NO.70  社員旅行で

団長、今回もお世話になりました。

早速、体験談を書きましたので、お送りします。

今回は社員旅行ということもあり、大人数での予約となり、団長には色々と骨を折ってもらい本当に 助かりました。

○月頃に社員旅行の話題があがり、韓国アガシ好きの自分は、強行に韓国を推して、自分の熱意!?が 伝わったのか、韓国行きが決定しました。

もちろん、私のメインはアガシ。前回、団長にお世話になった時のオキニともう一度会いたく、自分 だけ団長に連絡を取っていました。

ただ、社員旅行となると当然、団体行動がつきものですし、女性陣もいるので、どうやって自分だけ 抜け出そうかと考えていたのですが、 幹事のO氏が、どこで聞いたのか自分が韓国通だという話を聞いたとの事で、旅行の計画を一緒に立ててもらえないかと相談されました。

以前、ツアーで行った際には、お決まりのガイドによる市中引き回しの刑などで時間を浪費した為、 できるだけフリータイムを作れるパターンで話を進めて、女性陣と男性陣とは、別行動が出来るようにプランを作成しました。

そして、12月○日、韓国旅行へと出発です。 出発の数日前に他の男性陣からのお願いもあり、自分以外に8人が団長にお願いすることになりまし た。

ホテルへ到着してからは、予定通り男性陣と女性陣はほとんど別行動。 女性陣は旅行会社のガイドに任せ、垢すりやらショッピングやらに向かいました。

そして、ほとんどの男性陣は自分と団長さんに会いに行きました。

あらかじめ、日本の携帯を国際ローミング仕様にしていたので、団長さんに電話連絡しました。

自分のオキニは既にホテルのロビーで待機していたので、まずは軽く皆に紹介!?して団長&その他のアガシの 待つ場へ向かいました。

今回は大人数なので、いつもの喫茶店ではなく、某所にてアガシと対面です。 団長さんとの久々の再会を果たし、韓国初めての人もいるので、軽くレクチャーをしてもらい、いよいよアガシとの対面です。

20人ほどのアガシがいたでしょうか?

団長を紹介した自分も鼻が高くなるほどの粒ぞろいです。 一人一人パートナーを決めて、お茶を飲みながら話をしました。

そして、それぞれパートナーを連れて、ソウルの街へと繰り出していきました。

自分はオキニと仲の良い同僚&アガシと3組(6人)で行動しました。

で、いつものように、団長にブランド!?品のお店に連れていってもらい買い物をし、さらに革製品を 買いに行きました。

団長もよく使っているお店らしく、割引もしてくれて、良い買い物が出来ました。 つうか、本当に安いです。

円高の影響もあるのでしょうが、日本で同じものを買った場合と比べると 、半額近い金額でした。

そして、夕食はさすがに社員旅行なので、女性陣とも合流し、焼肉を食べに行きました。

女性陣もいる手前、アガシを一緒に連れて行くわけにはいかないので、アガシとは一度お別れ。 そして、さっさと食事を済ませ、また女性陣とはお別れです。

食事後、アガシと再合流。

今度はみんな(アガシ遊びをしない同僚もホテルに帰ってもやる事がないので)で一緒に行動です。

お決まりのカラオケ屋にて、18人(9人男9人アガシ)&アガシ遊びしない組4人、総勢22人で 飲んで歌って大騒ぎしました。

団長いきつけの店って事で、料金もまけてもらって、本当に助かりました。

あまり、お酒が好きではないメンバーは早めに切り上げてホテルへ向かい、自分は最後まで団長と飲 んでいました。

11時くらいに団長とも別れ、自分はオキニのお家へ向かいます。

ホテルは、2人一部屋なので、普通ならラブホを使うのですが、アガシが「私の家にいく?」って言 ってくれたので、二つ返事でOKしました。

このオキニとは今回が3回目なのですが、家に行くのは初めて。 アガシも「家に連れてくるのはオッパが初めてだよ」と言ってくれて 多少、緊張しましたが、反面うれしくもあり、なんとも言えない幸福感に包まれて、初日を終えました。

オキニの自宅でのエッチは本当に最高でしたね。 このまま住み着いちゃいたいくらいでした。

そして、2日目は完全終日フリータイム。

女性陣との合流予定もないので、朝から今日は何をしようかと、オキニと相談していると、携帯に電 話がかかってきました。

前日、アガシ遊びはしないと言って、別行動をした同僚からだったのですが、やっぱり自分達も紹介 してほしいとの電話です。

昨日、カラオケ屋でアガシを目の当たりにして、やっぱり自分もって感じになったのですかね。 で、またまた団長に電話し、(本当に何度も手間をかけさせてすみません。)アガシを用意してもらいました。

そして、同僚は団長にお任せし、自分は2日目のフリータイムをオキニと恋人同士のように、街を散 策したりして、楽しみました。 最終日、ホテルへの集合時間は10時なので、朝、オキニと別れの一発をじっくり楽しみ、別れを惜しみつつ、ホテルへ向かいました。

今回は自分以外の同僚にも良いアガシを紹介して頂いて、本当にありがとうございました。 約2名ほどは、満足できなかったようですが、残りの同僚は皆、満足したようで、また韓国行こうぜと話をしております。 その際は、ご面倒でしょうが、よろしくお願いいたします。

団長のコメント:またまた、アガシウィルス感染者が増えたようですね(笑)また、お会いしましょ う。


NO.69 あげマーン!?意味不明(爆)

団長との最初の出会いは、もう3年前くらいになりますかね?

