NO.160 素敵な韓国旅行@2回目!!


二回目の訪韓 金曜日 12時仁川空港到着。入国手続き後、団長に電話連絡。リムジンバスにてソウル市内へ。ホテルでチェックインを済ませて15時に団長の指定するとあるホテルのロビーへタクシーで向かう。昨年も団長にお世話になっており何の不安も疑問もなく指図に従う。時間通りに団長登場。近くのコーヒーショップへ移動。


しばらくすると3名のアガシが席へ座る。「手前に座っている女性がオススメです。」とささやき声で団長のアドバイス。ためらうことなく団長推薦の女性を指名・・・


 160cmちょっとでスタイルは素晴らしい。(藤原○香の85%ぐらい)顔も若かりし頃の「プッツン石原某」のような感じで美人。

コーヒーショップを出て付近を散歩。夕食には少し早かったのでコミュニュケーションをはかる為にバーへ・・・ が日本語を勉強中でやや疎通に困る・・・ しかし、文明の利器とは恐ろしいもので「携帯・日韓通訳サイト」を開けば、ほぼ9割意思の疎通がはかれる!女性も「韓日通訳サイト」を開き「筆談」状態。それでも楽しく片言を交えて会話が成立。

夕食は「韓国版すき焼き」を食べて、団長御用達の「カラオケ」へ。前回同様、カラオケ従業員の感心するほどの素晴らしい接客
に大満足。21時過ぎ、二人ほろ酔いでホテルへ。

 ○香の85%の身体はとても綺麗で素晴らしいものでした・・・ が女性がやや消極的で「エキサイト」までは出来ず。消化不良で就寝・・・
早朝からゴソゴソ気配を感じ時計を見るとまだ6時。ふと見ると彼女は早くも帰り仕度・・・ そう言えば「今日は仕事がある」と言っていた。なごり惜しくもお別れ。笑顔でチップを渡しさようなら。

 
彼女の都合がよければ2日目も同じ女性をお願いして、買い物とサウナ・マッサージを予定していたためすっかり暇に。ここは24時間営業のカジノへ・・・ 

アガシへのチップ分稼いだ後、2時頃再度団長へ連絡。昨日と同じ場所で待ち合わせ。本日も3名の女性が候補で来ており、再度団長の推薦を受ける。ここも勿論、団長の推薦に従い167cm・47kg(後、本人談)でスレンダーで美人を1位指名。


日本語はかなり堪能も口数が少ない。どうやら私が「強面」で反社会勢力構成員と「思い込んだ」らしく(後談)、移動のタクシーで私が差し出した「日韓通訳サイト」のハングルでの「コーヒーショップの中で一番の美人でした。とても嬉しいです。」文章に満面の笑み。

「最初、嫌いでした。」(後談)も打ち解けお土産を買いにロッテマートへ。スーパー内の商品説明を丁寧にしてくれ、食料品売り場では「せっかくだから、全部味見したら?」とほぼ全部試食を取ってきてくれ当方が申し訳なくなりました。買い物は彼女推薦のお土産を中心に購入しお店から直接日本へ郵送。

お腹がすいてきてので夕食は彼女推薦の焼肉へ。移動のタクシーで5万ウォン札を出そうとしたら「5万ウォンは(高額紙幣なので)ダメです。」と自らのカードで支払いをしてくれました。(勿論お返し致しました)梨泰院の外れの焼肉屋へ到着。牛肉メインでおいしく頂きました。

話も弾み2人で焼酎を6本飲みほろ酔い?でカラオケへ。そこでもグビグビと焼酎を飲みご機嫌で従業員にチップをばら撒き?2時間程大はしゃぎ。10時ぐらいにホテルへ戻りお互いに服だけ脱いで爆睡・・・


 時計を見ると早9時!彼女に「時間は大丈夫?」と尋ねたところ「まだ寝る」とのこと・・・するとイチャイチャし始めてきて・・・
「お腹がすいたので何か食べに行きましょう」と彼女。

明洞を歩き「鱈のスープ屋さん」なるところへ。二日酔いには大変優しく素敵な朝食となりました。

その後再度カジノへ向かうことを伝えるとタクシーでカジノまで送ってくれました。もう12時なのに。名残惜しく握手をして再会を約束。改めてアガシの「個人差」を認識致しました。こちらが優しくすればアガシも人の子優しくなります。
素敵な韓国旅行でした。


団長のコメント:2回目のご利用という事もあって、当方もすこ〜〜し好みが読めたのでオススメさせて頂きましたが、初日、2日目共に満足されたようで幸いです(笑)確かにアガシにより「個人差」はありますね。良い面も悪い面も人それぞれ。また、その受け止め方も人それぞれです。人生色々、男も女も色々ですな(笑)



NO.159 次回も同じアガシで 


今回訪韓の計画が先輩から持ち上がりましたのが昨年の10月でした。
先輩70才 韓国に行きたいのだが、どんなとこかな?
私56才  25年前に行ったことあるけど、良いところでしたよ。
先輩    行きたいけど、ガイドさんがいないと行きたいところにいけないね。
私     ネットで調べて見たら、団長さんのサイト見つけたんだけど、一度見てみて
先輩    見たけど大丈夫かね.
私     一度連絡してみるね。
こんな会話から先輩と、3泊4日の訪韓を果たしました。
インチョン空港に到着ご団長様に連絡、対応はやさしそうでまず一安心、空港からホテルまで1時間、チェックイン後に再び連絡、待ち合わせのホテルまで15分位、三度連絡、そして、コーヒーショップで団長様にお会いしました。

お会いした団長様の対応に満足、このサイトをみつけて信じた自分をほめてやりたい。話が飛びまして、すいません。

待ち合わせの場所に4人のお嬢さんたちが待っていてくれました。

先輩も私も緊張しておりましたが先輩に第一指名権を譲りモデルさんみたいなスタイルの良いお嬢さんを選び、私は茶髪の小柄のお嬢さんを選びまして4人で今後の予定などをリクエスト、今日はまず焼肉料理を食べ、カラオケにいくことで話がまとまり、お食事タイム。

