2人でソウルに向かいました。
私も先輩も韓国歴は長く、いろんなところで遊んでいます。
団長のいうアガシ病に感染というより、ウイルスが体に同化している状態です。
今までも色々なルートで遊ばしてもらい満足も不満足も経験しながら不満足でさえ
割り切って笑い話にできるくらいにはなったと思います。


団長とは10年ほど前にお会いしたきり、それっきりでした。
たぶん印象もなかったのかと思います。
たまたまネットサーフィンをしているときにHPを久々に見つけて最近の体験談を読ま
せていただきました


するとたくさんの方の大満足の投稿がたくさんあり、これはもうお願いするしかない
なと思い連絡させていただきました。
それから何回かのメールのやり取りを行い(団長の返信は親切丁寧ですからみなさん
安心してください)、


こちらの変更などにも快く対応していただき訪韓となりました。

1日目。金浦空港に到着してそのままホテルにチェックイン。
部屋の携帯から連絡すると女性の声。

ママ「もしもし。○○さんの代理ですが・・」
あー団長さんは不在なんですね。(少しがっかり)


私「今日お世話になります。チェックインしましたがどうすればいいですか?」

ママ「タクシー運転手に電話わたしてくれたら・・・」

私「どこに行けばいいですか?わかります」

ママ「○○の○○のところですが・・わかります?」

私「あー○○のお店のところですね。わかります。すぐ行きます」

ママ「よく知ってますね。ではお待ちしてます」


こんなやり取りがあって、待ち合わせの場所へ

待ち合わせの場所には5人のアガシがいました。
みんな優しそうな感じで、この時点で大丈夫だとは思って見ていました。

すると横から怪しい人影が・・・団長さんでした。

色々と丁寧に説明してくださり、こちらの相談にも乗ってくれました。
(ところで、団長さんは私の事を覚えていてくれたのでしょうか?かなり体型変わっ
てますが・・・)


実は1日目は私一人だけのチョイスで先輩は知り合いのアガシとあうとのことで
今日は遠慮するといっていたのですが、団長が気をきかせて5人用意してくれていた
のでありました。
(ランク上位の方も含んでくれていました)


1日目先輩は知り合いのアガシを今から口説くという話をしていたのですが、団長からは絶対に今選んでおいたほうがいいよと言われていました。

知り合いのアガシは今日は紳士的な振る舞いで食事だけして返してあとからアガシと合流しようなどたくさんの案をだしてくれたのですが、先輩は首を縦に振らず、この場は私だけ選びました。


このやりとりが、後々効いてきます


チョイスの後は、サウナにいく予定でしたので、アガシには一旦別れてホテルに来てもらう段取りにしました。
サウナが終わり、部屋で待っているのですが中々電話がならず、おかしいなと思っていると部屋の携帯に電話。

U「ロビーに到着して待ってるんです」

私「あっ!カードがないとエレベータが動かないですね。すいません。」

U「大丈夫です。迎えに来てください。」

私「はい~すぐいきます。ごめんなさい。」


一旦部屋に戻り、お詫びしながら少し話しました。
Uちゃんは少し緊張しているようでしたが、ニコニコ笑っていました。
時間になったので食事にいくことになり、再びロビーへ。
そこで先輩の知り合いとも合流。4人そろって狎鴎亭の焼肉に行きました。
みんなお腹一杯になり、梨泰院に戻ってカラオケに行こうとなりました。


カラオケではお互いに話していたのですが、急に先輩の知り合いアガシが帰ってしま
いました。


先輩「今晩のアガシどうしよう・・・」

私「やっぱり団長のところで選んでおけばよかったですね。とりあえずカラオケママ
さに頼んでみましょう。」


時間は夜の10時過ぎ、果たして先輩の運命は・・・



ちーーーーーん。


とってもアジュマな太った方が来られました。
もちろんキャンセル。


私「明日団長にお願いしますから、今日の所は部屋で飲みましょう。」

先輩「OK・・・・・」


ということで部屋で飲み直すためにコンビニに寄り、買い物をすませて部屋に到着。
先輩がくるからとUちゃんがいろいろとセッティング。
こういう気遣いができるのがいいですね。


で、2人でずっと待っていましたが先輩は来ませんでした。(2日への布石)


しかたがないので遅くまで2人飲みながら話してました。
で、そろそろと感じになってきてたのですが、もうお風呂して寝ようかとなりまし
た。


U「オッパ。お風呂にお湯がはってあるので入って」

私「はい。(うーん。このアガシできる)」


そのあと、洗ってくれると言ってましたが、私がお風呂の中で寝てました。
危ないからと起こされ寝ぼけながらお風呂を済ませ、一緒にベットに入ったのですが
いろいろ話している間に寝ていました。


次の朝、サウナにいくのに目覚ましがなると、すぐにUちゃんも起きて


U「オッパ、しよ!」


ということで朝からハードな一戦をおこないました。


サウナ行かなくてもいいやんって感じでしたが、一緒に行きたいとのことで2人でサウナへ
先輩ともサウナで合流でき、今日一日の予定の確認をして部屋にもどりました。


で、問題は今日もこのままがよいか、チェンジするか・・・


悩みに悩んで先輩が新たに選ぶこともあり、チェンジすることにしました。

Uちゃんも帰ってきたので、このことを伝え、約束のものと気持ちを渡してお別れな
んですが、


U「オッパたちといるとすごく楽しかったです。もう一日お願いできませんか?」

私「ごめん・・今日は先輩優先なので・・・。(後ろ髪ひかれました・・・)」

U「じゃあ、次来たときにまた連絡してください!朝ごはん行きましょう」


ほんとに気持ちのいいアガシでした。


このあと、一緒に朝食を食べ、自宅近くまで送り届けてお別れしました。
最後も夕方までに気が変わったら連絡してねといっていました。



ここまでが1日目です。



気持ちを切り替え2日目スタート。

まずは団長に電話。

私「昨日はお世話になりました・・・」

ママ「あーどうでした?」

私「今日は先輩と2人でお願いします。」

ママ「昨日の子は何か問題ありました?」

私「いえいえ。とってもいい子でしたよ。せっかくなので・・・」

ママ「了解です。他の子にいくのもいいですね。では待ち合わせは昨日と同じでいい
ですか」

私「今日は□□の汗蒸幕にいくので少し遅くなります。」

ママ「でしたら、□□の近くの喫茶店で待ち合わせしましょう」

私「よろしくお願いします」


段取りを終え汗蒸幕へ

火汗蒸幕が大好きで韓国に来ると必ず行きます。
ゆっくり堪能して、ふと電話をみるとママさんからたくさんのコールがありました何かあったのかもと思い急いで返信すると


私「どうかしましたか?」

ママ「すいません。待ち合わせ場所変更できますか?」

私「全然、問題ないです。どこに行けばいいですか?」

ママ「では、××ホテルのロビーで」

私「了解です。10分で行きます」


ロビーで待っているとママも到着。そこからすぐのコーヒーショップにアガシが3人いました。


今回は先輩が禁煙のアガシでないとダメでしたので、まずそれを聞こうと思うと、

私「禁煙のアガシはどの子ですか?」

ママ「もう一人きますので、全員揃ってから説明します。」


とのこと。その前に禁煙のアガシはやはり少なく、会ってる間吸わない子も含めてほしいと言われました。
私たちは、それで全然かまいませんと言いました。
しばらくするともう一人も到着。


ここからのやり取りは割愛しますが、私も先輩もすぐに選んでそのあとママと雑談してると、団長登場


団長「昨日、どうでした?」

私「アガシはよかったですよ。でもチェンジしました。それより・・・」

団長「やっぱり先輩ダメでしたか(笑)」

私「そうなんです(爆笑)。やっぱり昨日選んでおけばよかったんですよ」

先輩「・・・・・・」

私「で、今日はもう選びました。こちら側の2人です。」

団長「やっぱりそうなりましたか。今日選んだ子はいい子です。私が特別オファーし
た2人です。」


団長様。ほんとうにお気遣いありがとうごさいました。この時に今日も楽しくなるのはわかっていました。

私が選んだのはYちゃんです。

団長「で、今からどうしますか?」

私「今から買い物にいくので、●時に食事する○○で」


ちょっと珍しいレストランでしたので、団長も知らなかったようで、場所の説明をしてそこで待ち合わせすることにしました。
(団長。アガシの評判も中々よかったです。予約しないと座席確保はキビシイです
が・・・)


買い物を終えてレストランにいくと長い行列。私たちはわざわざ日本から予約してお
いたので問題なし。
待ち合わせ時間にアガシ二人も到着。


Y「場所を聞いて予約しようと店に電話したけど一杯だったよ。」

私「大丈夫!予約済だから」(この子、できるな・・・)

Y「よかったです。ネットで調べて2人で楽しみにしてました。」

私「では、これから楽しく過ごしましょう。」


といううことで、食事に。ロブスターやフォアグラなど珍しいものを食べながら談笑。

お腹一杯になり、カラオケにいくことに。

カラオケでは久しぶりの再会もあり大いに盛り上がりました。
先輩も楽しそうに店員とショット対決。


私「ん・・・先輩テンションあがりすぎてないです?」

先輩「いや~昨日ダメだったし楽しくて~」

私「無理しないでくださいね(マズイなこのパターン)」

先輩「ケンチャナヨ~~~」


カラオケも終わり、ホテルで飲み直すことに
コンビニで買い物をすませ、一旦お互いの部屋に
私の部屋に集合でしたが、結構待っていますが来ません。
すると先輩のアガシから電話が・・・


先ア「カードがないので部屋にいけません。それに先輩すごく酔ってます。」

私「(あー忘れてた。まただ。)すいません。すぐに迎えに行きますのでロビーで」

先ア「わかりました。」


ロビーに迎えに行くと、なぜかパジャマ姿の先輩が。

先輩「エレベータ行ったり来たりで酔うわ」

私「(いや・・・もう酔ってますやん)」


そのあと私の部屋でしばらく談笑していましたが、さすがに先輩の状態もおかしくなり

先輩アガシにかなり怒られていました。ま、先輩はMキャラですので怒られるのも嬉しがっていましたが。


先輩達が帰ってYちゃんと二人の時間。しばらく話していたのですが、


Y「そろそろシャワーしましょう。一緒に」

私「えー!一緒なの?」

Y「私が洗いますから」

私「・・・・・はい。お願いします。(いい子ですやん)」

お互いに洗いっこしてから、対戦です。

Y「なんでもOKですから」

私「えっ・・・・」

Y「駄目なことはないです。」

私「・・・・・はい。頑張ります。(いい子過ぎですやん)」

かなり濃い夜を過ごさせてもらいましたが、残念ながら飲みすぎにて不発。

Y「大丈夫ですか?朝ですか?」

私「いえ、朝はサウナです。次また会えるし、次に来たときに頑張ります。」

と、次の再会も約束してしまいました。

そのまま、二人とも寝入って次の朝

私は、いつものように朝からサウナ。Yちゃんは起こさないでと言われていたので、部屋に残したまま。

部屋に戻るとまだ寝たまま。出発の時間も近いので起こすとすぐに覚醒して準備。

私「おはよう。もう帰りますか?朝食いきますか?」

Y「おはようございます。朝ごはん行きましょう!」

私「では、約束のものだけ先に」

Y「ありがとうございます。すごく楽しかったです。」

私「よかったです。いつもはこんな感じじゃないの?」

Y「そうですね。もう少し落ち着いてるかな」

私「では、4番目くらいでいいので、いい友達でいてください」

Y「(笑)」


そのあと、朝食をとってお別れしました。


今回10数年ぶりにお願いしてよかったです。結果は大満足です。


昔は若くて綺麗なアガシを追いかけていましたが、私も年を取り遊び方も変わって韓国にも慣れて、最近はお互いが一緒に楽しめたらいいくらいのつもりでしたのでそれもよかったのかもしれません。

ですが、団長に紹介してもらったアガシ(先輩のアガシも含めて)は2日ともよくできたアガシでした。


最近の満足体験談の通りだなと思いました。

アガシの好みは千差万別ですが、団長にお願いすれば間違いはないのかなと思います。

ランクは色々ありますが、どこを頼んでも問題ないですよ。

体験談を書いているとまた行きたくなりましたので、来月末にまた行くことにしました。

その1か月後もまた行きますので、お願いします。

本当にありがとうございました。


団長のコメント:2日目の娘、当方がオファーしたのは間違いないですが、一緒にシャワーは驚きです。そんな娘、最近では初めて聞きましたよ。ま、それも相手ありきの事ですから、余程気に入られたのでは?ないでしょうか?とにかくおめでとうございます。また次回お会いしましょう。




NO.234 団長不在ではあったが団長オススメの娘のレベルにビックリ!




