NO.150 大ホームラン

今回はじめて韓国を訪ねました。何かおもしろい遊びはないかと調べているうちに団長のサイトを見つけました。これまでのみんなの体験談を拝見し団長に任せてみようと決断しました。結論から言いますとこの決断は大正解であり、この旅の大ホームランでした。

 実は私は、これまでタイによく出かけました。多くの日本人がはまっているタイの遊びのスタイルは「恋愛ごっこ」「愛人ごっこ」です。お店で女性を選び恋人のように旅のあいだ独占するのです。そしていい人にめぐりあえれば、その女性と電話やメールでコンタクトを取りつづけ、またその女性に会いにタイへいきます。

そこでの女性の選び方は、ひな壇に並んだ100名ぐらいの中から好きな女性を指名します。当たりもあればハズレもたくさんありました。

ですからアガシの女性の選び方から、あまり大きな期待はしませんでした。「せめて選べる女性を連れてきてくれよ」と願っていました。しかし、女性に逢った瞬間そんな危惧は吹っ飛びました。

 私は団長に「karaや少女時代のような人を希望します」と、ただ漠然と誰でもいいそうな希望をつたえておいたのですが待ち合わせ場所に行くと、なななんと長身でスタイル抜群の美女がふたりいるではないですか。これは絶句でした。

私のイメージする韓国美女と少し西洋っぽい女性とがそこに座っていました。私は迷わず韓国美女を指名しましたが残念なことに日本語が話せないとのことでした。しかし、なるようになるものです。ふたりで焼肉屋へ行くとお店の人は日本語がペラペラで、これから行きたい場所など必ず伝えたい事は店の人に伝えてもらいました。

そのほかは片言の英語でコミュニケーションはとれ、コーリャン英語とカタカナ英語がかみ合わなかったり逆に大変おもしろく愉快で、また愛に言葉はいりません
()

ふたりきりになり恋人気分を満喫しムード抜群、熱いキスからはじまります。

簡単に書いていますが、これは驚きでした。これまでの経験からこの手の女性はキスを簡単に受け入れてくれる人は多くありません。

そこまでいくのに大変苦労し受け入れてくれる事に喜びはまっていきます。

でも彼女ははじめから積極的で求めているようにも感じ恋人そのものでした。エッチのことは皆さんの想像にお任せしますが、当然とても満足のいくものです。

彼女と別れたあとの私の韓国の旅は彼女より美しいアガシ(美女)を見つけようと街中を歩くことでした。きれいな人もいましたが、彼女以上の美しい人を見つけることはできませんでした。

 次回もぜひ団長にお世話になろうと思います。これを見ているみんなも騙されたと思って団長に任せればよいと思いますよ。団長のお目は確かですよ保障します。


団長のコメント:高ランクのアガシでしたからね。外見上は問題ないかと自負しております(笑)中身も相性も抜群だったようで・・・またの訪韓をお待ちしております。



NO.149 初めてのK−GIRL

団長さまへ

先日はお世話になりました。

稚筆ながら、私の体験談を記させていただきます。

仕事で何度も訪韓はしておりますが、今回は比較的時間の余裕ができ、一度は韓国女性を体験したく、いくつかをネットリサーチをしていましたが、体験談が豊富でUSERからの信頼も厚い団長へお頼みすることとなりました。

さて、事前に申込をして初めてにもかかわらず、かなりわがままなリクエストをしてしまいました。

(リクエストは以下の通りです。)

@落ち着きのある理知的な方、キャピキャピした感じは苦手

  でもしゃべらない方はちょっと・・・。しかし夜(on the bed)の方は期待大。

 A日本語が話せる方

 Bタイプ的にはハ・ジウォン、ソヒョン(少女時代)、キム・テヒ

 C身長は160CM以上、スタイルは細身ながらもグラマー!!

D喫煙・非喫煙どちらも可

また不躾な質問にも団長の懇切丁寧な対応、この時点でも団長への信頼は高いものでした。

当日、わくわくしながら仁川空港にようやく午後到着後、早速いただいていた番号に電話!!

『はじめまして、コネと申します。いま仁川に到着しました。』

 『コネさんですか?わたし団長のともだちの○○です。』

 (えっ?団長じゃないの?)この時点から思い描いていたシナリオが崩れ始めていた・・・。

 『ホテルに到着したらまたお電話ください。』 との答え

 (だいじょうぶかいな・・・?  もう乗りかかった船だし、エーイ任せちゃえ!!)

 リムジンバスで一路ホテルへ、途中ロケをやっていて道路は渋滞・・・。

 (なんかよくない流れだぞ・・・。)少しずつ心に不安が生じてきました。

 15時すぎにホテルに到着。

 チェックインして部屋に入り(どこに向かえばいいのかな?と思いながら)再度電話。

 『もしもしチェックインしました。』

 『○○ホテルは近いですから、そちらに2人行きますから部屋で選んでください。』

 これまた予想外の展開・・・。部屋まで来るの?

 この待ち時間40分程度がかなり長い。廊下じゃ掃除機使ってるおばちゃんいるし・・・。

 タバコを何本か吸って

ピンポーン!!

 

ベルが鳴ってすぐさまドアを開けるとそこに2人の女性 。

私には瞬間的に右側の女性しか目に留まりませんでした。

(あまりにも早い答えだったのでふたりともキョトンとしてました。)

部屋に入ってもらい、すぐに左側の女性は『ごめんなさい』宣言をして、タクシー代を渡しお引取り願いました。

セレクトした女性はMさん。(年齢は27歳だそうです。)

リクエストから判断すると

@ ◎(但し夜についてはこの時点では未確認)

A

B ○のち◎(どのタイプにも属してませんが、美形です。イヤそうな顔を見ていません。笑顔の似合う清楚美人)

C ○(身長は160CM以下でしたが、細身ながらも出るところは出て、引っ込むべきところは引っ込んでる方でした。)

D 非喫煙者でした。(どちらでもよかったんですが)

 (さて、インスピレーションで選んだものの、どんな娘なんだろう?)

 そう思いながら会話をはじめました。

 お互いのプロフィールを交換して約30分後ホテルを出ることに・・・。

 『どこか行きたい場所はありますか?』

 今回は、地元の人のお薦めをメインに考えていましたのでお任せだと伝えましたが、こういう答えはエスコートしてくれる相手からすると一番困るパターン・・・。

 『食べたいのはサムギョプサルとソルロンタン。3日間のなかで連れて行って。それと服を買いたいな。あとは地元の人のお薦めスポットに連れて行って』

と伝え、まずは明洞へ

私の欲しい服はなかったけれども、さっそくMさんよさげな服を見つけ立ち止まり・・・。

『いいよ。ちょっと寄ってみようか?』

『でもオッパの服を見つけなきゃ』

みたいなやりとりをしながら、ワンピースをプレゼント

その後、彼女のお薦めサムギョプサルがある江南へ。

 食事後、服を買い(ペアでシャツ買っちゃいました。)『カラオケに行きましょうか?』とのお誘い。

 私はお酒はほぼ飲めないものの、一度は行ってみたかったので連れて行ってもらいました。

 Boyたちのサービスはもちろんバッチリで、いろんな会話もでき、いい気分で過ごせました。

 まわりをみてもMさんはNo,1の美しさを誇って輝いてました。

 (カラオケってホント楽しいな。)

 12時頃ホテルに戻りこれからがお待ちかねのSEOUL NIGHTの醍醐味!!

 体験談で勉強はしていましたが、Mさんはそれ以上の淡白そのもの 。

 DKはしようとしない(そうきたか)、『Fってなあに?』(知らぬふり?)、『クンニはされたことない』(ホンマかいな?)

 いわゆるNGってことだと理解。

 (まあ嫌がることやってもおもろないし、それならそれで)

 まずはバストを指と舌でゆっくり愛して、いよいよ秘境へ!!

 触ってみたらもうそこは濡れ濡れ、指でいじり続けると那智の滝状態・・・。

 Mさん我慢できずに『ほしいの!入れて!!』

 バリアを装着し、NG嬢にはお仕置きとばかり、わざとマ○ズリしたり、入り口で寸止めしたり繰り返すとMさん声が次第に大きくなり、ついには我を忘れたかのような絶叫!『オッパお願い!もっと奥まで入れて』

 窮屈な洞窟でしたが、挿入した瞬間、Mさん両足を私の腰にからませ、『逃がすものか』の体勢。

強弱・速遅・奥手前と駆使しMさんにしたら長時間の経験がなかったらしく(ていっても洞窟探索は40分くらい)、何度もイキまくって、『おかしくなっちゃう!!』、『またイッちゃう。』と繰り返し言葉を発しながら私の胸を叩き、ついには酸欠寸前痙攣状態。(いわゆるKnock Out)

 昼の清楚さとからは思いもつかない乱れ方。

 『またイッちゃう。オッパもいっしょに!!』

 洞窟はどんどん狭くなり、限界を察して放出し、Double Knock Out!!

