NO.140 癒しのひととき


○月某日、会社の同僚と「なんか癒されたいよなぁ〜、どっか海外でも行きたいなぁ〜」という話になり安・近・短ということで韓国へ行って見ようとなりました。


決まったは良いのですが私も韓国は56回行った事はありますが何せ10年前の話なのでさっぱり状況が掴めずネットを探しまくりこの団長のサイトを拝見して、メールにて「ランク別説明希望」の説明を受け、その後何回かのメールのやりとりに連絡先を伺い訪韓。


当日は午後805分発の飛行機で金浦に到着したのが午後10時半、早速団長に電話「もしもし団長さんの携帯ですか?○×▲と申しますが・・・・・」と無事団長さんと合流、今回はたまたま団長さんも手が空いていたので空港まで来ていただきました。


初めて団長と対面、クルクルパーマの怪しい人物だろうと勝手に想像していま したが全く逆のタイプの方で一安心、ホテルに向かいながら、時間が時間なのでホテルに行く前に待望のアガシの待つ某所に、某所に向かう途中、団長さんに色々とアガシ遊びとそのほかのことについてレクチャーしてもらいました。


今回は2人なのでアガシ4人はいるであろうと想像しておりましたが、団長さんから「 6人用意しておきました」と言われ、嬉しいやら戸惑うやら。



最初に連れがパートナー選び、好みがかぶる事は無く無事パートナーチョイス。
今度はホテルに向かい団長さんとアガシたちには車で待機していただいて我々はチェックイン、部屋に荷物だけ置いてまたまた合流、何を食べようかということでいろいろ考えた末韓国風刺身を食べようということになり店に向かいました。

店では、魚を一匹注文して、刺身、スープ等にしてもらい5人で食べても食べきれない量、しかも値段は安い!!それぞれのパートナーとここへ来るまでは慌ただしかったのでビールを飲み ながら自己紹介&会話を楽しみ、団長ともいろいろな話で盛り上がり結局店を出たのが午前2時過ぎ(団長、遅くまでありがとう!!!!)店を出たところで団長とはお別れし、我々はパートナーと共にコンビニに行き部屋で飲む為のつまみとビールを買いタクシーでホテルに戻りました。


ホテルの私の部屋で4人で飲みながらいろいろ話をし、楽しいひとときを過ごし、ある程度の時間が来たら友人は部屋へ戻りました。 


私のアガシは私や友人の飲んだものや食べた物をきれいにかたづけて、先にシャワーを浴びるように言い満足の一夜を過ごし ました。

アガシは日本人と比較すると性に関しては開放的ではなかったですがそれはそれで中々ソソルものがあり大満足の一夜でした。結局寝たのは朝6時でした。

2日目は前日遅かったせいも有り友人も、アガシも起きたのは10時半過ぎ、アガシと相談してあっさりした昼食を食べようということになりソーロンタンの店に、店に着くと店内は日本人は全くおらず韓国の地元の人ばかり、何がなんだか分からないのでアガシにソーロンタンを頼んでもらいおいしくいただきました。

昼食後アガシたちは一度服を着替えに帰りたいということで再び団長に連絡、合流後、男三人で梨泰院で、皮のコートが欲しかったので団長の知っている店で購入、(安かった〜)その後、連れが免税店に行きたいというので免税店で買い物をし、再びアガシと合流、今日は辛いアンコウ料理とカニの醤油漬けを食べようという話になり店に、アンコウはとてもおいしくカニの醤油漬けに関しては絶品の一言!!

食事後団長とはいったんお別れし、我々はアガシと梨泰院散策、手をつなぎながら恋人気分で楽しみました。

その後団長と再び合流、みんなでカラオケに、カラオケでは盛り上がったのですが前日の寝不足もあり連れもダウン気味で9時半頃には引き上げ、
我々はホテルに。

2日目だけ有ってアガシの反応も上々、他の皆さんが言っている通りアガシは大洪水+きつめと言う事で私も即効昇天、爆睡してしまいました。
帰国日当日、連れのアガシは用事があり7時頃帰ってしまったのですが私の担当アガシは一向に帰る気配なし、こちらも時間があるので着替えて封筒に入れた約束のものをアガシに渡すとアガシ中身のチェックもせず、自分のカバンに(封筒の中身わざと少なくされたらどーするのかなっ と余計な心配してしまいました。)

その後友人と合流後、チェックアウト、この時点でアガシも御帰宅、我々は再度団長に連絡、最後の昼食と言う事で団長お勧めの辛い牛骨付き肉のスープを食べに、これはむちゃくちゃうまかったです(団長ご馳走様でした!!)

昼食後団長と喫茶店で色々お話をし、次回はどうしよう、こうしようといいながら時間つぶし、良いころあいとなったので我々はタクシーで金浦空港まで、名残を惜しみつつ帰国の途へ

どの国で遊ぶにしても相手といかにうまく付き合い、お互いに楽しめるかと言う事を考えれば最高の遊びをさせてもらえるみたいです。
次回は多少なりとも韓国語を勉強してもっと相手とコミュニケーションが取れるようにしたいですねっ。


連れも大満足で、次回の訪韓はいつにする!! などと言っています。 また、訪韓時にはお世話になります。
ありがとうございました。


団長のコメント:ご満足頂いたようで幸いです。また、お会いしましょう。




NO.139 本当の恋人!?


【団長との出会い】

日本からのメールでのやり取りを経て、ソウルのホテルチェックイン直後に団長に電話をしました。
正直に申し上げて、電話での団長はやや威圧的な印象でした。

しかし実際に会ってみると、仕事のできる職場の先輩といった風情。
待ち合わせのホテルから、女性と会う場所への移動中に、彼女たちの紹介をしてくれました。
信頼できるな、と感じたのは、知らない女性については「今日初めて見た娘なのでわからないところもある」と正直におっしゃってくださったところです。

また、「10の人はどんな感じなんでしょうか、2泊するつもりですが明日はOKな女性はいますかね」という調子に乗った質問にも、真摯に答えてくださいました(結局、初日に紹介してもらった7の女性が最高で連日お付き合いをお願いしましたが...)

また、私1人に対し3名の女性を紹介してくださいました。うち2名はタイプは違うものの、もろにストライクゾーン。こんな幸せな時はないと悩みまくっている私に対し、団長はせかすことはなく「十分時間をとってください」と紳士的な対応。体感時間10分後に、私は意を決し、サングラスをかけたクールな容姿の女性とともに団長と別れを告げました。

【第一日目】

団長と別れた後は、カフェに行きました。
その後の大人のお楽しみは忘れて、彼女との初めてのデートというシチュエーションに没頭しました。
もう話すことは何でもいいんです。彼女との距離が縮まれば。
こういった距離感の縮まり方を体験できるのは、この遊びならではないでしょうか。

2時間程度カフェで過ごした後、夕食にいくことになりました。
ローカルのレストランにいったので、日本語・英語は当然通じず。彼女が全て仕切ってくれます。
自分の無力感と彼女の頼もしさ、新鮮な体験です。

食事の後は、団長が懇意にしている飲み屋に行きました。
韓国ではテーブルごとにチャージがかかるので、2人で行っても4人で行っても総額はあまり変わらないようです。

ですから、2人でいくとやや割高かなと思わないこともありませんが、飲み屋のホスト達のショウは一見の価値ありです。

ホスト達は優等生ではありませんが、サービス精神は旺盛です。値段分は十分楽しんだとも感じています。

またボーナスは、ホスト達が彼女と私の仲を盛り上げてくれることです。
物理的にも彼女との距離感が縮まり(精神的には縮まっていたと思い込める状況)、私の肘が彼女の胸に。これは大きい....