団長殿、無事に2泊3日の訪韓の旅を終えましたので体験談を含めてお礼のメールを送らせて頂きます。

この度は団長殿とお会いできませんでしたが、ママさんにはとてもよくして頂きました。重ねてお礼をさせて頂きます。

当方韓国は会社の慰安旅行で2度程訪韓経験がありましたが、エスコートアガシの体験、一人旅は初めての体験でした。
事前のメールにて団長殿に大変丁寧に何度もご案内して頂きまして不安はありませんでした。

初日は15時に仁川空港に到着しTELしたところママさんが出てホテルに着いたら再度TELして下さいとの事。ところがホテルが江南の外れにある為、タクシーでの移動でしたが予想以上に渋滞してしまい、ママさん指定のイテオンの某所に到着したのは17時30分位になっていました。

喫茶店に到着するとそこには2人の美女が座っていました。その子とは1つ離れてママさんと座り作戦会議。ママさんからそれぞれの子の説明を受け、岡本さんはどちらが好みですか?と尋ねられました。

どちらも団長殿お勧めの子との事で自分の好みでイイですよとの事でした。一人は黒髪ロングで清楚な感じのOLさん風、一人は黒髪ストレートで推定D~Fカップ程度であるのがわかります。

自分はGちゃんを選びました。ママさんに早いですねーとびっくりされてしまいました。

早速、Gちゃんとこの後の行動予定を話して焼き肉を食べてその後カラオケに行きたいとリクエストしてタクシーで焼肉屋へ移動しました。そこでカルビ、サムギョプサル、石焼ビビンバ、茶碗蒸しを食べてお腹一杯になりました。

その後歩いてカラオケ店まで移動して体験談にも度々出てくるカラオケ店に到着しました。

月曜日の20時ということもあり先客はいなくて貸切状態。若い男性スタッフが総出で手を変え品を変え盛り上げてくれます。自分は酒も飲まないのでしたが十分に楽しめました。

23時位になったのでそろそろホテルに戻ろうと言う事でタクシーでホテルに戻りました。道中Gちゃんはベタベタすることはなく適度な距離を置いて接してくれます。自分とすれば手を繋いだり、腕を組んだりしたかったのですが・・・

コンビニに寄ってホテルに着いて先にシャワーをどうぞとの事で先にシャワーを浴びました。Gちゃんは化粧を落としてスッピンに・・・聞いたら女子大生との事で若くて張りがあります。暫くGちゃんのシャワーを待つ間テレビを見ながら待ちました。

Gちゃんがシャワーを終えると明かりを落として戦闘開始です。

積極的に攻めてきます。全裸になるとはちきれんばかりの胸が出てきました。すごい!F?G?H?位はあるかな?あそこを口元に近づけてきて舐めてと誘ってきます。ここぞとばかりに責め立てます。

とても気持ちよさそうにいい声を出して喘いでくれます。

その後Gちゃんにゴムを付けて貰って騎乗位で合体!喘ぎ声が更に大きくなります。

日本人のそれとは違い、アメリカ人のそれの様な喘ぎ声です。とても積極的にせめられて頑張りましたが、残念ながら遅漏の自分は逝けなくてGちゃんだけ逝かせて終了しました。

自分だけ逝ったことを非常に気にしてくれましたが、ある程度覚悟していたので満足です。但しあまりにも積極的過ぎて自分的にはすこし引いている自分がありました。

その後、ベットでいちゃいちゃしながら次の日はチェンジするかどうか非常に悩みました。散々悩んだ末、チェンジすることにして次の日の事は話題に出さずに別れました。

直ぐにママさんにTELしてその旨伝えると何かあったかとても気にしてくれて正直にフィーリングが合わないと伝えました。

一人になり3時まで明洞でマッサージをして、ブラブラして買い物をして過ごし3時に昨日の喫茶店でママさんと再会。

今度は3人の子がいました。3人ともレベル高い!!!その中のショートで目のパッチリした真面目そうなFちゃんに目が釘づけに・・・タレントの鈴木ちなみにそっくり!超好みでドストライクです!即決でFちゃんを指名すると、またまたママさん早いですねーとびっくりしてました。Sちゃんも女子大生で身長も160CMで身体付きもスリムでスタイル抜群です。

Fちゃんと別の喫茶店に移り作戦会議。その日はNANTAを予約していたのでNANTAを見てカジャンケジャンを食べてソウルタワーに行くことに決定。あまりにも可愛くて手を繋いでもいいか?と聞くと誰かに見られたら恥ずかしいとのことでNG。

まあいいかと楽しくNANTA(これは楽しめました。)を見てタクシーで有名なカジャンケジャンの店に連れて行って貰い、美味しく頂きました。料理を取り分けてくれてかいがいしく尽くしてくれます。その後ソウルタワーに行きソウルの夜景を楽しみました。その間いろいろなソウルの情報を案内してくれ、こちらの質問でわからない事はスマホで検索して一生懸命調べて答えてくれます。真面目で従順なFちゃんです。

夜の期待で股間はもっこりです(笑)喫茶店でカカオトークを交換していたのでタクシーの中でカカオトークで手を繋いでもいい?とメッセージを送るとそっと手を繋いでくれました。その後もタクシーに乗るとそっと手を自分のふとももに手を添えてくれます。さりげない心遣いを感じました。

その後22時位になりコンビニに寄ってホテルに戻りました。
今日も先に自分がシャワーを浴びて、次にFちゃんが入り、キャミにパンツの上にバスタオルを巻いてSちゃんが出てきました。その間に秘薬(最初の日も使用しました)を飲みゴムを枕元にセットしておきました。

Fちゃんのスッピン(スッピンでも殆ど変りません)とはにかんだ様な表情が堪りません。寝ようか?の合図と共に明かりを落として戦闘開始です。

軽いキスから始まりFちゃんは自分に身を委ねています。Fちゃんのバスタオルを外してベットに横たえます。キャミの上から胸を揉むと結構なボリュームがあります。

DかEくらい?堪らずキャミを脱がして直接胸を揉んで口で攻めます。Fちゃんの軽い喘ぎ声が聞こえてきます。徐々に下にずれていきアソコに近づきます。パンツを脱がしてご対面です。

直接舐めると恥ずかしそうに喘ぎ声が大きくなります。手は使わずに舌だけでFちゃんのクリちゃんを攻めると喘ぎ声が大きくなります。いい?と聞くと頷くのでゴムを付けてゆっくりと挿入。Fちゃんも締りがいい。(韓国女性は締りがいいのは本当ですね)

正常位から騎乗位に移りFちゃんに動いてもらいます。又正常位に戻りフィニッシュに向けて愚息が頑張ります。

Fちゃんの喘ぎ声も大きくなります。途中で腕やお尻を摘まんだり引っ掻いたりしてきます。限界近くになるとお互いに汗だくでFちゃんの頭はベットからはみ出ています。お互いに絶頂に達してフィニッシュ!Fちゃんは絶叫に近い声が出ていました。

終わるとFちゃん堪らずにお茶で水分補給。大汗かいて髪までびっしょりです。シャワーをお互いに浴びてベットでイチャイチャしました。改めて見ると、スタイル抜群です。明洞を歩いていてもFちゃんより可愛い子はいませんでした。(自分目線です)

ひとしきりイチャイチャした後、寝ることになり一緒に寝たかったのですが、NGとのことで別々のベットで色々話をしながら寝ました。

朝起きたらFちゃんが寝ていたのでベットに入りいちゃいちゃタイムです。2回戦は時間的にも体力的にも無理だったのでFちゃん今日も学校だとの事で別れる事に。

自分の帰りの交通手段もスマホで検索してくれてリムジンバスの時間や場所、昼食の明洞の明洞餃子の店を教えてもらいホテルで別れました。

今回のエスコートアガシは2日目に勇気を出してチェンジして大正解でした。Fちゃんを会えてとても素晴らしいひと時を過ごせました。又、次回訪韓する時も是非Fちゃんを指名したいです。

今回の訪韓で団長殿のお勧めアガシのレベルの高さを改めて実感しました。途中他のエスコートアガシと思われるカップルに遭遇しましたが、レベルが違いました。そちらは明洞でアガシにおねだり攻撃に遭っていたようで、男性がこんな所にいたらお金がいくらあっても足りないよ。と僕にも聞こえる声で言っていました。

それに比べてGちゃんもFちゃんもおねだりは一切なし。今思えば、僕の為にハイヒールできてくれて、いろいろ連れ回したので、スニーカーでもプレゼントすれば良かったと後悔しています。

これを読まれた方は是非アガシがハイヒールを履いていたら楽な靴をプレゼントしてあげて下さい。お互いに良いと思います。

又、お金を時間が出来ましたらお世話になりますのでその時はよろしくお願いします。


団長のコメント:オススメの娘が2人ともうまい具合にハマったようで幸いです。次回は当方ともお会いできると良いですね。




NO.230 満足度10オーバー(10段階評価)プラスアルファ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
団長、先日お世話はお世話しなりました。

お礼の連絡も出来ずに帰国してしまい、申し訳ありませんでした。

遅くなりましたが、私の体験談を送らせて頂きますので、宜しければ使って下さい。

いかんせん帰国後の感情を整理するのに時間を要してしまったのです。


私は以前から諸先輩方の体験談を拝読しておりました。そこにあったのは、今までに存在しなかった偽りの無い「生の声」の数々がありました。

どうしても私自身も体験してみたいと仕事の調整をつけ、団長様にメールにて幾つかの質問をし、予約メールをしました。(メールの対応も丁寧に下さりありがとうございました。)

私は今回の目的は疑似恋愛です。とことん恋愛ごっこを楽しむためにホテルの手配や大まかなプランを考えていました。(準備から楽しめました。)

そして何よりも自分からも恋愛ごっこを楽しむためにアプローチしていこうと思っていました。


そしていよいよ後輩2人を引き連れて、期待に胸を膨らませながらの初訪韓となりました。

ソウルのホテルにチェックインの後、団長様に電話。タクシーを拾って団長様に再度電話し、

「行き先を伝えるから」と携帯をドライバーに渡しました。

ドライバーは携帯に向かっていきなり怒鳴っています。韓国ドライバーは態度も語気もそして何より運転が荒い(-_-;)!多少不安になりながら、指示の場所で下車し団長と合流しました。

団長様との初対面です。 とても好印象です。皆さんのレポート通りに気さくな良い方ででした。

団長様「本日は9人です。」という言葉に胸を膨らませ某カフェに入るとすでに9人のアガシが待っていました。

テーブルに着きますが、これがじっくりとアガシの顔を見れないもんなんですね。

早速、団長様にアガシの説明をして頂き、我々は早速『おススメ』をお伺いしました。

5のコースのおススメが1人、7のコースのおススメが3人(だったと思います)。

旅の計画を立てた私が第一シード権を持っていたのですが、予算の関係で後輩Aは5のおススメ(Lちゃん)に決定。

後輩Bは5のコースのおススメで無いアガシに決めていたのですが、団長様信者の私が「最初の遊びはやはりおススメで!」と強く後輩Bを説得し選択権を譲渡するハメに...。

結局、後輩Bは7のおススメ(Kちゃん)に決定です。

実は私は5ならLちゃん、7ならKちゃんと心の中で決めていたので少々テンションダウン。

(事前の好み調査では3人の好みはかぶっていなかったのに(-_-;)...)