まいどまいど、良いアガシを紹介して頂いて、恐縮です。(今回は本当に外見も性格も良いアガシで した。)

今回はいつもの悪友とは一緒ではなく、一人旅。

ツアーだと高くつくので(ツアーは基本2人一組の値段なので、1人でツアーを使うとなると割高) 、航空券、ホテルを自力でネットで予約しました。

韓国到着後、荷物も対してないので早速団長へ連絡を取り、空港から待ち合わせ場所に直行しました 。

あらかじめ伝えておいた好みのタイプ通りのアガシが2人待機していました。 (毎度の事ながら、団長さんの揃えるアガシの質の高さには頭が下がります。)

4回目となると、流石に慣れたもので、迷うことなくアガシを選択。 そして、軽く話しをし、とりあえずホテルへチェックインを済ませにホテルへ向かいました。

ホテルで話をしていると、何やら雰囲気がそういう雰囲気になっちゃって、とりあえず一発やっちゃ いました。 会ってすぐやるのは、嫌がるアガシが多いのですが、無理なく受け入れてくれたようで、この時点でこのアガシは出来るアガシだなと思いました。

テクニックもなかなかのもので、満足満足。

小休止した後、食事へ。

2人だけでご飯を食べるのはそっけないし、会話がないのも嫌なので、団長さんにもお食事をご一緒 してもらおうと 連絡をし、お店で合流。

楽しく、食事の時間を過ごし、(食事の場でもアガシの自分に対する気の使いようには感激しました 。)今回は悪友が一緒ではないので、カラオケへは行かず、カンナム地区にあるショッピングモールなどを散策して時間を潰しました。

ハイヒールを履いていて、長い間歩くのは辛かったはずなのに、愚痴のひとつもこぼさず、本当に良 いアガシです。

余談ですが、団長とお会いする前は、他のサイトで紹介してもらってたのですが、アガシの質、教育 などの面で本当に雲泥の差がありますね。

そして、ホテルへ戻って、まったりと話をしていると、アガシがウトウトしてきたので(多分、色んな場所を歩き回り過ぎて疲れたのでしょうね。)、今日は会ってすぐやったし、このまま寝ようよと話をし、コトは行わずに就寝しました。

2日目、朝目が覚めてみるとアガシはシャワーを浴びている途中でした。

なぜかアガシのシャワーの音に興奮してしまい、シャワールームに飛び込みました。

最初は恥ずかしがってベットでと言ってたのですが、結局シャワールームでバックでフィニッシュ。 いやー年甲斐もなく頑張っちゃいました。アガシにはちょっと悪いことをしたかな・・・。

終わった後、アガシに今日は何するの?と聞かれ、特別に行きたいところもないし、カジノへは行き たかったので、 アガシに一度家に戻っていいよと伝え、(どちらにしろ、アガシは朝、服を着替えに戻るアガシが多いので)夕方に合流することにし、別れました。

そして、カジノへと向かいます。

まずは、軽くルーレットで遊びます。 これが、かなりの的中率でどんどんとチップが増えていきます。 お、こりゃアガシのあげマンのお陰?と、変な想像をしつつ、あれよあれよ言う間に、持ち金が2倍に!!!!!!100万ウォンが200万ウォンになりました。

時間にして、1時間もかからなかったと思 います。

そして、次はブラックジャックへ。 いつもなら、ミニマム1万ウォンのテーブルに座るのですが、調子が良い&1万ウォンのテーブルは ほとんど埋まっていたので、ミニマム5万ウォンのテーブルへ。

勝って勝って負けて、勝って勝って勝って負けてみたいな感じで、終わってみると手元にはなんと400万ウォン。

これこそ、ほんとのあぶく銭(喜)

あまりにも気持ちが良かったので、これはいつもお世話になってる団長に恩返しをと思い、団長に一 緒に遊びませんか?今日はカジノでツイてたので奢りますよと、電話をしました。

そして、団長のオキニと私のアガシと4人で食事&カラオケを楽しみました。

団長のオキニ。流石に超常連の団長だけあって、良い女でしたね。

結局、カラオケの後、今度は団長の奢りでもう一軒行きましょうって事で、別の店で飲んで2日目は 終了。 あ、もちろん、ホテルで熱ーい時間は過ごしましたよ。

今回はアガシのお陰?(回りまわって紹介してくれた団長のお陰かな?)であぶく銭もできたので、 アガシにもチップを奮発し アガシにも喜ばれ、団長にも喜ばれ、私も最高の旅行になりました。(結局、旅行代金、諸経費、アガシ代など含めてもトータル収支がプラスでした。)

タダで旅行して、アガシを抱いて、飲んで食って騒いだ感じとなりました。 団長様、本当に今回もお世話になりました。 当分は今回のアガシ専属で行こうと思ってます。また、一緒に遊びましょうね。

団長のコメント:いやー本当にありがとうございました。今回は私の方がお世話になっちゃって、申 し訳ありません。また、いつでもご連絡下さい。

NO.68 最後の夜に!?

