NO.30 夢・夢・夢さん

2泊3日の旅行でしたがいろいろ思い出ができました。記憶が薄れない内に御報告いたします。

12月某日10時に関西空港を出発し11時50分に仁川空港に到着。少し寒かったと思います。会社の慰安旅行ということも有り夜の6時迄観光でスケジュールはいっぱい。私は直ぐにでもホテルに行きたかったのに・・・。

ある場所で昼食の石焼きビビンバをたべ景福宮、免税店等いろいろ回りホテルに着いて解放
されたのが20時30分でした。団長に電話しました。会った団長さんのイメージは体験談どうりの方でとてもダンディーな方でした。部屋にて簡単な説明と注意を聞いていざアガシの待つ○○○店へ。

そこでも仕事の話とアガシの事を聞きながら待っているとまず団長おすすめのアガシが登場!あまりの綺麗さに私も少し興奮気味。それから少ししてもう一人のアガシが入ってきました。そのアガシは私の顔も見ずに別の方を見ています。これには私も少し怒り・がこみあげてきましたが私、団長おすすめのアガシをお願いしました。

夕飯も食べた後でしたので食事にもいかずカラオケを歌うわけでもなく世間話で盛り上がり団長とお別れとなりました。アガシと二人タクシーにのり泊まっているホテルへ直行しました。

アガシから先にお風呂・どうぞといわれ私は先に入りました。私が出た後でアガシもシャワーし上がってきました。私はカラオケ店での酒のせいで少し眠たくまた私の息子も元気がありませんでした


そしていよいよベットイン。アガシの方から体をすりよせてきてその時点で私も少し興奮気味!そして私の息子もアガシのフェラにて元気爆発。息子が元気になったのを確認したアガシはゴムを被せ騎乗位にてドッキング。激しく上でうごくアガシ。あまりの気持ちよさとアガシの綺麗でこぶりながら大きなオッパイに感動しながら正常位に以降しアガシと一緒に天国へいってしまいました。

私は少し休憩してから2Rも考えていましたが知らぬ間に寝てしまいました。少し残念!翌朝9時30分に起き10時過ぎにホテルの朝食をアガシと食べようといくと10時で終わりとの事で外に朝食を食べにいきました。

外では粥屋にいきアワビ粥をたべました。とてもおいしかったです。それからコーヒショップに入りコーヒを飲み国立中央博物館にいきました。その時ちょうど団長さんから電話をいただき「昨夜は問題なかったですか?」と確認の電話。いろいろ心配していただきありがとうございます。

博物館の中を二人手をつないでいろいろ説明を聞きとても楽しかったです。その後少し早めの私の希望でもある冷麺を食べました。とてもおいしく満足しました。その後は何処の市場かはわかりませんがブラブラとしアガシがサウナと垢すりがしたいといいだしました。今までいろいろと連れて行ってもらい私もそれもいいかなと思いOKしました。アガシはとても潔癖性で他人の使ったシャンプーとかタオルとかは嫌との事でした。その事もありアガシは一旦家に帰るといいだしました。私も一緒にいくと簡単に家に入れてくれました。

アガシの用意している後ろ姿をみているとまた私の息子が元気になりかけました。しかしここでおそってしまえば自分を押さえ切れなくなると思い全く別の事を考えその時は押さえました。「こんな時に元気にならんでも」と思いながら待っているとアガシの準備もできたのでサウナに向かいました。

アガシの家から10分位でした。中に入り20分位でまたアガシと会いました。この会うまでの20分間がとても時間が長く感じました。20分後のアガシは髪の毛を上に上げてスッピンで出てきました。あまりにもスッピンが綺麗でしたので感動しました。その時点で少しLOVEモードになりました。サウナを休憩を入れて5回繰り返しその後別れてアガシは垢すり、私はマッサージを受け18時にサウナをでました。

それからアガシの家に一旦帰りそこからアガシの車で夕食を食べにいきました。夕食は韓定
食をたべました。アガシの車で行ったことが後でアガシが思わね事を言う事になろうとはこの時は思いませんでした。食事の後私の希望でもあるソウルタワーへいきました。とても寒く私二人は恋人のように寄り添い楽しい時間を過ごしました。

ホテルに着きアガシから突然言葉がでました。「30000w」くださいと。タクシーに乗ってもこれくらいはいると言われ少しショックでした。まさか?タクシー代を請求されるとは?この後コンビニに立ち寄り酒とつまみを買いホテルに戻りました。2時間位してから私も少し眠たくなりアガシの方から「シャワーどうぞ」といわれ先に入りました。私が出た後にアガシが入り出てくると私は少し強引にアガシの体を求めました。

昨夜とは違い正常位からアガシのオッパイそれから下に進みいよいよアガシのあそこへ私の
舌が這っていきました。もうそこは物凄く濡れており私の舌が這うと物凄く感じて高い声をあげ感じていました。それから69に移行し対面座位にてドッキング!もう感動ものでした。その後アガシの方からドッキングを止め私の方に尻を向けて求めています。そうです。バックを求めているのです。私は迷わすバックにてドッキングし最後は正常位にて二人で天国に果ててしまいました。もう超感激です。その後いつ寝てしまったのかは覚えていません。

翌朝8時30分にアガシに起こされました。最後の朝にもう一度ドッキングを・・・と思いましたが時間もなくしませんでした。ホテルにてアガシと二人で朝食をとり部屋に戻りアガシに気持ちだけのチップを渡すとアガシは私に自分の名刺を渡しあっけなく帰っていきました。何か最後は非常に心淋しい気持ちだったのを覚えています。そうです。私の夢がさめた瞬間です。夢ならさめないで〜!

団長さん、在韓中は本当にいろいろ心配していただきありがとうございます。日本に帰国しても時間があれば直ぐにでも訪韓したいです。その為にもお金を貯めなければ。次回、訪韓の際も是非団長さんにお願いしたいと思います。とてもいい2泊3日でした。団長さんには感謝感激です。その時はまたよろしくお願いします。

団長のコメント:夢の覚めた瞬間ですか・・・確かにそうですよね。普通に風俗に行って出てくるのとは違う侘しさがありますよね。


NO.29 カルチャーショック!?さん

団長様、あけましておめでとうございます。訪韓の際は大変お世話になりました。遅くなりましたが体験談を投稿させてもらいます。よかったら使って下さい。

今年の慰安旅行どこにする?この一言からすべてが始まりました。いままでは国内の温泉地
でコンパニオンを上げて微妙な年齢のレディーにそこそこの大金を無駄に使っていました。俺たちのメンバー4人は海外に行ったことがあるのは私だけで過去1度だけ訪韓したときの楽しかったキーセンパーティーの話をしたらすぐに韓国行きが決定しました。ここで問題がー!あきらかに他のメンバーは韓国は俺について行けば安心と思い込んでいるようで余裕をかましていました。


確かに6年前にキーセンパーティーを体験しましたがそのとき一緒に行った先輩におんぶにだっこでただ楽しかった記憶以外何も覚えていなかったのです。その先輩も音信不通でいまさら期待満々の他のメンバーに本当の事は言えませんでした。こーなったら自分で何とか
するしかないと思い必死になってインターネットを検索しこの韓国風俗探偵団にたどりついたのです。

この韓国風俗探偵団の体験談を何度も読み返し意を決して団長にメールを出したら返信が来
て「あ−これで何とかなるかも」と安心したのをおぼえています。それから団長にメールで質問(かなりした)などやり取りしいざ韓国へ――飛行機の中で他のメンバーに向こうに知り合いがいるから任せてと大きく出て(団長とはまえからの知り合いという設定を打ち合わせ済(芝居までやらしてすみませんでした!)みんなの期待をふくらませなんやかんやで韓国に到着。

ホテルに到着後レンタル予約しておいた携帯で早速団長にTEL(その時点で夜10時近くなってた)ホテルに15分位で到着との事でいろんな意味でドキドキしながら待ってると「ピンポーン」と部屋のチャイムが鳴りいよいよ団長とご対面。(ある意味この時が今回の旅行で1番緊張した)  おーこのお方が団長さんかー以外に予想どうりのお方だったなー 体験談を読んでいたので自然に接すれた。

 「久しぶりです○○さんおげんきですか?」と俺が切り出すと「いやー元気です。久しぶりですね」となかなかの演技力で返してくれた団長さん(感謝しています。) あいさつを済ましとりあえず食事をしながらこれからのエロスケジュールのプランを立てることになり団長おすすめの海鮮鍋&かに料理の店にー(これがかなりの絶品で一緒に行った某店料理長もうなった)