私は予想外の展開に少々焦りながらも(Mちゃん)を選択。(実は大当たりでした)

店外でアガシ達と合流しました。改めてみるとMちゃんボッキュンボン!(テンションダウンUP)

カフェで今後の相談をすることになり、徒歩にて移動です。Mちゃんと歩きながら、簡単な自己紹介をしました。

Mちゃん『どうして私を選んだんですか?』びっくりするくらい日本語がお上手です。

「キヨッタ(可愛い)」「ドゥグンドゥグンしたから」。そんな話をしながら、なにげない私のエスコートに『やさしいですね』と言ってくれました。

カフェにて6人で計画を立てます。簡単に話がまとまった所で、取り急ぎ昌徳宮の観光(翌日の月曜日が休日だったので)へ行くことになりました。

アガシ達はヒールの為、入館せずに休憩していてもらいました。(みなさん、アガシ達は初日はお洒落していますので、ハイヒール系だど思います、歩く観光には気を付けてあげましょう)

その後、後輩2人のリクエスト『牛肉!』ということで、夕食へと向かいますが、予算を聞いてくれるなど心配りに関心しました。

お店に入って間もなく、団長様も合流して頂きメニューをチョイスして貰いました。(ありがとうございます)7人での宴会の開始です。

カルビ、プルコギ、マッコリ、キムチチゲなどなど、どれも美味しかったです。

私は団長様と話しが楽しく話し込んでしまうと、Mちゃんは『オッパは、私とも話をして!』(-_-#)やや強引にお肉を葉野菜に包んで口に入れてきます。

なかなか恋人ムードをつくってくれるではありませんか。そして、Mちゃんいろいろ食事の世話を焼いてくれました。

非常に楽しい時間でした。(団長様、お忙しい中お付き合い頂きありがとうございました)

今回は団長様は車とのことで、(お酒を)飲まれませんでしたが、次の機会に一緒に飲むことを楽しみにしています。

団長様とはここでお別れでしたが、「困った事があれば、いつでも電話してください」と言って頂いたので安心しました。


タクシーで移動、皆で部屋飲みするためにコンビニで買い物をしてホテルのそれぞれの部屋に戻りました。

私の部屋に集合したときには、アガシ達はそれぞれの男性が持ってきていたスウェットパンツ

などルームウェアに着替えていました。(ギャップが良い!テンションUP)

デリバリーチキンを頼み。ビールや後輩Aのお気に入りソジュ(焼酎)で6人で乾杯です。

予算内でアガシがリラックス出来る環境(ホテル)にしてあげた方が良いと思ったので、私だけ1LDKタイプの部屋(ベッドルームは当然別)にしていましたのでゆっくり過ごせました。


この辺りになってくると3人のアガシ(H以外)の特徴がわかってきます。

Lちゃん 性格   さっぱり系、面倒見がいい、リーダー的、オンニ(お姉さん)

     日本語  ペラペラ(関西弁までOK、後輩Aは「日本人といるのと変わらない」と)

     スタイル スレンダー

     ルックス キレカワ系

     


Kちゃん 性格   おとなしい系

     日本語  一番下手(半分以上は通じますから問題無し、翻訳アプリ不要)

     スタイル スレンダー、グラマー

     ルックス 美人

          


Mちゃん 性格   かわいい系

     日本語  上手(3人のなかで真ん中)

     スタイル マシュマロ系、グラマー、

     ルックス 可愛い、美人

        


学生時代を思い出す様な楽しい宴となりました。

皆がそれぞれの部屋に戻り、部屋の片づけを済ませました。それから、ハグ!ここから急速に

恋人モードです。

『オッパ、先にシャワーどうぞ。』となりましたが、「待ってる間に眠むってしまうから一緒に入ろう!」とMちゃんを説得。

とりあえず、一緒に歯磨きをしてマウスウオッシュ!私が持ってきていた日本のと同じような韓国製?をMちゃんも持ってきていました。

『オッパ、部屋を暗くして!』ボディシェイパーのような下着を着けていましたが、脱ぐと・・・

浴槽はありませんでしたが、シャワーブースは広かったので洗体ごっこです。

Mちゃんのボディーをゆっくり洗ってあげました。色白、美肌! 軽く攻めただけで...感度抜群!

身をよじり、腰をくねらせ大きな声を上げます。

Mちゃんもお返ししてくれました。泡をシャワーで流したかと思ったら、いきなり私の愚息をお口に含みました(^o^;)。とても優しい気持ちのこもったものでした。

シャワールームを出てMちゃんお顔のお手入れ。後姿も・・・

「まつげ長いね。素顔も可愛いよ。」

『本物だよ!』まつげを引っ張って見せます(まつげ植毛?)本当にスッピンも可愛いんです。

そしてベッドでエロまったり過ごした後、キスをしながら攻撃開始、ボリュームのある敏感おっぱいを味わいMちゃんの下半身に移動。

美マン!すでにテラッテラに光っています。敏感部分を口撃開始!クンニは好きなようで大きな声を上げます。

Mちゃんのお返しのフェラ。竿まで丁寧に舌を這わせてきます。激しいというのではありませんが、優しいテクでした。

やはり長い前戯は苦手なのか『オッパ、早く入れて!』もう少し前戯を楽しみたかったのに...と思いつつコンドーム装着。Mちゃんお○○こに挿入!『オッパ、スゴイ!そこそこ!』浅ねが好きなのね...。

唇を求めてきます。舌が絡み付いてきます『オッパ、こんなに感じたの初めて!どうしよう...』

リップサービスだとしても嬉しい。『オッパ、私どうしてこんなに感じるの!』

正上位で攻めますが、Mちゃんの反撃です。下から指で私の乳首を攻めてきます。

負けずにクリちゃんイジイジ、Mちゃん乱れすぎ(^o^;)。

『オッパ、ダメ!ダメ!イキそうだよ!...」アッという間に身体をガクガク踊らせてイってしまった

ようです。

間もなく、「ちょっと休ませて」OKです。小休止と思いきや、Mちゃん『一度イッたら出来なくなる...』無理強いにするつもりはありません。

不発(T_T)。腕枕でMちゃんにてご就寝(-.-)Zzz。


翌朝、再チャレンジ。今度は早くイカせないよう...『オッパ、いきそうだよ!...」アッという間でした。再度不発(-_-;)!

Mちゃん『オッパ、少し寝ていい?』私は眠れそうにないので「コーヒーでも買ってくるよ」

Mちゃん『オッパ、私、カぺアメリカノ(Cafe Americano)!』(-.-)Zzz

お疲れモードと察した私はゆっくり休んで欲しかったので、後輩に電話を入れました。後輩Bに電話が通じたので2人で散策となりました。(Kちゃんは早朝から仕事に行ったそうです)

南大門市場まで足をのばしました。まだ開店準備中の店が多かったでのですが、開いている屋台も多く朝の市場の『顔』も楽しかったです。

2時間位時間をつぶしMちゃんリクエストのカぺアメリカノを買ってホテルに戻りました。後輩Aに「コーヒー買ってきたよ!」と電話。

リビングに男3人集合。Lちゃんも朝H一発(後輩Bは前夜は不能だった)の後に一旦帰宅したそうです。

ベットルームに行き「コーヒー買ってきたよ!」Mちゃん(-.-)Zzz...まだ寝てるし。

寝顔が「可愛い」!Mちゃんを起こします。「カぺアメリカノ買ってきたよ!」

リビングに戻り私達3人コーヒーを飲みながら、昨夜の報告会となりました。その後、後輩2人はスマホゲームをいじっていました。この時点で昨夜に計画していた予定は変更せざるを得ませんでした。

それよりも、Mちゃんにゆっくり休んで欲しかったのでそれで良かったのです。しばらくして、Mちゃんの様子を見る為にベットルームに行きます。

何とか目覚めてたMちゃん、計画が変更になったのでLちゃんと連絡を取るようにと話をします。Mちゃんが電話で話を始めます。

イタズラ心が湧いてしまった私はMちゃんにおっぱいを口攻開始。何とか会話を終えたMちゃん『オッパ、我慢できない!』『舐めて』下半身を攻めるよう私の顔を導いていきます。

さすがに壁一枚隔てて後輩2人がいるので気を遣いましたが、責めざるを得ません。お○○こに口撃!しかし、Mちゃん声がでかい(^o^;)。

『オッパ、入れて!』気恥ずかしさが勝ち、何とかなだめて途中棄権です。

(気にせずやればよかった)身支度をさせ感謝の気持ちチップを含め80kを渡し、Mちゃんをとりあえず帰します。


後輩Aの希望で男3人で再び南大門市場ブラブラ街歩き。朝とは比べ物にならない位の人の多さです。トッポギにオデン、ホットクなど屋台の味を堪能しました。

とても楽しめたのですが、、どこに行っても「ニセモノアルヨ!」の呼び込みには参りました...。

後でLちゃんから『南大門は韓国人ならお年寄りが行くところなんだ』と教わりました(^o^;)。


13時に昨日6人で打合せをしたカフェのある駅までタクシーで移動。カフェに入る前に両替(団長様から教えていただいた通りこの辺りのレートは良いです)しました。

カフェでしばらく待っていると、前日に「歩きやすいカジュアルな服装で」とリクエストしていたので、Lちゃん、デニムで登場。(この方が似合っている)

それから遅れること10~15分して、Mちゃんロングスカートで登場。

5人で北村韓屋マウルから仁寺洞散策です。グループデートしている様な気分でした。韓屋の街並みを巡り、屋台でスンデ、トッポギなどをつつき、伝統茶屋ではシッケ(甘酒)を飲み楽しい時間でした。

Mちゃん北村韓屋マウルは初めてだと言っていました。歩くのが苦手なソウルの女の子達には北村韓屋マウルの坂道はつらかったのではと思います。申し訳なかったです。

2人は嫌な顔一つせず、色々教えてくれながら案内してくれました。また、2対3という彼女達としては気を使うシチュエーションの中、細かな配慮もしてくれました。


仁寺洞の伝統茶屋で日本ではあまり考えられないことがありました。テラス席に5人で座っていたのですが、Mちゃん困った様子でLちゃんに何やら話をしています。

すると私の隣にいたMちゃんとLちゃんが席を替わったのです。

私「大丈夫?」Lちゃん『(建物の)奥の男(客)がこっちをずっと見てくるんだ』

私「無視すれば?」Lちゃん「やり返さないとダメなんだ」私達???「どうして?」

Lちゃん「無視しても、ずっと(下品)に見てくるし、だんだん(下品)にこうやってこうやって(嘗め回すよう?)見てくるから」

現地の人から見れば明らかに私達は日本人(日本に観光で来ている韓国人も中国人もわかってしまうように)と分かります。彼女達に迷惑をかけたかなあと、少し申し訳ない気持ちになりました。

その場は「日本では中学生のヤンキー(死語?)と同じやね(^o^;)」「大人はそんなこと気にしないよ」と私達は話しをしました。

プライドの高い国民性もあるのかなあ。いまだになんだったのかよくわからない出来事です。


タクシーの移動中や散策の合間にMちゃん『オッパの買ってきてくれた口紅だよ。』(お土産用に免税店で買ったものを昨夜1つプレゼントしたのです)「似合ってるよ。気に入ってくれて嬉しいよ」

Mちゃん『オッパ、センスいい』「ありがとう」

Mちゃん『オッパ、みたいな人、初めてだよ』「どうして?」

Mちゃん『オッパ、韓国に対しての想いを昨夜話をしてくれたでしょ』「そうだね」

Mちゃん『それに、韓国の男でもあんなに優しく体を洗ったりしないしよ』

『オッパ、友達が隣にいるときにHしてくれたのすごく燃えた』「(^o^;)...」(かなりエロ娘)

Mちゃん『ソウルに住んで』「仕事があるから無理」

Mちゃん『じゃあソウル半分、私が日本に半分行く』「仕事があるから無理」

Mちゃん『じゃあ韓国で仕事したら』「稼げなくなるから無理」

『じゃあ、休みはソウルに来て』Mちゃんのわがままがリップサービスだとしても可愛い。

Mちゃん『それから、オッパ、私ね、1回イッたら痛くなるの』(なるほど、それは昨夜少し分かったよ)

『今日は私がイク時にイッて!』(Mちゃんが早すぎるんだよ)

この時点までは、Mちゃんリップサービスを受け流してたつもりなんですよ。


ロッテマートでお土産を買った頃、Kちゃんと合流。Kちゃん少し疲れた様子ながら、昼間一緒

にいられなかったことをすまなそうに後輩Bに謝っていました。

夕食は○○洞辺りの サムギョプサルのお店に。地元の雰囲気に大満足!