夜11時過ぎに彼女と二人でホテルに戻りました。
もう、そこから先は、ユニバーサルな世界です。
彼女の全ての仕草が魅力的、本当に自分の恋人なのではないだろうか、と錯覚を起こすほどです(というか起こしてました)。
翌朝も、気づいたときには、互いの足が絡みあっている最高のスタートでした。

【第二日目】

私はソウルに2泊する予定でした。
冒頭にも触れましたが、欲張りな私は2日目に10の女性を紹介してもらおうかと思っていました。
でも、前日の体験は、そんな考えをどこかに飛ばしてしまいました。

朝彼女と別れる前に、もう1日付き合ってもらえるかと聞くと「OK」とのこと。
団長にも筋を通し、夕方彼女と再会しました。

少なからぬ方は「何言ってるんだコイツは」と思われるでしょうが、2日目は、ある意味絶頂期でもある「女性と付き合って1か月目」と同様の体験。

食事の後は、ホテルのバーで一緒にお酒を飲みました。ソファ席にならんで座っていたのですが、彼女の身の預け方が絶妙なのです。

その後ホテルの庭を散策してから部屋に戻りました。

翌朝は、私がホテルの部屋を先にでてチェックアウト。彼女はあとから、部屋をでていくことになりました。

空港までのバスを20分程度待っている間に、彼女もホテルをチェックアウトする姿が目に入りました。
出会った時とおなじ、サングラスをかけたクールな彼女です。でも彼女はこちらに気付きません。
こちらからも、あえて声はかけません。彼女はタクシーに乗っていきました。

私の夢のような2泊3日は終わりました。

本当にありがとうございました。また、団長にお会いできる日を楽しみにしています。


団長のコメント:コメントは特にいらないかな?またお会いしましょうね(笑)



NO.138 擬似恋愛


ソウルでは素晴らしいガイドさんを紹介いただきありがとうございました。

正直申しまして、このシステムは 私の経験した(数少ない)この種の経験とはまったく別物でありました。

「疑似恋愛を楽しむ」とありましたが、疑似と認識していても(人にもよると思いますが) こんなに「情」が移る
とは予想していませんでした。「歳の功」で、かろうじてコントロールしていますが、けっこうシンドイものです。
いい歳をして情けないですが、「割り切り」がうまく出来ない方々には本当に危険なシステムだと思います。 
○○さんは本当に良い方でした。しかし良ければ良いほど辛いものです。
○○さんは所詮「そういう人」と分かっていても、「情」が入り込むと厄介なものです。たぶん○○さんにとって私は
所詮「one of them 」なんだと分かっていても。
まあ 現実の世界に戻って1カ月もすれば、きっと正常な精神?になると思いますが・・・
いずれにしましても、この貴重な経験をお膳立ていただいた団長さんには(たとえビジネス?趣味?だとしても)感謝しています。
またソウルに行く事が出来たなら またお願いするのか? 

その時はまた○○さんをお願いするのか? 

いなければ別の方でもいいのか? 

○○さんがいなければ行かないのか? 

○○さんとまた会えたらどうするのか? 

そもそもこの為にまたソウルまで行っていいのか? ・・・・・・・・・・・・・・・・?
今 頭の中をグルグルまわっている事柄です。
雨の中、団長と○○さんが並んで歩いて来て、○○さんが私の方へ、団長はスッと横を通りすぎて行った光景がはっきり思い出されます。
いい歳をして本当に貴重な経験ができました。「次回」があるかわかりませんが、その時はまたよろしくお願いします。
団長さん お元気で、本業に、サイドビジネスに ご活躍されることをお祈りいたします。


団長のコメント:簡潔な体験談ですが、ご満足頂けたようですね。また韓国でお会いしましょう。



NO.137 JAZZ おやじ 



先日は ソウルで 大変お世話になり 有難うございました。今回 1泊2日という強行の旅(もちろん自分の仕事を含めての事)です。

団長ブログ体験談にもとずく私の判断では時期的なものあり、そして私の希望がジャズバーに行きたいので派手じゃなくシットリした160cmぐらいのコなどと条件を出しすぎ伝えましたので、あまり期待できないと感じておりました。
ジャズってポピュラーな曲はあまり多くない為、ジャズの嫌いでないパートナーだといいなア〜と思っていました。それと私はタバコは吸わないのでそれも伝えました。加えて夏休みと連休が重なった為帰りのチケットがとれません。 o.k が 来たのは行く10日まえです諸々の事から70%の確率で凶で失望かナ? と
何故なら、今まで海外に出る時、チケット、ホテル その他 スムーズに決まったときは、楽しく旅が出来、ギクシャクした時はトラブルが多く大変だった想いがあります。
 まぁ、それはそれでも仕方が無いと飛んだ。   

P.M. 2:00 金浦着  手荷物1つで税関の外へ。すると「社長ー」と呼ぶ声 

そして市内まで40000W でどうですか? と  

知人にtelするとバスで来るようにとの事タクシーでも30000Wはしないのでそれには乗るな と

バス乗り場に行き聞いてみると今いった所だから待てとの事。暑い暑い外で待つ事25分 ジャケットは汗で湿っぽくなりハンカチはグチャグチャ・・・あーぁッこれじゃ凶 75%か?
 
 江南のcity terminalでおり 打ち合わせ後 資料をバックに入れようとしたら、ダイヤル式の鍵が開かない ウソッ !  取引先の社員が3人集まって色々やったが結局 鍵を壊してもらいました。78% か ?
P.M.4:50 タクシーにのり明洞のホテルへ団長さんに連絡して待ち合わせ場所に移動。合流。

待望のチョイスか? と思っていると団長さんから「イャー今日、とても忙しくて、チョイス人数 集められず 条件に合いそうなコ 1人来てもらっています。」 
内心(エッ ?!)と いう感じ。次の言葉が 「そのコ今日はじめてです、連休開けにデヒューさせようと取って置いたコなんです。」 私はどう判断していいか理解に苦しみました。でも、団長さんを信じて此処まで辿りついたのだからと思っていると、また一言 「日本語は あまり話せません、でもいいでしょう Body Langage で何とかなると思いますョ、やることは一緒だから・・・・・・・・」と

今日はじめて・・・・・、日本語 ダメ みたい・・・・・ウゥ〜〜〜ッ83%?  
 