団長様 今回はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。

「滞在中に1回くらい一緒に飲みましょう」とお誘いを受けていたにも かかわらず、何かとバタバタしてしまいご連絡ができず申し訳ありませんでした。

お詫びのかわりと言ってはなんですが、自分もお世話になった体験談をこれから韓国へ行く方々のために書いて送らせていただきますので、よろしければ使ってやってください。

○月○日、JL8○3○便にてほぼ定刻どおりに金浦空港へ到着。

8月に韓国へ行った際にも別のサイトでアガシの紹介を受けたが、 あまり良くなかったため今回は団長にお世話になることを決めており、 1ヶ月前ほどから何度か団長とメールで連絡を取り合う。

金浦空港の玄関を出たところで一服しながら団長にTEL。

初めて電話したこともあり若干緊張していたが、某ホテルまで 来るように言われ、地下鉄で移動。

やはり日本に比べて格段に安い。

約1時間後、某ホテルの前に到着した旨を再度TEL。

団長も近くまで来ているとのことで、数分後ようやく会うことができた。

他の方の体験談にもあったとおり、紳士的な方でビックリ(笑)

今回は○○○での紹介ということで、道々歩きながら今後のことを教えてもらう。

事前に細かく好みのタイプをオーダーしていたが、正直不安があった。

○○○に到着して数分も経たないうちに、アガシと会うことに^_^;

客1人に対して、アガシが2人出てくるのが通例だが、 今回は団長の顔もあって5人のアガシがスタンバっているとのこと。

そしてアガシが待機している場に入ってご対面。

う〜ん、5人いるけど候補となるのは2人くらいといったところ。 (予算が少なかったのでやむをえないけど) でも自分の正面に座っていたアガシは事前にオーダーしていたタイプにほぼ一致していたため即決定。

自分がチョイスしたアガシが席を移ってきて、団長と3人で打ち合わせ。

今回の滞在は3泊だったが、帰国まで1人のアガシと ずっと一緒にいたかったので、団長に交渉していただく。

無事に交渉が成立し、夕食の焼肉を食べに・・・。

ここは、 値段も味も良心的で安心して食べられる店だった。

アガシは日本の年齢で26才(この時点では)で、 ネットのショッピングモールを運営していて、この仕事はアルバイトらしい。

色白で黒髪、服装もかわいくて自分のタイプ。

食事をしながらいろいろと話をして、ホテルへ移動することに。

お互いシャワーを浴びてベッドインとなったが、 肌はスベスベで胸も大きく、触るだけで病みつきになる心地よさ(笑)

アガシからのサービスも満足の行くもので、無事に1晩目が終了。 (ただ自分のサイズもあまり大したことないけど、緩かったような気が・・・。 これが後日正解だったことがわかります)

2日目〜3日目はロッテワールドで一緒に遊んだり、カラオケではなく いわゆるノレバンで安く歌ったり、夜のソウルタワーで夜景を楽しむなど、 恋人同士のように楽しく過ごすことができた。

デート中もアガシから腕を組んできたり、手をつないできたりと 仕草の一つ一つが可愛かった(笑)

一緒に過ごす時間が長くなるにつれて親密度が増していったが、 このおかげで最後の夜に衝撃的な告白を聞くことになるとは・・・。

3日目の夜(帰国前日の最後の夜)、ソウルタワーで夜景を見た後に、 ホテルに戻ってきてお互いシャワーを浴びて1回戦終了。

初日の夜も2日目の夜も1回戦ずつしかしていなかったが、 最後の夜ということもあり、1回終わってからもお互い起きたまま イチャイチャしていたら何となくいいムードに・・・(笑)

ほとんど2回しない自分にしては珍しく2回戦突入し、 名残を惜しむように2回戦も無事終了。

今回は本当に良いアガシで良かった〜と思って感慨にふけっていたら、 「オッパ、私ウソの年齢を言ってたよ」といきなりのカミングアウト。

本当にいきなりな感じで。特に年齢の話もしていなかったのに。 「え?本当はいくつなの?」 「オッパに26才と言ってたけど、本当は28才だよ(80年生まれ)。もうすぐ30才だよ」

まあ、日本の風俗の女のコだって年齢はサバ読むし、 2才くらいは全然気にしないレベル。それでも20代だし。

「ああ、そうなんだ〜。でも何でこのタイミングで言う気になったの?」

「オッパが何年生まれとか気にしてたから・・・」

「ああ、それは韓国の年齢は数えだから満で何才かを知りたかったから」

「私、子供もいるよ」

「!!!」

3日間、いろいろと苦労話(元カレのせいで男性不信になったとか、 家族のことなど)を聞いていたけど、子供がいるとは全く想像もせず・・・。

「子供はいくつなの?」

「もう10才だよ」

「え〜〜〜!!!」

そう、彼女は18才で子供を産んで、シングルマザー(未婚)として 頑張ってきたアガシだったのだ。

「全然わからなかったよ。体だってキレイだし。子供いるようには見えない」

「そう、みんなそう言う」

「でも、これこそ何でこのタイミングで話したの?」

「3日間、オッパと一緒に過ごして、ただのお客さんとは思えなかったから。 この話は他のお客さんにはしたことないよ。オッパが初めてだよ」

正直、子供の話は衝撃的で、知らないままのほうが良かったとも思うが、 それだけ信用してくれたというか、情(チョン)をもらったような気もして、負担なんだか、うれしいんだか複雑な気分。