ここでもお肉を葉野菜に包んで口に運んでくれます。私も見よう見まねで包んでMちゃんのお口に運びます。

「爆弾酒が飲みたい」とリクエスト。Mちゃん得意そうに作ってくれました(作る時からテンションが上がるお酒です)。

その後も大いに盛り上がり楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいます(こういうの盛り上がりは2~3人で訪韓するメリットですね)。〆の焼き飯がめちゃくちゃ旨かった!

夕食後、Lちゃん(オンニの言う事は絶対です(^^))の指示でそれそれ、今夜の宴会用の買い物を決められます。私達はケーキ担当です。

2人づつタクシーに乗車。するとMちゃん『オッパ、Kちゃんの太もも触ってたでしょ』(-_-#)なんて言ってくるではありませんか。???私には記憶がないのです。 

Mちゃん『オッパ、Kちゃんの肩も抱いた。もうしないって約束するなら許してあげる』

私(・_・?).....可愛い娘に嫉妬される新鮮な気持ちになりました。(小悪魔~!)

『ここのケーキは美味しい』というMちゃんおススメのお店でケーキを買い(ソウルのケーキは1カットが大きいけど少し高かったですね。1カット7000W。)

昨夜同様に私の部屋に集合です。

Kちゃんの顔を見て思い出しました。食事中にKちゃんが貧乏ゆすりしてたのでそれを止めようと、一度だけ膝に手を置いたのです。その時に、それだけだと傷つけてしまうと思ったので

「昼間も仕事で疲れるでしょ?」と肩に手を置きました。

その状況をMちゃんに弁明しながら、俺はどうして必至になってるんだろうと思いました。

(症状が出てきたのでしょうか?)Kちゃんにも証言してもらい誤解も解けました。

ピザ&ケーキ&フルーツで宴会の開始です。

Lちゃん『オッパ、サウナに行きたいって言いてたでしょ。』「うん」

『今日行けなかったから卵を買ってきたよ。』「ゆで卵!」

Lちゃん『オッパ、茹でて無いんだよ』どうやら燻製しているようで、中身はかなり小さくなっていました。

ドラマで卵を他人のオデコで割るってシーンがありますが、なるほど殻だけなのであまり痛くないのか...、と納得。

Lちゃんは終始みんなに気を配ってくれました。私はゴーストップ(花札)を教えて貰いたかった

ので、アガシ達にお願いしたところ、快くKOとなりました。

しかし、そのLちゃん、教えるというより完全に本気モードになってしまったのです(>__<)。

2人だけになって直ぐにMちゃん『オンニ、(ゴーストップやっている時)本当に怖かったよ(T_T)』と言ったくらいでした。

ゴーストップは少し失敗です。(ドラマを生で見ているようで楽しかったですが、時間があっと言う間に過ぎます。ルールも覚えることが出来ませんでした (-_-;))良い経験になりましたが。



皆がそれぞれの部屋に帰り、Mちゃんと一緒に部屋の片づけを済ませ、Mちゃんリクエストの洗体ごっこです。(今夜は暗くしてとは言いません)

Mちゃんの美肌をボディーソープで洗ってあげました。お尻を突出し、腰を波打たせ、シャワールームに大きな声が響きます。

Mちゃんもお返ししてくれました。『オッパ、ずっと元気ね!』(仕方ないでしょ。蛇の生殺し状態継続中!)

前戯に対しての疑問に『オッパ、日本人の女の子はお○○こに指を入れられるのは慣れているけど、韓国人の女の子は慣れてないんだよ』(ちょっと違うような...)とMちゃんは教えてくれました。

その後ベッドへ。今日は沢山歩いてくれたので、お礼に足マッサージです。

『オッパ、気持ちイイ)』今夜もエロまったりです。

阿吽の呼吸でMちゃんの下半身にも口撃開始...。シックスナイン(イテッ!歯が当たる...)

Mちゃんに催促され。お○○こに挿入!『オッパ、サランヘヨ』『オッパ、サランヘヨ』

唇を求めてきます。『オッパ、サランヘヨ』濃厚なDK『オッパ、私どうしてこんなに感じるの~!』

(小悪魔~!)『オッパ、サランヘヨ』

またもや『オッパ、いっぱい濡れてる。お尻まで濡れてる~。』

(今夜は先にイカさんぞ!ゆっくり、ゆっくり...)Mちゃんの様子がヤバい...動きを止める。

しかし、Mちゃん下から腰を激しくグラインドさせてきます『オッパ、イキそうだよ!』

「ストップ、Stop!」

しかし、アッという間に身体をガクガク踊らせながらイってしまいました。

(オイ...また置いてけほり?)

それから、Mちゃん「一度イッたら眠くなくなる...」(-.-)Zzz 

またまた不発にて就寝(T_T)。(つらい!玉が痛い!)

(MちゃんはそれなりにHの経験はあるが、未成熟な部分があるよな...長く付き合ってお互いに合わせるようなHの経験が無いんじゃない?

そりゃ仕方がない、儒教の国だ...。貞操観念がもともと強い国なんだし長く付き合えば変わるよな...。しかし、そんなこと出来っこないなぁ...。)

取り留めもなくそんなことを考えてしまった私はなんだか眠れなくなりMちゃんを、起こさないように荷造り開始...。(症状が出てきてました)


翌朝、少し眠そうで不機嫌なMちゃん。『オッパ、なんで起こす!』ご機嫌がかなり悪い...。

昨夜「お土産がスーツケースに入りきらなかった」と言うので、朝3人で荷物をまとめ直す事にしていたので「皆が来るから準備しないと」、Mちゃんのご機嫌を取り、最後のお別れのキス。

だけのつもりがお別れのおっぱい。そしてお別れのお○○こ口撃。

『オッパ、ずっと元気なままね!』(仕方ないでしょ、蛇の生殺し状態継続中!)

お別れのフェラ。『オッパ、入れて!』お別れのお○○こ挿入!少し我慢してくれたんでしょうか。

濡れ具合で本気度が分かる娘なんです。

しかし、ここは自分がイクことに集中!!

『オッパ、サランヘヨ』濃厚なDK『サランヘヨ、サランヘヨ』。

『オッパ、また大きくなっあ!』何とか発射しました。

Mちゃん『オッパ、良かったね!』(Mちゃんも気にしてくれてたの?)

コンドームの中を見て『オッパ、卵焼き出来るくらい出たね!』(そりゃ、仕方ないっしょ!)

ピロートーク「Mちゃん、サランヘヨはお互いにもっと理解を深めてからだね」

(アジョシに対してサランヘヨはリップサービスでしょ?)

『オッパは韓国語知らないから、チョアヨ(好きです)がわからないと思って...』

「年齢が離れているから無理でしょ」

『私は気にしない!』(男って馬鹿だなあ)リップサービスとしても嬉しい。

先に大急ぎで身支度を整えたところ、後輩2人が来ました。Mちゃんはシャワー中です。

Mちゃんの身支度が整った頃を見計らってベッドルームへ。

感謝のチップを含め80kを渡した所でMちゃん『オッパお小遣い!』追加で50,000Wを渡ました。


Lちゃん、Kちゃんは仕事という事で早朝に帰ったようです。

タクシーでMちゃんと4人でアワビ粥を食べに明洞に行きました。

ここで本当の団長様の実力を知ることになりました。

我々4人が食事を終えようとした頃、1組のグループが入ってきました。

我々と同じ男3人と女性1人です。近くのテーブルに着きましたので、漏れ聞こえる会話からアガシとお客さんと分かってしまったのですが、ランクが違い過ぎます。

本当に違います。

全く別のルートのアガシであることは明らかでした(^o^;)。

我々3人のアガシが5段階でA~BとするとF以下。つまり5段階評価のランク外です。

有り得ない差です。(あれではお金と時間の無駄です。あれならソウルに来ません。)

年齢、ビジュアルはそんなに重視していなかったつもりでしたが1~3泊の短期間に疑似恋愛する訳ですからA~Bでないと厳しいですね。

今回3人の団長様アガシを見ることが出来たのは収穫でした。

団長様を信じて良かった!と改めて思いました。

他の2人にとっても大満足な旅になった事は言うまでもありません。

彼女達は我々の食事や観光の希望を適えようと一生懸命に努力してくれました。

その全てがアガシ遊びなんですね(^-^)

アガシ達は初対面の日本人の相手に緊張しながら長時間を過ごしてくれます。

ストレスのかかる仕事でしょう。

ちゃんと最初に話せば理解してくれる娘達です。

私達も要求ばかり押し付けずにアガシの気持ちになって、こちらも気配りしてあげることがお互いに楽しく出来る術なのかも知れないですね。

時に懐の深さが要求される遊びだと思います。


最後に団長様、本当にありがとうございました。MちゃんとLINE継続中ということもあり、ハマルな!というのはかなり難しい状況です(>__<)。

Mちゃんを再度リクエストするか新規アガシかは悩みますが、是非、機会を設け今度は一人で訪韓したいと思っています。


2日目からのアガシは違う...ではなく私の場合は2日目から私がアガシウイルスの症状が現れてきたように思います。

疑似恋愛です(わかっています)。抗体はあると高を括っていた訳でもありません。

知らないうちに感染していました。潜伏期間にも気づず進行してしてしまったのでしょう。

これがアガシウイルスなのです。全く気付かないうちに心を持って行かれますよ。

帰国後の方が正直つらかった。

1か月が経ち少し熱も冷め、この度のやっと文章にすることが出来た次第です。

そして、改めて団長様へリクエストした自分の送信済メールを見ました。

リクエスト内容100%アガシでした。恐るべし団長様!

以上が私(49才)の初体験談です。


追伸
 
アガシの評価です。

性格    8(少々わがまま?でも可愛いんです)

夜の相性  9(韓国女性にしてはすごくHな娘なのしょうが、イってしまうと濡れにくくなっていました。こればかりは仕方ないです。)

ルックス  8(たぶんランク10並、スタイルでランク7か)

スタイル  6(色白、美肌、グラマーまではパーフェクト)

日本語   9(これ以上喋れると日本人と旅行しているのかと錯覚しそう)

総合評価  8(一応8です。プラスαの部分が大きくて...本当はこれ以上になります。)

私の満足度は10オーバーです

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2日間のコスパを私なりに分析してみました。今回アガシに渡した金額165k

日本宴会コンパニオンなら72k(4時間36k×2日)

台湾風俗なら         80k(ロング40k×2日)

観光通訳            20k(半日10k×2  )

というところでしょうか?合計172k。

したがって、特段に安い遊びでもリーズナブルな遊びでもないかも知れませんね。

しかし、疑似恋愛でプラスαの部分が有り、単純に金額で比較するのは良くないと思います。

今回は私にとっては納得の金額でした。

遊びですから個人の価値観によって満足度は変わります。

韓国が好きか嫌いかという事や『疑似恋愛』という遊びの個人の価値感が大きく影響すると思いました。

これだけは言えます。決して風俗遊びと同列で比較すべきものではないです。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



団長のコメント:超詳細な体験談ありがとうございます。初日イケなくても満足度10オーバープラスαの部分が大きかったのでしょうね。そこには触れてないのでハッキリとはわかりませんが、なんとなく当方にはわかる気がします(笑)






NO.227 思い出が 美しすぎて♪



韓国へはツアーで二回行ったことがあったものの、このたび初めて一人でソウルに行く機会に恵まれました。

渡航準備をする中で、男の一人旅には「エスコートアガシ」なる心強い味方があると知りネット・サーフィンしていると、何とも怪しげな「韓国風俗探偵団」を発見!

しかしここは調べれば調べるほど、見かけによらず(失礼!)評判がいい!!

思い切ってメールで問い合わせると、何とも親切な対応でしたので全てをお任せすることにしました。

さて、当日は仁川国際空港に着き、入国審査が終わるや否や団長様にお電話しました。

初めて聞く団長様のお声も親切そのもので「この人に任せておけば大丈夫」と感じさせるオーラがありました。

団長様から、まずは宿泊先(明洞)に向かうようにとの指示があり単身電車でホテルに向かいました。

初めてのAREX(空港直通列車)はソウル駅まで43分、快適そのもので胸も高まるばかりです。

ところがソウル駅から地下鉄に乗るのには凄く時間がかかってしまいました(汗)。

ソウル駅って巨大なんですね。。。

ようやく乗り継いだ地下鉄はラッシュアワーの東京みたい!