 Mさん呼吸が整ったのち、恥ずかしそうに『オッパは気持ちよかった?』と私を気遣う態度。

 この娘でよかったぁと実感し、会話をしながらいつの間にかご就寝。

 

 

次の日目覚めの床はダメらしく、朝食(ソルロンタン)を食べにいき、その後仁寺洞散策。

一緒にいて不自然さを感じないくらい意思疎通ができて、会って2日とは思えないほどの密着度です。

 (周りがみても自然なカップルのように見えたみたいです。)

東大門で買い物(コートをプレゼント)した後、夕食(ホルモン)をし、私の『夜景が見たい』のリクエストで清渓川でのランタン見物とソウルタワーに連れて行ってもらいました。

ホテルに戻ると前夜よりmore濃密な時間を過ごしました。(NGはそのままです。)

 そして次の日の朝お別れをして、私は仕事に向かいました。


結果を申し上げると、『この娘に出会えてよかった。』が感想です。

彼女からするとあまり経験はないとは言っていましたが、やはり何分の一の存在です。

それでも彼女自身の優しさは伝わってきましたし、明るくてかなり気が利く娘です。

多分気は強く、プライドが高いのだと感じ取れましたが、表面にはほとんどそういったところは出しません 。

魅力的な美女で、実際モテると思います(彼女は身長の低さを気にしていましたが)。

気立ての良さはママの教育が行き届いているのか、もしくは元々天性のものなのか・・・。


わりきった相手だとは理解していますが、さて次回またお頼みするとしたら、もう一度Mさんをコールすると思います。

 on the bed での気づかなかったMさんの魅力をもっと見つけたいし・・・。


この出会いをくださった団長には感謝しています。

次はご一緒に食事でもお時間いただけるとありがたく思います。

団長のコメント:当方、本業の都合で今回の体験談のようにお会いできない場合もありますが、その際は希望のタイプに当てはまるアガシを事前に当方がチョイスして現場へ投入するような形にしておりますので、当方と現地でお会い出来ない場合でもご心配なく(笑)今回はもろストライクだったようで良かったです。それでは、またの機会に・・・。


NO.148  DAVICHICさんの投稿


今年の休みは何をしようかな〜と考えていて、大好きな歌手(日本には全然CDが入ってきていない)のCDを仕入れがてら&その他の諸事情により「そうだ韓国に行こう!」となり、色々調べていたら団長殿のHPと運命的な出会いをしました。


それから時間がある時は体験談を読み耽り、気持ちの上では既にアガシと腕を組んでまだ知らぬソウルの街を歩いていました(笑)


でも信用しても大丈夫だろうか?と不安もありましたがこのままではイカン!と思い勇気を出して団長殿にメールをしました。すると一日と経たぬうちに返信が!


そして何度か質問をさせて頂き(全ての質問に丁寧にお答え頂きありがとうございました。)まだ休みの予定も確定していないのに先走り、航空券とホテルを個人手配してしまいました。そして無事に予定通り休みも取れ、初訪韓の日がやってきました。


仁川空港に昼過ぎに着き早速団長殿に連絡「団長殿ですか?始めまして今日から2日間お願いしているDAVICHICです。」とドキドキしながら電話。すると体験談を読んでいくうちに出来上がった”ダンディー&優しい”勝手な団長殿のイメージとはちと違う声が・・・(すみません第一印象はそんな感じでした。)


でも無事にその後の段取りを打ち合わせて、KALリムジンバスにて宿へ。チェックインも済まし約束の時間になり初訪韓ではありますが何も臆することなくTAXIで移動。(恐るべしアガシパワー)


待ち合わせの場所にて「DAVICHICさんですか?」「団長殿ですか?」と無事にコンタクト成功!


実際に会うと私服姿ではありましたが体験談通りのかたでホッ・・・


喫茶店に入る前にお決まり?の注意事項を聞き、ここで「今日はランク○のアガシを一人呼んであります。」と初訪韓&初アガシの私に何とも凄いことを言ってくるではありませんか!?


この時点で軽ぅ〜く思考停止状態・・・そしてフラツキながら喫茶店へ、そこには私一人に対して3人のアガシが。


思考停止&緊張状態でも2〜3分ほど悩み頭を落ち着かせた末に、第一印象でピンッときた「右側の一人で座っているアガシで」と伝えたところ、またまた何ということでしょう!?3人とも席を立ち去ろうとするではありませんか!?私、かなり驚きましたが、選ばれたアガシも驚いていました。(あとで言われたのですが、私の前に若くて可愛い娘〔多分この娘がランク○の娘ですよね!?〕が居たから自分が選ばれるとは思いもよらなかったとのこと)でお互い照れもありましたが満面の笑みで会釈。やはりこのアガシで正解!と思った瞬間でした。


で団長殿には迷惑をお掛けしたのですが当初のリクエストに無かった「メガネを作りたい」にも柔軟に対応してくださり感謝です。ここで団長殿とお別れ。(その後、紹介して頂いたっきり連絡もせずに失礼しまし。・・・)


彼女名前は○さんホントに良く気の利く良い娘でした。無事に初日の買い物も済ませ、いざ焼き肉へ。私のリクエストで殿様食い?は希望しなかったので軽くアァ〜ン程度で食事をしていると、何と店のオンニ&アジュマのほうが色々と世話を焼いてくれてお互い笑えてきて一気に打ち解けれました(笑)


食事を終え、まだまだこれからっという時間ではありましたが、私、当日夜勤明けのその足で初訪韓しており、かなりお眠・・・「ホテルでゆっくりしよう。」と言うとすかさず、○さんが「そうだねオッパ、無理だめね。今日はゆっくりとしましょう」と優しい一言。コンビニで買い物して一路ホテルへ。


私、ハングルは辛うじて読める程度の語学力しかありませんが、○さんが丁寧にテレビを訳してくれて楽しい時間を過ごすことが出来ました。そしてお互いに別々にシャワーも浴び(私は湯船に浸かり眠気スッキリ!)遂にその時が!


○さんがベットの上で恥ずかしげにテレビを見ていたので私もベットに入ると、テレビの明かり以外が消え”来て”と合図してくるではありませんか♪優しくキスをしながら「されて嫌なことある?」と聞くと「指入れられるのが・・・」すかさず「アラッソ。下を舐められるのは?」の問いに○さん「ほんの少しだけなら・・・あと、あの、ジェル使ってもいいですか?」と普通の殿方ならここまで聞いてしまえば”何だよマグロ宣言、早く終わらせたいのかよ”とガッカリするポイントでしょうが、私少々変わっておりまして、そういう逆境に燃えまして尚且つ、自分が何か奉仕をされるのよりも、相手を気持ちよくすることに喜びを感じ興奮する男です。

「フゥ〜ンやってやろうジャン」と一人でニヤリ。上から徐々に徐々にゆっくりと舌で愛撫をしていき、彼女の一番ビンカンなところをク○ニしつつ片方の手はしっかりと繋ぎ、もう片方の手で胸のビンカンな部分を優しく時に激しく愛撫していると何と。


下のクチが音をたてながら蠢き、何かしゃべってます(笑)


また上のクチからも大きな喘ぎ声が・・・!


こんな経験初めてです。でそろそろゴム付けて・・・などと考え上体を起こすと彼女から「オッパ・・・オッパ・・・スゴク・・恥ずかしいですけど・・・モット舐めて・・」と顔を両手で隠しながら凄いことを言ってきます!


もちろんリクエストにお応えして緩急付けて攻めました。すると我慢出来なくなったのかゴムも付けていないのに私の先鋒を自分のナカへと導きます!