 そして対面 ハイッ わかりました。それじゃお願いします。
Cofee shopを出て 例の豚肉のお店に連れって下さい、と団長さんに言い歩き始めると パートナーが腕を絡ませ組んでくる(なんかスムーズじゃないギコチナイ。まぁ 仕方ないか さっき会っただけだし、長〜い夜になるのかな〜85%)
道すがら壊したダイヤル式の鍵のことを話すと直ぐ団長さんが手配してくれました(本当に感謝です、オッいい感じーー85%が上向きになるかな〜 )
食事中メガネの事を話すと、それもいいメガネ屋さんを紹介していただきました。またメガネ屋さんの後カラオケで楽しみませんか?と誘っていただきました。何故ならそこは日本語がO.K.ですが、ジャズ バー は日本語はNO !との事 (この時の好意を受けれなく申し訳ありませんでした )
私にとってトラブル(自分勝手に思った想定外)は心身共に疲れさせます。ホテルへ戻ったのが P.M.9:40 頃 明日8:40発の飛行機だし疲れたしジャズバーは止めてもう 寝ようと思ってハーブTea を二人で飲みながら5分ほど休んでいると彼女も緊張がとれてきたのかとても輝いてきました  エ〜ッ  こんなに可愛かったの〜と思い彼女だけでなく私も緊張していたんだと自覚。
こんな可愛い子とデートしない手はないよなと考えもう少しガンバルことに
ブルームーン(韓国の恋愛ドラマで撮影された少しオシャレなバー)でワイン飲もう?と誘うと 「ネ !」との返事。彼女は白のジーンズに黒のタンクトップ。私は白のジーンズだったので上を黒のTシャツに替えコロンを耳元につけていると彼女が「私も!」と言って香水をつかっていた、またシグサが可愛い!
 彼女に Once in a Blue Moon  に電話してもらいタクシーで。
生演奏のバーは 20年ぶり位で ワインもよし  音楽もよし まして彼女もバーの雰囲気にマッチしており とても素敵でした そして彼女が分けてくれたチーズも最高でした  ワインが美味しい 音楽が素晴らしいと彼女に喜んでもらえたのが 私にとっては嬉しく まるで以前から付き合っているカップルの様なひと時を 楽しく過ごしました。

(団長さんには 感謝、感謝です。この時、会話は英語とハングルと翻訳機。私の頭の中から 凶 という文字は消えていました。たった1時間半でこんなにも変わるものなんですね )
              
                 (省略)
  
翌朝、荷物を整理していると私の持って行ったバラのハーブTEA欲しいと言うので差し上げました。  ハーブTEAの効果で 妖精のように輝いたのでしょうか ?
日本を出てから帰るまで23時間という短さ。時間の長さでわありませんネ 120%
満足しました。有難うございました 団長さん!   次もこのコがいいですネ


団長のコメント:いや〜当日は当方も10数年やってますが、あれほど利用者が多くアガシがいない日は初めての経験でした。でも当方が「取っておいた娘」だけあって、良かったでしょう?ま、結果オーライって事で(笑)



NO.136 感謝しきりの韓国ソウル一人旅



日本を出発し仁川に着いたのは午後6時でした。一時も早くソウルに 団長に アガシに合流したく出発前に情報収集し 空港鉄道A’REXというソウル市内まで1時間かからない手段を選びおおよそ予定通り ホテルにチェックインできました。


まず、空港から団長に一報を入れたのですが、応答なし。??ホテル前にもう一度一報を入れると今まで何度もホームページに掲載されていたように 「率直にいい人や」とわかるような人柄の団長の声でした。もうこの時点でも不安は全くなく 団長の指示に従いました。


ここで、団長より「仕事の都合で今日は同席できない」と聞かされ少し不安を除かせましたが最初にも言ったように不思議と迷いはなかったです。チェックインもサッサと済まし団長の指示通りタクシーに乗って運転手と団長の電話のやりとりで待ち合わせ場所へ。



再度рキるとお迎えがきて 既にスタンバイしていたアガシの待つ場所へ。ホント不安でなくワクワク感で・・・


焦る自分を抑えつつ 店のマスターが団長に代わり親切にそしてリラックスさせようとする配慮タップリのトークでアガシのプロフィールを説明していただきました。


実は 渡航前に 私は団長に寝言を言ったのです。その節は団長ほんと厚かましくごめんなさい。寝言は敢えて伏せます。団長に迷惑かかるといけないから。でもやっぱり一つだけ「ソウルアガシに期待していた点は2日間ずっといたくなる愛らしさ」でした。


もちろんアガシだけでなく自分もアガシを大切にエスコートすることが必要だと!見事に団長はクリアしていただきました。ほんとに感謝です。

マスターに別室につれていかれた所に話は戻り・・・HP上通り 本当に(笑)アガシが2人座って待っていました。みなさん、今回一人だったのでアガシが2人でしたが 諸先輩方の人数×2人だと確実に自分の好みのアガシに当たるというコメントに納得です。しかし同時に迷って大変だという気もしました。


私の場合、事前に寝言を言っていたので 想像ですが 団長は2人合わせて私の寝言に見事応えてくれてたのでしょう。(笑)


私から見て右のアガシは、カジュアルな美人。左のアガシは、清楚な美人。正直迷いなく左の清楚系美人をパートナーに選びました。ただ、右のアガシに対し酷な結果をどう伝えればよいかは考えましたよ。みなさんもアガシに配慮してあげてくださいね。


さてここからアガシを彼女という言い方に。


彼女にエスコートしてもらうことに決定し、今更ですがやや初デートのような妙な緊張を持ちつつ、またそれを楽しみつつ店のマスターに食事を指南を受け、親切にもお店まで送ってもらい 二人でマスターのお勧めの地元の雰囲気タップリの中々観光では味わえない店で プデチゲ鍋をいただきました。これまた ちゃんと彼女が取り分けてくれると言った鍋は旨辛かったでずか甘い時間となりました。


食事も終わり、彼女がこれからの事をなんでもリクエストしてと ほんとに気遣いがうれしいです。正直 頭の中は早くホテルに戻り二人きりになりたい・早くナイスバディを抱きしめたいという気持ちで溢れ返ってましたが、先ほど送っていただいたお礼も兼ねて、また団長のお知り合いの店だと思ったので二人で、もう一度店にもどり楽しむ事にしました。



ここでも、すごく楽しい時間を過ごし、たっぷりと飲み食いし ホームページ通りリーズナブルにしていただきました。


スタッフのみなさんの芸も含め 本当に楽しめ 彼女との緊張感も和らげてくれる配慮もしていただいたように思います。またお店にも行きたいなぁ。2日目いけなくてごめんなさい。ホントは団長もご一緒に明日もと考えていたんですけど。


時間もほどよく過ぎていき、、、内心そろそろと狼に変身する時間ではないかと下心一杯で彼女に「そろそろホテルに」と。お店の方に 感謝しつつお店を後にし コンビニに寄って 必要(!!)を調達し タクシーへと乗りいざホテルへ。


彼女とホテルのドア開け中に入るやいなや フレンチキス ハグと・・・下半身はズボンのチャックを壊そうかという勢いです。


「軽く早くシャワーを浴びよっ」と 。ほんとにヤバッ これから始まる事を想像させる彼女の声、目つき、からだのライン、これがフェロモンなんでしょうね


久しく感じてていなかった感覚に酔いしれながらシャワーを先に浴びにいきました。途中 背中を流してもらったりも。やはり聞いていたように一緒には入れなかった。でもそれがまたピュアな感じでよかったかも。


擬似恋愛だとわかっていてもヤバッと みなさんの気持ちがわかってしまいました。アガシ恐るべし。


そして、いよいよベッドイン。フレンチキス ディープキスを織り交ぜながら 次第に2人の呼吸が乱れた時そっと彼女が私の怒張した(少々見栄はってますが)息子に やさしく丁寧にフェラをタップリとしてくれました。


そのフェラのホントに駆け引き無しに 私への奉仕が感じられる愛情あるフェラです。上手な女子はたくさんいますが中々愛情あるフェラは少ないと思います。


今度はお返しに私もタップリ愛情ある前戯をすると、じっとりと受け入れ準備万端な状態になると彼女が上になり、そっと右手が自然と伸びてガンガンとなった愚息を彼女のホットゾーンに充て手を離し、彼女のくびれたウエストが艶かしく動き ゆっくり挿入されました。


キュッと締りの良いアソコはホント具合が良かったです。



こうして思い出しながらレポートしているとたまらない鮮明な記憶として戻ってきます。団長 助けて〜(笑)