「オレは話を聞いても何もしてあげられないけど・・・」

「ううん、オッパに聞いてもらいたかっただけ。私が話したかっただけだよ」

この後寝ようとしたけど、いろいろ悶々としてしまって、 すぐに寝付けなかった(笑)

帰国の朝、ホテルを出る前に清算。

規定の料金とチップを渡したが、チップを封筒に入れておいて後で見てと お願いしたのにその場で見られてしまう(笑)。

しかもちょっと不満そう(笑)。

もうちょっと欲しいと言われ、言われ方もかわいかったし、 昨夜の話もあったので追加でもうちょっとあげることにした。

そして空港へ向かうため地下鉄で移動。 彼女も途中の駅まで一緒に行ってくれて、電車の中でバイバイ。

金浦空港でTELして最後のお別れを言ったが、 TELしたことを喜んでくれたので、終わりよければ・・・かな。 今回のアガシは途中まで「大満足」だったけど、最後のチップのことがあったので「満足」レベルかな? (自分はチップの上積みを言われるとちょっと冷めてしまうので。

自分の渡す額がそんなに少ないのかな〜?) 清算する前までは今度もまた会うつもりでいたけど、 頭を冷やして、ゆっくり考えて決めようかな。 体は最高に良かっので迷うところではあるけど(笑)

団長のコメント:衝撃的な告白でしたね・・・なんともコメントのしようがありません。(汗)ま、アガシ達もなんらかの理由があってこの業界におかねを稼ぎにきてるのでしょうが・・・。チップに関しては確かに、言われると冷めちゃいますよね。前述しましたが、お金を稼ぐためにやってるバイトなので、誰もが少しでもたくさん稼ごうと思う気持ちはわかりますが・・・

NO.67 田辺と岡ちゃんのアガシ体験記

昨日(9月20日)日本へ戻ってきたばかりです。感覚が新しい内に体験談報告します。

かなり遅めの盆休みをもらったものの、何をしてよいのやら迷っている時に、友人から電話が・・・

田辺(仮名:友人)「岡ちゃん、これから盆休みなんだって、俺、来週に韓国行くんだけど一緒に行かない?」

岡ちゃん(仮名:私)「お前と二人で海外行って何するんだよ!!面白くもなんともねーじゃねえか!!」

田辺「それが面白いことがあるんだな」

岡ちゃん「なんだよ、面白いことって・・・」

実は田辺は既に去年、団長さんと対面しておりアガシを経験済み。それで一人で行くのは寂しいから一緒に行こうよって話しでした。

田辺にアガシの詳細を聞き、男の闘争本能剥き出しになった私こと岡ちゃんは、早速チケットの手配を始めるのでした(爆)

ってなわけで、韓国到着。

事前にメールで打ち合わせしていた通り、ホテル到着後、団長さんにTEL。

電話にて待ち合わせ場所を決め、団長と合流しました。

そして、アガシの待つ某所へ・・・。

私がアガシ初体験という事もあり、某所へ向かう途中、団長さんに色々とアガシ遊び&韓国での風俗遊びについてレクチャーしてもらいました。

そして、そんなこんなで某所到着。

アガシは5人きていました。

純粋そうな娘、綺麗だけどキツそうな娘、妖艶な雰囲気を醸し出してる娘、きれいなお姉さんは好きですか?的な娘、天真爛漫系の娘

色んなジャンルのアガシが並んでいます。

岡ちゃん「うわーマジかわいいじゃん。」

田辺「だろ!!さ、お前に先に選ばせてやるから、好きな娘選べ。」

一度、経験してる強みか、田辺の余裕ぶった態度が多少しゃくにさわりつつも、先に選ばせてくれるというので、ここは甘えさせてもらいましょう。

少し迷ってると、不意に団長が一言

団長「気にいったアガシがいなければチェンジしましょうか?」

岡ちゃん「いえいえいえいえいえいえ@@みんなかわいすぎるので迷ってるんです。チェンジなんてめっそうもない@@」

田辺「迷ってんなら俺が先に行こうか?」

岡ちゃん「いやいやいやいや@@ちょっと待て。俺に30秒の時をくれ。」

迷いに迷ったあげく、純情で優しそうなアガシを選択。

田辺は綺麗だけどキツそうなアガシを選びました。

無事、パートナー選びが終わり、特に観光をしたいわけでもなかったし、夕食にはまだ早いので、夕食の時間までコーヒーでも飲んで話でもしようという事になり、スターバックスへいきました。

コーヒーを飲みながら、お互いの自己紹介などして、自分の選択に間違いがなかった事を確信した次第であります。

彼女は近くで見ると本当に透き通るような肌をしていて、特に目がキレイでした。

あ、ひとつ驚いた事がありました。実は、アガシ選びの際、私もキレイだけどキツそうなアガシと純情そうなアガシとで迷ってたんですが、田辺が選んだキレイだけどキツそうなアガシは、アガシ選びの際にはちょっとふくれ顔だったんです。