「ゴム付けないとダメだよ」というと「オッパ・・優しいね・そんなこと忘れてたよ」と。でゴムを付けて正常位で愛し合い果てました・・・がここで○さん足をクロスして私を話してくれません(汗)


これには驚きましたが、フニャ○になるまで許してくれず、満足するまでお互いを堪能しました。 で2日目。


気持ちよく起床し身支度を整えながら○さんが「オッパ!家に帰って着替えてきていい?」と聞くので「どうぞ」と答え、そして寛ぐこと1時間ほど○さんは前日とは違うかなりラフか動きやすいスニーカースタイルで現れました。


またまた感心したのですが、前日に「明日は景福宮とか世界遺産を回りたい」とリクエストしたことと私の万歩計を見て「オッパ、これは日本のMP3?」と聞き「アニヨ(笑)それは万歩計だよ。健康のためにウォーキングしているから」という言葉を覚えていたみたいで、健康的にウォーキングメインで世界遺産観光することができとても満足することが出来ました。(かなり歩かせてしまいました。ゴメンネ・・・)


この日の夜は、お互いに同じ見たい番組があったので、海鮮チヂミをお持ち帰りしてホテルでゆっくりとすごしました。そして他の体験談にあるように2日目のアガシは違うは本当です。皆さんも是非体験してみてください。


でピロートークの時に「オッパ!チャラダ(うまいねの意)、プロでしょ?」となんのこっちゃ(笑)本当に最後まで楽しい時間を過ごすことが出来ました。


以上あっという間の初訪韓&初アガシ2日間でしたが、最高のアガシに出会え楽しく過ごすことが出来ました。ホント○さん良い娘で”オネダリ”一切無く唯一オネダリ?といえるものが”歯ブラシ”でした(笑)また次回も○さんでお願いしたいですね。


でも正直他のアガシも気になる・・・男って困った生き物ですね・・・ではまたその日まで。


団長のコメント:堪能して頂いたようで(笑)確かに男は困った生き物です、当方も未ださまよい続けております(苦笑)



NO.147 ハッキリ言って大満足の初韓国

2泊3日の初の訪韓は突然、そしていきおいで決まりました。

仕事場の仲間と訪韓前に、十分に話し合った結果(もう一人は2度目の訪韓)エスコートアガシにしようと、私は勿論、もう一人も初ソウルガイドさんが欲しいという事もあって早速、私ががネットでさくさく検索してみると、たくさんの体験談と他個人ブログでも紹介されていた団長のサイトへ

いろいろ迷った結果、勇気を出してメール送信即効で返信きました(たぶんタイミングがよかったんでしょうね)

一日目は知人と合流予定でしたので二日目よりお願いしたい旨伝え一日目の方がいい女の子が揃えられると(後からわかったんですが二日目は韓国の祝日でした)こちらの事情でせっかくオススメ頂いたが二日目しか遊べ無い事つたえ確認メール後訪韓
当日15時過ぎに某場所にて団長と待ち合わせ他にも書いてあるとおり全く電話やメールのイメージと違う
紳士的な団長と対面
会って挨拶もそこそこに今日はとりあえずたくさん連れて来ましたと、案内され席に着くとなんと私達二人に対し女の子9人!!
逆にこんなにたくさんいたら選べないと相棒が苦戦しているなか、私はこの子と決め団長より好みのボリュームのある子ならあっちの子がいいですよとアドバイス。

他体験談にもあった団長のオススメの子であれば間違い無いであろうと判断(当方実は初めての訪韓という事もあり性格重視)
ようやく相棒も女の子を決め、眼鏡を買いに行こうと思っている事伝えるとじゃあ車を用意しましょうかと団長が眼鏡屋にTEL(有難うございました)車が来た所で団長と別れ

4人車中でしばし談笑
眼鏡屋の後、アガシに観光地を案内されながら海鮮が食べたいというリクエストにアガシ達もカニが食べたいといい店を知ってるとカンジャンケジャンの店に連れて行ってもらいここが絶品(メニューは全て韓国語、私達二人ではとても行く事はできませんでした・・)
少々のアルコールも入ったところでお約束のカラオケ
ここが最高でした、店のスタッフもみんなノリもよくおもいっきりハッチャけました。
その後ホテルへ
韓国人は淡白と別の体験談でもありましたが全然、たまたま良かったのか十分満足させて頂きました。
そのまま就寝
朝起きてホテルで二人で朝食後、精算名残惜しい気持ちを抑えつつお別れしました。
簡単に流れを書きましたが私が一番満足できた事、それはアガシ達の性格、私達初心者を優しくひっぱってガイドしてくれた、やさしさ朝、起きたら飲んで散らかしまくってた部屋をきれいに片付けてくれていた、気遣い擬似恋愛で癒しを求めていた私はやられました。
団長オススメが良かったのでしょうか
はっきり言って次もお願いします。
本当に初ソウルいい思い出ができました。有難うございました。


団長のコメント:ふふ、最近当方のオススメ当たりますね〜。ま、当方のアガシを見る目は年季が違いますからね(えっへん)・・・とか言いつつ数日前にオススメして大ハズレだったとの報告を聞いて「アガシの道は険しい」とつくづく思う今日この頃です(苦笑)



NO.146 1泊2日の楽しい旅行


このたびは大変お世話になりました。

おかげさまで楽しい韓国旅行になることができました。

弾丸ツアーでしたのでごあいさつの連絡ができなかったのが心残りです。

あらためてお礼のメールを送らせていただきます。

社員旅行での団体行動だったため、空港から連絡ができず、さらにソウル市街が渋滞のため、当初予定より連絡が遅くなったことをお詫び申し上げます。
私1人に4名もの女性を待機していただき、やきもきされたことと察します。
にもかかわらず、親切な対応していただき本当にありがとうございました。
紹介していただいた女性は、4人ともすべて素敵な女性で、正直、本当に贅沢な選択でした。
また、私の「自分が韓国語がまったく話せないので、日本語ができる女性」という条件に反して、その4人のなかで唯一日本語があまりできない女性を推薦していただきました。

団長の推薦された女性なら間違いないと思い、最初に決めた女性から指名を変更いたしました。

結果としては、その女性がアメリカに住んでいたこともあって、すべて英語でコミニケーションがとれ、私も英語の勉強ができ、彼女も日本語の勉強ができ、とても楽しい旅行となりました。(もちろん夜も含めてです。)
今回、偶然にも団長のHPに出会い、楽しい旅行につながったので大変満足しております。
またお世話になりたいと思います。
本当ありがとうございました。


団長のコメント:当方が推薦したアガシをお気に入り頂けたようで当方も一安心です。またお会いしましょう。


NO.145 浦島太郎さん


今回、初めての訪韓でこんなに、心地良い気分になれたのは、団長のおかけだと思いますが、半信半疑で団長にメールした私の運もあったのでしょうね。

本当に素晴らしいアガシを選んで頂きました。しかし、私はこの素晴らしいアガシとの経験を全く無駄なものにするところでした。

欲がでたのでしょうか?私は3日間契約から、二日契約にして3日目は別のアガシにしたいと団長に連絡をいれ、団長さんも3日も同じというのもね、と、私の要求を受けてくれました。

しかし、二日でキャンセルしたアガシと別れてから、酷くアガシを傷つけたようで、また、自分が馬鹿なことをしたようで心が痛みました。

別れる際にアガシが言った、今日も楽しい1日になったらいいですね、と少し淋しそうな素振りで言った一声が気になり、何か大きな落とし物をしたような気分になりました。

その時私が気付いたのはアガシ遊びはただの女遊びではなく、普段の私には縁のない美人と楽しい一時を過ごさせてくれる竜宮城遊びなんだということでした。

そう、思った途端、新たにくるアガシへの期待より、二日間本当に楽しませてくれたアガシにもう一度会いたい、このまま、別のアガシと遊んだら、本当の馬鹿オヤジになってしまうと思ったことでした。

そこで私は恥ずかしながら団長に再度、連絡しキャンセルのキャンセルをしました。もう帰宅したはずのアガシに連絡をとると、普通なら、馬鹿と電話を切られても仕方がないのに、快諾してくれました(心の中はみえないので真意は馬鹿と言ってたかもわかりません)。

自分でまいた種にバタバタしながら再会です、心で詫びながら3日目も竜宮城を経験させて頂きました。

団長が言ってた、ただの女遊びだけを望むならアガシ遊びでなくていいとコメントしていた意味を身を持って知りました。本当に美人で優しく、静かで、気が利く乙姫さまに出会えたことに感謝いたします。

恥ずかしながら途中で気がつき、軌道修正した自分を褒めてやりたい。団長、本当にありがとうございました。


団長のコメント:「アガシ遊びの真髄」をご理解頂ける同士が出来て、当方も嬉しい限りです。またお会いしましょう。



NO.144  体験について


韓国に到着して連絡すると合流場所を教えてもらえます。

自分の場合タクシーで30分前後の所で1000円くらいかな?