空腹もおさまった所でとりあえず今日は按摩に連れて行ってもらうことになりいざ出陣!まず個室に連れて行かれ待つこと3分「アンニョンハセヨ」入ってきたのは生意気そうな小娘でした。しかーし!き、綺麗過ぎるのです団長殿!わたくしにはこのレベルの免疫がございません!なんて考えてるうちにシャワールーム連れて行かれ全身リップサービスの天国の世界へ・・・

安馬の結論から言わせてもらうと鶯谷で10万のコースで喜んでた自分がバカらしくなるー取り合えず行く価値絶対ありです!!(ちなみに他のメンバーもみな骨抜きにされ次の日もキーセンやめて安馬にしない?と意見が出たくらい) 大満足の1日目が終了しました。

 そしていよいよ2日目を迎えました。とりあえず昼間はお土産などの買い物を済ませバイ○○ラを買い(取り合えず俺たち皆30歳前後で必要ないのだが朝までがんばりたいので)団長と一緒にとある喫茶店に到着。店に入るとそこには8人の美女(一人はハズレ)が待っていました。さすが団長おすすめのランクと感心してるうちに次々にパートナーが決まり自分が1番最後になってしまったのだが全然問題なく気に入ったアガシをゲットしました。そしてここで団長とは別れ(本当にお世話様でした)

まずは腹ごしらえでアガシ達と俺達8人で焼肉やへ行きアガシ達が焼肉を上手に焼き、これを口まで運んでもらい殿様気分(周りの視線なんかきにしません!)マッコリで気分も上々になったところで次はカラオケを歌いにスナックへ行き、なぜか店員のお兄さんたちと盛り上がりテーハミングクと大絶叫して再会を約束し店を出ました。この時点でまだ8時くらいでまだ外で恋人気分を味わってたかったのでアガシに変わったところに連れて行ってと頼んだら混浴サウナに連れて行ってもらうことに!ここは混浴なのでカップルが結構いて皆イチャイチャしています(もちろん自分も負けずにイチャイチャしました)いろんなサウナがあり満足しました。

そしていよいよホテルに戻りベットイ――――ン!!!しかしここで失敗がー

バイ○○ラを少し早めに飲んでしまいシャワーを浴びる前に前屈み状態になり結局オオカミに化けてしまいそのままロングプレイに突入!そんなことになっても俺のアガシは嫌な顔もせず俺を受け止めてくれプレイの後半には本気汁をいっぱい出してくれました。アフターも俺が寝るまで隣で頭を撫でてくれてとてもやさしくその時点で俺の心は完璧に犯されていました。

いよいよ別れの朝を向かえ最後にみんなであわび粥を食べて別れました。この時の他のメン
バーも皆別れが切なそうでやはりキーセンは情が移る危険?な遊びなのかとおもいました。帰りの飛行機でも皆静かで自分も早く現実に戻ろうと必死になりました。特に現役女子大生にあったたメンバーは2週間たった今も心はソウルにある感じです。

 団長様、本当にお世話になりました。私たちのわがままを嫌な顔せず聞いてくれて感謝しています。ちなみに地元に帰った今、韓国にすごい知り合いがいると広まってしまい俺も連れてけと言われる日々を送っています。その時はまた面倒見てください。  
 
団長のコメント:了解しました。それでは、再会する日を楽しみにしています。また会う日まで・・・。


NO.28 【3回目の報告さん】


団長さん、新年おめでとうございます。12月にはお世話になりました。
正月に入りやっと落着いた為、報告をさせていただきます。遅くなってすいません。

8日に韓国入りし仕事で軍浦市で2泊、宿泊ホテルのロビーからアガシのお誘いやホテル3Fのアロママッサージはお断りし、団長さんの待つ10日のソウルへガマンガマン!

10日、仕事を早々に切り上げ昼過ぎにソウルのホテルにチェックインし単独で軽食と市内散策に出かけました。

夕方、団長さんに電話連絡しPM7時ごろ梨泰院で待ち合わせしました。お久しぶりでし
た・・・!

カラオケ屋さんでアガシが来るまで、団長さんとお話タイム!私がトイレへ行って戻ってくると別部屋にアガシが揃ったとのこと・・・1人でアガシの待つ大部屋(?)に通されました。そこには4人のアガシが! 

しかし! 今回、私好みの女性がいなかった為、その部屋を出て団長さんに3.5→5に変更したいとお願いしようとしたら、ママさんにドアを阻まれ「どうしたの?」と・・・「他の子にチェンジして下さい!」と伝えたら半分怒った口調で「みんな良い子だからこの中から決めなさい!!」と団長さんと話をする事を許してくれませんでした。もう一度、女性4人をじっくり見直したら1人だけ「キラッ!」とした女性がいて、その子をお願いしました。

団長さんとはカラオケ屋さんでお別れし、彼女と食事へ出かけました。カラオケ屋さんから歩いて行ける豚肉屋さんで軽く食事をしました。そこで初めて見る食べ物・・・味噌汁の器にふっくらした玉子焼きがとても美味しかったです!!(何っていう名前でしょうか?)

※多分、ケランチムという料理です。by 団長

そこでの食事代は2人でW15,000(1,500円)、とても安いですね!食事を終えて先ほどのカラオケ屋さんに戻り、カラオケを2・3曲歌い1時間半ほどでホテルへ戻る事へ・・・カラオケ代はW160,000ウォン(ウィスキーボトル1本、フルーツ盛り合わせ、するめ、おつまみなど)、ボーイさんのチップが少々・・・。食事代を考えるとちょっと高いですね(笑)!

彼女は梨泰院のカラオケ屋さんまで自分の車で来ていました。宿泊ホテルの市庁までのどこ
かで、飲酒の検問をしているかも知れないと言う事でアルコールをあまり飲んでいなかった私がソウルの街中を急遽運転する事になりました。

彼女は「検問に捕まっても、息をフーすれば大丈夫!」「違反をしなければ大丈夫!」と言うので初めて運転をしました!貴重な体験が出来ました!

結局、検問は行われていませんでしたがホテル地下の駐車場まで運転させてもらいました。また、運転の証拠に彼女がデジカメで写真を撮ってもらいました(笑)。ホテル到着後、近くのコンビニでおつまみと飲み物等を買って部屋へ・・・。

その後は、歳も歳なのでガツガツした夜は過しませんでしたが、若い彼女とのひと時は楽しく過しました。翌朝、「彼女が先に帰るね!」とお別れしましたが「何か忘れていない?」と・・・。ズボンの中にチップを少々入れていたので、それを渡しました。請求されると、少し冷めてしまうのは私だけかな〜?

貴重な体験が出来て、今回も楽しく韓国での時間を過せました。団長さん、ありがとうございました。また、出張の際はお願いしますね!!

団長のコメント:確かに私も請求されると冷めちゃいますね。だから私の場合は寝る前に封筒に入れて机の上においておきます。もちろん、アガシにもその事は伝えてあるので早朝に起こされることもありません。


NO.27 転石さん

【まえがき】

先日、4泊5日のソウル満喫旅行に行って参りましたので体験談を書かせて頂きます。今回初めての韓国、それも一人旅、目的は言うまでもなく皆さんと同じ、未だ見ぬアガシです。外国といっても、そこはお隣の国、日本と似たようなもんです。ちょっと見慣れぬ文字が多いくらいのもんで。

韓国に到着後、適当にバスやタクシーを乗り継いで、予約したホテルに着いたのが16:00くらいでした。ここまでとんとん拍子のオンスケです。

初めての異国の地でもほとんど不安も感じず、あるのはこれから4日間の期待だけ。やはり事前にメールで団長さんとコンタクトをとってあるという心強さは大きいですね。

さて、一服した後は迷わず団長さんへ電話連絡。すぐに団長さんとは連絡がとれ、「まずはアガシを見た方がいいでしょ?」という話になり、早速、指示された○○○の喫茶店近くで団長さんとお会いすることになりました。

そのまま歩きながら色々説明を受け、喫茶店に向かうと、そこには既に二人のアガシが待っていました。「おー!(心の叫び)」。ソウル来て良かったよ・・・。私の中ではビンゴでした。どちらが?どちらもです。