機嫌が悪いのか、見た目どおりきつい性格の持ち主だったら嫌だなと思い、優しそうな純情系のアガシを選んだのですが、これが選んだ前と後では大違い。

すごいチャーミングな笑顔&細かい気配りをしてくれているではないですか。

これにはちょっと驚きました。後で団長に聞いたのですが、アガシ選びの際、緊張するのは男性陣だけでなく、女性陣も緊張していて、笑顔を作れないアガシが多いのだそうです。

※この体験記を呼んでる皆さん、参考にして下さい(爆)

・・・で、夕食の時間。団長さんオススメの豚カルビを食べにいきました。

すごく分厚い豚でしたが、肉質も柔らかく本当においしかった。さらに安かったですね。

極めつけは、「殿様食い」(勝手に命名 爆)

アガシが野菜にお肉を包んでくれて、口まで運んでくれます。

う〜ん。至福のヒトトキでしたね。

なんて言うんですかね。これが本当の癒し系だね。今、思い出しても本当に幸せなヒトトキでした。

食事の後は軽く飲もうって事で、カラオケ店へ(カラオケって言ってもカラオケボックスじゃないですよ。うまく説明できませんが、普通の飲み屋さんです。スタッフは全員男性。)

カラオケ店では団長も合流。・・・ここでこれまたビックリ。

先ほどアガシ選びの時にいたアガシが団長の隣にいるではあ〜りませんか?

団長「私も日本男児ですから、今日は「心の洗濯」の日です。」

ってわけで、団長も含め6人でワイワイ騒ぎました。

2時間ほど飲んで歌って、そろそろホテルへ・・・。

・・・

ホテル到着。部屋へ入り、2人とも無言・・・。

とりあえず抱き合ってキス。(なにやら本当の恋人との初体験みたいです。)

そして、そのままベットへ流れ込もうとするとアガシが

アガシ「先にシャワー浴びてきますね」

岡ちゃん「そそそ、そうだよね。シャワー浴びなきゃね。。お先にどうぞ」

なんか一人で先走ってしまった自分が恥ずかしかった。

ジャーっと流れるシャワーの音を聞きながら否が応にも気分は盛り上がります。

そして、アガシがシャワーを終えてバスタオル一枚で出てきました。

いや、出てきたというより、顔だけチョコンと出して、一言。

アガシ「恥ずかしいから電気暗くしていいですか?」

すぐさま、照明を薄暗く落とすと、アガシは小走りでベットの中へもぐりこんじゃいました。

岡ちゃん「じゃ俺もシャワー浴びてくるね。」

アガシ「・・はい」

入念に体を隅々まで清め、ベットへ向かいます。

ここから先は、ご想像にお任せします。

あまり詳しく書くと、また今度団長と会う時に恥ずかしいですから・・・。

端的に感想を述べますと、初日はこっちが言うがまま。こうして、ああしてって言うとなんでも丁寧にやってくれました。※アブノーマルな事はしてませんよ(爆)

そして、彼女もノッテくると結構エッチ好きみたいでした。

そして、朝を迎え、2日目突入。

2日目はアガシの家に遊びに行ったり、映画を見たり(韓国で21世紀少年やってました。)して、過ごしました。

そして、2日目はアガシの家でお泊りさせてもらいました。

アガシの家でのエッチはまた良かった。

アガシが優しくされるのが好きって言ったので(そういえば初日は、かなり自分本位なエッチでした。反省)、2日目は本当の恋人同士のように愛し合いました。

彼女の家でっていうシチュエーションがさらに気分を盛り上げてくれたような感じでしたね。

でも、その分、別れの時がツライですね。

翌日、田辺に彼女の家に行った事を報告すると、メチャメチャ羨ましがってました。(ちょっと優越感)

バツイチの4?才には、刺激が強いというか、本当にハマリそうで怖いです。

最後になりましたが、団長さんありがとうございました。

暮れのボーナスが出たら、また田辺と一緒にお世話になろうと計画中ですので、ヨロシクお願いします。


団長のコメント:韓国アガシ初体験で良いアガシに巡り会えたんですね。おめでとうございます。でも、ハマるのは禁物。たまにこうやって遊ぶから余計に良く感じるものだと解釈して下さい。それでは、暮れにまた会いましょう。体験談の投稿ありがとうございます。ちなみに私もあの日、無事「心の洗濯」が出来ました。また一緒に飲みましょう。


NO.66 ワリオさん

7月に韓国へ行ってまいりました。体験談報告します。

団長と会うのはこれで2回目。前回は友人と2人での傷心旅行でしたが、今回は4人での訪韓でした。私と友人の前回訪韓の戦果!?を聞き、「次にいく時は俺も連れてってくれー」とせがまれ、2人追加の合計4人となりました。

今回は、本来なら団長さんとは会えないかも知れない(本業が忙しくて出張中)って事でしたが、ちょうど私達の訪韓前日にソウルへ戻って来られていて、無事!?再開を果たす事ができました。

仁川空港へ降り立ち、スケベ顔でイミグレーションを通過。

ソウル市内への足代だけを韓国ウォンに両替して、予約してあるホテルへ。

今回は前回と同じ轍を踏まない為に、航空券は格安チケット、ホテルもネットで調べて安宿を予約しました。

前回は某大手旅行会社のパックツアーで行ったのですが、ガイドによる市中引き回しの刑&オプション買え買え攻撃に遭い、団長との面会の約束が大幅に遅れてしまいました。

空港からはタクシーで予約してあるホテルへ。タクシー代金は約8千円程度でしたかね。4人いるので一人頭2千円。※リムジンバスなら一人1.300円程度でしたね。タクシーでも頭割りしたら、そんなに変わらない金額だったのでタクシーでいきました。