到着して連絡後5〜10分後団長と会い女の子と会う、喫茶店に移動
そこで、お茶代2000円くらい(来てくれている女の子分も)そして女の子を選びます。
事前に買い物をしたいことを伝えていたので、女の子にそのことを伝えてくれていたのでスムーズに買い物を済ませ、その後は食事をとり飲みに行きました。
食事は、焼肉でしたが高くはなかったと思います。(金額は忘れました。)
飲みは、3時間くらいだったと思いますが15000円はしなかったと思います。(2人なので、高くつくパターンだと思いますが)
異国で安全に飲める場所と、いうことで保険込みだと思うと妥当かと思います。

後は、コンビニで飲み物と軽食を買いホテルに戻り・・・です。
ホテルは、1泊8000円くらいだったと思います。
選んだ子は、7万の子でしたが充分満たされました。
チップ込みで8万円渡しましたが、次もお願いしたいです。
買い物をしなければ3万円もあれば十分なのでは。
彼女が、辞めてしまう前にもう一度会いたいですね。
そのような情報が入ったら連絡下さい、予定を組みます(1泊2日ですが、休みが取れん)
海外で安全に遊ぶには料金がはっきりしているので精神的にも楽だと思います。
来年の春位を予定していますが、その時は、よろしくお願いします。また、悩んでいる方の参考になれば幸いです。
それでは、次回の訪韓で。


団長のコメント:簡潔でわかりやすい体験談ありがとうございます。それでは、またの機会に・・・



NO.143 マッタリと・・・癒し


○月の上旬、団長様にお世話になりました。
仕事で何十回も韓国へ行っている私ですが、夜の遊びは初めて。


事前に団長様に「容姿より性格重視」と希望をお伝えし、午後3時にコーヒーショップでアガシと対面しました。

私一人のためになんと7人もアガシが!団長さん、いくらなんでも多すぎですよ〜


実は事前にもう一つ「煙草を吸わない子がベター」と希望をお伝えしていたのですが、煙草を吸わないという条件だと選択肢の幅が狭まるということで、煙草を吸う子も含めて7人を用意してくれたとのことでした。

この辺の団長様の力のあるところ、さすがです。


私、今回は「現地の女子と仲良くまったり過ごす」ことを最大の目的(ある意味Hよりも!)としていましたので、団長に「団長のお勧めは?」「どの子が性格いいですか?」としつこく 聞きまくりました。団長様すみませんでした。


「どの子も大体いいですよ。でも煙草を吸わないアガシは日本語がほとんどできません」とのお答え。


でもパッと見で一番きれいだったアガシは煙草は吸わないアガシでしたので、性格がいいことを再度確認して(しつこくてすみません)、その子にしました。名前はUさん。肌が白くて顔もきれい。年は・・・20代後半か?もしかしたら30代か?という感じでした。


あえて日本語のできないアガシを選んだので団長さん、ちょっと驚いた様子。
「大丈夫ですか」と心配していただきましたが、この選択が大正解でした。


団長様と別れて、しばしお互いのことを知るために別のコーヒーショップへ移動し会話。
1時間くらいいたでしょうか。Uさんは普段OLで、このバイトを始めてからまだ1週間とのことでした。


そのあと、時間をつぶすために足マッサージへ行き、食事は江南のサムギョプサル、そして団長にリクエストしていたカラオケへと向かい、宿舎へは10時ころ戻りました。


実は今回の宿舎はホテルではなく、○○のオフィステルで、ガウンもボディソープも歯ブラシもないところだったのですが、それを事前に話してもUさんはいやな顔するわけでもなく、「全然大丈夫」と言って快く来てくれました。その辺もいい子だったと思います。

部屋では二人でテレビドラマを2本(!)も見てしまいました。このまったりした時間がとてもよかったです。

Uさんの肌は本当に白くてきれいでした。そしてHは淡泊でした。かなり淡泊でした。まあそんなことどうでもいいんです。まったり過ごせればそれでよかったんです。

2日目はUさんは昼間は仕事、私も友人と約束があったのですが、もう一日いっしょに過ごそうと思い午後9時に会う約束をしました。

ですので、2日目は午後9時に会った後、Uさんがよく行くバーに一緒に行き、11時に宿に帰りました。
2日目もUさんは淡泊でした。かなり淡泊でした。でもそんなことどうでもいいんです。まったり過ごせればそれでよかったんです。


そして別れの朝。


Uさんは今日も会社で仕事なので7時に起きて出て行きました。私もその日の12時の飛行機で帰国。こうして私の「初アガシ」体験は幕を下ろしました。

今回は、性格のいい子といっしょにまったり過ごす、というのがテーマでしたので、そういう意味ではUさんは本当にいい子でした。(Hのサービスやテクニックを求める方には向かないと思います)

団長様、いい子を紹介していただき本当にありがとうございました。今回はOLさんだったので、次回は女子大生と遊んでみたいと思います。その時はまたよろしくお願いいたします。


団長のコメント:夜のほうは多少残念な部分があったようですが、内容的には満足されたという事でしたので一安心です。次は女子大生イッテみよ〜(笑)



NO.142 ナイスミドルさんの投稿

※NO.141のお連れさんです。



今回、社内旅行で○月の連休を利用しソウルへ行くことになり(Tさんの体験談に極詳細あり)Tさんより(職場の同僚で私より1歳先輩スホ゜ーツマンで若い時から女にもてた今もナイスミドル)「エスコートアガシ」試してみないか?と誘われ、教えてもらった団長のサイトを熟続、体験談を読み進めていくうちにいつしか心はまだ見ぬアガシ(理想の女性)の虜となり、すべてTさんが団長と渡りをつけてセッティングしてくれるとのことで計画に乗ることに私も旅先での遊びは何度も経験しているが一夜を共にする経験はなくワクワクしながら何度も諸兄の体験談を夜な夜な読み耽って出発日を心待ちにしていました。

Tさんより不満足談が大事だよと言われ10話ほど読みましたがやはり相性が大事でまた、アガシとの接し方次第で良くも悪くもなる、要は男と女、浮世の恋愛もしかり、いよいよ出発日となり定刻仁川空港に到着、日本よりは涼しいと思いきやあまり変わらない、現地のガイド曰く今年のソウルは残暑が厳しいとのこと、Tさんが現地のガイドと当日のスケジュールの確認と時間調整をし夕刻、団体の食事に向かうまでの間にアガシを選び(3名)ホテルでご対面する段取りでしたが市内渋滞やホテルのチェックインに時間を取られ食事後20時にカラオケ店でのご対面となる。

今回、私は喫煙しない娘を第一優先とTさんに伝えていましたが7名のアガシが揃って全員喫煙者とのことでした、「団長さん次回は是非とも非喫煙の娘を確保してくださいネ)

団体での食事を済ませ20時過ぎカラオケ店にタクシーを飛ばし到着、3名のアガシはタイプこそ違うが何れも甲乙つけがたく魅力ある女性が揃っている、服装はややドレスアップしているが市内で見かける若い女性と区別がつかないほど自然な装いが仮想恋愛の世界へと私を導いていく。(実際、私はもう少しそれ風のケバイ服装をしているのかなぁと思っていましたので)

3名のアガシを見て私はTさんが誰を私に選んでいるのか気になりましたが、Tさんはさぁ、どの娘にする?と私に聞いてきたのでビックリ、Tさんが夫々既に決めていると思っていた私は一瞬悩みました、Tさんと被るのが嫌だったのでスレンダーで美人顔、大場久美子(30歳代のころ似)風の娘が好みだったが真ん中に座っていたポッチャリした美人安めぐみ風の娘を指すとTさんが彼女は、ホテルで待機している御大にと思っているがと言って賺さず左側の大場久美子(風)を指し彼女はどう?と言うのでビックリしたがTさんの気が変わらないうちにと思い「良いんですか?」と念を押したが、Tさんは平然として「あんたの好みは百も承知最初からこの娘をと決めていたがせっかくの機会だから本人に選ばせる趣向にカラオケ店に来てから思った」そうです、

この時は全く疑いもなく喜んでTさんの行為に感謝した次第です、 がTさんの体験談にもあるように彼は決めていたアガシをカラオケ店で再度近くで見て心変わり急遽前段の行動に至ったようです。

パートナーが決まったところで乾杯しカラオケタイム、ショートコース希望の若い社員2名も混じり6人で大いに盛り上がり、時々パンツ一丁のお店のショーマンがやってきてさらに場を盛り上げてくれる、パンツに1000WONを入れてやるのが風習らしい程なくショータイムも終わり団長さんがショート希望の二人を連れ店を出た。