とりあえず、テーブルを囲んで向いに座り、コーヒーのみながら二人のアガシをさらに物色。一人は見た感じはクールな感じのする美人、もう一人は色白で大人しそうな感じの可愛いコでした。もう好みの問題だけですね。結構どちらを選ぶかを迷うと思ってたら、案外簡単に答えは出るもんです。私はクール美人なアガシを選び、もう一人のアガシにはタクシー代を渡して帰ってもらいました。

さぁ、最初のステップを終え、いよいよソウルの夜がスタートするのでした。ちなみに喫茶店を出た後は、私のリクエストでソウルに来たからには焼肉を食べねば・・・。ということで団長さんに案内された焼肉屋へ向いました。ここで団長さんとは用事があるとのことでお別れしました。

このアガシが当たりかどうかはこの時点ではまだ判りませんよね?ただ、私はこの後、彼女と帰国するまでの4泊をずっと共にすることになったのです。体がというより、フィーリングがあったということです。

【初日】

結構、腹の減っていた私は焼肉屋でビール・焼酎ロックを飲みながら、彼女が皿に盛ってくれる骨付きカルビ、プルコギをたらふく食べ、お互いのこと、これからのことを日本語で色々と話をしました。店を出る時には既に普通のカップルみたいに打解けていましたね。

彼女の日本語はケチのつけようがないほど見事で、歳は26歳、身長は160くらいのスレンダーな体系で名前は○ちゃん。以前は貿易会社で事務員をやっていたそうで、今はこのアルバイトをしてるらしい。もちろん焼肉の味も上々でした。ソウルについてまだ4、5時間くらいしか経っていないのに既に幸せ感一杯。

ところがお腹は一杯になったのですが、実はまだ時間が結構早い。店を出た頃はまだ、19:00くらいでたくさん時間があるのです。それならとタクシーでソウルタワーへ案内してもらい、夜景を一望、涼しい夜風にあたりながら、この後の事を想像しつつ・・・むふふ。

まだまだ夜はたっぷりある。彼女が「カラオケは好きですか?」と聞いてきました。おーやっぱり。アガシがカラオケに誘うのは事前に百も承知。とはいえ元々カラオケも酒も好きな私です。すべては貴重な見聞の場。連れて行ってくれる所なら、どこでも行っとけ!ってなノリで二つ返事で「OK!」。ちょとホっとしたような彼女の笑顔がまた可愛い!

そんな感じで再び○○○へ戻りカラオケ屋へ。おっとっと、今は旅のシーズンオフなもんで客入りが悪いようです。スカスカだ・・・。それはそれ、彼女の方も酒は好きそうでそこそこ強い。一緒に楽しく飲んで歌って(歌うのは俺だけか!)2時間ぐらい居ただろうか。そろそろ帰ろうということになり、ほろ酔い加減で11:00くらいにホテルへ戻りました。

実は泊まるホテルは結構小さいホテルで、私が日本で適当に予約した安ホテル。彼女が言う
には「ここラブホテルだよ」だそうです。でもそんなことはありません。一応日本人観光客にも人気の安ホテルですから(汗笑)。余談はこんなくらいで。



いよいよベッドイン、感動の韓国女性初体験!です。念入りにキスして、上から下へ舌を這わせてじっくり堪能、肌はホントスベスベだー。あそこはしっかりフサフサだー。んーたまらん。彼女自身はさほどサービス精神大盛ではありませんでしたが(まだ恥ずかしがっていたから)、体の感度は上々、私が妄想していた通りに韓国女性は素晴らしいものでした。さすがに結構酒を飲んだこともあり、私の方は腰を振っても振ってもなかなかイケない始末。徐々に体力の消耗が先に近づいていました(そんな歳でもないのだけど・・・笑)。「なんでイカナイの?もうイッテ・・・!」と彼女の方が苦しそう。先にイッテしもた。あれれ。

その後一旦窓を開けて小休止、このまま寝てもいいかな・・と思ってたのだけど。彼女が私のふにゃちんからコンドームを外し、ついに本気になったか?彼女が全身舐め舐めサービスを開始してきたのです。涼しげな夜風が吹き込むベッドの上で彼女の心を込めた舌使い、おぉぉぉー癒されます。ふにゃちん返上!念入りな舐め舐めを経て再び元気を取り戻したところで彼女の方から生で挿入してきたのにはちょっとビックリしました!

「お酒飲んでるからね。ゴムあるとダメかもね・・・。」・・・(優しいコだ)。

それからゆっくりと自分から腰を使い精一杯私にイッテもらおうとしているのがなんとも可愛らしかったです。再び体を入れ替えてからは、私もラストスパート。全ての体力を使い快楽の頂に上りつめることが出来ました。

ソウルの日々はまだまだ続くよ。。。

ちなみに翌日以降の酒の席では明らさまにアルコール量は抑制されることになりました。彼女いわく「お酒ダメ!あなたあまり強くない!」・・・(うっ!そんなことないのに)。彼女は必ず焼酎をロックで。私は水割増の薄め酒で。・・・(このコ将来旦那を尻に敷くな。間違いない・・・)とは言うものの、この初日の出会いで4日間このコで良いなぁと決めてました。

【2日目〜4日目 --- 駆け足でつづる体験談(単なる旅行記ですけど)】

基本的に、私の方が早起きです。というより、私が起きねば彼女はいつまでも寝てるな・・・といった感じです。ちなみに最初の2日間はホテルに滞在したのですが、3日目以降は彼女の家でお世話になってました。何故かって?ホテルがいまいちだったのと彼女自身も自分の部屋の方が落ちつくのでしょうね。ホテルの部屋にガウンがないじゃ・・・。そりゃそうだ。

その後は、時間をたっぷり使って、明洞、南大門での市街デートで一日をすごし、夜はショーを見たり、屋台でまたまた焼酎(を薄く)飲んだりと、単なる一人旅とは一味も二味も違った韓国を満喫したのは言うまでもありません。イテオンでのショーには結構日本人は居たなぁ・・・日本人向けのショーだから当たり前か!一応ホテルにも2泊したので2泊目の時には南大門市場でガウン代わりの長いTシャツを彼女に買ってあげました。

その次の日には射撃や競輪(チャムシル)等にも、彼女にお願いして連れてってもらいました。特に競輪初体験だった彼女も自転車レースには大喜び。なんでかって?それは良く当たるからです・・・。8レースやって7レースも当たればそうですよね?でも何故か儲からないんです。すべて人気のオッズで決まってしまうんですよね。日本のソレとはちょっとギャップはありましたが、そんなこともこの際関係ないくらい、私も彼女と大ハシャギしてました。一番人気の単勝が当たって大喜びした時は、払い戻しで唖然としましたけどね。配当1倍・・・これって何?・・・(笑)。

ちなみに現地アガシの彼女と一緒に来て良かったのは、ハングルだけで書かれた車券購入カ
ードや予想紙が日本人の私にはまったく読めなかったのでこれは非常に助かりました。もし競輪場に行きたい人がいたら、アガシを連れて行くのも良いでしょう。きっと役に立ちますよ。一方でアガシにも新鮮だと思いますね。私はもう行きませんけどね・・・なぜなら儲からないから・・・

結構、海外に行くと日本人が行かないところに行きたくなるのは誰しもそうですよね?食事するにも明洞などの繁華街ではなく、住宅街の韓国人の庶民が通うような店で食べたりなんてのが面白いですし、安くて美味しい。そんな体験もアガシと一緒だったおかげで十分堪能することができました。もちろん彼女の部屋での夜はしっぽりとお互いの体を貪り合いましたよ(1部省略)。

4日目には、アガシと会ってからは初めての単独行動。彼女と美味しいビビンバを食べた後、部屋に彼女を残したまま、私は一人シェラトンウォーカーヒルホテルへいざ出陣。一応タクシー運ちゃんには彼女が全部行き先を告げてくれます。その後は昼から夜までをカジノ遊びに没頭してました。無駄使いせずにランク上のアガシをという団長さんのお言葉もありますが、これも目的の一つですから避けては通れません(ギャンブル好きの血がそうさせる)。

しかしスロットは話しにならないほど出ないなぁと・・すぐに意気消沈。。。しかし悪戦苦闘の末、からくもブラックジャックで巻き返すことができ、トータル50万ウォンの収益を上げることに成功。まぁ、大怪我しないうちに引き上げようと思い、21:00にはタクシーでアガシの待つ家へとご帰還しましたけど。その後、私を待っていた彼女とは最後の夕飯にカニを食べに出かけました。焼肉とキムチの印象の強かった韓国でしたが、カニも実にウマイ!私の中では大絶賛です。