そして、最高潮に達してファイアーしたのですが・・・ここから彼女の腰は止まる事無くぐいぐい締め付けるんです。


恐るべし。


さらに二人で後戯に入り 濃密な時間を引きづりつつ心地よい眠りにつきました。



2日目 彼女は仕事があるとの事で ホテルのレストランで朝食をふたりでとり 再度3時に待ち合わせし別れました。


半日のガイドしてもらえないのは残念でしたが、それ以上に会える喜びが勝っていましたので、ここでも迷い無くお願いしました。


ここでちょっと 実は彼女は団長が隠し玉的なキャスティングで 団長のご好意で無理行ってスケジュールを作ってくれたアガシだったのです。団長 すばらしかったです。


レポートに戻ります。3時に再度ホテルで待ち合わせしたのですが、周囲のデモで到着が10分遅れて合流。


当たり前とは言うものの、素晴らしいことに少々遅れる事をちゃんと彼女は連絡してきました。ママさんの教育か彼女のマナーが素晴らしいかはわかりませんが・・・


彼女無事再会して デートへ出かけました。実は、朝彼女と別れてから 朝9時から銀行へ両替しに行くことをスタートに自分の足で 観光とショッピングに出かけて3時にホテルに帰ったばかりだったので 再会したら昼間だけど 2ラウンド目に持ち込もうかとも考えていたんですが・・・(恥)でも彼女は自分のクルマで駆けつけてくれて 私を連れて行きたい場所があるという事で 彼女の助手席に乗せてもらい目的地へ向いました。市内の渋滞と歩き疲れたのと昨夜の励みでウトウトしそうになると 彼女は自然と私の手を握り擦ってくれ 少し着くまで寝ててくださいと言ってくれました。


ホントなら貴重な時間だったんでと思いましたが 彼女の手と後の事を考えて少し心地よく眠ることにしました。


40分ほどすると 目的地に着きクルマから降りると そこはソウルの都心とは違った 自然タップリの凄く空気の美味しい場所でした。二人でゆったりした時間をすごしました。ほんと充実した時間をありがとう。


すこしタイムワープして夜 団長と食事する約束をして 多忙中団長と合流。声の主は、みなさんそうだったようにイメージとギャップが・・・もちろん予想を覆す わたしには爽やかな団長というフレーズが。みなさん団長は見た目も安心感たっぷりですよ。焼肉店では、通りすがり人や店のお客さんなど 団長の顔の広さにびっくりしました。


ここで、団長には十分なおもてなしや気遣いできずすみませんでした。この後 彼女とリンパドレナージュにいく予定だったので 一緒にカラオケに行けなかったのが粗相だったと。ごめんなさい。


食事のあと二人でリンパマッサージに行き そして2日目の夜に突入。今までもあったように2日目のアガシは1日目より積極的とありましたが、私の場合は まったりが濃密にからだの中が感じ ほんとに陶酔する一夜でした。


できるなら時間がこのまま止まって欲しいです。この後の濃密な時間 行為はみなさん想像してください。きっとあなたの陶酔できる時間になると思いますよ。



翌朝の別れはホントに辛いですね。ここは辛いというのが、満足の証だと思います。でも辛かったです。


別れのあと、明洞と南大門に向いお土産をサッと買い、ソウル駅から仁川空港直通の空港鉄道に乗り、最後に彼女に教えてもらったメアドへお礼と別れの挨拶メールを旅のピリオドとしました。


こうして2泊3日の一人旅は大成功に終りました。


これもホントに団長と彼女のおかげです。そしてカラオケ店のみなさんやママさんも。カムサハムニダまたまたソウルが大好きになりました。 次回9月か10月に計画したいと思います。アガシに感染したかも(笑)


ここまで読んでいただきありがとうごさいました。


ホント文章力ないレポートで申し訳ないです。みなさんもアガシとの幸せな時間をぜひ体験してください。


以上


団長のコメント:うまくハマッたようですね。もしかしたら当方と好みが似てるのかも!?またお会いしましょう。



NO.135 初のアガシウィルス感染


仕事の関係で釜山へは何度か行っているのですが、今回の日程中でJYJのコンサートが釜山であり、日本のオモニに飛行機をすべて押さえられました(泣)。

結局プサン直行便が取れずソウル経由での行程になりました。



しかし、・・・・それが今回のようなことになるとは思いもよりませんでした。



同行者I氏も釜山へは何度か行っており当然、夜の方も経験済み(笑)。


そこで今回はソウルでも一泊してソウルの夜も堪能しようということになり、前から興味を持っていた団長さんのHPのことを伝えると、即答でお願いすることに決定。


団長とメールでやり取りし、(無茶な依頼すみませんでした。)期待に股間を膨らませ訪韓。


釜山で2泊の仕事を終え、ソウルに向けKTXで出発。


ホテルにチェックインし団長に連絡。あとはほかの方と同じ行程で団長とご対面。


お待ちかねのドラフト会議の時間です。


団長から「今回はワンランク上の子も混ざってます。」といわれ緊張が最高潮。


その中で遅れて2人来るとのことなので団長としばらく談笑。韓国の情勢などを聞きいろいろ勉強させていただきました。


その後遅れてきた子が到着。綺麗な子でびっくりしましたが私の中では既に決まっていたので興味なし。


I氏の方が年長なので第1指名権を譲渡。かぶったらどうしようと思いましたが、無事、別指名でほっと一息。


私の指名したAさんは本人は否定しますがK○R○のジ○ンに似てました。無茶な依頼通していただきありがとうございました。


当方とI氏、今回のような遊びは初めてなので対面時も緊張しまくり。とりあえずあいさつを済ませI氏の選んだアガシの車でドライブとなりました。


私とAさんが後席に乗り、出発。腕を組むでもなく手を握るでもなく、普通に座ってるので私の中で「はずれ??????」が頭をよぎりましたがこの時、はっ!!と気づきました。


なんと名前を聞いてなかったんです。あわてて「ごめんなさい緊張しすぎて名前聞くの忘れました。」と素直に謝罪。すると車内で爆笑が起こり、顔が一気にほころびました。そのあとの車内は腕を組んだり、手を握ったり幸せなひと時を過ごしました。


夕食は地元の人しか行かないようなデジカルビとサムギョプサルの店に行きおなかいっぱい食べました。


その後、体験談に出てくるカラオケ屋に行きどんちゃん騒ぎ。団長も合流し、ここでも韓国情勢などを聞き、仕事モードも忘れず、レポートの参考にさせていただきました。


時間も12時を過ぎいよいよホテルへ・・・・


ホテル前のコンビニで飲み物を買い部屋で少し談笑。その後交替でシャワーに入りいよいよこの時がやってまいりました。


正直お酒の飲みすぎで愚息が役に立つか心配でしたが、Aさんの裸を見て直立不動、そんな心配も必要なしでした。


ベットの中ではツンデレ炸裂、キスはなし、胸タッチもお預け、頭の中またもや?????。


しかしそこは昼間経験済み、少しお姫様の下僕になってみました。いわゆるイメージ
プレイですね(笑)


まあ、これが自分の中で大当たり、AさんもはまったのかDKはなしですが軽いキスから胸へ・・・・・

いやあ、モデル体型よりもあのいやらしい体型がたまりません。今でも思い出すだけで愚息が暴れだしそうです。


そんなこんなで騎乗位で合体。下からあの肢体を眺めつつIカップの巨乳をわしづかみ、たまりませんよ。


ここでも幸運が働きカラオケで飲みすぎたせいか、いつもなら三こすり半の私が10分以上も堪能。


最後は目を見つめながらフィニッシュ。この時のAさんの目がまたよかったです。


そんなこんなで翌日の朝も期待しつつ就寝zzzzz


翌朝いつもの癖で6時には起床しますがAさんは声をかけても起きません。8時頃再度起こすと起きました。


が・・・・


またもや??????な事件が・・


「仕事があるから帰ります」


ええええええぇぇ・・・・となりましたが仕方がありません。料金を精算し、支度中いろいろ話をしてそろそろお別れかな?と思いましたがなかなか帰ろうとしません。


来ましたよ、衝撃のラストが・・・・・・・


合体はなかったですがそれ以上の衝撃と快楽で完全ノックダウンです。


内容はお話しません。私だけの思い出です。


そのあと連絡先を交換しましたがあまりの快楽で手足が震えて字が書けなかったぐらいです。



衝撃のラストがなかったら単なる楽しいアガシとの思い出で終わったのですが、最後のあれはいけませんな、アガシウイルス注入されました。


I氏とも今度は仕事抜きで2泊しようと言い訳を考え中です。


団長様 良い言い分けないですかね?