私の選んだお嬢さんは日本語は勿論、痒いところに手の届く、お嬢さんでした。第一印象、気が強そうでしたが、緊張のためでした。


このお嬢さんに韓国での会計を御願し手持ちのウォンを全て渡し無くなりそうなら補充することにしました。先輩も合わせてくれました。

私達は滞在中同じお嬢さんで御願しますと御願しておりましたので、その旨をお嬢さん達に聞きましたらOKとのこと、又明日着替えに帰らなくても良いこのこと、良いお嬢さん達ですね。ホントニ ホントデスヨ。


その後カラオケで騒ぎ、楽しい時間でした。皆さん韓国のカラオケ、ホストの子達がお客を乗せるのがうまい。最高でした。

カラオケからホテルに帰る途中にコンビにで買い物して先輩の部屋にて2次会の開催でしたが、先輩の目から早く帰れ光線で私を射るように見つめられ早々に退散。

私たちの部屋で3次会開催、韓国のお嬢さんはお酒が強いと聞いていましたが、私のお嬢さんの強いこと強いこと、終焉を迎えたのがAM4:30でしたがこのお嬢さんが気に入りました。

寝ぼけ眼がかわいいんです。ホントノ話一日でいろんな顔を見せてくれました。

この朝、団長様にお嬢さん達で帰るまでOKですと連絡をしました もし何かありましたら連絡くださいと言われておりましたので。

さて、2日目はかきの御かゆたべ、免税店でお土産を買いミョンドン餃子を食べ、NANTAを見て、居酒屋で夕食を食べたり、お嬢さん達の着るものと2次会の飲み物を買い物してホテルに帰り、二次会で明日のスケジュールの確認でけして私たちは引き上げ3次会に突入でしたが少しの時間だけでオヤスミナサイでした。

3日目ですが、朝お嬢さん達が着替えに一度戻り10時にホテルで待ち合わせでしたので先輩と朝食を食べ博物館を見学して来る予定でしたのでお嬢さんからお金を貰い待ち合わせの時間まで時間つぶしです。

ホテルでお嬢さん達と合流してソウルタワーに登り買い物をしフェイクショップに案内してもらいお嬢さん達にお礼の気持ちでハンドバックをプレゼント、本当はオリジナルをあげたかったのですが 喜んでもらえました。

夕食は先輩のリクエストで居酒屋さんで最後の晩餐をして、カラオケにすこしの時間お邪魔してホテルに帰り帰国の準備をしてオヤスミナサイです。

4日目朝5:00起床6;00ピックアップしてもらい空港にホテルをチェックアウトするときは正直辛かったですよ、3日間でしたが一緒にいましたから  ホントウデス。

こうして先輩との韓国旅行が終わり、普段の生活に戻っております。最後に今回の訪韓で出会えた方々 色々助けてくださった方々に感謝致します。本当に有難う御座いました。

文才が無いもので旨くまとめる事ができませんが御容赦願います。

私の感想ですがお嬢さん達も私たちも同じ人間です此方の接し方一つで楽しい思い出が出来ますよ。出来れば同じ子と長く接するともっとたのしいですよ。嵌るかも知れませんが。
PS
先日先輩から反省会をしたいからとの召集命令がきました。結果反省会ではなく第2回訪韓準備会になりますた。勿論私も大賛成です。そして二人とも同じお嬢さんです。 先輩が嵌ってしまいました。


団長のコメント:ハマッちゃいましたか・・・満喫されたようですね(笑)また会いましょう。



NO.158 あなたが命ずるままに・・・


韓国出張の空き時間をどのように過ごそうか?とオヤジ達3人で話し合い、
男はいくつに成っても男でありたいとの結論に達し、団長に初メールしました。
心配事は、諸兄と共通のものと思います。
本当に大丈夫なのだろうか?団長では無く、実は組長じゃないか?などと、
色々と考えました。
結果、男の本能には逆らえず、覚悟を決めて、団長にお任せする事に・・・。
この心配事は、メールで予約してから、団長とお会いするまで続きました。
そして、団長とお会いした、5秒後には心配事の多くは解決しました。
この5秒間には、会話は殆ど含まれていませんが、雰囲気で察し、安心感がありました。
待合わせ場所では予約した人数の2倍以上のアガシが待機してくれていました。
その中で、寒いのに涼しげな目でこちらを見ていたアガシを選択。
これで、問題は全て解決です。
各自、アガシを選び、明洞で夕食を7人で食べました。
アレ!人数が奇数だ?奇数の原因は韓国の友人の一人が飛び込みで
夕食に来てくれたためです。(彼も我々の事が、少し心配だったのでしょう・・)
当初、友人5人位で、押し掛けるとのことでしたが、丁重にお断りしました。
(10人以上だと、宴の終了が3時過ぎになることが解っていましたので・・)
この友人が場を盛り上げてくれました。殆ど、一人で喋っていました。
時間の経過と共にオヤジ達は、本能を抑えきれずに、モジモジし始めました。
しかしながら、血走った日本人のオヤジ達を除き、会話に華が咲いています。
そろそろ、切っ掛けを作って、御開きと考えていたところ、友人が、宴の終了の挨拶を・・
勝手に、仕切りやがって・・、と思いながら、この友人に全員感謝です。
そして、彼は風の様に去っていきました。(翌日には、また仕事で会うのですけれど・・)
その後、コンビニで飲物、食糧を調達し、ホテルに戻りました。
先に風呂に入っていると、後からソーと入ってきて、バスタブに二人で・・
風呂から出ると、脱いだ衣類が全て畳んであって、
しかも、アガシの服の上に自分の服が置いてあります。
その、心遣いで、完全にやられてしまいました。
積極的ではありませんが、いやな顔をせずに、朝まで付き合ってくれました。
しっとりと・・・、と言う雰囲気が自分に合い、素敵な時間を共に過ごせました。
演歌ではありませんが、『あなたが命ずるままに・・・』と言う感じでした。
いろいろなタイプのアガシが居ると思いますが、このアガシに大変満足いたしました。
団長とお会いして、当初の心配事は解決しましたが、
自分自身が、アガシにハマってしまう、心配事が発生してしまいました。
最後に、文中の韓国人友人との合同宴会は、デリケートな問題も含まれますので、
細心の注意が必要だと思います。


団長のコメント:皆さん、ご満足頂けたようで。最後に記されていましたが、確かに韓国人の友人との同席は出来る限り避けた方が良いですね。アガシは多少稼ぎが減っても良いから、知り合いにばれずに仕事をしたいと思い、こちら(日本人専用)の業界に来るアガシも多いですから。