4人で少し会話を楽しみながら焼酎の水割りを、今日は早起きで疲れているはずが全く眠気もしない元気百倍(英気を養うとはこういうことか?この年までこんな実感は記憶にない?まだ40代ですよ)パートナー(R嬢)は日本語が堪能でジョークも上手い好きな男性のタイプはと聞くと「福沢諭吉」とさらりと言った、一同一瞬顔を見合わせたが「野口英世」はあまりタイプではないと言ったので大爆笑となった。

「コレには参りました」

Tさんが樋口一葉は?」と聞くと彼女は「その趣味はないよ」、、、と再度大爆笑大いに盛り上がったので最後に「居酒屋」と「二人の大阪」をデュエットし店を出ることにフルーツやつまみがたくさん出ていたので料金が心配でしたが2万円強でほっとしました。

タクシーでホテルへ向かい途中コンビニでビールやつまみを買って夫々の部屋へ、もう少し4人で飲んでも良かったが私はタバコを吸わないため3人でプカプカされるとたまらないので私から声は掛けなかった、幸いTさんも「じゃぁ頑張って」と言ったので夫々の部屋へ部屋に入ると、ソファーのテーブルにフルーツ(ハ゛ナナとリンコ゛)が盛られて置いてありエグディクティブルームを実感した(会社持ちで無かったらこんな部屋には泊まれない)

このホテルの20階にはエグディクティブ専用のティーサロンがあり無料で利用できるが一回しか利用しなかった。アガシ遊びを目的に来るなら格安チケット、格安ホテル&ラブホにし泊数を増やすかアガシのグレードを上げたほうが良いと思います。(早くも次回計画中)

さて、まだ時間も早いので(22時40分)コンビニで買ったビールとつまみでしばし酒盛り、R嬢は酒が強いビールをグイグイ飲み干しせっかくだからと言ってフルーツもせっせと食べ始めた突然携帯が鳴りTさんからだ、韓国のPJA(プロゴルフ)テレビでやってるとのこと既にチャンネルを合わしていたが彼女との会話であまり見ていなかった。

お互いの身の上話をしながら酔いも回ってきたので先にシャワーへ念入りにシャボンし歯も磨いて準備万端で出てくるとR嬢がバスローブ姿になっていて入れ替わりバスルームへ・・・ムフフフ

バスローブの下はスッポンポンか?彼女はずいぶんこの仕事に慣れているようだ、30分ほどして漸く出てきたが少し顔立ちが違う、が結局は自己責任とあきらめ投資額の回収へ、明かりを落としてベッドイン、

肌はすべすべ、オッパイも小ぶりだが柔らかく張りがある、DKを交わし首から下へと舌を這わす、おへそをペロペロすると腰をくねらしくすぐったいと言って体をかわし彼女が上にDKの後耳たぶにキスかと思いきや耳の奥へ舌を、、レロレロして今度は耳たぶを噛んだ 

「痛いっ」と思わず声を出すと「ごめん痛かった?」と猫撫で声で、ここで私はこのお嬢、まさかSM趣味か?私にはその趣味は無いので素早く体をかわしレロレロ攻撃太ももから彼女の中心周辺を丁寧に、彼女私の頭に手を当てて中心へ促しますそこは既に洪水シーツを濡らしています、

さらにぐっと膝を立て腰を浮かしてアナルへ誘います、首が痛くなったので攻守交替Fをせがむと69の体位に私は顔中彼女のお汁でべたべたでもう腹いっぱい、彼女は本当にレロレロされるのが大好きです、


首が痛いので程ほどにレロレロしていると彼女のFが手も使いながら高速上下。アカンやめろ彼女のオ尻を叩きながら堪えるもあえなく発射、畜生ーー、挿入なしでいかされたーそんなこんなで1R終了、汗もかいたのでシャワーへ

顔を石鹸で洗いすっきり、「いい?」と言って彼女も入ってきた、明るいところで見るボディーは身長155,6cmと小柄だがお尻も大きく胸は大きくはないが良い形アソコにシャワーしている姿に思わず息子が反応

秘薬の効果か、すこぶる元気(実はTさんから不覚の無いようにと秘薬を仕入れていた)彼女も嫌がるそぶりは無くバックから挿入、一発発射の後にもかかわらず彼女の野獣のようなあえぎ声に口を押さえながら無事発射、安堵、安堵、 

バスを出てさすがに喉も渇いたのでビールで乾杯、しかし彼女酒が強い。缶ビールを半ダース買ってきたがコレが最後で4本目。彼女が飲んでいる際に、私が最初「どうしてFで」と言うと「ウフフと笑って少し意地悪したの」といった、賺さず「バスでしたからいいでしょう」「しかも生で」「あっ、コンドーさん着ける余裕無かったなぁ」「大丈夫?」と聞くとニコッと笑って安全日よと言った

さぁ、明日早いからもう寝るよと言って私はベッドへ、彼女はもう少し飲みたいと言って「ホテルのビールいい?」て言うのでどうぞと言って私は眠りについた、(1時30分)彼女が何時に寝たかは知らないが朝方下半身に違和感を感じ目が覚めた外は薄明かりだから6時過ぎか?

なんと彼女愚息を触っているではないか昨夜2発発射したから朝は考えていなかったが愚息が反応(まだ40台なので秘薬は良く効きすぎる?)お互い手でクニクニしていると彼女も準備万端洪水状態になったので正上位で挿入濡れそぼっているのに窮屈に感じる韓国女性は諸兄も言っているように本当に締りが良い、騎乗位に移ると一際声が大きくなる

昨夜もそうであったが彼女バックが感じるみたいハスキーなうなり声に愚息も反応最後の一発と思い粘りに粘って発射腰がぐらぐら膝もがくがくお互い放心状態でベッドに横たわり私は、はぁぁ、はぁぁ言っていた

程なくアラームが鳴って7時だと判った、その後お互いシャワーを使い身支度を、彼女も薄化粧をして出てきた。時間も無いので約束の支払いと気持ちばかりのチップを渡し、再会を約束し彼女を見送った。

朝食のためホテルのレストランへ行くと何やら昨夜の戦績について御大と若い社員が盛り上がっている、私も入りしばしY談、昨夜団長にショート(ソープ)を案内してもらった2人は日本では経験したことが無いシステムで時間は60分だがアガシが2名しかも20代の若い娘で揃っていて彼らの相手も大当たりで大満足だったそうだ。

詳しく聞くと団長の案内でビルの入り口から地下へ階段を降りていくとおばさんがいて続いて若い衆の案内でシャワールームへそこで服を脱ぎ、貴重品をロッカーへ、シャワーをしてお店のバスローブに着替えベッドと簡易シャワーのある別室へ入ると一人目の娘がいて笑顔で手招きベッドへ一回戦開始DKからFへ攻守交替して胸から下半身を責め挿入を促され正上位にてフィニッシュ、

何やら韓国語でアガシがドアーの方に言うと二人目の娘が登場してアガシ交代その娘と簡易シャワーで前戦を洗い流し再びベッドへ

すぐには無理と思った彼は日本語で話しかけたが理解されなかったようで、すぐに抱きついて来たそうだ軽くキスをしてベッドに大の字になっていると彼女が上になり首から胸さらにシンボルへ手と口を駆使しピンポイントで攻めたてるそのテクに息子もビッビッと反応素早くスキンを被せられアガシ上位で腰使い良く感じてきたと思ったら正上位を促され高速ターボでフィニッシュ

他の一人もほぼ同パターンとのこと しかし60分2本勝負しかも相手が変わるとは彼らも良い思いしたなぁ

 コレも団長のおかげ感謝、、感謝、、次回はコレも試そう、団長よろしくね

そこへ今回のプランナーのTさん登場、団長に巡り合えたのもTさんのおかげ、一同今後社内ではTさんを団長と呼ぶことにしようと言って笑った

Tさんに各自の一通りの感想を報告し一行のアガシ初体験は無事全員満足、既に次回を検討中その節は団長さんよろしくお願いいたします。長々と駄文で申し訳ないが初体験を計画中の諸兄のご参考になれば幸いです。


団長のコメント:ソープは言葉の壁があり、Hのみ追求する人用、アガシは言葉が通じ「心の洗濯」や癒しプラスアルファでHもという人用です。用途によって使い分けましょう(笑)



NO.141 Tさんことテニスボーイ(匿名)