満員電車に揺られて青息吐息。

ようやく宿にチェックインした、まさにその時!団長様から電話が入りました。

「すごーく時間がかかって、今ホテルに入ったばかりです」と息を切らした俺が答えると、

「それは大変でしたね…。もし任せてもらえるなら、本当にいいオススメのコがいるんでそちらに向かわせましょうか?」と団長様。

これからまたすぐに移動するのは辛いなぁと思っていた俺の状態を、まさに見透かすような温かい御言葉!

「ただ…、行かせるとなると一人なんで選べないんですよ。それでもいいですかね?」と団長様は少し申し訳なさそう。

いえいえ、俺はもともと団長様に身を委ねるつもりだったので、一も二にもなく「宜しくお願いします」と即答しました。

それから部屋に入って荷物を下ろして備え付けのお茶を沸かして一休みしていると、間もなく「女のコがロビーに着きましたので、部屋から降りてください」と団長様から電話が入りました。

「はい。…でも、どうやって探したら?」と俺。

「ああ、簡単です。ロビーを見回して一番きれいなコですよ」との団長の笑い声に、こちらも思わず笑っちゃいました。

「黒いジャケットを着ています。まあ降りて見てください」との御言葉に、ロビーに降りてみると確かにスラリと黒ジャケットを着こなした美女がこちらを向いているではありませんか!

団長様のおっしゃったとおり、確かにすぐにわかりました(笑)。

彼女と挨拶を済ませてから、部屋に入ると、

「私、日本語、あまりうまくありません」と彼女が申し訳なさそうに言います。

「ケンチャナヨ(大丈夫です)。俺の韓国語よりうまい。英語は?」

「おお、ダメです」

「何とかなるよ(ベッドの上では…とは喉まで出かかって飲み込みました)」

「あの…、私でいいですか?」と、バシッと決めた外見とは裏腹の控えめな言葉が彼女の口から出ます。

「いいですとも」と答えた俺の鼻の下は、きっと伸びきっていたことでしょう^^;

「何がしたいですか?」と彼女。

「もちろんアレ」とは言わず(まずは紳士のフリ)、日本から持参したガイドブックを見せながら、「一日目は韓定食、二日目はこんな風にしたい」と具体的に提案しました。

今までの体験談にもありましたが、韓国は近いけどやはり大陸。

「阿吽の呼吸」というものはなく、はっきり意思表示したほうがいい。

だから行きたい所や食べたいものも訊かれたらすぐに答えられるように、あらかじめザックリと計画は考えていました。

俺の希望を聞き終えた彼女。

少し時間は早かったですが、さっそく町に出て夕食を食べることになりました。

俺が希望した韓定食の店は、彼女が検索して電話予約してくれました。

二人で部屋を出て、明洞を見ながら歩いて店に向かいました。

通りからは少し奥まった所にある店に入ると、店内でも彼女がテキパキ注文をしてくれました。

取りあえず3コースある韓定食コースの中の真ん中と、ビールを注文。

軽く乾杯してから、出てきた料理をネタに片言の日本語と韓国語で会話します。

俺はメモとボールペンを持って行ったので、言葉に詰まると彼女が絵を描いて説明してくれました。

「これはイカ?」と俺が答えると、彼女がグーグルで検索して「そうです」とニッコリ。次の料理が出たら、また彼女が絵を描きます。

「これはタコ?」

「そうです」

「絵がうまいね」

「ファッション関係の仕事をしていましたから」

おお、どうりで君は服もセンスよく決まっているわけだ。

しかし次に出てきた料理は難解でした。彼女の描いた絵を見た俺が「イカ?」と聞くと、「違う」とかぶりを振る彼女。

「タコ?」

「…違う」

結局グーグル翻訳で検索したら「エイ」。二人で大笑いしました。

「私の絵、全然うまくなかったね。幼稚園級」と彼女。

「いや、これを食べるとは俺は意外だったので答えが出なかった」

(実際俺は、エイを食べたのは生まれて初めてだと思います)

食後は俺が「本屋で日韓の小辞典が欲しい」と希望していたのを、彼女が覚えていてくれて店の主人に大きな本屋さんを聞いてくれていました。

何と気の利く人なんだろう…と感動したのは言うまでもありません。

店の主人が教えてくれたように、タクシーで10分ほどの所にある巨大書店に二人で行きました。

着いた所は半端なく大きい近代的な本屋さんでした。

だだっ広い店内でも、彼女が店員に訊いて案内してくれて、スムーズにコンパクト日韓辞典をゲットできました。

「私、日本語をもっと勉強したい」という彼女に、日本語会話の本を二冊プレゼントしました。

一時間ほど書店を見て回って出るときに、「まだ早いけど、これからどうする?」と彼女。

酒があまり飲めない俺は「ムーディなカフェ」と答えました。

少し光化門付近をブラブラして、見つけたウッディなカフェに入りました。

アメリカン・コーヒーを飲みながら、俺は「明日は朝から仕事があるから早く寝るよ」と言いました(別にガツガツ求めないから安心してねという意味合いも含めて)。

「何時に寝て何時に起きますか?」と俺に尋ねる彼女。

「11時に寝て8時までには起きる」

「朝ご飯は?」

「普段は食べないけど、君が食べたいなら食べる」

「仕事は?」

「○時から○時に■■で」

「…その次の日の飛行機は?」

「朝5時に起きて6時のソウル駅発の急行に乗りたい」

「わかりました」 いちいちギャラクシーノートを手に頷く彼女ったら…

テレビに出てくる有能な美人秘書を持ったような気分です。

時刻を見計らった彼女は、「これからコンビニに行って飲み物を買ってから部屋に帰りましょう」と立ち上がりました。

(おお、行きますとも。それが目的ですから。とは口に出しませんでした)

ホテル近くのコンビニでミネラルウオターやお茶、御菓子、ビールなどを買って、いよいよ部屋へ ♪

「シャワーは?」と彼女。

「オレ、明日の準備をするから先にどうぞ」

「はい」と素直な彼女。

しばらくして裸身に白いバスタオルを巻いて出てきた彼女は…

想像どおり、いや、それ以上の素晴らしいスタイル♪

「シャワー、どうぞ」と微笑む彼女に、俺は膨らみかけた股間を押さえながらシャワー室へ。

入った室内には歯ブラシに歯磨きまでつけて置いてあります。

彼女の行き届いた心配りに、感動を深めながら体を清めました(無論大急ぎで)。


部屋に戻ると照明は既に落としてあり臨戦態勢!

そして…、ベッドの中での彼女も素晴らしい!!

あらかじめ団長様には、素人系よりサービス系希望と言っておきましたが、さすがです!!!

コトが終わった俺の上に「オッパ」と甘ったるくしなだれかかる彼女に、さらに興奮してしまいました。
11時に寝ると言っていた自分が、図らずも2回戦も求めていました(苦笑)。

2回戦後は、さすがに爆睡しましたが明け方、彼女がトイレに行ったのに俺も起きてしまってもう一回。

これには彼女が呆れたように「私はいいけど、オッパは大丈夫?」と心配してくれる興奮ぶり…
今思い出すと汗顔のいたりでありますです(恥)。

それから再び熟睡の境地にいた俺を、「オッパ、時間だよ」と彼女が起こしてくれたら、もう完全なる朝になっていました。

慌てて準備していると、「大丈夫。私が送ってあげますから」と出かける準備をバッチリ済ませた彼女がギャラクシーノートを片手に立っています。

彼女は何と俺の仕事の場所までちゃんと調べてくれていたんですね。


ホテル前で拾ったタクシーで行先を告げてくれた彼女。

運転手が「その場所、わかんないなあ」と言うと、「わからないならナビで調べて下さい。今から住所を言いますから」とテキパキ指示。おぬし、できるな、只者ではないな!

しかもこんな美しく有能な秘書ってドラマの中だけで、実際にはいないだろう!!

結局、仕事には余裕で間に合いました。

「このまま自分の家までタクシーで帰りな」と別れ際にタクシー代を渡したら、「じゃあ、○時にあそこのセブンイレブン前で」と彼女から言われ一旦お別れしました。

夕方になって俺が仕事が終わると、約束どおりの時間と場所に彼女が笑顔で立って待っていてくれました。

「仕事、疲れたでしょう?」と彼女。

「うん」


「疲れた体には参鶏湯がいい。オッパは鶏肉好き?」

「好き!」

「じゃあ行きましょう」 俺の体調も気遣ってくれる彼女に、感激は深まるばかりです。

彼女に連れて行かれたのは古式ゆかしい建物の参鶏湯屋、お値段はリーズナブルで美味!

しかも出てきた参鶏湯を甲斐甲斐しく食べやすくしてくれる彼女。

「どう?」と上目づかいに彼女。

「とても美味しい」

「よかった。オッパが喜んでくれると、私も嬉しい」

(俺も君の笑顔を見れて嬉しい!!←心の声)

食後は「オッパが行きたいと言っていた伝統茶の店を調べました。行きましょうか?」と彼女。

俺が言ったことを全て叶えようとしてくれていたんだ。凄いよ、君は…

もう口から言葉は出ず、目からは嬉し涙が出そうでした。

連れて行かれた伝統茶の店も、古い造りの感じのイイ店でした。

オンドルの席で庭を眺めながら、ゆっくりとお茶を楽しみました。

彼女が読んでくれた説明書から、注文した伝統茶には健康にも効能があると知り、彼女の心尽くしが心身ともに沁み渡ります。

席も離れのようになっていて二人きりみたいな空間。

外は夕刻から夜になる時刻で何ともロマンチック。

「私、しっとり濡れてきました」と彼女が妖しい顔つきで言います。

「な、何?」と俺は持っていた茶飲みを落としそうになりました。

「オッパが買ってくれた本で勉強した日本語です。変ですか?」と、昨晩買った本を開いた彼女。

むむ。読んでみると、その中に確かにそんな文章が載っていました。

「うん、正しい日本語だ」

彼女は俺の仕事中に、その本を読みこんでいたんですね。素晴らしい!

感動のうちに伝統茶を飲み終えてからは、カップルで賑わう三清洞を下って仁寺洞までそぞろ歩きました。

俺と腕を組んで歩く彼女は、たまに立ち止まって小物を楽しそうに見ています。

「何か買おうか?」と俺は小物を見ている彼女の背中に声をかけました。

「本当ですか?」と振り向いた彼女の目がキラキラ輝いています。

あまりにこちらの希望ばかり叶えてもらったので、俺は何かお返しをしたくて「ああ」と答えました。

「…百貨店を見たいです」と彼女が言いました。

「いいよ」

じゃあとばかりに拾ったタクシーの中で、彼女は「ベッカジョム(百貨店)♪」と上機嫌。

着いた百貨店は、セレブっぽい別世界でした。

俺の彼女はそんな中でも、かなりイイ線いってるぜ♪

上機嫌でショーウインドを見て歩く彼女が、やがて足を止めました。

その店に入って彼女の第一希望の品のお値段を見たら… 完全なる予算オーバーでした(チーン)。

俺は思わず「無理、ゴメン」と肩を落として答えました。

俺の落胆ぶりを見た彼女は慌てて、「私こそゴメン。オッパ、いくらまで?」と訊きます。

最初から予算を言っておけばよかったですね。

俺が彼女に値段のリミットを言ったら、彼女はそれに合わせた品を探してきたので買い求めました。

第一希望の品を買えなかったのに、店を出た彼女は何度も「ありがとう」と繰り返して言ってくれました。

「オッパに何か贈り物をしたい」とも彼女は言ってくれて、近くのCDショップに駆けこんで、俺が好きだと言っていた韓流ドラマのDVDを見つけてくれましたが、日本語字幕付きのは品切れでした。

「いいよ、いいよ」と俺は彼女に諦めさせました。

(だって、そんなことしてもらったら悪いよ)←心の声

それからコンビニへ寄って二人で部屋に戻りました。

皆さまの体験談にもあったとおり、夜の時間は前日以上に濃密でした(放送禁止用語の連続です)。

コトが終わって、二人とも裸のままベッドの上で寄り添ってゴロゴロしていました。

「こんどオッパが韓国に来るのは一年後?」と彼女が俺の胸から見上げて問います。

「一年後のつもりだったけど、半年後には来たいなあ」

「私の携帯番号を教えるからオッパのスマホ、貸して」

「ああ」

俺のスマホを彼女に渡すと、彼女はさっさと操作して自分の携番とラインを登録してくれました。

それから彼女は俺にスマホを返すと、少しだけ身の上話をしてくれました。

まあ皆、事情があるから夜のお仕事をしているんですよね。

話が一段落したら、俺は疲れもあったのか知らない間に寝ていました。

翌朝は暗いうちに彼女に起こされて、ホテルをチェックアウトしてからタクシーでソウル駅に向かいました。

彼女は本当に有能な秘書で、最後まで気を抜きません。

お蔭で、予定通り始発の空港線急行に難なく間に合いました。

電車乗り場の前で「ここでいいよ。寒いから帰って」という俺に、彼女は律儀に

「オッパが行くまでいる」と立ち去りませんでした。

「帰ったら絶対にラインで連絡してください。心配だから」と彼女。

「ああ、絶対にする」

でも俺は、「トマンナヨ(また会いましょう)」とは彼女に言いませんでした。

彼女がこの仕事から一日でも早く上がれていた方が、彼女にとって幸せのような気しましたから…

(団長様、この感情移入は重症でしょうか?)