NO.157 番外編 按摩(ソープ)


団長さんに紹介して頂き、会社の同期と韓国へ旅行に行った際に5人でソープに行ってきました。結果から言うと大満足でした。


韓国に着いてすぐ団長さんに電話した時は、声も渋く○○弁だったので、『ヤクザだ!』と思いましたが、いざ会ってみると、他の体験談で書かれているとおり、爽やかでした。面倒見の良いお兄さんという感じで。

諸事情で団長さんと二人で、私の連れの他の四人を待っている時間、2時間程2人で話をしていたのですが、凄く話しやすく気さくな方で、気まずさ等感じる事も無く時間を過ごせました。その間もアガシについても色々教えて下さり、大体のレベル感を街中の女の子で教えて頂き、ぜひまたお世話になろうと思いました。


さて、本題のソープですが、団長さんに紹介してもらったお店は、日本でよくある『女の子を選んでその子に一定時間相手をしてもらう』のではなく、『お金を払えば、一定時間内で複数回女の子達と楽しめる』というようなシステムらしく、回数を増やせば支払う額は増えますが、私達は団長さんに勧められたとおり、女性二人に相手をしてもらいました。


シャワールームみたいな所で皆で簡単に体を洗ってから、一人ずつ少し広めの部屋に通され五分程待つと、一人目の女の子が入って来ました。大当たりって訳ではありませんが、そこらへんにいる少しカワイイ大学生といった感じの子でした。

日本語はほんの少しだけ喋れて、お互いカタコトの日本語、英語、韓国語でコミュニケーションを取りながら20〜30分程相手して頂きました。プレイの方はと言うと、予め団長さんからも伝えられている通り、基本的には全て向こうにして貰い、こちらはほぼ男マグロ状態です。触ったりしても別に問題ないですが、こちらから相手に前戯を、というのは無いです。


これは韓国の風俗がというより、韓国の女性自体があまり普段から下腹部を色々触られるというのがないみたいですね。一応プレイ中に多少自然にやってみようとしましたが、嫌そうな反応をしていたのでやめました。


プレイが終わって五分程その子と話していると、次の子が入って来て交代となりました。
次の子は、小柄でしたが顔はユンソナ似の可愛らしい子でした。カワイイねと言うと、本人は、セクシーと言われたいと言っていましたが(笑)


今度の子も40分程相手して貰いました。まず、先ほどプレイしてから身体を洗ってないので、その子が体を洗ってくれます。結構ちゃんとした一人用のソファーのような椅子に座らされて体を洗ってくれます。体を洗ったあとはローションの様なものを付けて体をくねらせてこちらの体に塗ってきます。

これが、先ほど本人がセクシーと言って欲しいと言っていた通り、小柄でしたが出るとこは出ていて凄くスタイルの良い子だったのもあり、見た目的にも興奮し、凄く気持ち良くて、つい10分程前に出したばかりなので流石にすぐには無理だろうと思っていたのですが、気付けば体の方は準備万端になっていました。


そしてそこから後半戦開始となりましたが、今度の子はキスも嫌がらず、こちらからの前戯はしませんでしたが、仕事でされているという感じは無く一緒に楽しめました。


終わった後はまた時間までお互いカタコトで会話をして終了となりました。


他の4名も、うち3人はきっちり二回楽しめたらしくシステムにも凄く満足しておりました。基本的に団長さんが選んでくれている店なのでその時点で女の子の質がある程度確保されている上に、2人相手してくれるという事で2人ともハズレという事はないだろうと安心できたそうです。


以上、ソープの体験談でしたが、総じて思った事は、本当に少しでも良いので韓国語を勉強してると多少なりとも英語や日本語を交えてコミュニケーションが取れるので作業にならずに一緒に時間を楽しめるかと思います。


後は、やはり他の体験談で書かれている方や団長さんの話されている通り、そもそもの女性の性に対する意識が日本と根本的に違うので、そこはあらかじめ理解した上で行った方が良いと思います。


私が他の体験談で知りたかった、女性の質については全然問題が無かったですし、団長さんも、本当にこちらが納得するまで色々と細かい質問まで答えてくれました。やはり、そういう不安になる所を全て答えてくれて対応して頂けたので、とても満足できました。


最後になりますが、団長さん、終わった後も美味しい焼肉屋まで連れて行って頂き本当に何から何までありがとうございました。今度は一人で行ってアガシを紹介して頂こうと思っていますので、その時は宜しくお願い致します。


団長のコメント:韓国の風俗文化、確かに違いますよね。体験談を読みながら、当方も何も知らなかった十数年前の自分を思い出してしまいました(笑)



NO.156 始まりはいつも雨!?


団長さま。先日ははお世話になりました。

思い切って○コース二人をお願いしました。

7人待機の中から、相方さんが先に、そして私が選びました。

私の希望は小柄な日本語話せる子相方さんはスタイル良く情熱的な子。

私は一番小柄な感じの子を選びました。

雨が降ってしまったので、オススメの店に食事しに行き、お土産を一緒に選んでもらったりお酒も呑んだり、4人で楽しい時間がすごせました。

アガシはとても気の利くやさいしい感じでしたよ!

そのあとは別行動に。

情熱的で丁寧にしてくれました。

疲れのせいかJr.の機嫌があまりよくなかったのですが、一生懸命雰囲気作ってくれました。満足しました。

相方さんは詳しく聞いていませんがまた行きたいねと言っていたので満足だったと思います。

また訪韓するときは宜しくお願いします。


団長のコメント:ご満足頂けたようで幸いです。それではまたの機会に・・・。



NO.155  素晴らしき日々(韓国ソウルでの2泊3日)


団長殿、この度は大変お世話になりました。お陰でとても素晴らしい韓国の思い出ができました。


これまで仕事でソウルを訪れること数回あるも、会議室とホテルとの往復でソウルの街を知らないまま過ごしてきましたが、初めて観光で訪れるため、団長殿に相談することにしました。といっても単にフライトとホテルを予約しただけの個人旅行で、何も予定を立てない無謀な旅でした。