今回連休を利用し、会社の○○部の旅行を計画し総勢8名内女性2名の陣容で一泊二日の強行軍ですがソウルへ行くことになりました。

6名が初訪韓とのことで旅行社が観光をびっしり入れておりましたが小生以下5名は他に目的があり到着後現地のガイドと話をつけることで小生が一任を受け(女性を含む3名にもエステやサウナ、アカスリが非常に評判がよいと刷り込み、スケジュールの一部変更を承諾、、、(苦労しましたが)

聞き及んでおりましたキーセンアガシ(接待、もてなしをするお嬢さんと言う意味?)最近はエスコートアガシと呼ばれているそうですが,当初は旅行社の現地ガイドに斡旋を依頼しようと思っていましたが、近年韓国は経済発展を遂げ先進国となった手前この種の風俗は非合法となり当局に稀ではありますが日本人客も数人一時拘留されたこともあると聞きました、がそれは日本も同じでそのときは交通事故と思おうと決意し、いざ旅行社の営業に連絡、、、


が現地ガイドは女性で現状その種の斡旋は控えているとの事、まあお堅いJ○Bならではと思い自力で捜す事にしサイトを検索中、団長さんのHPに釘付けになりました。

疑い深い小生としては飛びつかず先ず体験談の中で不満足な思いをした方の談をじっくり読むことにしました。(恐妻家の私としては、休日にさも仕事をしているように装いながら、、、)20件ほどの不満足体験談を拝見しましたが、これはやらせや詐欺まがいのいかがわしいサイトではないとの確信を得(それは数々の女性をちぎっては投げ?の小生の経験則に自然に沿う内容のものが多く寄せられていたからです)、

また満足体験談も話し半分としても(そのときは体験談を自ら書くほどの満足を得るとは思いませんでしたが、、、、)これは一見の価値ありと判断、早速団長様に半信半疑ではありましたが意を決し渡韓2週間前にメールしました。


翌日、丁寧な返信メールを頂き一抹の不安はほぼ解消されました。一行のうち3名がアガシを2名が団長紹介によるショートコース(ソープ)を所望し、一通りの好みや喫煙を嫌がらない子や、喫煙しない子等、渡韓10日前に予約フォームに詳しく書き、(喫煙するシナイはあまり関係ないと思いました、タバコを嫌いなS君は結局喫煙する子を選びホテルでも喫煙させましたから)質問や疑問点を数度のメールで応答していただきながらいよいよ出発日がやって来ました。

関空9時30分発のため早起きを余儀なくされましたが全員そろっていざ出陣、 定刻、仁川空港に到着し早速団長さんにсzテルにチェックイン後に再度рとのこと、(ただ、空港から掛けたрフ第一声はやや無愛想で威圧的でしたが、これは団長さんも慎重に相手を見極めているのだと思いました。)


早々現地ガイドとスケジュールを調整し16時半にはホテルにチェックインする事になりましたがそこで問題発生、今回の旅行は前期の会社決算で好成績を得又今期も好調のため担当役員同伴で奮発したこともありホテル、食事すべて韓国一流どころを設定一泊二日で割高(通常旅行業者パックは2泊3日の団体で抑えるため航空チケットが安くなる)となりましたが、、夕食の高級焼肉店ががホテルからチャーターバスで片道40分かかる江南との事、それでは一行の食事が済んでホテルに帰ってくるまで3時間近くかかることになります。

計画では食事までの約90分間に私が3名のアガシを選びホテルで待機の二人に夫々対面させ、団体での食事の後(女性陣がいるためアガシは同伴させませんでした残念無念、通常は同伴で食事が定番とのこと)の過ごし方を打合せをすることにしていたのですが時間的に不可能となりました。

ガイドには悪いがホテルから往復80分も掛かる店など設定するのは非常識だとついクレームをつけてしまいました(日本に留学経験もあるインテリでややぽっちゃりした可愛い女性でしたが、年はアラフォー?色々すみませんでした)運転手とも相談すると高速道路を使えば往復40分とのこと・

ぇえ早く言ってくださいよ高速代など何ぼでも追加負担しますよ時間の方がとても大事なんです(この辺りでどうやら小生どもの企みがガイドと運転手には理解されたようです。当方地位も名誉もある重役と女性社員同行のため、おおっぴらにできないんですう)何だかんだで市内観光もそそくさと切り上げ漸くホテルにチェックインしましたがまたもや問題が。

グレードを上げてエグデクティブルームを予約していましたが全室禁煙です、今回の旅行は、上司の重役が自ら部下の意見を参考に旅程やホテルを業者の提案に基づき決めたものでした、、、が行程やホテルの詳細を把握していない状況に小生はいらっと来ましたが重役に怒鳴る訳にも行かず、せっかくの旅行ですのでぐっと飲みこみホテルと交渉、8部屋の予約でしたが喫煙者2名はジュニアスイートを使ってもよいとのこと、しかし2名で一部屋(入り口が二つで夫々広く中で行き来できる部屋とのこと)というので断り、階下のスタンダード部屋に移ろうとしていたとき団長からпB

既にアガシがスタンバイしているとのこと結局禁煙ルームで我慢することにし、急いでタクシーに乗り団長にч^転手に代わり行き先を告げてもらい指定場所で降り再度

横断歩道を渡るとそこは楽園、否、団長とご対面、多くの諸兄が体験談に書いているように団長はマジ紳士で会った瞬間に抱いていた不安感は微塵も無く消えました。

団長曰く予定より小生が約1時間遅れたため押さえていたランク内最上のアガシが数人他の客に取られてしまったとのこと、これについては小生は全く動じませんでした、よくある紹介者の常套句だと、それでも7名を揃えているから選んで下さいと待ち合せのカフェへ徒歩30秒、団長とテーブルにつきタバコを吸おうとするとここも禁煙とのこと(団長、アガシも大半喫煙するのに次回は喫煙喫茶にして下さいねー、これも作戦かも知れませんが喫煙者はアガシを選ぶのに緊張のため必ずタバコを吸いながら選び時間を掛けがちになるー?しかし一服後に決断しますかと言うフレーズありましたよねね、、、)


団長さんの後ろの3つのテーブルに2名づつと斜め横のテーブルに1名総勢7名のアガシがこちらを見るわけでもなくおとなしく座っているではありませんか、先ほどの団長さんの口上を思い出しましたがランク○でこれ以上が何人もいるわけ?確かにレベルは高いと思いました。(真っ正直)


後でアガシ達から聞いたのですが私が一人で来たからびっくりしたそうです3名が選ばれることは団長さんから聞いていたようですが、一人で3人??4Pなの(あり得ないですう)キャリアの浅いアガシは思ったようです。


事前に団長には伝えていましたが社内旅行で女子社員も同行していて又、60代の重役(プライドが高く世間体を気にするタイプ)から女子社員には絶対バレ無いようにとのお達しもあり、小生が一任を受け全権大使として3名を選ぶことになったのです。


諸兄の数々の体験談にもあるようにアガシ体面時は本当に何ともいえない緊張感があり(アガシ達も同じ?)それと共に小生はスリリングな幸福感に包まれながらじっくりと夫々の好みを選びたいと思いましたが、団体での食事時間が迫っており、団長にアドバイスを求めたところ7名のうち1名が日本語がほとんど出来ないとのことでこの子ははずし、今回非喫煙者は無く全員喫煙するとのこと、また全員横顔しか見えないが体形と身長はおおよそ見当がつく、が見れば見るほど迷いますので(レベルが揃っているので)全盛期の大場久美子風で最初に目がいった子と、2名ずつ座っている3つのテーブルで二人が友達なのか何度かヒソヒソ話している2名(一人は安めぐみ風もう一人は古いがアイドル時代の中村晃子と観月ありさを足して割ったような少し気の強そうな子)を意を決して選ばせていただきました。


団長曰く「アガシをホテルに連れて行きますか」他の二人にご対面させたかったのですが時間がありませんので、団体での食事後20時に団長紹介のカラオケ店(日本人専用)で待ち合わせをすることにしカフェ代金5万wonと時間つぶしにと5万wonを置いてきたのです、が(後でアガシに聞いたのですが団長さんが1万won足して2万won ずつアガシに渡してくれたそうで有難うございました)

ホテルへ向かうタクシーの中で5万wonは少なかったなあ一人1300円位だから12、3万wonを置いてくるべきでした、アガシにはけちな日本人と思われたかなあ、ホテルに到着すると一行は夕食に向かうチャーターバスを待っていました。ショート所望の2名の打合せをしていないことに気づき団長にпA

カラオケ店へ一緒に来てくださいとのことで一安心、食事は江南のボドナプチプと言う名の韓牛の高級焼肉店、コース1人前15,000円位、骨付きカルビと上ロースが人気で上ロースはすぐに売り切れるので事前予約が必要とのこと小生はやはり和牛の方がはるかに旨いと思いました。

ただ、薬味が色々あり、ナムルや野菜、スープ類のほかメイン料理以外はおかわり自由で、すべて無料(日本ではお茶と水くらいですが)には驚きました、量も多く日本の2人前くらいあります。カルビやロースはお店のお姉さんが焼き過ぎないように付きっきりでお世話してくれますが小食の小生にとっては苦痛でした。

ビール、焼酎、マッコリ等飲みながらの食事も心はアガシの待つカラオケ店へはやり、幹事に目配せして引き揚げの合図、つわもの5名はいざ戦場へ出陣と相成りました、団体のため一旦ホテルへ、

急いで着替えをし(小生は先ほどアガシ達と対面しているのでイメチェンのため少し派手めの赤を基調としたストライプの半袖シャツにスリムなパンツを合わせメガネも替えて首筋にコロンを少し、サマージャケットを羽織、我ながらオシャレなミドル?)