ホテルへ到着したら、まずはいつも通り(って言っても、まだ2回目ですが)団長へTEL。

待ち合わせ場所を聞いて、団長との合流に成功。

今回は初体験の友人もいますので、団長のアガシ遊びに関する知識をある程度レクチャーして頂き、アガシの待つ某喫茶店へと向かいます。

今回は出発前にアガシを決める順番を厳正なるアミダくじにて決めてきていたので、その順番通りにアガシの待つ部屋へGO!!!!

一人目は私です。部屋に入ると8名のアガシが並んで座っておりました。

部屋へ入るなり、こちらを見つめるアガシ、恥ずかしいのか下を向いているアガシと様々ですが、どのアガシもそそるアガシ達です。

その中にヒトキワ輝くアガシを発見。

私の好みにピッタリのアガシです。色白で髪はロングのストレート(ちょっと茶色がかった髪)、背は162,3cmってとこかな。大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズです。
顔はちょっとロリが入ってるのですが、どこかエロチックな感もあります。

20〜30秒ほど、他のアガシ達を見回し(一応、最後の確認)、団長に小声で好みのアガシを伝えて、ひとまず部屋を出ます。

そして、残りのメンバーもアガシをチョイスして、男4名女4名が席につきました。

それぞれ、自分の好みのスタイルのアガシをチョイスできたようです。※日本へ戻って聞いたのですが、一人は私と好みがかぶっていたらしく、「次は一人で行って、お前がチョイスしたパートナーとやってやる」と言ってましたが(苦笑)

喫茶店では、4組のカップルがそれぞれのパートナーと自己紹介&会話を楽しんで、とりあえず、ちょっと早い夕食へGO!!!現在時刻は午後5時。

団長もお誘いして、一緒に団長オススメの豚の焼肉を食べに行きました。

団長オススメだけあって、マジうまかったです。しかも安い!!8名+団長でお会計は、1万円くらいでした。結構、飲み食いしたんですけどね。

食事中は、アガシがお肉を野菜に包んでくれて食べさしてくれ、ちょっとだけイチャイチャしながら、団長とのトークも楽しみ、次はカラオケへ。

みんなでワイワイ騒いで、カラオケ歌いまくり、アガシとのデュエット、アガシの韓国の歌(何言ってるのかわかんなかったけど、ノリの良い歌でした)、カラオケ店スタッフのSHOW TIME!?もあり、なかなか楽しめました。

2時間くらい遊んだでしょうか?宴もたけなわって事で、いよいよホテルへGO!!