体験談を読んだ後、既に未だ見ぬ団長に絶大なる信頼をおき、「日本語が出来る、団長オススメの娘」という突拍子も無いお願いとし、自分の希望は最小限としました。しかしここでも団長は希望を察知し、文句無しの娘を3人も呼んで待っており、選ぶのに困るという、贅沢な悩み。


漸くKARAのジヨンに似たアガシに決め、他の二人には、言い難かったので団長からお断りを伝えていただくことにしました。


コーヒーを飲みながら、その後の予定を彼女と話し、街中や免税店を散歩した後、早めの夕食サムギョプサルを食べに。彼女が手際よく焼き、取り分けてくれただけでなく、店にお願いしてこの鉄板で焼飯を作ってもらうという、自分には初めての経験。


そして多くの体験者の方々と同様に、夜も、夢のような時間を過ごし、一戦後も興奮して眠れないほどでした。


予定を変更して翌日も続けてお願いすることにし、団長殿に連絡。私は友人と昼食の予定があったので一時別れましたが、午後に現れた姿はラフに変身するかと思っていたのですが、きれいめの装いでまたまたノックアウトされました。


光化門や景福宮の観光、仁寺洞で伝統茶を味わい、夕食は蟹を食し、「ご飯泥棒」と言われる味も経験できました。その後夜景を見にタワーに登ったりしてムードを上げて、二晩目に突入!


今回感じたのは、もちろん夜の幸せもでしたが、その前後の行動でした。言葉ができない自分に対し、上品な日本語で応対してもらい、希望の観光も十二分に対応してくれるのみならず、終日の会話が非常に興味深かったのです。


二泊も一緒に居たのに、幅広い範囲で話題が途切れることなく、常に楽しませてくれた彼女は、若いのにしっかりとした女性でした。しかもオネダリは無し。


単にお金で関係を持つというのではなく、素敵な恋人がソウルに出来た気持ちでした。エスコートアガシというのはなるほど奥が深いものですね。早速、次の計画を練ることにします。次回も是非よろしくお願いします。


団長のコメント:オススメが大当たりだったようで幸いです。またお会いしましょう。


NO.154 照れずに行って、良かったソウル(笑)


いやいやいや、ホント楽しかったです。 提灯レポなんて書く気サラサラありませんが、とても満たされた時間でした。帰国便の中で、半年後、再び御世話になろうと友人と決めた次第(笑)

私が今回団長に御世話になったのは、現地人と行く普段着の観光/生活プラスαがしたかったから。勝手のわからない異国の地で何でもありなら最高!と思い、質問/予約フォームを埋め送りました。対応も親切なものでした。

当日団長へ連絡、待ち合わせ場所に移動し対面すると…スマートで爽やかな男性(笑)私ら30前と若いけど、ホント爽やかで、緊張していた友人も安堵の表情に。

ランク7で2名利用申請していましたが、チョイス時には他ランク含め10名待機。事前にある程度日本語が出来る女性とざっくり伝えてましたが、他子細際。

なかなか良い…こちらをガン見のテーブルと、興味なさそうなテーブル。お勧めを参考にしながら、やっぱり選んで欲しそうなガン見してくる女性をChoice。

その後友人とは別行動。互いのイルボンの本命女性とのWデートはありますが、今回はなんか照れがあって別行動にしました。会話も1対1の方が、コミュニケーション取れるし。加えて初訪韓の友人と4度目の私とは観たい所も違い決めた次第、結果大成功(笑)

てな感じでコピshopで女性と色々打ち合わせ。日本語不可の、ちょっと暗くて密着して小声でまったりラブラブ出来そうなコーエックス水族館や漢江公園等サムソンドンエリアを散策する事に。夕食はカムジャタン食べて、街並みを観ながら歩いてはコピ/アルコール飲んだり…楽しかったぁ…隣のtableの現地女性との話も盛り上がったわ〜スマートで回転の早い、マジで良いオンナだった〜(笑)

夜はイマイチって体験談が多かったけど、最高でした。アブノーマルな事を元々しないからか、まったく嫌がられず。チョアヨチョアヨ、タシハンボンとむしろ求められて4時間近くのベットイン。自信がつきました!!!
絶世の美女とか、物凄いカラダではなかったけど、とても濃密な体験でした。最高ばっかり記載してすみません、vocabularyがないのではなく、本当に感じたからです。最後にもう一度、チェゴジ!(最高)


団長のコメント:夜も良かったようで(笑)。4時間近くのベットイン・・・素晴らしい体力ですね。当方、年なので気持ちは2時間でも3時間でもって感じですが、いかんせん体が言う事を聞きません。羨ましい限りです。


NO.153 アガシの細かな心遣いに感動・感謝の旅


仕事(ラブホ関連)の韓国視察で訪韓することになり、これは何か良い女性との出会いはないかと、ネットで色々調べているとエスコートアガシの存在を知り、さらに深く調べていくと団長殿のH.Pに辿り着きました。これしかないと即決、メールで問い合わせ、そして予約をして訪韓の日を心待ちにした待つこと数ヶ月。

待ちに待ったその日、昼過ぎに仁川空港に到着。ここで、まず団長殿に到着の電話を入れる。電話の向こうで聞いた団長殿の声は、思っていた以上に軽い感じのの方でした。

開通して間もない
AREXでノンストップでソウル駅に到着。そこから、TAXIで明洞のホテルへ。チェックイン後、すぐに団長殿の指示通りTEL。団長殿はTAXIでこれから言う所へ着て欲しいとの事。

行き先名をメモしてタクシーの
運転手に告げてくれとのこと。かなり不安でありましたが、ダメならそこで電話くれれば、運転手に電話を代わって話してくれるというのでトライしてみることに。

渋滞もあり20分くらいで到着。指示通りに歩いていると前方からこちらに合図して、近寄ってくる団長殿。

私服姿で、当方(50歳前)と同じくらいと考えていたが、かなり○○かったので少々ビックリ。近くの喫茶店で2人のアガシが待機しているとの事。歩きながら左側の娘がお勧めとの事。

団長殿の背後、当方の正面のテーブルに向かいあって2人のアガシが何やら話しをしている。団長殿のお勧めの左側の娘は色白で小柄痩せ型(年齢はやや高め?)で、右側の娘は、髪がやや長く、右側の娘より年齢は若いようであった。右側の若い娘と何度か目が合い、こちらの娘の方にしようかと思ったが、再度団長殿に聞くと右側の娘がお勧めとの事。