ホテルから5名でタクシーを飛ばしお店に着くと何とパブ風の広いフロアーに多くの日本男児がアガシと盛り上がっているではありませんか、団長の案内で奥の小部屋に入るとそこには小生がチョイスした3名のアガシが鎮座しており感激、早々お酒とカラオケが嫌いでホテルに待機している重鎮のために選んだアガシにタクシー代1万wonと携帯のメモを渡しホテルに向かわせました。

残る二人のアガシを近くで見て小生は心変わり、賭けではあるが相棒に先に選ばせることにした、好みを知っている小生には自信はあったが案の定ヒット、気が強そうだが若いときの中村晃子(今の若い世代には無名?)似の30歳前後の子が小生のパートナーと相成りました。簡単な挨拶を交わしカラオケタイム突入、ショート所望の若い社員達もお店のショータイムを見てから団長に案内していただくことになり、しばし6名で合コン。


焼酎の水割りで乾杯しテーブルには食べきれないほどのフルーツとスルメや乾きもののつまみ(少し料金が心配?)それぞれのアガシがフルーツやつまみを口に運んで食べさせてくれます。サイコー、幸せだなあ(浮世をしばし忘れ明日の英気を養おう)時々お店のショーマンがやってきてタンバリンを叩いて大いに盛り上げてくれます。


ショーが終わり2名が団長の案内でショートコース(ソープ)へ、(21時15分)あまり飲みすぎると自信の無い小生等は22時頃に引き揚げることとしカラオケで十八番を披露した後、締めはアガシと居酒屋をデュエット、日本語できちんと歌え(今回の3名は日本語はぺらぺらでした特に相棒が選んだアガシーは頓智や駄洒落もうまいのでびっくり)ばっちりでした。


22時になり引き揚げることに清算すると26万won(2万円位でアガシを含め4名ー6名での飲食ですのでリーズナブルですね)団長にお礼を言って4名タクシーでホテルへ(韓国のタクシーは安い日本の4分の一以下です)途中定番のコンビニ(ファミマ)に寄りビールやつまみを買い込んで夫々各部屋へ

時間は22時40分、明るい部屋でマジマジと彼女を見ると顔立ちからやや気が強そうだが小生の好み、背は162,3pスタイル良し、今日一日走り回り汗もかいたので(冷や汗も)酔いが回らないうちにと「先にシャワーいい?」と言うと流暢な日本語で「どうぞ先に使って」(皆さんこんなのいつまでも読んでいないで百聞は一見にしかずですよ、レッツゴーインソウル)入念にシャボンし、バスローブ姿で出て(約10分)彼女に控えのバスローブ使う?と聞くと頷いたのでそっとバスルームに掛けてそばに行くと冷やしておいた缶ビールを彼女(Kちゃんと言います)が注いでくれシャワーするねと言って化粧ポーチを持ってバスルームへ、

Kちゃんを待つ間NHKのニュースを見ながらビール、あーー旨いっ、ニュースに飽きチャンネルを回すと韓国のPGA(プロゴルフトーナメント)の録画をやっていたのでゴルフ通の小生は(HD5でアマ競技に出ています)待つ間の肴にとしばし観戦、隣の相棒に携帯でゴルフやってるぞと伝えると既に観ているとのこと、この後は朝までрオない旨伝え、ビールがやや温いので残りを飲み干しホテルのビールをチョイス、Kちゃん遅いなあ、女性の長湯は万国共通か?

30分は過ぎたころ、充電をしていた彼女の携帯が鳴った、出るわけにもいかず着信恩を聞いていると5.6回で鳴り止んだ、バスローブ姿で漸くKちゃんが出てきた、化粧を落としナイトクリームだけの素顔だが30前後の柔肌。目に狂いは無かった満足です、皮下脂肪がふっくら乗った手指、これは餅肌だ、そそくさと小生の横に座った、

コンビニでKちゃんが選んだバドワイダーを冷蔵庫から出しグラスへ注ぐと「有難うよく気が利くね」とKちゃんが言うので「可愛い女性には自然にそう振舞ってしまうんだ」と言うと嬉しそうににんまりと笑って小生をじっと見詰ている(笑顔が特にすてきだ)自然に左手をKちゃんの肩に廻し抱き寄せ軽めのKISS、

「あっ携帯が鳴っていたよ」と言うとカラオケ店から直ぐにホテルの重鎮のもとへ向かった安めぐみ(風)さんからメールとのこと、「少し電話してもいい?」小生が頷くと何やら韓国語で話し始めたがすぐに終わりごめんねと言って横に座り、「彼女、もう家に帰っているんだって」小生は重鎮が一人で寝たいのでことが済めば帰ってもらうと言っていたから予定通りだと思ったが彼女は驚いてメールしてきたようだ、

最初に料金とチップ10%を差し出して「私はご覧のとおり年配で一戦交えた後は一人でゆっくり寝たいので申し訳ないが泊まらずに帰ってほしい」彼女が快く返事をすると「されて嫌なことは?」とか聞いてくれたりとてもいい人でやさしくて女性の扱いを心得ている人だと言ってとても機嫌が好かったそうだ、

小生も何とも嬉しい気持ちになった、改めて乾杯し(23時30分)お互いの身の上話などしてもう少し飲むことに、カラオケ店で小生等を待つ間彼女たち3人は団長より「相手は40代、50代、60代のサラリーマンで社員旅行で来ている」と聞いたそうだ、彼女たちはカラオケに来ないお酒も飲まないでホテルにいる60代の人が大変気になったようで変人だったら困るねと言い合い当たらないよう祈っていたそうです、

小生は重鎮に逢えば意外と若く見えるし(髪は染めているが地毛で禿げてもいないし男前で若い時から女遊びは盛ん」自身はありましたが、Kちゃんも彼女の相手がいい人で良かったと安心したように言ったので「小生は?」と聞くと、「最初から私に決めていたの?」と逆に聞いてきた、正直最初は既述のとおり隣のアガシと思っていたがこんなことは馬鹿正直に女性には絶対言ってはダメという小生の信念から方便で「一番最初に自分の好みを選ぶでしょ、もちろん君を最初にキープして連れの好みに合わせて後の二人を選んだ」と言うと信じるよと言いながらビールを口にした

Kちゃんは31歳(2、3歳は若く見える)3人兄弟で長女、妹と弟は既に結婚して子供がいるとのこと、両親と弟夫婦で商売をしていて、Kちゃんは弟夫婦に子供が出来てからは家業の手伝いより家事と甥と姪の子守がメインになっている、アガシの仕事はそれをメインにしている友達から忙しいときに依頼があり都合がつくときだけ受けていて今回は一ヶ月ぶりとのこと、

彼氏もいなく結婚願望もあまり無いと言っていたが(弟や妹を見ていて大変そうだから)まあ現状の生活空間ではあまり機会が無いんでしょうかねぇ 可愛い子でこのまま年を取らせるにはいかにももったいないなぁ、

色々話をしているうちに夜も更けてきた(12時50分)明日9時には観光のためホテルを出ないといけないので「そろそろ寝る?」と言うとうんと頷き「歯を磨いてくるね」と言ってコンビニで買った歯ブラシを持ってバスルームへ入れ替わり小生も念入りに歯を磨き、歯周病予防のため毎夜使っているガムのナイトケアーで念入りにうがいをして準備万端バスルームを出ると、部屋の明かりをやや落とし広いベッドの端に腰を浅く掛けてうつむいたKちゃんが顔を上げて小生をちらっと見てまたうつむいた、そのしぐさが何とも愛らしく思わず彼女を抱きしめた、