今回はありがとうございました。


団長のコメント:相手に合わせながら良いパターンに持ち込めましたね。衝撃のラスト・・・気になります(笑)一番の言い訳は「韓国進出の為の市場調査」ってのが良いのでは?



NO.134 アガシ初体験

 初めて、訪韓したのが今年冬、仲間3人と観光しました。タクシーの運ちゃんの紹介で按摩へいきました。内容はとても淡白なもの(今考えるとボッタクリ等に会わなくて良かったと思います。)

それでも初海外、初韓国だったのでとても楽しかったです。二回目も同じメンバーで約束をしました。
その年6月に、再度訪韓を予定し、エスコートアガシの情報も調べました。ネットサーフィンをしている内、団長のHPまで辿りつきました。

他のサイトもあったのですが、決定打は体験談の内容と即座に対応してくれる(24間以内)メール等です。

さて旅行の話に戻ります。先にメールで不安な要素を、すべて回答してもらったのにもかかわらず、3人とも初エスコートアガシかなり緊張して訪韓しました。

当日、空港に着きタクシーでホテルまで移動中に団長に電話をいれて、翌日3時に待ち合わせをし、その日はカジノを楽しみました。

翌日2:30時までお土産を買い、さぁいよいよ待ち合わせです。待ち合わせ場所に三人でタバコを吸っていたところ、団長の登場です。

初印象は、話上手な人,手際の良い人です。場所を移動し、とあるカフェへすでに二人ほど、この子達かな?と思う子がいました。どちらも普通の店にいたら、二三度は見るような子達です。

テーブルに団長と3人で注意事項等説明をきいている間に、後ろのテーブルに8人の子が揃いました、距離も短め、自分から団長越しにみて8人です。綺麗な子達が8人です。

他の体験談にありましたが、うつむいている子がほとんど、とありましたが今回は普通に会話をしていましたね。何度が目の合う子(自分はセンターに座っていた為)もいました。

実は、メールで好みのタイプを指定したのですが、8人中、6人が守備範囲でしかも綺麗ときています。後から考えてみると、自分の要望と違う子にもかかわらず、チョイスしていました。それだけ、外見が当たりでした。

三人とも被らず選んだ後、夕食の待合だけ、約束をし二人で行動しました。自分の選んだ子は容姿はもちろん性格も良かったです。

行く先々、ガイドをしてもらい、ソウルタワーにもいきました。後で分かったんですが、彼女高い所が苦手だったとの事、いやな顔一つせず尽くしてくれました。

夜になり待合せ場所(団長の紹介のお店)で、6人楽しく過ごせました、サムギョプサルやマッコリを頂きました。料金や量、味も申し分なかったです。

その後、団長の紹介でカラオケに行き、盛り上げてくれる店員さんや団長と終始楽しみました。

ホテルに戻った後、一室で皆と談笑した後、自分の部屋に・・・夜の事は他の体験談と同じです。日本とは違い濃厚とは言えません。

ただ、一日を通して楽しんだり、浅い眠りだった自分を終始気遣ったりしてくれました。夜をメインで行くのなら、満足はいかないかもしれません。

自分は海外初心者、周りの言葉はもちろん通じず、海外を楽しむ中での不安のポケットを埋めてくれた事は間違いありません。

日本に戻ったあとは、満足感でいっぱいでした。他の二人も同様です、無理やり作った休日、2泊3日の短い間、翌日仕事でしたが、かなりリフレッシュしていた事に気づかされました。

団長、付いてくれた子、ありがとうございました。 


団長のコメント:そうですね。夜の方はアガシ個々人により差がありますので、夜メインで考えていると満足出来ない方もいるかも知れませんね。按摩や置屋が「行為の快楽」とすれば、こちらは「命の洗濯」ですからね。それぞれ良し悪しがあります。



NO.133韓国ってイイね♪アガシってイイね♪


最初友人と日本での女遊びも飽きてきたって話をしていた所どこからか友人がアガシの話を聞いて来て今日本でも韓国の少女時代 KARAなど美人な人が多いと話題になっているのでパソコンでアガシサイトを探してるといくつかHPがありその中でも信用できそうなHPを探してると団長のサイトを発見 


HPには体験談が記載されていて 満足されてる方が多かったので友人と相談し 3人で韓国旅行を決め 団長にいくつか質問メールをして返信を待ってました


翌日返信があり、丁寧に質問に対して答えてあり多分ちゃんとした人だなと思い団長に即予約


そして当日空港に到着後即TEL とりあえずホテルに着いて出掛ける準備が出来たらまた電話下さいと指示があったので出る準備をしてTELするとタクシーの運転手に代わって行き先を言ってもらいました 


指定の場所で到着後団長と会い、とても気さくな方で今まで友人3人緊張で無口だったのが解けました


それから団長から説明を受けいざ女の子選び 友人Yは○コース私とMは○コース

最初は○コースの友人が選び次はMそして私の番 初めての経験だったのでドキドキ イイ子が居ますようにと願いながら女の娘と対面 


私も緊張してたのですが失敗したくないので落ち着いて女の子を見ていたら小柄で可愛い子発見? オオ〜可愛い〜 即その子に決定して 団長にお礼を言い店を出ました


まだご飯食べるのには早かったので自己紹介がてら6人で喫茶店に行きました


女の子達もみんな明るく気さくな子だったのですぐ仲良く喋り 少しお腹が空いてきたので食事に行く事にしました 喫茶店のすぐ近くに女の子が美味しい店があると聞きそこに決定(本当は団長に美味しい違う店紹介されてたのですが。団長ごめんね)


そこでも6人一緒に食事し 焼肉 鍋 蟹 すべて凄く美味しく 楽しく食事もでき次はカラオケそこもボーイさん達が楽しい人ばかりで楽しく酒を飲めました。


カラオケを出てYは疲れたのでもうホテルに帰ると行って女の子と帰って行き(多分Yは早くホテルでエッチしたいだけだったと思うけど)私とMは女の子とバーに行き軽くワインボトルを1本飲み干しホテルに戻りました


戻る途中コンビニで酒を買い またホテルで宴会4人 凄く話が楽しく盛り上がったので3時まで宴会し部屋に戻りました 


やっと2人になり1時間位いろんな話をしてシャワーを浴びベットイン


待ちに待ったメインの時がきました女の子が恥ずかしいから電気消してと言われたので消し入口の電気の薄い光だけ付けて スタート? 薄い光から女の子の体が見えビックリ 凄くナイスバディ


顔も可愛いのに体も最高テンションあがりまくりいろんな体位で女の子の感度も良かったので満足出来るエッチでした


(韓国女性最高?)