ちょっぴり切ない気持ちで、夢のような世界を後にしました。

最後に団長様、このたびは本当に良いコを御紹介下さり、ありがとうございました。

団長様の目に狂いはありませんでしたよ(笑)。感謝の念、絶えません。

またの機会を楽しみにしております。トマンナヨ!


団長のコメント:感情移入までしちゃうと後がツライですよ。タイトルの通り「美しき思い出」として心の奥底にしまっておくのがベストです。当方のように手遅れになってはイケマセン。でも体験談を見る限りでは手遅れかも!?


NO.225 すべての事象には必ず理由がある


団長様、200話突破されたこともあり、私の2年2ヶ月間の体験、お会いしたアガシ計数十名(約20数名かな。)をまとめて、話させて頂きたいと思います。


(他の紹介アガシの人数も含む人数です。団長に紹介でデートしたのが、18名以上かと、もう数が分からなくなってきた。。。)

あるカフェの2階にて6名紹介頂き、内お薦め3名の内の1人、少し女優のチェヨジョン(ドラマ ロマンスが必要、映画 後宮 帝王の妾 出演)似のアガシをお願いして、イテウォンから少し散歩しつつこれから行くところの候補を幾つか話して、お互いに一致したのは、イテウォンからほど近いサムソン美術館。そこまで、話しながら歩いて散歩しました。

会ってから、最初に話して、少しやり取りする時の大体10分以内に、今日1日過ごすのに、根本的に相性又は縁が、合わないかどうか分かると言うのがこの2年での経験です。

紹介アガシに会い始めて、2回目の時のアガシが容姿は、ちょっとキムテヒ系で、凄く良かったけど、どうにも相性が良くないようで、「あなたの話してるのよく聞こえない」とか言われたのをよく覚えています。

やはり、容姿好み優先だけでは、相性が良くない場合もあります。

又、会ってから、どのタイミングで、手を繋ぐかは、その時々によりけりだと思います。

あえて、自然なタイミングと状況に合わせてが一番かと思います。

然し乍ら、あまり向こうから、手を繋いでこようとしないアガシは、

こちらに対して、どのように思っているのかは、一概に言えないです。

凄くお互い相性が良いと、そういうのも自然という感じだろうかと思います。


さて、話は戻り


アガシと、美術館での観覧を一緒に過ごし、

もう日も暮れて、ゆっくり時間を過ごせるところがいいよねとの話になったので、江南へタクシーで移動し、パークハイアットホテルのロビーラウンジで、ワインと共に話を頂いて、次に場所をホテルレストランへ変えて、ディナーを過ごしました。


特に冬の寒い季節に、外を彼方此方に、移動するのはちょっと大変だったりしますから、時には、ホテル内の彼方此方で過ごすのは、気持ち的にもゆったりして話の内容も違ってくる感じがしますので、お薦めしますね。

焼肉も良いですが、たまには、五つ星ホテルのレストランで、韓国牛のステーキを食べるのもお勧めです。

グランドハイアットのレストランからの夜景なんか雰囲気バッチリですし、時には、雰囲気の良いホテルレストランでのデートもお薦めします。

アガシの気分も↑するでしょう。。。

ということで、その後、同じホテルの部屋に入り、つつがなく、時間を二人で過ごし、良い朝を迎えました。

その後も、現時点、そのアガシとは、継続中です。続くかどうかは自然の流れかと思います。


ここで、最後に、この2年半の経験での実感としては、ガリレオ的には、


√{(男運%➕紹介者への信頼度%) ✖︎ 運%}➕出逢い縁%✖︎女性との相性

➗アガシへの要求質量✖︎女性の選択


=出逢った日の満足度

だと感じています。


それ以後の継続は、


(相手への好き度+相手からの好き度)✖︎相性=情の生成度合

かと考えられます。

あるアガシには、「1~2回あったぐらいで、情なんて、出来るわけないでしょう!」

と言う発言も真摯にお聴きしました。



補足説明としては、


男運:

自分が今ついてないな〜などとポジティブでは無い状態の時は、基本的に何をしても良く無い状態の時ってあると思います。

こんな時に、感じを変えたくてなどと試みれば、不満足度を上げるだけだと思いますので、

最低限ニュートラル以上の時にデートお薦めします。


紹介者信頼度


この2年半ぐらいで、ソウル団長、ソウル他の紹介者1、他の紹介者2、釜山現地紹介者1、2

済州島現地紹介者と様々に比較検証もしましたが、やはり紹介者への信頼度であるかと感じます。

各々紹介者への誹謗中傷、団長への誹謗中傷を目にする事もありますが、比較検討上、団長が、一番真摯に対応されています。

出来るだけ好みを聞いた上で、その時点でのベストの紹介をされています。

私の数式の通り、他の数値が低くて結果満足度数値が悪い不満をネットにて誹謗中傷されているのを見ると、様々な要因が絡み合っての結果で有ることが分からない方達かと考えられます。

他のお客さんに受けの良い、某紹介ママK女史も、私には、黒い長い髪の女子大生を送るとの話が、来たら全然違う、又、変えた事を連絡してこない。

又、他の紹介者は、好みを聞かない、聞いただけで、何も考えられていない

など、様々でした。釜山の現地紹介ママでは、親身な方もありました。

比較検討上、団長への紹介信頼度は、私は100%です。

比較して見ないことには、という方は、他の紹介者も試して痛い目にあって下さい。経済的効率性を重視する方は、迷わず信頼度は、高く設定されて、他の数値を上げるべくとお薦めします。

何があっても紹介者 団長への信頼度は、維持されることをお薦めします。

どちらかと言えば、私の好みが、眼鏡の厳しい事がお手を煩わせてると思います。

団長大変失礼しております。。。


運:


ソウルでの運とソウルという地の相性もあるかと思います。

私は、もう12年以上、海外各地を転々と駐在している身です。

その経験からしても、その地との相性と運という要因は常々感じています。

水が合う合わないという表現にもありますように。


出逢い縁:


もうこれは、普通のアガシから、数十人の紹介アガシ、ルームサロン、フールサロン、按摩、オフィステル、置屋アガシなどなど

会った経験上、もう本当に縁だと思います。

按摩のアガシともう1年半以上、カカオトーク続いていたりしますので

分からないものです。

「さっぱり分からない。。。」


女性への要求質量:

これは、アガシの何を要望しているかということですね。

見た目、ちょー綺麗なアガシとやりたいと言うことが100%なのか?

兎に角楽しく飲んで、やりたいのか?

そうでは、無くて、アガシとの出会いとデートを楽しみたいのか?

付き合う彼女を探しているのか?

などなど、その要望するところの重点度の質量により満足度は、違います。

その要望の質と量により、紹介アガシでは無くルームサロンなど

他へ行かれた方が良い方の話なども聞きますので、


良く自分が何を求めているかその質と量を鑑みて下さい。

その選択ミスによる数値の低下が満足度低い→紹介者への不満という

お門違いの行動をされる方がいますが

ご注意下さい。


女性との相性:


これは、説明するまでも無く、様々な環境、状況、人の場合全てにおいてありますよね。

これと縁につきます。。。

あるアガシとは、⚪︎⚪︎、あのアガシとは、△△、このアガシとは✳︎✳︎など

いろんなアガシ、様々な事がありました。

本当に、ダメな良く無いアガシに一時的にはまってしまってちょっと

痛い目にあったこともありました。ちょっと痛いぐらいですんで良かったですが、

何かあれば、包み隠さず、団長に連絡した方が良いです。


女性の選択;


どんな時も選択が、貴方自身が選択した上で、体験と結果が有るのは、周知のとおり。



以上


√{(男運%➕紹介者への信頼度%) ✖︎ 運%}➕出逢い縁%✖︎女性との相性
➗アガシへの要求質量✖︎女性の選択
=出逢った日の満足度
を考慮の上、みなさま相手の女性を楽しませる、楽しいデートをメイクして下さい。

金を払って選ぶからという事は、無にして、選んだ女性から見ても、かっこいいか、羽振りがいいか、真摯で好感がいいかまずは、デート、申し込んでOKもらえる男じゃ無ければ
どの世界のアガシも振り向いてはくれないかと私は思います。
アガシの為に、ひいては貴方の為に、兎に角、楽しいデートメイキングを!

では、継続アガシがいつつも、次回気になるアガシをお願いします。春もソウルへ参ります。


『紹介アガシのもたらす満足度の数値は、実に、、、、、、興味深い。』


湯川 寛

他国在住12年 2年前よりほぼ月1で韓国通い中。



団長のコメント:流石に回数こなしてる方の言。どれも核心をついております。当方へのお褒めの言葉は素直にありがとうございます(でも信頼度100%とか言われると次回のプレッシャーが・・・)しかし、指摘されてる部分はどこも間違ってはおりません。勉強になる良い体験談です(笑)




NO.213 惚れてまうやろ~!



団長さま、その節は大変お世話になりました。一人旅の予定でしたが、言葉通じずの国での一人は想定外に寂しかったので、アガシに色々とお世話になり大満足の旅行になりました。


そもそも私、一人ふらり旅が好きで、今回はほとんど知らない韓国を思う存分満喫してみようと思い、11月半ばより韓国に行きました。

もちろん、韓国の普段の生活を直に見てくるだけでなく、噂に聞く韓国美人との営みも経験したいと思い(笑)、色々と調べていたところ、団長さまのサイトに辿り着きました。

韓国風俗を事前調査したところ色々とあるようですが、大抵は日本とさほど値段が変わらないし日本でも同様のことができるだろうが、昼のガイドからベッド上のガイド(笑)までやっちゃってくれるシステムは日本にはまず無いということから、エスコートアガシを選択しました。

正直体験談からも見る通り当たりはずれがあるだろうと思って、今回は「とりあえず1日」の女の子という形で団長にお願いをしたところ、快く回答頂け、楽しみを膨らませながら当日を待ちに待ちました。

よくよく考えると、日本語できるガイドを1人雇うと1日2万くらい、夜風俗行くと3万くらいかかると思うと、一晩中可愛い子とゆっくり過ごせてのこの金額と思えば、最初にちょっと高額だなーと思っていた印象も無くなりました。

当日、指定された場所で団長と合流。
まず、団長さんはどんな人なのかと思いながら想像を膨らませておりましたが、何と笑顔のさわやかな方なのだろう、と思いました。

私のために来てもらっていた2人のアガシはスマホをいじっていたため、面と面で顔合わせできなかったことや、見た目では優劣つけにくい感じがあったので、ここは体験談で書いてあった「団長のおすすめ」を聞くことに…。

そして、団長さんからの「サービスはこの子はダントツ」、という言葉を信じ、その子を選んで、片方の子のタクシー代などを払い、いざご対面。

正面から見ると、年齢は20代中盤~後半。でも個人的に目がキレイだったのがすごく印象的な子でした。
カフェである程度お話した後、「どこ行きますか?」と聞かれたので「ソウルタワーに行きたい」と言ってカフェを出てタクシーを拾って乗りましたが、ここでトラブル発生。

「ウォン持ってますか?」と言われ財布を見ると、1万ウォンしか無い…。
仕方なく乗っってすぐのタクシーを降りて換金しに行き、さて改めてタクシーを拾おうとしたところ…アガシが団長の車を発見!