結局、この夜は遅くまで外で飲んでて、再び彼女の家に戻ってきたのが2:00くらいでした。最終日だけあって結構酒も飲ませて頂きましたよ。ただ2人とも最後の夜なので感慨深いものがあり、家についてからは酔っ払ってといった感じはありませんでした。お互いシャワーを浴びベッドに入った後は、今までで一番優しいセックスをして、抱き合って眠りました。彼女の家での2泊はとってもリラックスできたなぁ・・・しみじみ。

【帰国の日】

翌日、私より初めて先に起きた彼女は台所でせっせとキムチチャーハンを作ってくれていました。ほんと良いコです。私がこの旅のソウルで最後に食べたものはこのキムチチャーハンです。チャーハンの味と彼女のことは当分は私の脳裏に焼きつきそうです。

そんなこんなで電話番号とメールを交換してお別れすることに。もちろん4日間のお金とチップと最後にキスも。午後過ぎに彼女の家の前でタクシーを拾い、彼女が見送る中を空港に向けて出発しました。あー別れは切ない。うーん。4泊もすると気持ちが入ってしまうから別れが辛いなぁ。次回来るときは2泊ぐらいがいいなぁ。それにしても韓国は楽しい。きっとまたすぐ来てしまうでしょうね。その時は是非またお願いしますね。

団長さん!そういえば4日間も滞在してたのに、団長さんとは初日に会ったっきりでその後はまったくノーコンタクトでしたね(笑)。次回は是非お酒などご一緒したいですね。

団長のコメント:カジノのスロットは当たりません。私もカジノではもっぱらブラックジャックです。しかし、トータルは大幅な負け越しです(泣)次は一緒にゆっくりと飲みましょう。

注:ゴムは必ずつけましょうね。後で問題が起きても私はお手伝いできませんよ。




NO.26 北の漁師さん


到着1日目、ご存知の通り団長さんとママの薦めもあり、その晩からアガシと過ごすことになりました。最初のアガシの中には好みの子がいないので、別の子を頼み次に来た子の中から『李ちゃん』を選びました。これは実のところ、非常におなかがすいておりまたチェンジをすると数十分待たされる事を思い妥協した形となりました。が、結果的には大満足となりました。というのは、この子は見た目は非常に落ち着いた感じ(私はそう思った)で赤の濃い口紅をしていたため、お水系に見えました。


5人で食事をしながら、肉を食べさせてもらったりビールを飲んでいるうちに彼女の若さに気づきました。(遅いかも藁)焼肉屋を出たあと、ホテルで軽く飲むことになりコンビニで酒を購入、4人で部屋に戻りました。部屋でリラックスムードでビールを飲み、その後李ちゃんと一緒にマッコリをおいしくいただきました。非常においしく楽しいひと時でしたが、飲みすぎてつんぽが立たなくなってはいけないので、そこそこで切り上げ僕らは外のホテルへ。

---その頃にはすっかりと打ち解けて、いちゃいちゃしながらホテルへ入り早速シャワーを浴びました。彼女がシャワーを浴びている間に腹筋などをして気分を落ち着かせ、つんぽを押さえて待ちました。

化粧を落とし髪をほどいた彼女はもんのすんごい僕好みのロリ系で、きつく抱きしめ合いチュウをしました。チュウ好きな私はかなりの時間をかけてチュウをして体中をなめなめしました。途中であそこをなめられるのを拒否しようとしたので「大丈夫だよ」とやさしく声をかけ(?)おまたをぺろぺろしてあげました(笑)

すんげえベチョベチョだったので興奮してしまい、ゴム製品を装着後いんさーとしました。体中なめまわしたときにはほとんど反応が無く、もしかしたら不感症なのでわと思うほどでしたが、つんぽを入れたとたんに体をくねくねさせて感じているようでした。(あいかわらず声はださない、こらえているようでした)それを見て興奮!突きまくり!突きまくり!いつもの僕ならもう出ているだろうと思われたが、旅の疲れか酒のせいかゴム製品のせいか、はたまたつんぽが成長をしたのか、すごく気持ちがいいのにイカない。

こりゃあいいやと思い、普段は到底できない(普通の人はできるだろう)つんぽをそうにゅうしたままいろいろな体位で突きまくりました。汗だくになって突きまくって気持ちよかったし、李ちゃんぐったりしてきたので自分いってないけど休憩だといってやめてチュウしながら抱き合って寝ました。明日も1日あるし・・・、と思いながら。朝7時30分起床し、朝からチュウなどしていちゃついた後シャワーを浴びてホテルを出ようとすると、彼女が悲しそうに「今日は帰らなければいけない」と。

ん!!と思い話(ホンとかウソか、本当だと思うけど)を聞き納得、そういう家族親戚の集まりならば仕方が無い。2日間を1人の子と過ごそうとしていたが、考え方によってはもう1人別のことエッチも出来るんだし、もっとカワイイ子いるかも!と考え直しました。そして、Hホテルの2人と合流しあわび粥の店へ行きおいしい朝食!一晩目はこんな感じ。イってないけど自分的には激しくエッチできたし、結果的に女の子もびっくりするほど好みだったし・・・。90点ですな(笑)

二日目、喫茶店にてアガシに会う。僕も先輩も午前中の過密スケジュール(無茶言って色々連れて行ってもらい本当にスイマセン、一番疲れたのは団長さんでは?)のためテンションダウン気味。

僕らの前に3人のアガシが並んだ途端昨日とは明らかに違いました、レヴェルが!!先輩は
ひと目で決定、私はそれ以外の2人で非常に迷いましたスゲエ。どっちもキレイで選べない、でも選ばないと・・・。僕の足りない脳みそで考え、エッチのときどっちがエロイか想像して『李○○ちゃん』に決めました!二日連続で『李ちゃん』でびっくり( ゜_゜;)2人とも、一気にテンションは最高潮!!2人とも第1印象は大満足でした。

それからスーちゃんの車でHホテル入りし、僕&李は南大門市場探索に行くことにしました。李ちゃんは自由奔放な感じで天然な感じの子で、スーちゃんの車に乗った時からずっと手をつないで南大門に行きました。すごい数の人間で、歩くのに精一杯で店に売っているものを見る余裕なし。とにかく密着してお話をしながら打ち解けていきました。韓国にはあんまりボウズ頭はいないらしく、コメディアンにボウズ頭いるみたいですね、そのせいもありずっとニコニコしていたせいもあり李ちゃん曰く『かわいくておもしろいひと』という印象だったみたいです。照れた。

手ぶらでホテルに帰るのも何なので、トン足を購入しおやつにしようと帰りました。ホテルでトン足を食べると、先輩は昼のサムゲタンがまだおなかに残っていたらしく一切れくらいしか食べず、ほとんど僕&李チームでたいらげました。その後しばしマッタリ。夕食は焼肉(柳の家という店らしいです、知ってますか?)にしました。食後はまっすぐホテルへ戻り、僕らはモーテルへ。

モーテルでは少々ビールとカクテルを。僕は忘れないうちにとその日1日の行動日記を書いていると、李ちゃんが「書く」と言い出したので書いてもらいました。そのあとちょっぴり伸びた手の爪を切ろうとすると、李ちゃんが切ってくれました。照れた、けど恋人気分(?)満喫。(付き合っていたら爪切り合うかどうかは不明 藁)しばらくテレビを見ながら雑談、急に李ちゃん「寝る」と言い出しました。

今思うとエッチしようサイン。じゃあシャワー浴びなきゃといそいでシャワー。俺があがると李ちゃんしっかり準備してました、すぐにシャワーに。待ち時間にまた腹筋!腹筋!(爆笑)あがってきたので部屋の電気を消し、テレビの明かりのみに。抱き合ってチュ!チュ!やさしくチュ!(僕はチューが大好き)それからペロペロ!体中ペロペロ!(僕はペロペロが大好き)おま○こはびっちょびちょ、つんぽはビンビン!李ちゃん慌ててテレビを消し挿入!真っ暗です(^^;昨日に引き続き、本当は早漏の僕、普通の人(?)みたいに腰フリフリ!昨日イってなかっただけに、早めに絶頂をめざしてフリフリ!ひととおり(?)してから李ちゃんに上になってもらうと・・・、すんごい腰!ぐいんぐいん動く動く!セクース経験の少ない!?僕はびつくり!というかエロイな!と思っているうちにイっちゃいました(微笑)

韓国1発目の発射を終え、抱き合ってマターリ。今度は彼女をうつぶせにして背中側からナメナメし始めて2回戦へ。キスのときも舌をチロチロとしか出さず終始恥ずかしそうにしていたので、ちょっと教育してみようと思いました。

まずは舌を出させてオイラの指を舐めさせたりして舌使いを、そのまま僕ちゃんの乳首をなめさせて「僕が李ちゃんのおっぱいを舐めてあげたように、やられたことを同じようにしてごらん」だんだん上手になってきたので次はちんちん。なめてというと恥ずかしがるので「大丈夫」とやさしく声をかけ(またか昨日もだな)「僕が李ちゃんの指を舐めたようにして○○○を舐めてごらん」といって少しずつ舐めさせました。嘘か誠か李ちゃん、ちんちんを良く見たことが無いとのことで「電気つけてよおく見てごらん」といってみたけど恥ずかしがって電気はつけませんでしたが、形を確認するかのように触りながらチロチロしてくれました。あとこすり方も教えてあげました(爆笑)それから2度目の挿入!