次の日ももちろん彼女にお願いし観光に連れて行ってもらう事に決め友人Mの女の子が昼間仕事があるので夕方から合流すると言ってたので 私と女の子とMと3人で観光いろんな所を連れて行ってもらい楽しい時間を過ごせました。


夕方別行動だったYと合流し6人一緒に食事蟹の美味しい店に連れて行ってもらい楽しく美味しい食事とお酒で盛り上がりました


昨日呑過ぎたので今日はもうホテルに戻ろうと言い とりあえず1部屋に集まり話をしてたら やっぱり今日も酒盛しようとなりまた宴会 懲りもせずまた3時まで 部屋に戻り昨日の疲れも残ってるせいか息子が元気がなかったので朝合体しホテルを出ました


まだお土産を買ってなかったので彼女に場所だけ教えてもらって別れようと思って彼女に言ったら私が連れて行ってあげるよ。韓国なれてないから不安でしょ 貴方に場所だけ教えて私帰ったら私も心配になるからと言って連れて行ってくれお土産選びまで付き合ってくれました。そして空港までのバスに乗るまで一緒にいてくれました。


彼女と別れてバスと飛行機の中では ずっと彼女の事を思いながら日本に戻りました


○コースとは今でも信じられない可愛いて優しい女性でした 友人2人の女性も凄く良かったらしく超満足の旅行になりました


団長 こんないい女性を紹介してもらい本当に本当に有難う御座いました。3人でまた近いうちに行こうと思いますその時も宜しくお願いします。


団長のコメント:全員ご満足って事で良かったですね〜。また訪韓の機会がありましたらご連絡下さい。



NO.132 カジノよりもアガシ


団長!その節はたいへんお世話になりました。ずっと見続けてきた満足体験談に自分が投
稿出来る喜びをかみ締めながら、今事務所でPCをパチパチやっているとこです。

以下体験談になりますのでご査収の程宜しくお願いします。

まずこれを読まれる方々に始めにお伝えしたいことがこの体験談を書いているのは紛れも
無く体験した本人であり自ら進んで投稿したいとの旨を団長に伝えたことから始まってい
るということです。(私は初めあまりにも皆さんの体験談がそそりすぎるため逆に団長の
自作自演じゃないかという疑いすらもっていました。)


3泊4日で悪友2人と韓国へ行ってきました。韓国へは今年の正月に初めて行って以来今回で3回目の訪韓です。その全ての目的がカジノでした。女遊びは前回、江南の按摩であろう場所へ胡散臭い韓国人のコーディネーターに連れられて3Pを経験したぐらいでした。その時の教訓から女遊びもある程度下調べが必要だと感じ、日夜仕事の合間を見つけてはネットサーフィンを繰り返していました。そんなある日1つ目の運命の出会いに遭遇しました。そうです、団長との出会いです。


まあとにかく体験談がそそりますね。満足体験を読みながら股間をアツくしてその日を待ちました。

団長との事前のメールのやりとりをさせてもらい我々3人ともランク7で勝負することにしました。

そして当日約束の場所で初めて団長と会いました。「まったくイメージと違うやん!」これが団長のファーストインプレッションでした。


できるビジネスマンという風貌がより一層期待感を膨らませます。


10分ほど団長と一緒に歩きアガシの待つ○○へ向いました。その途中に注意事項など伺いながら突然、団長が鋭い眼光で連れの一人に言いました「まさかおもちゃを持ってきてないでしょうね?アガシはおもちゃはたぶん
無理ですよ。指入れも嫌がる子が多いです。」


団長、さすがです。その連れは「ポケットデンマ」と呼ばれる高性能デンマを持ってました。・・・実は私もです・・・


訪韓の前日ふたりで股間をアツくしながら大人ショップへ買いに行きました。

団長が連れに迫った時は内心「ビクッ」としてましたよ。がはははは

そんなこんなでいざアガシとのご対面です。過去の体験談にあったように個室に計8人?のアガシが集まっていました。

段取りを予習していた我々は予めジャンケンをして順番をきめていました。今回幹事の私は3番目です。トホホ(悲)

 役得もなにもねーじゃねーか!この非情な悪友めっ!とがっくりしていたところ事件が起きました。アガシの一人が急遽私用で帰らなくてはいけなくなったとのことです。


おいおい頼みますよーといいかけたところ、さすが団長です。すでに補充のアガシを呼んであるとのこと。しばしそのこが来て人数揃うまでコーヒー飲んで歓談しながら待ちました。数分後そのアガシがやってきました。


私は隙間から見えるその子の容姿をチラミしてやりましたよ。


ジャストミート!!!!!!!!(福沢風)なんじゃあれは!完全にお天気お姉さんのノリやんけ!俺の順番まで頼む!残っていてくれっ!


一人目の連れはセーフ。いやー好みが違ってよかったよかった。


二人目の連れは・・・


おまえマジかっ!完全にかぶっとるやんけ!


そこで気をきかした団長から一言。「幹事さんと完全にかぶってますが大丈夫ですか?」


その連れは私の後輩。まさか先輩を出し抜いたりはしないだろう。なあIよ!。


「僕はこれでいきます。」私の目を一切見ずこういいやがりました・


KOROSUZO


心の中で叫ぶも、どーにもなりません。勝負の世界は非情ですな。


はー


私の番ですが本命はとられています。まだいい子いるかな?いざご対面です。


うおおおおおおー レベルたけーーーーー ハンパねーーーーーー 


心の中で絶叫しながらも平静を装い外に出ました。


こまった時は団長頼みです。「一番右と右から3番目がいいですがどちらがお薦めですか?」


団長からの返答はこうでした。


「右から3番目の子の情報は持ってないんですよ。今日が初めての子なんですよね。けど一番右の子はおすすめですよ。きっと満足していただけます。」


団長、あなたに賭けました。(これが後ほど功を奏しました。団長!本当にアリガトウございます!)


3人とも目当てのアガシを決めたところで一旦我々はカジノに戻りそれから合流して晩飯に行く約束にしました(初心者ゆえの愚行でした。今ならそのままアガシと遊び続けますわ)


晩飯はこちらのリクエストのケジャンを食しその後体験談にも頻繁に出てくるカラオケ店でみんなで楽しく飲み明かしました。店員さんたちのプロ意識を感じましたね。


すばらしい営業努力でした!次も絶対に行きます!!!


カラオケ店での楽しい時間のあと、いざ!メインディッシュの時間でございます。


一緒にホテルまで行きました。いいもんですねー、すげープライベート感満載でこのあたりからアガシウイルスに侵され始めている自分を感じていました。


たのしーなー、またあの時間に戻りたいナー


ホテルへついてからコンビニへ歯ブラシやドリンクを買いに行きました。その際も手をつないだり、腰に手を回したり本当のカップルのように過ごしている時間がとても気持ちよかったです。


はー 今思い出すとせつないなー


ホテルへ帰り軽く飲み直した後前日からのカジノの疲れと酒の入り具合から我が分身に一抹の不安を感じシ○○スを半錠のみ準備万端です。


アガシが先にシャワーを浴びることになりました。私はどうしても明るい状態でアガシの裸を拝見したく一緒に入ろうとあの手この手でアプローチしてみましたが恥ずかしいの一点張り。くー 次回は攻め方かえなくちゃね!?