さらに、団長殿になぜその娘がお勧めか理由を尋ねると、他のお客さんの評判が良いのでとの事。年齢が高いけれど、自分も若くないのと、ここはもうまな板の上の鯉状態なので、団長殿言う通り右側の娘に決定。

喫茶店を出て、2人きりになり、これからどうしますかと彼女が聞いてくる。韓国は2度目で今回は観光で回りたいというところもあまりなかったので、彼女におまかせでおすすめスポットを案内してくれるように頼む。彼女は少し困った様子で、ソウルタワー
行きましょうかとの事。行ったこともなかったのでOK。すぐタクシーに乗車。移動中は終始手を握ってくれ、色々話をしました。

ソウルタワーでの見物を終え、夕食は、こちらの要望で、焼肉にし、彼女の行きつけのお店に。美味しく量も多く(当方は年齢的にもあまり多く食べれない)値段も格安。当方、お酒はあまり飲めずタバコも吸わないのですが、彼女に聞くと、彼女はかなりお酒はいけるのと、タバコも吸うとの事。当方は、いつも周囲ではタバコを吸う人が多いので、あまり気にしなくても良いと言って上げましたが、一緒にいるときは結構気を使っていたようです。

また、お酒も多分かなり遠慮していたと思います。ごめんなさい。食事を終え、彼女がこれからどうしますかと尋ねてきました。このままホテルへ行ってゆっくりしても良かったのですが、彼女がカラオケに行きましょうかと言ってきました。

当方はお酒もダメ、カラオケもあまり得意ではないので、カラオケはという気はしていましたが、団長殿の体験記にも殆んどがカラオケにいっているので、1回は覚悟していたので、行くことに。お会計を済ませて店を出ると、彼女がちょっとここで待っててといって、薬局店へ入って行くでは有りませんか。あれ、スキンでも買いに行ったのかと思っていると、店から出てきた彼女は、私に目薬を差し出してくれました。食事の時に、私がアレルギー性結膜炎で目をこすっていたのを見て買ってくれたのでした。

タクシーでカラオケ店に到着。体験記に書いてあるように、行って見れば従業員の男性達がなかなか慣れたもので雰囲気を盛り上げてくれて、楽しむことが出来ました。2時間くらいで店を出て、コンビニで買い物をして、そして途中明洞の街の屋台でトッポギやチヂミなどを買いました。

その場でトッポギをたべましたが、そのトッポギの辛さと言ったら、目から火が出るくらいでした。私の横で座って食べていた日本人の2人の女の子が、私に向かって、その子たちが買ったトッポギを良かったらこれ食べませんかと話しかけてきました。きっと、辛くて食べられないのでしょう。それをみて、彼女は屋台のおじさんに、辛くて食べられないようだから、辛くない貝の料理をサービスで上げてと頼んでいました。本当に色々と気配りをしてくれる娘でした。

ホテルの部屋に入ると、彼女はその部屋があまり気に入らないのか、ビジネスタイプの部屋なんだ、とか言っていました。少しの間、買ってきたものを食べたり、彼女はお酒を飲んだりしていました。

そして、しばらくすると、彼女はシャワーを浴びに行き、続いて
当方もシャワーを浴びて、いよいよベッドINとなりました。キスから始まり、バストへと舌を這わせると、彼女が今度は上になり、攻め始めます。

そして待ちに待ったフェラの攻撃。最初はソフトに、次第に激しくなって、なかなかのテクニックでした。そして、正上位でフィニッシュとなりました。

途中彼女のうめき声もなかなか可愛らしかったです。そして事を終え、私からシャワーを浴び、もう寝ようかとベッドの中で待っていると、彼女がシャワーから出て来てこう言うではありませんか。

今から、このホテルをキャンセルして、私の部屋に行きませんか。もう既にこのホテルは予約の段階で料金を支払っているから、今キャンセルしてもお金も返らないし、だったら部屋はこのままにして、帰国する日にチェックアウトしに戻って来れば良いとも思いましたが、彼女の家はここからあまり近くないみたいなので、その日の朝に戻ってくるのも面倒なのと、韓国女性の部屋も見てみたい思いもあったので、彼女の言う通りにチェックアウトすることにしました。

ホテルを出て、タクシーで彼女の部屋に。少し寂しい住宅街(高級住宅街)のアパートで、扉を開けると、そこには彼女の飼っている2匹のヨークシェテリアが玄関でお出迎え。フローリングの床は床暖房で、犬のため暖房は着けっ放しなので、部屋は暖か。2LDKなかなかの広さで、明るく綺麗な部屋でした。彼女は部屋に着くなり、犬に餌を上げ、ジャージ姿に着替え、私にベッドで寝てと言いました。

彼女はどうするのかと思っていると、私は明日の朝のご飯の支度をするからと言ってキッチンで動いていました。終わったらベッドに入って来るのかと思っていたら、なかなか入ってくる様子がありません。結局、彼女はリビングで掛け布団にくるまって寝ていました。

ここで、きっと当方と同じベッドで寝るのが嫌で、自分の部屋に行こうと誘ったのだと解りました。ちょっぴり寂しい気持でしたが、当方のいびきも気にせずに良いので納得することにしました。

翌朝、彼女はなかなか起きてこず、11時近くに起き、それから朝食をいただきました。ご飯、具たくさんのワカメスープ、キムチ、ナムルその他いっぱいのおかずで、普段の朝
はトースト1枚の私には、かなりの量で食べきれず、彼女には本当に申し訳なかったのですが、いっぱい残してしまいました。

そして2日目は、まず、本当は泊めて貰ったお礼の意味もあって、ロッテデパートで何か彼女に買って上げようといったのですが、彼女はいいと言って、日用品を少々買って上げるだけとなりました。

そして、明洞の街を散策し、少々疲れたので、今回の旅の目的でもある、ラブホテルの調査を兼ねて彼女にラブホテルを案内してもらうとともに、そこで休憩することに。

前日カラオケの男性従業員にも聞いていたので、韓国のラブホテルは日本のように部屋も選べないし、あまり綺麗ではないと思っていました。しかし、彼女は事前に、彼女の知り合いに聞いて設備の良いホテルをリサーチしていてくれて、思っていた以上に設備は整っているホテルでした。