相変らずマ○コびっちょびちょ。それこそぶっ倒れるんじゃないかってくらい突きまくりました、李ちゃんヒーヒー言ってくれたし体力限界近かった(僕体力なし)のでイって無いけど満足して抱き合い就寝。朝目覚めと同時に李ちゃんにキッス!そしてナメナメ!「しよう!」と誘ってはみたもののあまり良い返事は無い。ニヤニヤしながら本気でナメナメしたところ○○○びちょびちょ、体はその気になってくれたみたい(ん、無理やりだったのかな)「やっぱりやめようか」と意地悪するとやっぱしたくなっちゃったみたいで入れろというので朝セクース!普通に(いつものペースで)発射!かいかんでした(^。^/)うふっ


それからシャワーをあびてモーテルを出発、朝食へ行きました。ごま粥を食べた。ちょっと甘め、李ちゃんのきのこ粥のほうがウマかった!それからタクシーでHホテルに行き李ちゃんとお別れしました。いい子だったよぉ〜( -_;)( ;_;)( ;_;)(>0<)わ-ん

話が支離滅裂ですがなんとなく伝わりましたよね?結果的に2人とも大満足!

不満を言うとすれば体力の無いオレ!だらしない(自爆)!

感想ですが

             @韓国のアガシは随分と濡れるなあ

             A肌がすべすべだなぁ

             B恥ずかしがりやだなぁ

             C腰使いすんごいなぁ(僕の選んだ二人がたまたまだったのかな)

             Dやさしいなぁ

             Eオナニーしすぎかなぁ、もうやめよう自慰行為は‐‐‐

簡単すぎですがこんな感じです。また韓国に来て『李○○ちゃん』とシタイ!今度は犬食べてチンチンにパワーを蓄えてからしたいです。

団長のコメント:笑いたっぷり、大爆笑!!の素晴らしい体験談ありがとうございました。ホントに読みながら笑いが止まりませんでした。今までの体験談の中でも郡を抜く、最高の体験談と思われます。他の人も面白い体験談お待ちしております〜。ドシドシ、ご応募!?下さい。


NO.25 ガラスはカラスさん


団長さん韓国では本当にお世話になりました。うなされていたアガシ熱がようやく平熱に戻ってきたので体験記を送らせていただきます。

待望の訪韓。

日本の出国審査。逮捕されそうなエロ顔の我々。韓国の入国審査。「Sightseeing」とはとても思えない我々は別室に連行されそうなほど鼻の下が伸びている。到着ゲートには、ツアーなので女性ガイドさんが待っていた。悪友とは別行動をとるためニヤニヤしながら「携帯をレンタルしたいんだけど・・・。」ガイドさんは怪しみ我々を凝視する。ツアー参加でツイン部屋の二人が携帯を2台レンタルするのだから・・・。ソウル市内までは、大渋滞のため約2時間。お決まり通りガイドさんは質問攻め。もう何も聞かないでくれーーーーーーと心の中で叫びながら、ガイドさんの取調べ(今回の韓国旅行で一番緊張した)を懸命の真顔でかわし、ホテルに到着。

※ガイドさんの取調べには3猿(見ざる、聞かざる、言わざる)が鉄則です。

団長さんに電話しホテルで合流。緊張しながら団長さんと挨拶を交わしタクシーの中で団長さんから、簡単な注意事項を聞きました。要約すると「ハマリすぎないようにね」というやさしい団長さんの親心でしたね。このとき愚かな小生は「俺はハマったりしないよ」と心のなかで半分笑っていました。すみませんでした。そして飲みたいという我々の要望にこたえていただき団長さんと??へ、そこで4人のアガシとご対面!「すっすばらしい!!こんなの選べねぇ・・・。」こんな悩みはいままでの合コン人生では一度もなかった。そこで小生は長い時間一緒にすごすため美しいだけではだめだ!やさしそうな子にしようと思い、一番やさしそうなアガシ(もちろんかわいい)に決定!

日本語の堪能なアガシと団長さんのおかげで、異国でつき物のビビリはなし。アガシは、ずっと密着してきて・・・。日本のキャバクラ嬢とはくらべものにならない恋人感覚。しかもいやらしい商売っ気やタカリはまったくなし。気がついたら楽しくて焼酎をけっこう飲んでいました。ここはJAPAN?と勘違いするほど・・・。団長さんやアガシとカラオケを楽しみながら気がついたらAM1:00。ほろ酔いのアガシはもっとベタベタしてきて、たのしいなー。かわいいなー。ちょっと酔ったなー。

そして、ツアーではツインなのでホテルは悪友に譲り、小生は別のホテルにチェックイン。この時にはすでに彼女に微熱だったので「明日も一緒にいられる?」と聞くと「OKです。明日は、私の車でドライブに行きましょう」とおっしゃるではないか!この子を選んでよかったと感動していると、彼女が「屋台いきたいですか?」と聞くので、まったく韓語のわからない我々だけではチャレンジできないとあきらめていた屋台で飲めるのをうれしく思い、即返事でLET'S GO!雨の街を一本の傘で腕を組んで昔からの恋人のように屋台に向かった。屋台の雰囲気を楽しみいろんな話していると意気投合。楽しくなり、すっかり酔っ払いに。それにもかかわず恐ろしく安い。すでにこの時には「今日はやらなくてもいいかなー。こんなに楽しんだし酔っ払っているからなー」と小生の気持ちに変化が・・・。ホテルに帰って、シャワーを浴びて1回戦するも、飲みすぎのせいかイかない?なぜ?途中で愚息は棄権(情けない)。明日もあるからと割り切り初日は抱き合ってご就寝。だんだんエロのみだった感情が変わっていく自分が怖い。

翌朝、昨晩のリベンジを図るべく、朝からチャレンジ。このときは楽しみたい感覚よりも日本男児の意地でがんばる!燃え尽きるも、彼女は二日酔いだからなのか?韓国の女性は淡白ということなのか?ちょっと不満は残る。

外出の準備を済ませ、彼女に案内を頼み昼食へ。彼女のしぐさのひとつひとつが本当の恋人
みたいでかわいい。いや「みたい」と感じる能力はすでに消失。その後、街を恋人気分で腕を組んだり、コートのポケットに一緒に手を入れて散歩。しかもデート中、彼女におごってもらうことも・・・。ハマってしまう危険な予感を振り払うように時間調整し団長さんと合流。買物まで団長さんの紹介で安くしてもらい何から何まですっかりお世話になってしまい何て感謝の意を表していいのやら・・・。本当にありがとうございました。

団長さんと別れ、その後は、ロッテワールドで手をつなぎデートを楽しみました。すっかり小生は彼女に高熱になっていたにもかかわらず、食事後、まだ彼女の攻撃はとまりません。彼女の車でソウルタワー、漢江のリバーサイドをドライブ。とてもきれいな夜景と彼女のソウルを楽しませたいという気遣いに大感動しました。車で帰る途中、運転中空いた彼女の右手は小生の手を握っている。「危ないよ」なんて思っていても言えません。

OH!?「1ノックダウン 惚れたかも?」

車を戻しに向かっていると、彼女は翌朝の心配をしてくれて、彼女の部屋の方がツアーのホテルに近いため「私の部屋に泊まってもいいよ」とおっしゃるではないですか!?