そしていざベッドイーン。ほんのりアガシの顔や体が見れるくらいの薄明かりの中スタートです。まずは軽めのK、そしてDK。よく体験談にDKは無理な子が登場しますが私のアガシは自ら積極的にDKを望んできます。


あーいいにおいがするー


K、DKときてバスローブを取り胸を露にするとアガシの顔がさらに赤らんだようでした。


そんな恥じらいの顔を上目で見つつ胸を手のひら、指先、口で愛撫します。


アガシの体がビクビクと反応し始め軽くあえぎ声が出始めました。そのままの流れで腹部から下半身への愛撫へ移動です。そこで大きな難問が。


アソコを見られるのが極度にいやらしく貝のように固く両足を閉ざしています。そんな強固な姿勢をみるとさらに燃えて来るのが日本男児というものです。おれのウタマロ魂をみせてやる!


うーむ。この貝はなかなか開きやがりません。


開かない貝に悪戦苦闘しているとアガシがスルッと体位を入れ替えて私の分身に手を伸ばしそのままFに移行です。


日本で数々の風俗をこなしてきた私にはそこまでうまくは感じられませんでしたが、なんというか
ものすごく愛情を感じるFでした。本当に気持ちよいFというのはテクニックではなく気持ち、なんとかパートナーを満足させようとする思いやりなんだと改めて感じました。


あーたまんねー はやくまた彼女のFをまた味わいてーよー 


上目使いでこちらを見させたままのFで興奮しているとアガシからもう入れたいの声が。


お父さん、お母さん、今私はアガシという大海原に出発します!!!!!


はーーー きもちー あったけー 


ゴムをはめていてもアガシの優しさがいっぱい詰まった体温を感じました。アガシの恥じらいの顔をみながら正常位、測位、バック、背面座位、女性上位と今まで培った我が経験のすべてをぶつけました。


一突きするたびにアガシから色っぽいあえぎ声が漏れます。その声に反応し私も激しく突き返します。


私の満足度を我が息子も汲み取ったのか、はたまたアガシとの相性が良いのか学生の時以来です。


1時間以上も愛し合いました。その時間はまちがいなく死ぬまで刻み込まれる最高の時間となりました。


そのまま二人とも遅い眠りにつきました。ただ私は前日からまったく寝ていない状況にもかかわらずあまりの気持ちよさとこれで終りかという喪失感からまったく眠れませんでした。静かな寝息を続けるアガシの顔を見ながら朝を迎えました。


すごく暖かい気持ちでした。アリガトウ


本来であればもう一日お願いするところですが自分がアガシに深く魅了されているのに気づいていました。仕事柄、お客との駆け引きを長年し続けてきた自分はこんなピュアな気持ちを二度と持てないと思っていました。二度と恋などしないと思っていました。


アガシは私の上を行きました。朝には完全に気持ちを持っていかれてました。もう一日お願いしたら二度と元の生活に戻れなくなるんじゃないかという思いに駆られました。


私は既婚者です。小さい子供もいます。ぎりぎりの防波堤が作用しました。


アガシは仕事があるため朝早い別れとなりました。お別れの際アガシからも「私にとっても良い思い出になりました。」という流暢な日本語を聞いて涙がこぼれそうでした。


団長!この遊びは男にとって毒です。と同時に最高の遊びです。遊びを遊びで抑えられる器量が試される最高の遊びなんですね。私にその器量があるかどうかは分かりませんが確実にいえることはまた近いうち訪韓します。


そして今回の彼女を間違いなく指名します。


そして今回自ら一歩引いてしまいましたが次は2日目もお願いしようと思っています。


二泊三日でいったらずっと彼女と一緒にいようと思います。あれだけ好きだったカジノは二の次です。


最後に団長には本当にお世話になりました。必ず近いうち行きますのでその時は一緒に飲み明かしましょう!!!



団長のコメント:またウィルス感染者が一人増えちゃいましたね(笑)ハマらず適度に節度を持って遊びましょうね。家庭は壊しちゃダメですよ。私みたいになっちゃうと手遅れですから(苦笑)


※皆さん(特に初心者の方は多いのですが)そうなのですが、訪韓初日からカジノで燃えられる方を多数お見受けします。カジノメインで来られてる方は良いのですが、「とりあえずカジノもやっておきたい」程度なのであれば、まずは自分がやりたい事をやって、残ったお金で最終日に勝負した方が良いですよ。ご存知の通り、ギャンブルは親が勝つ仕組みになってますから・・・運良く勝てれば良いですが、初日から行って大敗してやりたい事が出来なくなるより、最終日に勝って「旅行代がタダになっちゃった〜」って感じの方がよくないですか?それに初日に勝った勝金は、ほぼ100%旅行中に大盤振る舞いして使い切るパターンが多いですからね。




NO.131  スケベおやじ2人で初訪韓



仕事仲間と初の韓国へ・・・計画は半年前 お互いの仕事の都合もありやっとの事で4月10日より2泊3日で韓国に行くことが決まり旅行社の段取りは友達が担当 私はアガシ担当実はアガシしと言う言葉さえ知りませんでした。


2人とも50代後半の年齢ですが◯遊びが目的ですので早速ネットで検索しました、目に飛び込んできたのは何やら怪しい団長のサイトでしたが体験談を拾い読みするうちに探していた遊びはここだと思い決定 早速団長にメールで連絡を取り何度かのメールのやり取りをし確信し無事に訪韓


空港に着くとまずは現地のツアーガイドさんと対面しましたが、なんとツアーガイドさんを見てびっくりスタイル良し顔良し対応良し肌もキレイで最高 この子でいいやん、おやじのスケベ心が韓国の女性はとにかく肌がすべすべでキレイな子が多いと言いますが納得です。


そんな事を胸に秘め空港に着くと団長に連絡を取りまずは宿泊先のホテルへ空港から約1時間
の移動ホテルに着いて再度団長にTELし待ち合わせ場所にGO


そこで初めて団長と対面 思っていたより「親切な良い男」で安心しました。

案内されたのは日本でもよくある喫茶店みたいな所で若くてキレイな女性がなんとおやじ2人に対して6人のアガシさん この6人の中から決めて下さいと言われましたが・・・

少し遠目でしたがどの子を見ても若くて綺麗でスタイルのいい子 しばし試案し決めかねましたが第一印象が大事だと思い窓際の1人に絞り決定


私が選んだアガシさんは大正解この時点では友達も正解でしたが・・・


団長さんに案内されまずは土産店へ取り合えず韓国海苔とキムチを試食しこれに決定。荷物になるので送ってもらうことにし団長とはここでお別れしお店を出ました、お店を出ると同時に私が決めたアガシさんがいきなり手を握ってきました・・・私は50代後半のおやじです、いきなり手を握られてうれしいやら恥ずかしいやら、いや嬉しくて・・・ここから別世界の始まりです。


時間的にお腹もすいていましたのでアガシさんの案内で軽く食事を済ませ1日目は友達と行動を共にしょうと、何処に行こうか。。。?