DKが苦手と言っていた彼女だが自然にお互いの舌が絡み合いそのままベッドへお互いのバスローブを剥ぎ取るようにして抱き合い小生が首筋からバストへ唇を這わすと彼女は熱い吐息をかすかに漏らし小生の首に手を廻したすでに濡れているのか下の方からほんのりチーズの香りがする、

乳首は淡いピンクで舌で転がすと硬くなってきた左右を満遍なく愛撫しながらそっと左手を密の花園へす
でに大洪水で溢れている、そのまま唇を下へと這わし花園へと見せかけ直前にかわして右の太ももへむっちりとして滑々、久々の若い柔肌に感激しつつ、いざ彼女の中心へクリちゃんはやや小さい目だが(うちの愚妻が大きいのでそう思ったかも?)すでに突起している、舌の先で転がしながら軽く噛んでクリちゃんを包皮から剥き出しにし愛撫し始めると彼女はこらえきれず喘ぎ声に変わった、

するすると下から上に行くと彼女がすかさず右手で小生の愚息をさらに左手を添え両手で握りコキコキ、すでにビンビン、Fを促すと体を起こし左手で小生のタマタマを包むようにそっと握り右手をベッドに沿えて体を支え愚息をパクリ(Fはあまり得意では無いのか経験が少ないのか少しぎこちない)

69の体制に体を移動し足を開かせお互いに舐め舐め、彼女が大洪水のため小生の鼻に蜂蜜が浸水、手で拭いながら前戯十分と診て正上位に移行

「小生がゴムなしでいいの?」と聞くと、アッと言ってベッドから飛び降りたバッグの中を探している(時間が長く感じる30秒位だがこういう場面の30秒は長い)やっと見つけて再びベッドへ普段の小生なら当然中折れですが、ソウルまで来てしかも若いアガシ相手に不覚を取るわけには行かない、いざという時に愛用している秘薬を持参、彼女がシャワー中にこっそり飲んでいました(大正解ですぅ)

彼女がごめん、大丈夫と言って愚息へ手を「硬いねぇ」と言ってほっとしたような笑顔を見せた、手際よくゴムを着けてくれてDKのあといよいよインサートすごく濡れているが窮屈に感じる小生は決して大きくない(普通より小さ目ですが)体験談でも大半の方が書いているが本当だ韓国女性は狭いのだ、彼女の左足を右腕に絡めて押し上げゆっくりと深く入れ、入り口近くまで早く引く、数度繰り返すと彼女の喘ぎ声が益々激しくなりその声に小生も刺激され高速スピン(ピストン)

彼女が仰け反ると同時にフィニッシュ、

秘薬のためか愚息は未だ元気、余韻を味わうように蜜園をゆっくりと泳いでいるとぴくぴくと小刻みに愚息を締め付ける感触、彼女がマジ昇天したのが何とも嬉しく強く抱きしめた、ゆっくりと愚息を治め後始末をしようとすると「トイレに(バスルーム)行こう」と彼女に促されバスルームへ手際よくゴムの処理をし入念にシャワーで愚息をシャボンしてくれた、

小生は先にバスを出てミネラルウォーターを飲みながらソファーに掛けタバコに火をつけた、ナニの後の一服はまた格別ですな、

彼女も出てきたのでグラスにウォーターを注いで渡すと一気に飲み干し「おいしいアリガト」と言って小生の横に掛けタバコを吸った。小生が朝一Hは嫌?と聞くと「昼間体が重くなるからあまりしたくない」と言うので小生は愚息が早起きなのでよろしくと言うと少し笑って「元気な中年ね」と言った、時計に目をやると1時45分やべぇ二日続けて寝不足だぁ「さぁ寝よう」と小生が言ってベッドに入り小生の腕枕で寝ることに「小生が寝入ったら離れていいよ、いびきをかくから」と言うと彼女は「寝つきがいいから先に寝るよ」と言った。

彼女のナイトクリームの香りが心地よくウトウトと睡魔に引き込まれていく、どれ位の時間がたったのかふと目がさめたベッドのサイドテーブルに置いた腕時計を手探りで探す、寝るときに彼女が明かりをすべて落としたので周りがまったく見えない漸く時計を見ると蛍光の針が4時5分を指していた、2時間ほど寝たようだ、トイレを済まし、彼女に目をやると広いベッドの端でこちらに背を向けて寝ている近づくと小さな寝息を立てている、

6時ころまで寝て朝Hに備えようと思うが昨夜の余韻がよぎりなかなか眠れない、そこで彼女の額に熱を測るように左手をそっと当てると、びくっとして敏感なのかすぐに起きて「何?」「今何時?」とやや不機嫌に言うので4時半と言うと「7時まで寝かせて」と言った、

「ちょっと触っただけですぐに起きたね」「私すごく敏感なの」「アレもよく感じていたからなぁ」と言うと
「日本の男はみんなスケベだね」というので「男が助平なのは万国共通だよ」「そうだね女もそうかも」と彼女が呟いた、

どうやら愚息も起きてきたので極朝Hと思いきや、すかさず彼女が「7時まで寝ましよ」と言うので無理やりは疲れるし機嫌を損ねてはと思い寝ることに、が、お預けを食った愚息が駄々をこね眠れない、男にとってお預けほど残酷なことは無いとつくづく思った。

「ねえ、ねえ、」と呼ぶ声に目が覚めた、彼女はバスローブ姿で横に立っていた「時間だよ」と彼女が言うので「何時」と聞くと「8時」「えぇ?8時」シマッタ寝過ごした朝Hはあきらめるしかない、8時半には用意をしてバイキングの朝食を済ませ9時前にチェックアウトしないといけないから、その旨彼女に伝え着替えるように言うと「7時に起こしたが小生がムニャムニャ言って起きなかった」と言うではあーりませんか

「彼女、昨夜言ってたように朝Hは本当に苦手のようだ」素早く洗面し着替えをしてタバコの吸殻を入れたペットボトル大小をナイロン袋に入れようとしていると彼女「何するの」小生が「禁煙ルームだから置いてけないだろう」というと「大丈夫禁煙ルームでも灰皿を持って来てといえばホテル側も持ってくるのよ」と言ってそのままゴミ箱に捨てた、

マナーの良い小生は気が引けたが「旅の恥はかき捨て?」それで良しとした、昨日この部屋は禁煙だからつらいねと言うと「心配ないよすぐに灰皿をつくるから」と言ってコンビニで買ったヨーグルトをぺろりと食べ「コレね」と空の容器を差し出した、禁煙ルームはこうしているらしい、

後で聞いたが他の二人の部屋でも同様でした。彼女に「有難う楽しかった、しばらく忘れられないなぁ」と言うと「また、逢いに来て」「ねっ」としんみり言った何とも可愛い子だこれでお別れだと思うと秋風が吹いたように急に寂しくなった。


時間がないので約束の料金とチップ1万円、それと今日はWONもあまり使わないと思い5万WONを朝食とタクシー代と言って奮発し追加した。彼女は少し驚いたような顔をして「有難う」、「メール見て」と言うので携帯を見るとメールが2通、SMSとEMSへ空メールが(昨日カラオケ店でアドレス交換していた)

すかさず空メールを返信すると着信音が聞こえ「来たよ」と言った彼女の顔が嬉しそうに見えたのは小生の錯覚か?

「暇な時メールしてね」「電話でもいいよ」「元気でね」と彼女が言ってくれたので「日本に着いたらすぐメールするから、君も元気で風引かない様に」「じっぁ私帰るね、有難う」と言って彼女はドアーに向かいノブを握って振り返りもう一度「じゃぁね」と言って部屋を出た。

小生は急いで身支度をし朝食に向かった、ご一行はすでに朝食を取っていた昨夜アガシを伴った御仁達の席に同席し感想を聞くと大満足とのこと小生の隣の部屋の相棒は8年ぶりに夜と朝、2戦交えたとの事

「くやじいぃ」、

小生の女性を見る目にはたいそう驚いていた、重鎮も大満足で小生を団長と呼び、「安めぐみより2歳年上だったがいいコだった、次回も君にお任せします」と言って上機嫌で笑っていました。

団長さん、全員大満足で今回の企画は大成功でした、次回も是非ともよろしくお願いいたします。

長々と駄文で申し訳ないが最後まで読んでいただいた諸兄に感謝申し上げ、今後のご参考になれば幸いと思いつつ筆を置く事といたします。


団長のコメント:詳細な体験談ありがとうございます。皆さん大満足だったようですね。また次回お会いしましょう。



体験談一覧へ