2人は予約しておいたホテル(ツインルーム)へ、残りの2人はラブホです。

私はラブホ組です。タクシーへ乗り込み、ラブホへ到着。

韓国のラブホってどんなだろう?と思ってましたが、日本と変わらないんですね。料金は日本より安い、1泊6,7千円でした。

部屋へ入り、まずはベットに腰を掛けアガシと軽くトークを楽しもうと思っていたのですが、、アガシは先ほどまでとはうってかわって、少し無口になっています。

やっぱ、緊張するんですかね。

10分ほど会話をしたでしょうか?アガシの方から「先にシャワーどうぞ」と促してきました。

言われるままに、シャワーを浴び出てくると、アガシは備え付けのガウンを着ていて、私と入れ替わりにシャワールームへ入りました。

ジャーッと水の流れる音を聞きながら、あんな事やこんな事を想像していると、息子は早くも臨戦体制に。

これはイカンと思い、テレビを付けると、やはりというかなんというか、エロチャンネルがでます。日本も韓国も同じですね。

そうこうしてる間に、アガシがシャワールームから出てきました。

二人でベットへ潜り込み、スタートです。

まずは、軽いキスから始め、首筋、こぶり(Bよりは大きくCよりは小さめ)でハリのあるおっぱい、おなか、細いくびれのある腰と順を追って下へ下へと下がっていきます。

白くモチモチでハリのある肌、最高ですね。

アガシは感度も良く、ボルテージがあがってきます。

※嫁とやる時以上に頑張りました。

そして、次はアガシの愛撫。

うまく舌をからめながら、手での刺激も同時に与えつつ、男のツボをわかってますね。

我慢が出来ずに、先走り汁がたくさん出てました。

アガシの方もヌレヌレで準備OKです。

そして、ゴムを装着して、まずは正上位でスタート。

アンアン喘いでいるアガシの顔を見ると、かわいすぎて、すぐにイッちゃいそうです。

イクのを我慢し、次は騎乗位。

アガシの腰の動きに合わせて、私も下からガンガン突きまくりです。

反応が良いので、いつも以上に頑張れますね。

アガシの締まりも良いので、早々と我慢の限界が近づき、再度、正常位へと体位を変えて、最後の高速ピストンをかまし、発射しました。

アガシも満足してくれたようです。

そして、深い深い眠りへつきました。

翌日、ラブホ組とホテル組とで合流し、前日お願いしておいたママさんに車を出してもらい、1日市内観光を楽しみ、2日目も有意義に過ごせました。

お昼時には団長さんも合流し、団長に冷麺をご馳走になっちゃいました。ありがとうございます。

2日目の夜は、初日よりも密度の濃い一発でしたね。そして、3日目の朝の一発を済まし、アガシとはお別れです。

今回も良いアガシをありがとうございました。友人たちも皆、満足したみたいで、帰りの飛行機の中では、早くも次はいつ韓国へ行く?などと話しておりました。

次回の韓国行きが決まったら、またお願いしマース。


団長のコメント:満足して頂けた様で、良かったです。でも、今回のアガシ達は皆本当に質が良かったですね。同じランクでも上位ランクに入るアガシ達でしたよ。私も、ここんとこご無沙汰なので、久しぶりにアガシと遊んで、「心の洗濯」をしようと思います(笑)



NO.65 カジノマン


団長、カジノマンです。

5月に行った韓国での最高の体験談を、今更ながらですが、メールでお送りします。

韓国へは、これで4回目。

毎回、韓国へ行く前には、多少の軍資金を貯めて必ずカジノに行ってます。

あ、もちろん、アガシもですが・・・えへへ。

今回のアガシは本当に忘れられそうもありません。

なんせ、彼女の上げマンのお陰なのか、カジノで大勝。

なんと60万円も勝ってしまいました。

お陰さまで今回は大名旅行となりました。

カジノで勝ったお陰で本来2泊3日の予定を4泊5日に変更して、アガシも普通ランクと最高ランクとを堪能した次第です。

初日に紹介してもらったアガシも良かった(何よりもあげマンでしたから・・・)のですが、私も日本男児ですから、

一度は最高ランクをと思って、3日目にはランクチェンジを行った次第です。

初日のアガシの不満があったわけではなく、男のサガとでも言いましょうか?

団長にもわかって頂けますよね?

でも、経験してみて良かったです。やはり、最高ランク。見た目はピカイチですね。

なんで、こんな仕事してんのーっていうくらい、かわいいアガシでした。

あまりのかわいさにシャメを撮ってしまったほどです。(嫁さんに見られたら大変ですけどね。苦笑)

団長の言ってたとおり、日本語があまり出来ないのと、仕事の経験があまり無いため、1日目は緊張していましたが、

2日目からはお互いボディランゲージとつたない英語を交えて、楽しみました。

言葉がうまく伝わらないのが、かなり不便ではありましたが、あれはあれで新鮮さがあり、楽しめました。

次もカジノで大勝したら指名しようと思います。多少は韓国語も勉強して。

とにもかくにも、ありがとうございました。

次回も一緒に遊んで下さいね。ヨロシクです。


団長のコメント:お気持ちわかりますよ〜。男の性としか言いようがないですね(笑)



NO.64  SIMAさん


団長。SIMAです。6月初旬の週末の忙しい時に会ったSIMAです。覚えておられますでしょうか?

団長を紹介してくれた友人より、団長のアドレスを教えてもらいましたので、メールいたします。

まずは、先日、お忙しい中、私のわがままに付き合って頂き、本当にありがとうございます。

週末の忙しい時に、何度もアガシをチェンジさせてお時間を取らせまして、申し訳ありませんでした。

でも、その甲斐あってか、満足の行く韓国旅行になりました。

実は初日は他のサイトで紹介してもらったのですが、そこで紹介してもらったアガシが最悪のアガシでして、昼は昼でやたらと自分のキックバックのある店に連れて行こうとするわ、夜は夜でまともに「お仕事」をする気がないわ。翌日、別れの時は、チップを必要以上にせがまれるわで本当に最悪でした。