YES!?「2ノックダウン ハマったかも?」

感動のあまり、予約しておいたホテルを、キャンセル料100%でチェックアウト。フロントのおばさんはとても不思議そうに小生を見つめ、何語??で色々質問するが、もう冷静にかわす余裕はない。もう誰も俺を止められない!小生のピュアハートは彼女にワシ掴みにされ、彼女の部屋へ。

彼女の部屋でシャワーを浴び、ソファーでイチャイチャしながらテレビを見たり、日本語の勉強(彼女は学生)を一緒にしたり、膝枕でキスしたり、小生は幸せすぎて、精神が壊れそう・・・。そして明日は早いからということで彼女のベットで一緒に寝ることに。しかも、今日の彼女は昨日の淡白な彼女とは変わっていた。韓国女性への先入観もあったので彼女からのサービスは期待していなかったのに、彼女は小生の愚息にやさしくサービスするではありませんか!?しかも上になって、積極的に動くなんて・・・。

COMING!?「3ノックダウン KOです堕ちました」

もう壊れてしまいました。

翌朝、自分を戒め冷静を装い、彼女に2日分のお金と心ばかりのチップを渡しました。小生はこの3日間、あまりにも感動したので、財布に残っていたウォンを必要なだけ残し彼女にあげようとすると、彼女は断り「そのお金でお土産を買って」と言われました。しかし男として一度出したものは引っ込められない。いいよという彼女になんとか渡すと彼女は「ホテルまで送っていくからタクシー代は私が出す」といってきかないじゃないですか!?日本のキャバクラ嬢に爪の垢をせんじて飲ませたいと思っていると、彼女は、名前と電話番号、メールアドレスを書いた紙を小生に渡してくれました。

ツアーのホテルにはタクシーで向かい、車内であることも忘れ寄り添い、ついにホテルへ着いてしまいました。遠距離恋愛の彼女と別れる気持ちで小生はタクシーを降り、彼女にそのまま乗って帰るように促しました。切なさと辛さで身を切られる思いをしながら、彼女と別れました。そうです。小生が悪いんじゃありません。彼女が悪いんです。認めます。完全に惚れました。ウイルスに完全に侵されました。

日本に帰ってきて、「メールしたい!」「いやだめだ!いままで築いてきたものを捨てる気か!」「電話したい!」「いやだめだ!おまえ壊れるぞ!」と自問自答を繰り返し、最近ようやく、日本での現実という抗生物質が効いてきて冷静になることができました。まさに忘れかけていた恋の感覚ですね。アガシウイルスの怖さを思い知った今回の訪韓でしたが、小生に宿った完治することのないアガシ熱病ウイルスは、いつの日かまた暴れだすことでしょう。今回は予防接種ということで、次回は、もっとハマッちゃおうかな・・・グヘヘへと思い出し笑いをするほどに復活しました。

団長さん本当にお世話になりました。すばらしい彼女でした。貴重な体験をさせていただき、大大満足のちょっと切ない訪韓でした。心から御礼申し上げます。また、ウイルスが暴れだしたら、よろしくお願いいたしますね。ほんとうにありがとうございました。

団長のコメント:大当たりで良かったですね。しかし、くれぐれもハマリ過ぎないようにご注意下さい。遊びはなんでも「ほどほど」が肝心ですよ〜。私も人の事は言えませんが・・・(笑)


NO.24 7丁目8さん

半信半疑の訪韓

「200X年00月00日15:50、ソウル、仁川に降り立つ、4度目の訪韓、前回はキンポだったので、初の仁川に少し緊張。リムジンバス乗り場を探し、OOOホテル行きに乗り無事ホテル
18:00過ぎ到着、一服して一息入れて18:30頃団長さんにTEL。
どきどきしながら、もしもし、OOと言います、団長さんですか、すると、丁寧な声が返ってきた。30分程で、ホテルの部屋まで来ていただき、ご対面。おー体験談通りの人だ〜。部屋にて簡単な説明の後、タクシーにて今回の目的のアガシに、ご対面すべく、とある場所に移動。

タクシーの中でもいろいろ注意事項を聞き程なく到着。もう先に2人のアガシが着ており、そうそうにご対面しかし当方の好みに合わず、3回ほどチェンジ、(妥協はしたくなかった。) 4回目で納得、1回2人、都合8人と対面、なかなか緊張しました。

その後、団長さんと別れOOちゃんと、団長さんに教えていただいた焼肉屋さんで夕食、これが安くてうまいことうまいこと、まして言わんや隣には、かわいいアガシが...うまくない訳がない、マシソヨ〜。その後、カラオケで団長さんと合流、当方久しぶりのカラオケで1人で勝手に盛り上がり少し羽目をはずす。

24:00近くなりそろそろ訪韓の最終目的でもと考えホテルにOOちゃんと、お手手つないでご帰還。部屋に入ってからのOOちゃんは、少し緊張ぎみ、改めてもう一度挨拶と自己紹介、少しお話しして、交代でお風呂(一緒にと言うと、はずかしいからとダメだし、残念)ベットに入るとまた、緊張どうやらまだ経験が少ないらしいそんなこと言われても、こちらの知るところではない、少しためらいながらも、人格変えちゃいました。

軽くキスから始まり首、胸、おなか、そしてその下へ....?OOちゃんの、あそこは、意外ときつく肌もスベスベ大満足の時間を過ごしました。

翌朝、(と言っても昼過ぎ)2日目もお願いすることにしソウルの街へ観光デート、当方のほしい趣味の物(ヒミツ)などを、買ったりとかして、街を散策、日本人一人では、入れないようなおいしい食べ物屋や、いろいろ案内してもらい大満足!夜は夜でまたまたがんばってしまいました。

翌朝もまたお願いし、3日目に突入、またまた街を散策、ここで、はっと、気がついた、凄く歩き回ったのだ。OOちゃんは、いやな顔ひとつせず付き合ってくれた。ハイヒールでとても疲れただろうに。

気の気かない私は少し反省、そこで何かプレゼントをと思い何かほしいものはないか聞いてみるが、何もいらないというではないか、再度聞くも答えは同じ、その言葉に感激、反省した当方は、帰り道沿いにあった貴金属店に入り半ば強引にネックレスとリングを買うことにしたが、そこでも安いものを選びこれで(安いもの)いいという。その言葉に、当方大感激、はまってしまったかも.....!その夜は、最後の夜のつもりでいたので、少しソフトなH..!


翌朝は、団長さんとの約束もあり、昼近くホテルの前で、OOちゃんとお別れ、タクシーに乗せてお見送り、お礼を言って見送ると、動き出したタクシーの席からずっと後ろ(当方)を見ているではないか、凄く切なくなった。

その後団長さんと買い物にいくも気になり(団長さんスイマセン)ずっと悩んでいました。夕方、団長さんと別れ一人街をぶらつくもホテルに走って帰り団長さんにTEL、OKかどうか、確認してもらい、ほんとに最後の夜を彼女と過ごす事にしました。ホテルに来た彼女は、とても喜んでくれ会いたかったと泣いてもくれました。

その後は、夜の街を手をつないで少し歩き、ホテルのラウンジでゆっくりし軽いHで、おやすみ!翌日、ほんとのお別れ、リムジンバスに乗り込み、今度は、彼女がお見送り。動き出したバス、当方も彼女が見えなくなるまで窓にくぎずけ切ない別れになりました。

でも、団長さん、本当に感謝、感謝、大感謝です。こんなに有意義な思い出は、ありません。また、いつの日にか訪韓したいと思います。そのときはよろしくお願いします。チヤルプッタカムニダ。カムサハムニダ。本当にありがとうございました。体に気おつけてお元気で、それでは、さようなら..!]終わり!

団長のコメント:ハイヒールで歩き回るのは、かなり疲れるそうです。少しばかりの気配りをお願いします。とりあえずは、ご満足頂きめでたしめでたし・・。


NO.23 名無しさん


団長さん、0月訪韓の際は、出張中にもかかわらず 段取り・手配等ありがとうございました!一同、感謝しております。

さて、今回 訪韓するにあたって 初めていく2人に(総勢、5人。)頼り?にされてしまい何か良い情報は、ないかとインターネットで調べていたところ 団長のホームページを発見しました。これが、一ヶ月前のことで すぐにメールを送信。

ところが・・・。メールが、送信されない!PCに不慣れなもので原因が、まったくわからない!PCは、後々電機屋さんへ入院することに。しかしながらこの時点では、旅行会社に申し込んだものの飛行機・ホテルも取れるかどうか・・・。

値段も去年より明らかに高い!これも冬ソナのおかげ?9月末ごろだったでしょうか、「韓国にて風俗関係で働く娘達2000人抗議デモ」と信じがたいニュースが、とびこんできました。「まじかよ!」一同絶句。調べると588・キーセンハウス閉鎖とのこと。行く前から波乱の予感?訪韓1週間前、旅行会社から未だ連絡が、ない。格安ツアーなんてこんなもん?と思いつつ連絡。



「航空チケットは、取れましたが、ホテルのほうが・・・。チケットは、早急にお送りしま
す。」おいおいホテル指定なのにそりゃないだろと思いながら、大人の対応。訪韓3日前、催促のTELをしてようやくホテル決定!