ただ、浴室の清掃などは雑でした。
当方、調査ということもあって、そこではHは考えていなかったのですが、彼女の方が気を利かせてくれたのか、先に服を脱ぎお風呂に入って、バスローブ姿で出てくるではありませんか。

そーなったら、準備万端、ベッドインとなりました。今日は昨晩しなかった彼女の秘部への舌攻撃もし、アガシのアソコの味も味わい、合体となりました。
戦闘終了後、ベッドの中でゆっくりとHな話などして時間をすごし、夕食までの時間を過ごしました。

この日の夜は、今回の訪韓で、唯一日本で予約しておいた
NANNTA20時に行くことになっていたので、早々に食事を彼女のリクエストでもあるカニ料理店で済ましました。そして、NANTAを見に行きました。うわさ通りショーで楽しく過ごすことが出来ました。彼女いわく、NANTAも面白いけど同じくらいJUMPも面白いと
の事なので、次回は訪韓際は、両方見ることに決めました。

そして、彼女の家へ戻ろうとタクシーで向かいかけた時、彼女が車中で、昨日のカラオケの店、家の近くだから少しだけ寄ってもいいと御願いしてくるではないですか。カラオ
ケは苦手なのですが、きっとこのまま帰っても、私が飲まないので、彼女はあまりお酒も飲めないだろうからOKし、カラオケ店へ。

今日も店内は結構混んでいる様子。そこそこに盛り上がっていたのですが、彼女がリクエストした曲がなかなかかからず、他のテーブルのお客さんの曲ばかりかかってしまい、彼女の機嫌を損ねてしまい、もう帰ろうと言い出し店を出ることに。店の人が慌てて誤りに来ましたが、とき既に遅しと言ったところでした。

まあ、私としてはカラオケ店は別にどうでも良かったのですが。そして、徒歩で彼女の部屋に戻りました。彼女の部屋に戻ると、昨日同様に2匹の犬が元気よくお出迎え。彼女が明日の朝は、このタオルを使ってと言ってタオルを浴室に置いてくれました。この日の夜は、昼に
ラブホテルでHしたこともあり、夜は無しという事に。

結局、彼女の部屋では一切
H
しませんでした。私が寝室のベッドで横になっていると犬がやって来て、顔を舐め始めたり、私の口を舐めたりして、もっぱら犬とベッドでじゃれ合っていました。この夜も、彼女は床の上で寝ていました。

翌朝は、本来彼女は仕事で朝8時には、家を出るそうですが、私はその日、午後2時の飛行機で帰国することになっていたので、私をそのまま放置して置くのは忍びないと思い、わざわざ月2日ある生理休暇を使って休んで私を見送ってくれることになりました。

10時頃に起床、帰り支度をし、お金の精算とチップを少々渡し、彼女の家を出ました。その際、なぜか2匹の犬に妙に愛着が沸いてきました。特に、年を取っている方の犬は、また、生きているうちに、会えるかと思うと、なんとも切なく、また早くにここに来たいという気持ちになりました。

そして、部屋を出て近くの彼女の行きつけのカフェで鮑粥を食べ、その後コーヒーを美味しく飲みました。段々もうすぐお別れと思うと涙が出てきそうに。バスの時間が来る時間になったので、バス停に移動。バスが来て、いよいよお別れ。携帯番号とメルアドの交換もしてあったので、日本に着いたら連絡することと叉来ることを約束。

本当に良い貴重な体験ができた旅となりました。今、日本に帰ってきて考えているのは、数ヶ月後再訪韓の計画を立てています。

しかし、今回お世話になった娘で再度御願いしたい気持ちも強いのですが、私は彼女にとって、お酒もタバコやらないし、また彼女の部屋でお世話になるような事になれば、彼女をまた床で寝かせるような事になるのではないかと思うと、あまり良いお客ではないようにも思えるので、別の娘を紹介してもらった良いのかと迷っています。まあ、いずれにしてもまた訪韓し、団長殿にお世話になろうと思っているので、その時は宜しくお願いいたします。

最後に、今回の訪韓時には、団長殿もお忙しいそうで、あまりお話もできず、最初にお会いしただけで、その後、何の連絡をせず、叉帰国してしまったことをお詫びいたします。



団長のコメント:ご満足頂けたようで幸いです。次回は当方ともゆっくりお話ししましょう(笑)



NO.152 韓国出張番外編!?

団長殿、先日はありがとうございました。遅くなりましたが、感想等々、書かせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回初めて利用させていただきました。いきなり7のコースにさせていただきました。団長殿に某所でなんと4人のアガシを「紹介」していただき、その中でも日本語があまり得意でない2人を推薦していただきました。言葉の壁というのは若干不安がありつつも、その辺も一緒に楽しんでしまおうと思い、そのうち、うつむき加減の子を氏名させていただきました。
とてもキレイな、ナイスバディーの子でしたよ。そして、明るくて性格よかったです!
本当は観光等考えていたんですが、結構寒かったのと夕方5時ぐらいになっていたので、早めの食事にしました。有名な焼肉屋さんだそうです。
そんなわけで、スタートしたんですが、なんせ言葉が通じない。焼肉屋さんで四苦八苦していると、焼いてくれているおばちゃんが通訳を買ってでてくれました(笑)。どんな二人に映ったんでしょうね。しかも、会話の内容が、「名前、なんだっけ?」「どの辺出身なの?」とか「仕事はどんなことしているの?」とか、どう考えてもおかしな初対面の二人の会話。。。名前もろくに分かっていない二人がどうして、焼肉屋にいるのかって、、、そりゃ、意味不明でしょうね(笑)
ただ、文明の利器はすごくて、Google翻訳を使って、意思疎通ができることが判明、電池がなくなるまでひたすらiPhone片手に会話していました。これ、すごくて、音声認識をするのでしゃべったことばを訳して、しかも、発音してくれるんです。
焼肉を食べ終わると、寒いので、ホテルでゆっくりしようということになりまして、いろいろとお酒とおつまみを買ってホテルに戻りました。ただ、僕は禁煙ルームだったので、タバコを吸いたいという彼女のご要望に応えるべく、ホテルのバーに行きました。
バーでもGoogle翻訳が大活躍。でも、ちょっとSっ気のある僕は、Google翻訳に向かって「ちXこ」と言ってみました。すると、翻訳機が「XXXX」と韓国語に通訳して発音!彼女の赤面する姿がとてもかわいかったです。
部屋に戻って、夜景をながめているとそろそろシャワーを浴びる?ということになり。。。あとは、ご想像にお任せします。
ちょっとHは淡白で、朝もなかったんですが、ソウルでの楽しいひと時とGoogle翻訳を通した(あるいは焼肉屋のおばちゃんを通した)コミュニケーションはなんだか、新鮮でほっこりしました。
団長殿ありがとうございました!!!韓国出張はたくさんあるので、楽しみにしております!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というこわけで、非常に楽しませていただきました。欲を言えば、もう少しHが濃厚だったらよかったんですが、そこは素人っぽさを求めるとどうしてもむずかしいのかな?という気もしました。ほんと、どうもありがとうございました。