4人一致でカラオケ店へ実は私はお酒がダメですが、その場の雰囲気で共に行動カラオケに行くタクシーの中でも私のアガシさんは終始手を握っていました、でもその行動に不自然さはなくごく自然に。


変な言い方ですが幼い子供がお兄ちゃんに甘えてなついてくるようなそんな感覚です。お店の中でも常に手を・・・私はお酒が飲めませんのでウーロン茶を彼女はそこそこ強いらしく結構飲んでいました、友達のアガシさんはもっと強いみたいで乱れる事もなく楽しい時間を過ごしました、私の友達はお酒に強いのですが、飲み過ぎると後の楽しみが・・・かなり控え目にしていました。


この時すでに時間は夜11時を過ぎていましたが、気分がいいのでもう一軒目のカラオケ店に行くことに私の彼女は一軒目でかなり飲んでましたのでそこそこ酔っていたと思いますが酔っていながらも常に私の事を気遣っていました、うまく言えませんが彼女の気遣いがひしひしと伝わってきてこんな気持ちになったのはいつの事いらいかな結婚して以来こんな気持ちになった事は無いように思います、最終的に店を出たのは午前1時を回っていました。


友達とは話ができていましたので、友達はツアーの宿泊ホテルへ 


友達が店を出たのは午前2時を回っていたそうです、私は彼女とラブホのつもりでしたが、2軒目のカラオケ店で友達のアガシさんが私の彼女にラブホの予約をしてきなさいみたいな事を言っていまたのでお店を出てタクシーを乗った時点でラブホに案内されるものだと思っていましたが、何か様子がおかしいときずき何やら狭い道に入り込みこんな所にラブホがあるわけないと・・・


案内されたのは彼女の自宅 うっそう〜 大丈夫なん?彼女は1人暮らしの部屋に私を案内したのです、内心嬉しいやら彼女に申し訳ないやらで困惑です。時間も時間ですので部屋に入るとすぐに私はパンツ1枚に彼女も下着姿に気を落ち着かせるために彼女とタバコを一服。彼女も喫煙者でラッキーでした。


タバコを吸い終わると私はおもむろに布団の中に仰向けで横になりました、すると彼女がいきなり私の息子を咥え込んでチュパチュパと音をたてておしゃぶり攻撃をしてきました、でもそのおしゃぶり攻撃はサービス的なものではなく何かしら情のこもった咥えかたであっという間に爆発寸前状態 


彼女はそのあと女性上位の格好で上になり私の息子を締め付けてきました。こんな気持ちいいエッチは最近いつしたんだろうか?


イキそうになりましたがそのまま終わるのは情けないので私は体位を変えて彼女のほど良いおっぱいをしゃぶり、オ〇〇コをしゃぶり私はできる限りの愛撫攻撃をすると彼女は気持ちがいいのかよがりまくり私にしがみついて、私の耳をかきむしったりキスをしてきたりで私は無我夢中


知らぬままにその夜はぐったりと2人とも疲れて眠ってしまいました。
(余談ですが、朝目が覚めて気がつくとキスマークが胸に付いていましたキスマークなんて若い時いらいありません。ちょっと嬉しい気分になりました。)

それにもまして私が感激したのは、ゴムも付けずにというか、彼女がゴムは付けなくてもいいから外に出してという仕草で私に・・・大丈夫かなとは思いましたが・・・


外に出す自信はありましたのでフニッシュは彼女のお腹の上に出し無事に終わりました。


2人は抱き合ったまま目が覚めたのは午前11時前私はふと携帯をバイブにしていたのに気付き着信履歴・メールが気になり確認をすると友達から11回の着信 友達は始めから2日目は他の遊びを考えていたらしく私に電話を何度も掛けたみたいです。


私も朝9時には友達に連絡を入れると言っていたので、私が行方不明になったと思いかなり心配したそうです。


2日目はツアーガイドさんにも案内をしてもらう約束をしていましたので結果私が約束を破った形に・・・でも私はそんな事はどうでもよくなっていました。ツアーガイドさんも真剣に私の事を心配されていたみたいで申し訳なかったです。


2日目の朝に目が覚めたのは11時前ですが実は朝方私は彼女にちょっかいを、布団の中で手が勝手に彼女のオ◯◯コを弄って足を広げクリ◯◯◯をしゃぶって彼女の反応を確かめつつ2回戦を試みましたが歳のせいか私の息子は半立ち状態結局失敗 彼女に悪い事をしました、彼女もその気になっていたのに申し訳ない。


私は彼女に決めた時点で2日間共に過ごせたらいいなと思っていたので彼女には事前に伝えていました団長さんに連絡を入れたのはお昼前だったと思います、連絡が遅れてすいません。


そんなこんなんで2日目も彼女と2人。。。ツアーガイドさんに心配をかけてしまっていたので
お昼からは友達とツアーガイドさんと合流しレストランで4人昼食を済ませ4人で少し観光ソウルタワー他 そのあとは別行動彼女と2人で仲良く手をつないでラブラブ町を散策し喫茶店に入り夕食は何を食べようかと迷っていたら彼女が私の部屋で私の手料理を食べてほしいといい2日目も彼女の自宅へ押しかけてしまいました。


部屋に入ると彼女が部屋の中は2人きりだから服を脱いでパンツ1枚になってくつろいで下さいみたいな・・・片言の日本語でしたが充分に伝わってきました、彼女の温かい気持ちが身にしみて・・・こんな事していいのかなみたいな気持になりましたが、本当に精神的にも肉体的にも
充実した幸せな時間を過ごせました。


2日目の夜は彼女が気を使い友達が1人でいる事を伝えると3人でカラオケに行きましょうといい3人でカラオケに行きました、その時点で私は彼女に2日分のお金とチップを1万円渡していましたが、彼女が自分もお金を出すから一緒にと。。。私の財布の中を気に掛けてくれてほんとに彼女の優しい気持ちが伝わってきて嬉しかったです。


彼女は私と2人で移動する際タクシー代はほとんど彼女が出していました、悪いから私が出すと言っても彼女がタクシーの運転手さんにお金を払っていました、私にとってはわずかな金額ではありますが彼女の心遣いが。。。本当に思いやりのある優しい彼女に・・・こんな子は日本にはなかなかいないと思います。


2日目も当然エッチはしましたが、私みたいな年齢になるとエッチよりも彼女の優しさに触れた事の方が何よりも収穫というか本当に幸せな夢のような2泊3日の旅行でした。


あ!そうそう最終日彼女は私と私の友達のために一緒に昼食をごちそうすると言いだし最終日の朝彼女は勤めている会社に嘘をついて本業の仕事をキャンセルしました、私はそんな事をしてはいけないと正しましたが会社に電話を・・・


彼女が会社に電話をしたあと朝11時まで彼女の部屋でくつろいでいましたが結局会社から呼び出しの電話が・・・彼女はしかたなく会社に行きました。ここまでされると私は彼女にハマりまくりです、私の年齢が若く既婚者でなかったら完璧にアガシ病にというか嫁にしたい気持ちになっています。


既婚者ですので嫁にはできませんがすでにアガシ病になっているのでは私はこの歳になるまで女遊びは数々してきましたがこんなに優しくて気がきいて思いやりのある可愛い子に出会った事はありません、日本では宝くじを当てるみたいなものですね。


これを読んでいるアガシフアンの男性のみなさん本当にこんな子が韓国にいるんです、200%満足です。帰国すれば現実が待ち構えていますが日本に帰るのがつらい帰りたくない。


今回お世話になった団長さんには本当に感謝しています、ありがとうございました。


次回訪韓できるのはいつになるか分かりませんが、次回訪韓する際にはまたお世話になろうと思いますのでよろしくお願い致します。次回も同じ子がいればいいのですが・・・またこの子に逢いたい。


団長のコメント:いやはやお互い好みのタイプだったんでしょうね。当方も最近ではちょっと聞いた事のないくらい極上のアガシですよ。アガシも○○さんの事、タイプってだけじゃなくかなり気に入ったのでしょうね。家に連れてくなんてことはナカナカある事ではありませんから。




体験談一覧へ