「さっそく団長へメールだ」PCにてメール送信。・・・結局PCは、入院。この時、PCが壊れているのではなく 団長に何かあったのでは?と勝手な想像をしていました。その後、携帯でメール送信。(このときは、大変失礼しました。)すぐに団長より返事がきました。妙に感動したのを憶えています。数回のメールのやりとりをして、最後に団長よりママの連絡先と何点かの注意事項を送ってもらい予約完了。いざ韓国へ!!

仁川11時30分着だったので去年(私は、2度目でした。)は、確か3時すぎにはホテル着いてたから・・・。などと考えているとガイドさんから「皆さんシングルで予約されてますけど・・・。女遊びは、逮捕されますよ」ときついジャブ一発。不安が一気に期待を上回り意気消沈。おまけに このツアー(て○みくらぶ)は、なんと5時すぎまで引き回しの刑が、ついていた。



おかげで全員ホテルに着いた時には、くたくた。これが、あとあとひびくことになるとは。ガイドの脅しにもめげず6時にママさんへ連絡。

30分ぐらいで部屋まで来てくれるとのこと。私の部屋に全員集合!そしてママさん登場。若くてかっこいい!そんな印象の女性がドアの外に。さっそく案内されるままホテルの前に来ていたワゴン車へ。道中、ママさんに日本での報道のことなどを話すと「ぜんぜん大丈夫」とのことでちょっと安心。30分?ぐらいでママさんのカラオケ店到着。

店に入ると「すわって待ってて」と言い残し店の奥へ。5分ぐらいしてから「こっちこっちと」別室へ。そこには、8・9人若い娘たちが・・・。私は、2人ほどピックアップし他の人に「お先にどうぞ」とふったのですが、C君が、「パスパス」と騒いでいる。

そこでとなりにいたA氏に「どうですか?」と聞くとどうやらお気に入りが、いたようで。「じゃーお先に」と一番若い娘(実は、私の候補の1人だった。)をもっていかれました。他の3人が、なかなか決まらないようなので「お先にー」と私も もう1人の候補だった娘をチョイスし別テーブルへ。まずは、簡単なあいさつ程度の話をしながら3人を待つことに。

その間、ママがテーブルに来たので「ここのカラオケいくら?」と聞いてみたものの、「安い安い、心配いらない」と・・・。(大丈夫かな?)しばらくするとB氏登場。C君は、まだ騒いでいる。「そう言えば腹減った。」言われてみれば機内食を食べてから何も口に入れてなかった。みんな決まったら10人で焼肉でも行こうと話しをしていると ようやくC君D君登場。さっそくママに「近くのおいしい焼肉店教えて」と聞くと案内してくれるとのこと。「いっしょに行こうよ?」とアガシたちを誘ったら、「それは、だめ危ない」。よく聞くとやはり取り締まりが厳しく団体行動は、やばいそうで。

「私たちここで待ってるからオッパたち行ってきて」そう言われちょっと寂しかったが、しかたない、ママに連れられ 歩いて2・3分の焼肉店へ。ちなみにこの店は、日本の某芸能人が、来てテレビで紹介されたそうです。生カルビもなく肉も今一。でも、1人7000円取られた。(ママお願いしますよー)さらにカラオケ店に帰りアガシと合流。すこしは、コミュニケーションとらなきゃと思ったのが大きな間違い!すわって酒・つまみが揃ったところでママ登場。「1人6000円です。」とA氏に告げた。(えっ)と思ったがもう疲れて眠くなってきていたので(はいはい)って感じで結局アガシの分と合わせて12000円払わされた。これには、アガシもびっくりしていた。

1時間ぐらいたったところでまず、A氏B氏眠くなったと早々に退散。ホテルには、警戒して別々に入ったと携帯で確認。その後、おとなしそうだったD君のアガシの変貌を見届け、私もC君とコーヒーを飲みにカラオケは、退散しました。コーヒーを飲んだ後、いよいよホテルへ。

部屋へ入ってしばらく会話(アガシ達は、日本語ペラペラです!!)。「どうして私を選らんでくれたの?」とアガシ。「かわいくて、おちついてたから(27歳最年長だったみたいです)」などなど30分ぐらいでしょうか、楽しく話しをして「シャワー先にどうぞ」と私が、切り出すと「いっしょに入る?」と笑顔でアガシが、言うではありませんか!そんな言葉が、返ってくるとは、予想してなかったのでびっくりしていると「いやだ?」とアガシが、言ってきたので(いやなわけないだろ)と思いながら当然、一緒に入ることに。


まず、アガシが、「すっぴん見て驚かないでね。」と言い残しバスルームへ。すると「オッパ、歯ブラシとかある?」という声が。アガシの分かと思いきやアガシは、ちゃんとお泊りセットをもっている。どうやら洗面台に歯ブラシがなかったので心配してくれたようです。「あるよ」と言いつつ見せようと思ったら(無い!)「忘れたみたい」とアガシに言うと「どうするの?」、「ごめんちょっと買ってくるから待ってて」と告げると「私が、行ってあげるよ」とアガシ。

こんな遅くに女の子を外へ行かせるなんてとんでもないとアガシに言うと「オッパ店も知らないし日本人が、行くより安全だから」と。結局、笑顔で押しきられ10000W渡していってもらった。

しばらくして帰ってきたアガシとさっそくバスルームへ。先に私がバスタブに入って待つこと数分、タオルを巻いたアガシが。思わず穴が開くほど見ていると「いやーん、恥ずかしいからあっち向いてて」とアガシ。(タオルをとったアガシは、むっちりBODYに巨乳!)もう私の息子は、既にパワー全開。そんな息子を含め全身尻の穴までやさしく手洗い!!じゃーお返しにとばかり私もアガシのすみからすみまでを手洗い。そのときでした。アガシの脇に毛を発見!(まじかよ)「ねー脇毛剃らないの?」と私。「わたし気にしないから」とアガシ。(俺は、気にするんだけど)と思いつつも疲れもピークだった私は(まーいいや、どーでも)と投げやり状態。

いよいよベットイン。すこしパワーダウンした息子もアガシのお口であっさり復活!その後、69へ。アガシの本気汁を確認したころ息が荒くなったアガシから「オ、オッパ入れたい?」GOサイン。そして、合体!!入れてびっくりどんどん汁が、溢れてくるではありませんか。それではと、スピードアップ!すると新たな変化が。

息子にまとわりつくよーな感覚が(すげー、このアガシのポジと感動しつつ)そして、吸われてると思うほどの感覚のあとフィニッシュ!息子が、お漏らしをしている間アガシのポジは、ぎゅうぎゅう締めてきました。話には、聞いたことはあったものの私は、初体験でしたので非常に感動しました。(朝もお願いしよう)と思いつつ手をつなぎながらぐっすり。

その頃、A・B氏には、ちょっとした事件が・・・。どうやらA・B氏の選んだアガシ達は、知り合いだったようで部屋の電話同士で掛けまくりだったそうで、A氏いわく、やろうとすると電話が掛かってくるわ、とどめにアガシ達が帰ると言い出すわ大変だったそうです。ちなみにA氏は、息子に帽子をかぶせたまま寝てしまうという伝説をつくり、B氏は、最年長ながら3発やったとニヤケながら言っていました。

朝は、仲良く4人で朝食を食べてたみたいです。C君は、というとアガシが、部屋のものを使い放題、寒いからバスローブ頼んでとそれも2着と結構わがままだったようです。しかしながら真夜中0時すぎにもかかわらず眠れないというC君につきあい屋台にいってくれたそうでどっちが、わがままなのか・・・。でもやることは、しっかり2回こなしたようで(やれやれ)といった感じでしょうか。

そしてD君。C君が出かけたころ帰ってきたようで。聞いたところでは、夜明け前からやりっぱなしで回数不明だそうで、とにかくアガシが激しくてと申しておりました。さすが、最年少としかいいようがないです。

それから、朝起きた私はというと、時計をみてびっくり、もう9時前!アガシは、「今日は、どうするの?」ともう帰り支度を始めている。「あんまりよく寝てたから起こさなかったよ」とアガシ。(そんな気は、使ってもらわなくても・・・)と思いつつ、資金がないのでと伝え(脇毛がなかったらもう1日頼むけどな)と心で叫び、ホテルのロビーまで送ってお別れとなりました。

いろいろありましたが、全員大満足の旅行になりました。団長さん、ありがとうございました!次回、訪韓のさいは、ぜひお会いしましょう!!