団長のコメント:カタコトの英語とボディランゲージを使っての意思の疎通も、一興ですね(笑)これも海外の醍醐味のひとるです。また、会いましょう。




NO.151 「韓国チェゴエヨ」

11月上旬日本は秋なのに夏みたいに暑い中、俺は二泊三日の日程で韓国に乗り込んだ。飛行機、ホテルと何から何まで全部自分で準備する個人旅行。リュックとショルダーバックを背負って出陣した。

韓国は三回目、前回も個人旅行で乗り込んでなんとかなったので言葉の不安はそんなになかった。しかし今回はアガシの遊びがあるのでそれがすごく不安だった。

体験談に載っていたように喫茶店にたどり着けるのか?そもそも女性と一度も付き合ったこともない、ましてまともに会話した記憶もない、Hも風俗の二回だけでいずれも緊張しすぎて不発に終わった。そんなほぼ童貞に近い男がアガシの遊び自体成立するのか不安で仕方なかった。

でも韓国がすごく好きで韓国の女性としゃべりたい遊びたいHしたいの欲望を抑えきれず思い切って申し込んだ。韓国の女性と遊ぶために韓国語を一生懸命勉強した。エロ単語も必死で覚えた。今回の韓国旅行が今まで勉強した成果を披露する卒業試験みたいなものだった。

予算の都合で次いつ行けるか分からない、大げさだがこの日にすべてをかけていた。三日前に確認のメールをしてくださいと言われたのにルーズな俺は一日遅れてメールした。一日経っても返信が来なかった。正直すごく焦った。団長さんを怒らせたのではないのかと不安でオロオロしていた。しかし出陣前日の夕方に確認メールが返ってきてすごくほっとした。

団長さんメール遅れてすみませんでした。こうして最初の不安はなくなり安心して俺は韓国に出陣した。


午後2時韓国に着いた・・・暑い!11月のソウルは寒いと聞いていたがジャンパーを着ていたら汗ダラダラになった。

空港でメールに書いてあった番号に電話した。すると団長さんではなく団長さんの友人の韓国の人が電話にでた。メールで聞いていたけどあれっ?と思いつつもホテルに向かった。

空港鉄道と地下鉄を使い明洞のホテルへ、途中レートのいい両替所で両替したがここの場所を探すのに迷ったのと地下鉄の乗り継ぎなどで予想以上に遅れてホテルに三時間かかって午後5時に着いた。今になって思うがソウル駅に着いたらタクシーを使ったほうが早いと思った。自分一人でタクシーに乗ったことがなかったのとぼったくられそうという不安と地下鉄に比べて料金が高いので乗らなかったことに後悔し
た。

汗ダラダラになりながらすぐに電話した。喫茶店にたどり着けるのか不安だったが、なんとわざわざホテルまで来てくれることになった。二つ目の不安が解消された。

アガシ到着までの間、俺はいろいろ考えた。もう直感で決めよう。もし最初のアガシがイマイチだったらチェンジしてそれでもイマイチならキャンセルしようと決めた。ドキドキしながら待っていると30分後部屋のチャイムが鳴りいよいよ来たかとドアを開けた・・・・・・アガシが二人いた。

本当に来たんだと俺はビビった。軽く挨拶して俺はアガシを観察した。一人目のアガシはリンゴに似ていた・・・・遠慮しておこう。

二人目のアガシ・・・・矢口真里と南野陽子を足して二で割ったような人だった。約10秒考え末に二人目のアガシに決めた。


俺は緊張して目が合わせられなかった。でも彼女は挙動不審の俺にニッコリ微笑んでくれた。

自己紹介して軽く会話した。俺は童貞に近いことをバレる前に全部カミングアウトした。彼女は驚いていた。俺は勉強した成果を惜しみなく披露した。

彼女は「韓国語上手だね」と言ってくれてうれしかった。夕食を食べに外にでた。肉が食べたかったのでそれを伝えると彼女は知っている店を紹介してくれた。そこに行くことにした。初めて女性と二人での食事、俺はすごく動揺していた。

食べさせてもらおうと思ったが恥ずかしくて言えなかった。会計の額を見ると11万W(7千円)、普段質素な生活をしている俺は一瞬頭が真っ白になった。せめて8万W(5千円)で抑えたかった・・・・・。


店を出たあと二人で明洞をブラブラ歩いた。彼女が突然俺に寄り添ってきた。びっくりした。もう下半身の息子が勃起して精子がなくなりそうだった。俺は彼女にしてほしいことをどこまで頼んでいいのか悩んだ。手を繋ぎたかったが馴れ馴れしいと怒られそうで言えなかった。そんな俺をよそに彼女は下着の店に入ってブラジャーを物色していた。それを見て俺は何かが吹っ切れた。やりすぎはダメだけど少しくらいなら強引にいってもいいやと思った。


俺「プタギインヌンデヨ」(お願いがあるのですが)
彼女「何?」
俺「手を繋いでいいですか?」
すると彼女は手を差し出して優しく俺の手を握ってくれた。ものすごくうれしかった。
彼女と手を繋いで一緒に歩く一夜限りとはいえこんなことが人生であっていいのかと思った。彼女の手がすごく暖かかった。日本では(俺の人生では)まず考えられない光景。
俺は心の中でガッツポーズをした(笑)緊張はしているけどだいぶマシになってきた。