いきさつを説明したところ、ソウルタワーまで乗せて頂けることとなりました。

その節はホント突然でしたが快く乗せて頂き、ありがとうございました。
団長とアガシと三人で会話しながらソウルタワーまで乗せてもらった後、団長とお別れしていよいよアガシとの時間が始まりました。

アガシはチケット購入から行先の説明まで色々と対応してくれるだけでなく、何も知らない自分をエスコートしてくれる大変ありがたい存在でした。

自然と手を繋ぎながらガイドだけでなくさりげない日本語の会話もよかったです。

しかし初日のため、やっぱりどこかぎこちない感は否めない様子。

ゆっくりデートするもどこか会話のリズムがちょっと物足りない感じでした。
「楽しく会話できるフレンドリーな子」を希望していた自分として、この時点ではどうなのかなと若干の不安がよぎりました。

しかし、ご飯を食べた後ちょっとゆっくりしようかという流れから、ソウルは寒く温まりたいというアガシの希望もあり、「汗蒸幕」に行くことになってから、流れが変わりました。

汗蒸幕は男女混合で入れるため、汗をかきながらもゆっくりと話しながらまったりした時間を過ごせ、その間にプライベートに入り込んだ話でゆっくりできたのがよかったのかと。

女の子に合わせることで、自然と距離が近くなっていくんだなとつくづく思いました。

館内専用の服は半ズボンのため生脚が見えていましたが、実に美脚…他のお客さんもいる中で一人生唾をゴクリとしながら、3時間ほどのんびり過ごした汗蒸幕を後にタクシーで私のホテルへ(一人用予約の部屋だがベッドはツイン。人を連れ込んでも何も言われず。)。

アガシが最初にシャワーを浴び、次に私がシャワーを浴びて、お互いガウンを着た状態となりながら、ベッドで先ほどと同様にプライベートの会話をしていた私とアガシ。

化粧を落としていたのですが、韓国の女性は日本と違い、化粧がさほど濃くないため、すっぴんでも大きな変化は見られませんでした。

ある程度経ってからアガシがゆっくりと私の体をさすりながら、ちょっと恥ずかしそうに笑顔を見せてくるではありませんですか!

私も自然とアガシの体に手をやり、ゆっくり、ゆっくりとその体のラインを堪能しつつ、その手は頬、唇、肩、腰、脚、そして、本能の求めている部分へと伸びていく…。


「…そろそろ、いいかな」

と言ったのを機に、お互いの唇を求めあい、ゆっくりとお互いを味わいながら、お互いの首筋、胸、体のライン、そして秘部を全身で攻め合っていく…。

思った以上に男のやってもらいたいこと、感じることを理解しているアガシで、私も我慢できない所が多々ありましたが、うまく攻守チェンジして私もとにかく攻める攻める!

やがてアガシが我慢できなくなり「…ほしい」との一言。

ゴムを装着してもらい、初めての異国人とのセックスが始まりました。

噂には聞いてましたが、実に韓国の方は感度のいいこといいこと…

ゆっくり攻めながらも攻められながらもお互いを求め、そして、発射!


終わってからはたわいもない話でゆっくり過ごした後、互いに眠りにつくことに。
二日目。実は「とりあえず1日」と言っていたものの、前日の夜の濃厚な夜を体験した以上、もっとじっくり楽しみたいと思い、引き続き延長をお願いしちゃいました。

ゆっくり目覚めたところ、アガシの美脚チラリズムに私が興奮してしまい、朝立ちしてしまいました(笑)

ダメ元で「やべっ、昨日の夜を思い出して何だか元気になっちまった!」と言ってみたところ…アガシが照れくさそうに、

「もう!本当は1回なんだけど…でも、あなた、優しいから…いいよ」


と言って、朝イチから二回戦が始まりました。
朝からアガシといちゃいちゃな時間が始まり、満足して終了。

その後シャワーを浴びて一度アガシは家に帰って再び14時半に明洞のロッテデパート前で待ち合わせすることに。

そして時間になり合流すると、昨日とは違いコミュニケーションがより多くなり、ボディタッチも増え、色々と積極的になっているではありませんか!

完全に異国の地でイチャイチャモード発動です。

ああ、一日ではお互いを知り合うには短いけど、二日目になると色々と分かり合うことも多いので若干ガードが下がったんだろうな、と改めて実感。

この日も私が行ってみたい所の観光に一日付き合ってくれ、最終日朝が早い俺に合わせて少し早い夜ご飯を食べ、そのまま私のホテルへ。

でも着いたらまだ20時だったため、まだ早いなと思い近くのロッテマートに買い出しへ。

初日に一人で買い物に来ていたが、商品の文字が読めなかったため、商品の説明を受けながら、食文化の違いにへぇーと言いつつ色々購入していく自分。

この日も寒い夜だったので、繋いだ手を私のポケットの中に入れ、ゆっくりとホテルに戻りました。

改めて乾杯したりワイワイしながら、気が付けば互いにシャワーを浴び、自然な形でベッドに横たわっていました。

「今日も楽しかったよ」と言いつつアガシを見つめていると…今日はアガシの方から、私を求めてくるではありませんか!

興奮モード全開となり、何も考えずそのままお互いを求めそのままディープなセックスを楽しみました。

前日よりも濃厚で、とにかく気持ちのよかったセックスとなりました。

これはやはり2日目ということもあり、お互いの距離が縮んだからだと思います。
最後はアガシが「一緒にイこう」という声と共に、アガシがイったのとほぼ同時に私も果てました…。

(実はこのホテル、声が筒抜けであることを後で気づきまして…フロア中に声が漏れていたことを知って恥ずかしくなりました)

最終日。朝6時出発だったがそのまま果てて目覚ましを忘れていた自分。

アガシが目覚ましセッティングしておいてくれましたが、起こしてくれたのは5時。

最後に一発、と思ったが時間も無く、慌てて荷物整理していた自分。
アガシは終始笑顔で私を見届けてくれました。
そして、約束のお金を払い(チップ含め)、アガシが先にホテルを後にしました。

別れ際にしてくれたキスはとてもあっさりしていたが、気持ちが十分に伝わったキスでした。

最後の最後に「オッパ」と呼んでくれた時には、涙が出そうになりました。

「惚れてまうやろー!」と心の中で叫びながら、韓国を後にしました…。

非常に濃厚な2日間を過ごせたアガシ。

この2日間アガシと過ごし分かったことは以下の通りです。

・アガシはとても尽くしてくれる。こちらが楽しんでいることをきちんと示すことで、アガシも喜んでくれる。

2・1日だけでは距離を詰めるのがなかなか難しい気がする。できれば2日いたほうが互いを理解し合え、距離も縮まってより親密に過ごせる気がする。

・アガシが全て先行してくれるわけではないので、必ずこちらから希望の場所などは伝えること。アガシも行先に困ってしまうことがないようにするべきかと。

・アガシに自分のやりたいことをお願いするだけでなく、アガシのやりたいことや希望も聞いてあげたほうが、互いの距離が縮まった気がする。

5・油断すると食事やら何やらが高額になってしまうので、ちゃんとこちらの意見も伝えておかないと財布の中がやばいことになる。アガシはちゃんと合わせてくれる。

・互いにゆっくり話をする時間を作って会話しておいたほうがよい。お互いを知ることで、だんだんと興味を持ってくれるようになるのは、普通に男女関係でも同じこと。

・夜の営みは、自然な流れで…。一日の過ごした時間の中でどれだけ親密な関係になれたかどうかで、夜の営みの内容が変わってくる。

最後に、非常にいいアガシを紹介頂きまして、団長さまありがとうございました。

また韓国に行く機会がある際はどうぞよろしくお願いします。

次は団長さまともゆっくりお話ししてみたいものです。

最後に…長文ながらも読んで下さった方々、ありがとうございました。今後行かれる方々の参考になれば、と思います。

団長のコメント:良い体験談です。当方がコメントで口出しする事もありません(笑)最後の7か条・・・当方もアガシ遊び初めの頃はわからなかった事で回数を重ねていき習得したものです。初心に戻ってアガシ遊びに邁進していきたいと思います。本当に勉強になる7か条でした。



NO.212 Gをアワビが咥えたママ・・


団長様、訪韓時にはたいへんお世話になりました。遅くなりましたが、体験記を送らせていただきます。

諸先輩方の体験記を拝見しながら、初めてのエスコートアガシを体験しました。

まずは、皆様の体験記にもある通り、団長様の印象は非常にスマートな方で

こちらの不安にもいろいろとご回答していただき、とても安心できました。

ただ、実際にアガシとの面会時はとても緊張しました。

体験談を読む限りでは、1人に2名のアガシが基本とありましたが、なんと、8名。。。しかも、遅れて1人来たので、9名。。。(差し障りがあったら削除してください)
どないしたらよかですか。。。と茫然としている中でも選ばなくては。。。

そこで団長様から各人の解説があり、私も候補を絞っていきました。
団長様には事前に希望をお伝えしておいたので、最終的に迷ったところで、冷静な団長様から的確なアドバイスをいただき、即決しました。

私が選んだアガシは26歳、超スタイルが良くて、大きな胸が強調される服装で、
しかもタイトなスカートからはほっそりした美脚がっ!日本語もかなり流暢で、日本に住んでいたことがあるのか、と思えるくらい。(実際には住んだことないそうで、それだけでも感心!)


まずはカフェに入って、その後のスケジュールを相談しました。

何が食べたい?どこに行きたい?となったのですが、君が食べたい・・・なんて、口が裂けても言えないことを考えていました(笑)

彼女はお酒が飲めないとのこと。しかも私は風邪っぽくて、薬を飲んでいたので、
私も酒なしでOKでした。

時間があったので、結局まだ行ったことが無いNソウルタワーに行き、景色を満喫。

そのあと、カップルで歩きたかった清渓川を散策。そのあと、ご飯となりました。
結局、一人だと食べられない韓定食を食べに行き、その間もあーん♪して貰ったり、してあげたり。酒も飲んでいないのに。。。

途中、コンビニでお菓子や飲み物などを買い、ホテルへ。

テレビを見ながら、少し話をしていたら、あっという間に23時くらいになったので、
シャワーを浴びて寝ることに。

泊まったホテルにジャグジーとサウナが部屋にあったので、冗談ぽく、一緒にジャグジーに入る?と誘ったのですが、やはり韓国人は結婚しても一緒に入ることは殆ど無い、と断られてしまいました。。。

先に私がシャワーを浴び、その後、彼女が浴びてガウン姿で登場。

恥ずかしいから部屋を暗くして、と言われたのですが、真っ暗になって何にも見えない・・・と言ったら、奥の電気だけ点けてくれました。

ガウンを脱がすと期待以上に素晴らしいおっぱいで、大きい上に張りがあるんです。

手に余る大きさの上、揉み甲斐(?)もあって、揉んでる私が気持ちいい♪

そしたら、間もなく彼女の喘ぎ声が。。。

思わず、むしゃぶりついたら、喘ぎ声が激しくなって、ほぼ絶叫に。

ついつい興奮して吸い過ぎたら、痛かったらしくNGが出ました。

ついでにNGを聞いておいたら、DKと指入れはNGとのこと。

であれば、それ以外のことで。。。と両手でおっぱいを揉みながら、舌を下に這わせていき、彼女の茂みに隠れたアワビをペロペロ。

すると、次第に腰をくねらせながら、ビクン、ビクンといってしまったようで。


さらにクリを攻めたら、絶叫から呼吸困難状態になってしまったので、思わず中断して、抱き寄せてあげました。

ハアハア言いながら、虚ろな目で抱きつかれたときは、本当に愛おしかったです。

もう我慢できなくなり、G装着して挿入、ピストン運動を始めると、隣の部屋に聞こえるのでは?というくらいの絶叫で、両手・両足で羽交い絞めにされ、両手では背中をかきむしられ、また彼女はビクン、ビクンといってしまったようで、その締め付けで絞られるように私もいってしまいました。

少しして抜いた時、締め付けが強かったみたいで、Gをアワビが咥えたままでした。

彼女は恥ずかしい・・・と照れていましたが、さらに愛おしくなって抱き寄せて横になりました。

彼女は明日、朝から仕事なので、シャワーを浴びて寝ることにしました。

寝ようとしたのですが、スタイル&感度が良い彼女が隣に寝ているので、我慢できず、いたずらしていると、「もう死んじゃうからダメ!」と。それでも弄っていると、また喘ぎ声が。。。でも、明日も早いので舐めるだけ。。。と思って、アワビを舐めていたら、今度は彼女から照れながら「入れて」と♪そのまま2回戦目に突入、また羽交い絞めにされてかきむしられ、同時に果てました。

よく朝、彼女は仕事へ。

ホントは2晩一緒に居たかったのですが、仕事と聞いてバイバイするか悩みました

でも、仕事を早く切り上げて会ってくれることになり、午後から会うことになりました。

2晩目は彼女もフェラも含めてペロペロしてくれ、結局1時間くらい愛し合っていました。

最後は、やはり羽交い絞めにされ、「オッパ、気持ちいい!」と果ててくれました。
その夜も2時くらいになっており、2日連続で寝不足にしてしまって申し訳無かったです。

3日目の朝は非常に別れが辛かったです。

彼女が仕事で朝早く出ていかなければ、いつまでもズルズルしただろう。。。と、やはりアガシ・ウイルスにやられたようです。

長くなりましたが、団長様、本当にお世話になりました。また機会がありましたら、ぜひ宜しくお願いいたします!