団長のコメント:満足の方に掲載するか、不満足の方に掲載するか、迷ったのですが最後に「全員大満足の旅行になりました」とありましたので満足の方に掲載しました。やはり、私がいないと色々とトラブル?が起こるようです。当方の仕事の都合上、お会いできない場合もございますので、ご理解下さい。


NO.22 ボンちゃんさん


先日は、お忙しい中ホテルまでおいで下さりありがとうございました。帰国日の朝お礼の電話を入れようと前夜思っておりましたが、当日目が覚めたのが午後12時チェックアウトの催促と、ツアーガイドさんの迎えでアガシと二人慌てて支度しフロントカウンターへと。すっかり電話を入れるのを忘れてしまいました。この場をおかりして、ありがとうございました。感動の2泊3日を記憶の薄れない内にご報告いたします。

訪韓当日、ホテルにて団長さんの説明を聞きしばしの会話をしたのですが団長さんいわく「おとなしい方ですね」・・・(実は、大変緊張しておりましです。この後、アガシにも同じ事を言われるとは、・・・・)そして団長さんとアガシとの待ち合わせ場所へ出発です。

到着してみれば、すでにアガシが一人待っていました。アガシの対面へ座ると同時に、「ちょっと二人で話をしていて下さい」と団長さんどこかへ(エッ!マジデ)またまた緊張の絶頂(団長さん早く帰って来て!)アガシと目があった瞬間「緊張してなにを話していいかわかんないです!」と第一声アガシはニコッと微笑んでくれました。2〜3分ほどで団長が戻って(トイレに行ってました)来て三人で話している内にもう一人のアガシが到着し座るやいなや団長さんから「どちらのアガシにします。」(エッ!エッ!アガシを目の前にして決めるの〜)とまどってしまいしばし沈黙状態におちいりました。(後で団長さんから心配のTELがあったのですが、こんな状態になっていたのでした。団長さんご心配をかけすいませんでした。)



そして私は、団長さんのおすすめでもあるアガシ(先に来て待っていてくれたアガシ)を選び二人きりになるとまたまた緊張への道を駆け上ってしまいました。しかしアガシが「私も、初めての人とは、時間がたたないと話が進まないですっ!」(たぶん気をきかしてくれたみたいで、うんやはり団長さんおすすめのアガシですね。)

腹もすき二人で腕を組み夕食へその後かるく一杯とカラオケへしかしここの店私たちが帰るまでお客は、私とアガシ二人だけでした。最後にK-POPをハングルマルで一曲歌い彼女にほめてもらいました。

ホテルへ帰りしばしの会話を時計を見ればすでに23時。私から「シャワーするネ」ときりだし彼女もシャワーを終えついにベットインです。顔を隠して「恥ずかしいです。」と言うアガシ(カワイイー!!)私はもうチャーリーズエンジェル・フルスロットルで攻撃、彼女も反撃とばかりに私の上へ・・・・(これがなかなかのテクニックで男の感じる壷をわきまえておりましたデス。)その後は?・・・・ひみつです。

今回3泊4日が2泊3日になり1泊分浮いた費用で予定したクラスより1ランク上で予約しましたが、団長さんのおっしゃるとおりでした。彼女はかわいいし、スタイルは、「私、こう見えて脱いだらすごいんです」のボディーに性格も良く、なんと言っても二人でサウナへ行った時、事前に料金を聞いていたのですが、オプションオプションで割り増しに、ホテルへ帰ってアガシが「いっぱいお金を払わせてゴメンナサイ」彼女は、全然悪くないのにケンチャナヨ!

2泊3日は、早く過ぎ別れ惜しくなった彼女でした。団長さん、感謝!感謝!本当にありがとうございました。

団長のコメント:満足した人は皆「時間がたつのが早くて、別れがつらい」とのご感想です。オススメしたアガシがとても気に入ってもらったので私も満足です。それでは、また・・・。



NO.21 リベンジに燃える男!!さん


やっぱりアガシを抱きたい!と思い。団長に連絡し夕方団長と約束し、イテウォンに向かいカラオケ に向かいアガシを選ぶ。

そんなに高望みはしなかったが、なかなかのアガシがいたので ドラフト1位で○○○ちゃんを
get!そこで団長とお別れして、アガシと焼肉屋に行って食事! 

そのアガシは日本語があまりできず、自分もハングル少し、二人とも言葉がわからないときは英語で会話!  なんちゅう二人やって感じやったけど、少しでもハングルでけて良かった!色々なアガシとの思い出が今ここにいるアガシと会話がでけるってことや!と思いつつ自己紹介しあったりした。顔は若い頃の池上 季美子に似た感じで見てるだけでもニヤつく俺!焼肉屋のアジュンマはこいつなんや?と思ってるやろと思いながらビール、焼酎を飲み、気持ちよくなりました。アガシはタバコ吸わないと言うので又感動のるつぼ自分はタバコ吸わないから嬉しかった!

・・・ でカラオケ屋に戻り少し休憩を兼ねながら、焼酎を飲みアガシと日韓英語で会話! なかなかこの子スタイルがええねん!早くホテルに帰りたくなってきた!飲みすぎは去年の二の舞は嫌や!去年はやってる最中に寝てもうたし、朝起きてsexしようと言うと怒り出したのはキムアガシやった恐ろしい思い出がよみがえる! そうそうと「ホテルカジ カゴ シッポヨ!」 (ホテルへ行きたい)アガシ「アラッソ!」(OK)

店をでてホテルにタクシーで向かいすぐにシャワータイム、「あなた先に入りますか?」「さきに入って良いよ!」俺。さきにシャワーを浴びるアガシ、2分後くらいにシャワールームに突入!ちょいとびっくり恥ずかしいがりなアガシ! 背中をボディーソープで洗ったりオッパイちゃんをゆっくり揉んだりで、シャワーplay突入!最初は恥ずかしがっていたアガシもなれてきて、盛り上がるシャワーplay!

・・・でベッドで1Rスタート!やっぱりこのアガシスタイルいいです!おっぱいは小さいが感度良好!挿入タイム!めっちゃきつい痛いくらいやで!しめつけアガシ!凄い!この締め付けはいままで抱いたアガシのなかでわNO1やで!3浅1深を頑張ってスピードアップすると! アガシが「チャンカンマン!」(ちょっと待って)と叫ぶ!ん?「おっぱ〜のここはベリーストロング!ゆっくりゆっくり」と俺のチンポをがっちり握るアガシっ!

アガシの言うとうりにゆっくりゆっくりピストン運動!アガシは息荒くなってくる!声をだす、アガシ 「おっぱ〜」の連続!それで「おっぱ〜〜〜」の大絶叫!なんか金玉袋が涼しいなと思い見てみると大洪水!アガシ潮吹きしてはりました!「こんな良いアガシを団長ありがとう!」とチンコおったてて思う俺!がはっはははで、1R終了1ピロートーク突入。

このアガシはこの仕事は始めたばかりのドシロート優しいのはもちろん、けなげやった。去年のキムとは大違い!キムは直ぐ怒るし、帰国後何度か電話来たが、「金おくれ!」とかばかりの電話こんなアガシもいますので皆さんご注意!でなぜか2R突入実はこのアガシSEX好きなんて! 30超えて一晩に2会は始めてや! 皆さんご注意!良いアガシにあたると2回はできますで!ちなみに自分は2004年で35歳になります! 

・・・で朝がきて「おっぱ〜今日どうする?」俺「チングにマンナよ」電話番号交換して「今度いつ来ますか・・?」とあがし  俺「○月○日に来るから会うか?」アガシ「チンチャ?」チンチャとは本当という意味です。アガシはチップくれとも言わず又会えるのを楽しみと言いながらちんこをペロっとかるく舐めてホテルを出て行きました! 長くなりましたが○月○日の事件をまた近いうちにおくります!

団長のコメント:リベンジ大成功!!おめでとうございます!!長〜いお付き合いになると良いですね。お幸せに・・・。


TOPへ     体験談一覧へ