次に俺は事前にリサーチしたマッコリバーに行くことにした。彼女は店の地図を持ってタクシーの運転手になにやら指示をしている。食事のときも水を入れてくれたり、タクシーを拾ってくれて俺が何も言わなくても行き先を告げてくれたりそんな小さな心遣いがうれしかった。


マッコリバーで彼女と乾杯。俺はカクテルマッコリを彼女と飲めて大満足。この店で将来の夢や日本と韓国の違いとかいろいろ語った。もちろん時々韓国語を交えて・・・・。もうこの時点でデートが成立しないという不安は吹き飛んだ。
彼女「普通はカラオケに行くんだけどあなたみたいな人は珍しいね。韓国語話せる人は見たことあるけどあなたはハングルが読めるからすごいよ」


マジで嬉しかった。仮にお世辞でも嬉しかった。一生懸命勉強した甲斐があった。嬉しくて涙が出そうだった(笑)初めは綺麗な人ぐらいにしか思わなかったけどだんだん彼女が好きになってきた。彼女は休日でも日本語の勉強をしていると言っていた。だから日本語がすごく上手なんだと思った。そんな努力家の彼女がますます好きになった。俺は浮かれて会計の時に店員に「マッコルリ、チュギネヨ」(マッコリ、マジでうまいんですけど)と言ったら。店員も彼女も笑っていた。


店を出た。時間はもう深夜12時を過ぎていたと思う。二人で東大門のデパートを歩いた。
俺はまだまだ元気だったが彼女が疲れていたのでホテルに帰ることにした。
深夜ひと気がない歩道、夜風が冷たくなってきた。彼女は「寒いね」と言っていた。二人でホテルに向かって歩いているとき俺はふと尾崎豊の「Oh My Little Girl」の歌詞で「冷たい風が二人の体すり抜けいつまでもいつまでも離れられなくさせるよ♪」を思い出した。
まさに今がその状態だった。刺激が強すぎてもう俺は何がなんだか分からなくなり完全に自分に酔っていた。この状態がずっと続いてくれと思った。


ホテルに着いた。時刻は深夜1時だった。少し会話したあと二人は沈黙した。にっこり見つめる彼女、見つめられて動揺する俺。たまらず


俺「キンジャンヘソ、ポジマセヨ」(緊張するので見ないでください)
彼女はまた笑っていた。もう分けがわからなすぎて韓国語がちゃんと伝わっているのかさえ分からなかった。そろそろ始めようか・・・・俺は腹をくくった。


俺「チャ、スルスル、シジャカルカヨ?」(じゃあそろそろ始めましょうか?)
彼女「分かった」
試合が始まった。彼女が一緒にシャワーしない?と誘ってきた。また動揺する俺。一緒にシャワーを浴びた。彼女が体を洗ってくれた。体だけと思っていたら不意に俺の息子を触ってきた。俺は思わず「アンデヨ、アンデヨ」(ダメ、ダメ)と言った。
彼女「どうして?男の人ここ触られるのが気持ちいいのでしょ?」
俺「他の人は気持ちいいかもしれないけど、俺は無理。なんか気持ち悪い」
俺は息子を触れるのが苦手だ。特に息子のてっぺんを触られると気持ち悪い。だから尺八も好きではない。


シャワー浴びた後、俺はあらためて彼女の体を見た。すごい体つき、胸が大きい。
女性の全裸を生でみるのが久しぶりで刺激が強すぎて俺は鼻血が出そうになった。(笑)


まず彼女をうつ伏せにさせてマッサージをした。マッサージに関係ないお尻も揉んだ。
彼女「そこ、関係ないでしょ」(するどいツッコミ)
俺「へっへっへ」(苦笑い)
俺はすかさず「オンドンイ、チョアヨ」(いい尻してるね)
また彼女は笑った。マッサージの後、お互い愛撫した。乳首を舐めているとき彼女は「アンアン」と喘いでいた。俺は興奮した。調子に乗って耳元で
「サランヘヨ」(愛してる)と囁いたら頭を叩かれた。(笑)完全に俺は変態だった。
頭を叩かれてもめげずに彼女に「ッパラチュセヨ」(舐めてください)と言った。
要所、要所で韓国語がおもしろいように決まる。俺はおかしくて仕方なかった。
背中、首筋を舐めてくれた。信じられないほど気持ちいい。


俺は息子を挿入した。正常位、バックと突きまくった。「アンアンアーン」と激しく喘ぐ彼女。
騎乗位にさせてそれから俺は仰向けの状態から彼女を抱き寄せて耳元を舐めてもらいながら下から息子をバコバコ突きまくった。耳元で彼女の激しい息遣い&喘ぎ声が聞こえてくる。これがなんともたまらない。今思い出すだけでも息子が勃起する。息子は大興奮。

俺は見事人生で初めて試合でゴールを決めた。最高にうれしかった。達成感で一杯だった。「やったー」と思わず叫んだ。


試合後の反省会

俺「チンシムロカムサハムニダ」(心からありがとうございます)
俺「それからペルルキチョソチェソンハムニダ」(ご迷惑をおけして申し訳ありません)
彼女「もういいから。それにしてもアンタH強いねえ。」
彼女「それから最後の時(韓国語で)イッた?とか言っちゃダメ。失礼よ。頭も軽く触れるくらいならいいけど思いっきり触っちゃダメ。大体の女性は嫌がるから。射精したとき軽く抱きしめたほうがいいよ。あと私の名前を呼びすぎ」


彼女にご親切にHのノウハウを指導していただいた。そして就寝。


翌朝彼女はさっさと身支度を始めた。俺は最後に握手とハグをしてもらった。
彼女は「センキュー」と言い帰っていった。あっけなかった。俺はしばらくベッドで余韻に浸っていた。


アガシは刺激的で本当に楽しかった。経験未熟な俺をフォローしてくれた彼女に感謝したい。彼女は優しくて素敵な人だった。、また指名したいと思った。

団長さんにお会いすることができずに残念でしたがいろいろ質問に丁寧に答えていただき本当にありがとうございます。最高の韓国旅行になりました。

「韓国チェゴエヨ」(最高です)アガシ大満足です!!


団長のコメント:初ゴール、おめでとうございます(笑)これからはもっともっとゴールを量産して得点王を狙って下さい。




体験談一覧へ