団長のコメント:Gをあわびがくわえたまま・・・素晴らしいですね。当方も体験したい(笑)




NO.205 エロスイッチ



団長様、大変お世話になりました。


初韓国旅行、初アガシ体験でしたが、おかげさまで最高の旅になりました。

体験談が長くなりそうなので、まず最初にこれから韓国に行かれる方へ、僕が思う成功のためのポイントを書きます。

ただ、あくまでも個人的な感想なので、ご参考程度にして下さいませ。

・韓国語の褒め言葉を覚えておく

褒められて嬉しいのはどこの国の女性でも同じ。 「イェッポヨ(きれいですね)」「ミイニセヨ(美人ですね)」など覚えておけば一気にラブラブモードに。


・スマホならカカオトークをインストール

 韓国で人気のSNSアプリです。帰国後もアガシと連絡を取りたいと思っている方にはオススメです。


・団長を信じる!

 わざわざ書く事でもないかと思いますが、団長にお願いした時点でもう大方成功が約束されています。

他にはド○モのケータイなら「海外プラスナンバー」契約で韓国での電話代がお得とか、 ソウル駅で帰国便チェックインができて便利とか、興味のある方は調べてみて下さい。


では、体験談を始めます。

連休を利用して、2泊3日の初めての韓国一人旅へ行きました。

韓国に興味を持ったきっかけがK-POPだったので、いつかアイドルみたいな女の子と遊べたらなぁと夢見ていました。

ネットでいろいろ調べているうちに、団長のサイトを発見!

問い合わせさせて頂いた後、2日間1名で予約のメールをしました。

当日までは、韓国語の勉強をしたり、先輩のみなさまの体験談を読んで予習もバッチリ済ませておきました。

そして、某日昼過ぎ、ソウルに到着。

空港からはリムジンバスでホテルのあるミョンドンへ。

ソウル名物の渋滞のおかげで思っていたよりも時間がかかってしまいました。

ホテルチェックイン後、急いでタクシーで団長の元へ。

このタクシーがいい加減で、目的地と違う所で降ろされるというハプニングもありましたが、なんとか団長と合流。

アガシの待つお店へ向かう道すがら団長が「女の子は4人です」とおっしゃったので驚きました!

自分1人のために4人も来ているなんて・・・。

続けて団長がオススメの女の子を教えて下さったので、期待に胸が膨らみます。

お店に着くと、本当に4人のアガシが待っていました。

本来ならここでじっくり品定め、となるのでしょうが、実をいうと団長オススメのアガシに目が釘付けになってしまい、誠に失礼なことなんですが、他の3人がどんなコだったかほとんど覚えがない・・・。

それくらい彼女は飛び抜けていました!

美人で、胸も大きくて、スタイルも抜群。

日本にも何度か行った事もあり、日本語も上手だということで、迷わず彼女を指名。

つたない韓国語であいさつしましたが、彼女の日本語がとても流暢だったので、以後会話はほとんど日本語でした。

お互い自己紹介して、彼女が「なんて呼んだらいいですか」と聞いてきたので、すかさず「オッパって呼んで!」と言ったら、爆笑されてしまいました。

普通は名前を言うものだよ、と言われました(^_^;)

でも、アガシにオッパと呼んでもらうのが僕の夢だったんですよね。

それにここで思いがけず笑いが取れたおかげで、一気に親しくなれたような気がしました。

その後近くのコーヒーショップでおしゃべりをして、親睦を深めます。

改めて正面からじっくり見ると、とても美人。

でも愛嬌もあって可愛いのです。

本当はK-POPアイドルグループのメンバーですとか、女優やモデルやってますとか言っても納得のレベル。

なので、冗談で「あれ?昨日テレビに出てたよね?」と言ってみると、「あ~、昨日じゃなくて一昨日ね」という風に返してくれて、そういうノリの良さもとても魅力的です。

夕食は僕のリクエストで、サムギョプサルを。

地元の人しか知らない、絶対に観光客は行く事のないおいしいお店で、アガシに焼いてもらって、食べさせてもらって、至福のひととき。

韓国風茶碗蒸し(卵焼き?)もおいしかった。

その後はミョンドンに戻り、彼女のオススメでマジックバーへ行き、マジックに驚きながら飲んで、すっかりいい雰囲気に・・・。


ホテルに戻ってから先にシャワーを浴びて待っていると、シャワーからあがってきた彼女は本当にセクシーでした。

いよいよこの時が来た、と思うと胸が高まります。

体験談の多くには、1日目のHは割と淡泊とあったので、そんなものだろうと思っていました。

僕自身もアノ行為自体よりも雰囲気の方が好きなので、淡泊でも全然OKと思っていたんですが・・・、

彼女は違いました!

恥ずかしながら、彼女に襲われました(笑)

情熱的に激しく求められました。

そして、早撃ちの名手である僕はあえなく撃沈。

「我慢してって言ったのに!」と怒られてしまいました・・・(^_^;)


しかし、ここで終わってしまっては日本からわざわざ来た意味がない!

自分は日の丸を背負っているのだ(笑)、と自らを奮いだたせて2回戦目に突入。

2回目は気持ちも感度も少し余裕が出てきます。

今度はきっちりイッテ頂けました。

なんとか日本男児の面目は保てたでしょうか??

それから引き続き、なんと3回戦目も・・・

自分でも信じられないくらいのパワーがみなぎった、そんな1日目の夜でした。

2日目彼女は着替えに帰らずにそのまま一緒にいてくれました。

朝ご飯はアワビ粥、優しい味が身に沁みます。

その後コーヒーショップでおしゃべりを楽しんでから、ミョンドンでショッピング。

僕の好きなK-POPのCDや、お土産を買ったりしました。

化粧品のお店に立ち寄った時、スッピンの彼女はテスターを使ってキレイにメイクアップ。

スッピンでも充分キレイな彼女ですが、メイクをするとやはり魅力が増しますね。

そこで彼女が気に入ったものをいくつかプレゼントしました。

買い物した荷物をいったん置きにホテルへ戻ります。

徒歩で戻れるところだったので非常に便利でした。

ホテルに戻って、僕は買い物したモノを荷物にまとめ、その間彼女はシャワーを浴びに行きました。

彼女がシャワーから出てくるのを僕はTVを見たりしておとなしく待っていたのですが、 シャワーから出てきた途端、また彼女に襲われました(笑)

韓国女性にはエロスイッチがあるんでしょうか?

事前にそんな素振りはなかったし、時間もまだお昼。

完全に不意打ちです。

ですが、僕のNソウルタワーはすでにそびえ立ち、そして彼女の漢江はすでに大洪水です(笑)

突如始まった、日韓戦第2日目。

前夜に続く韓国の激しいオフェンスに耐えきれず、ニッポンあっけなく完敗。

そしてまた怒られる始末・・・(^_^;)

だけども幸福感に包まれながら、彼女に寄り添っているといつの間にか眠ってしまいました。

目が覚めると3時くらいになっていました。

彼女はずっと横にいて、起こさずに寝かせてくれてたみたいです。

少しベッドでイチャついた後、遅めの昼食を食べにミョンドンの街に繰り出します。

彼女オススメで激辛だけど激旨の鶏料理チムタクを食べました。

休日夕方のミョンドン、さすがに大勢の人がいます。

当然女性も沢山歩いていますが、彼女より美人だと思える人は本当にいなかったです。

それほど素晴らしい女性が隣にいるという優越感を感じられて、こういうこともこの遊びの魅力なんだなと改めて思いました。

まぁ、他の人からはたぶん、不釣り合いなカップルだと思われていたでしょうが・・・(^_^;)

さて、彼女は着替えてないので、洋服は昨日のままですし、当然のことながら下着も・・・。

特に下着の方は、「オッパのせいでいっぱい濡れて汚れた・・・」と言われてしまっているので、オッパとしては何とかしないわけにはいけません(^_^;)

ミョンドンのランジェリーショップ(日本のブランドらしい)で、かわいい下着をプレゼント。

買い物中、彼女の下着姿を想像してたので、相当鼻の下が伸びていたと思います(笑)

下着を替えるためにホテルに戻りました。

セクシーな下着姿をじっくり見せてもらおうと近づくと、ここでまたまたエロスイッチが入った彼女に反撃されます。

ズボンとパンツを脱がされて、彼女の攻撃が始まります。

彼女は僕のムスコを相当気に入ってくれたようで、優しくそして時には激しく攻めてくれます。

そうこうしてうちに、彼女のアソコも濡れて来ています。

「オッパのせいで新しいパンツも汚しちゃった・・・」なんて言われちゃって、あー、もうホントに愛おしい。

彼女にイッテもらうため、必死に耐えました。

最後は彼女のお望み通り激しく突きまくって、彼女を無事絶頂へ導くことができ、僕も大満足。

そして、幸せな気分で二人とも眠ってしまいました。

目が覚めたときには、もうすっかり夜。

二人でTVを見たりした後、ミョンドンを散歩しながら、屋台フードやキンパブなど軽い食事をとりました。

ホテルに戻って、カカオトークの連絡先を交換。

明朝彼女が早く出なきゃいけないため、夜の営みはなしで。

まぁ、明るいうちに2度もいたしておりましたので(笑)

そして、別れの朝。

彼女は7時前に帰っていくのでした。

僕もまだ寝起きで半分眠っているような顔で、部屋のドアの前までお見送り。

じゃあね、とキスを交わして、彼女が僕の方に手を伸ばしてくるので、握手するかと思いきや・・・、

なんと朝立ちしているムスコをニギニギ(^_^;)

いやぁ~、最後までホントにエロい彼女でした!!

団長のおかげで、想像してた以上に素晴らしい体験が出来ました。

帰国後、彼女とカカオトークを使って、韓国語でやりとりしています。

韓国語の勉強にもなるし、何よりラブラブ度が日に日に増しているような気が・・・。

今度はいつ韓国に行こうか、最近そればっかり考えています。

次回行くときには、韓国語をもっと話せるようになって、もっと楽しい旅ができたらと思っています。

団長、その時には、またよろしくお願いします!


団長のコメント:もう言うこと無しのベストアガシでしたね。体験談読みながら当方が悔しくなってきました。お幸せに・・・

※あまり当方を信用されても困ります(苦笑)基本的には自分の好みで決めて下さいね。またアガシのスタンバイ人数はご利用者1人に対してスタンバイするアガシは2名が基本となります。今回の体験談にあるように他の体験談の中にも、それ以上の数でスタンバイしてる場合もありますが、それは当日の状況次第で出来る時と出来ない時があります。出来るときはしてますが出来ないときは基本通り1名に対しアガシ2名なので勘違いされないようにお願いしますね。




満足体験談一覧へ

TOPへ戻る