そこで、急遽、日本の友人へ電話をかけ連絡先を教えてもらい、団長と連絡を取らせて頂きました。

何度かチェンジはしましたが、お陰様で初日の悪夢を振り払い、満足いく韓国旅行になりました。

とても、チャーミングで私のワガママも受け入れてくれ、他サイトで紹介してもらったアガシとは雲泥の差でした。ありがとうございます。

私、文才がありませんので、これを体験談の代わりに使って頂ければと思います。

また、韓国へ行く機会がありましたら、ご連絡させて頂きます。

団長のコメント:わざわざ、体験談送って頂きありがとうございます。結果が良かったって事で、一安心です。それでは、また・・・。


NO.63 JJさん

団長、先日は、お世話になりました。日本へ戻って、やっと一息つきましたので、体験談を書いてみた次第です。

5月中旬に韓国へ出発いたしました。

われわれは総勢5名。

当然、出発前から団長と連絡を密に取り、「男の遊び」を充実させる準備は万端です。

色々と他のサイトにも連絡を取ってみましたが、最終的に団長に、ご紹介してもらうことに・・・。

出会い喫茶も経験してみたかったんだけど、やはり、ちゃんと最後まで面倒を見てくれる人がいるのと

いないのとでは、安心感が違いますので、団長のご紹介に決めさせていただきました。

団長のご助言通り、チケットは格安の航空券を使い、ホテルも格安ホテルを予約。

旅行会社経由だと、色々と制約があるし、ホテル直行も難しいですからね。

せっかくの韓国旅行を1分1秒でも無駄にしない為、旅行会社はPASSさせていただきました。

でも、結局、旅行会社のパック料金も自分で格安チケットとホテルを取るのも、

金額的にはそんなに差はありませんでしたね。

しいて言うなら、空港からホテルへのお迎えが無い部分だけでしたが、

空港からソウル市内へは、リムジンバス(千円程度)が出てますし、

私達は、5人おりますので、結局、ジャンボタクシーなるものを利用しました。

料金は、ホテルまで7千円程度でしたから、一人1,400円ほど。

ちょっと話が脱線しましたが、本題へ。

ホテルに到着し、団長へご連絡。

電話の向こうは、ちょっと渋めの中年の男の声。

しかも、日本語メチャメチャうまい。

当初、私は団長と言っても、韓国人の日本語のうまいおっさんなんだろうと思っていましたが、

私と同じ日本人だったんですね。ハハハ、日本語うまいのは当たり前か。

さてさて、電話で団長と待ち合わせの場所を決め、全員で移動。

ソウル市内の移動は、すべてタクシーです。

どこへ行くにも、500円〜千円程度でした。

待ち合わせの場所で、団長と落ち合い、ごあいさつ。

団長から、色々とアガシと遊ぶマナー講座を受け、いざ、ごたーいめーん。

アガシの数、総勢10人。

中には「えっ???」って疑うようなアガシもいますが、逆の意味での「え!!!」って感じのアガシもいました。

私の順番は3番目、自分の予想していたものよりも期待以上のアガシを選ぶことができました。

色白、背は高く、スレンダー。顔はかわいい系ですかね。年は24歳。見た目はもっと年下にも見えましたね。肌もきれいだし。(結局、大当たりでした。)

来ていたアガシは色んなタイプのアガシがきてましたので、次回は他のアガシも・・・と心に決めていたる私です。

あらかじめ、決めていた順番通り、パートナーを選び、しばし談笑。

その後は、買い物や食事、お酒などのコースで1日目を締めくくりました。

特に食事に行った時は最高に感激しましたね。

これぞ「殿様のお食事」って感覚でした。

団長おすすめの、豚の焼肉を食べに行ったんですが、肉を野菜に包んでくれて口まで運んでくれる。

う〜ん。幸福感いっぱいです。

夜は夜で、恥ずかしがってる彼女を優しく優しく、愛しました。

彼女も一生懸命に応えてくれて、大満足です。

2日目は、1人だけチェンジが入りましたが、残りの4人は皆満足したようで、同じパートナーで続行。

来る前は、毎日(と言っても2日だけだけど 笑)他のアガシを選ぶぜーって感覚で来てたのですが、

本当に優しくて、「お気に入り」になっちゃいました。

2日目、一人はチェンジするので団長と再合流。残りの4組とは昼間は別行動しました。

4組の中には、既婚者もいるので、日本の妻に証拠写真を撮って帰らなければいけないと言うので、韓国の観光名所を歩き回りました。

そして、夕方になりチェンジした友人と合流。

結局、飲み屋さんでは団長とも合流し、楽しい時間を過ごしました。

2日目は、昨日1日一緒にいたせいか、親近感もアップして、本当の恋人のように1日を過ごしました。

彼女の方も、夜は初日に比べて、多少積極的な感じで、初日とは違う味を満喫いたしました。

3日目の朝は、別れるのがツライですね。

たった2日のメイク・ラブでしたが、彼女がよくしてくれた分だけ別れがつらかったです。

必ず、もう一度来るよと約束をして、韓国を後にしました。

ちなみに2日目チェンジをした友人は、2日目もあまり満足できなかった模様ですね。

ま、あの友人は日本でもやたらと我を通す人間なので、日本の飲み屋に行っても、女の娘に嫌われるような行動を取るので、またぞろ、今回もそれが原因ではないと思っている次第ですので、団長は気にしなくて結構ですよ。

5人中4人は大成功という事なので、成功率は80%というところでしょうか?

ちょっとハマりかけてる自分が怖いですが、団長、またよろしくお願いしますね。

団長のコメント;お友達は残念でしたね。ま、遊びにもマナーと節度が必要ですからね。他の4人は満足って事なので、良しとしましょう。



NO.62 BINBINさん


どうも、団長。先日お世話になった田○です。体験談書き込みます。

僕と団長との付き合いはかれこれ5年になります。

年に数回、韓国出張のたびに団長にお願いしており、今回は10数回目です。

今回は会社の部下も夜を持て余しているとの事で2人でお願いしました。

いつもの団長との待ち合わせ場所で、団長と落ち合い、アガシとの対面。

10数回目の経験で言わせてもらうならば、今回のアガシの見た目の質は中の上と言った感じでしょうか?

私は、くびれを重視するタイプで、胸も大きめがタイプなのは、団長もうすうす気づいてると思います。

今までが良すぎたのかも知れませんが、見た目的には私の好みは5人中2人でした。

生意気言ってすみません。根が正直なもので・・・。

ま、今回は部下に合わせていつものランクよりひとつランクを落としたのでしょうがないと思っております。

話が飛びましたが、本題に戻ります。

私は10数回目という事もあり、手馴れたものですが、部下は初体験なので、多少、緊張気味。

「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ」と声をかけても、耳に入ってない様子。

現場に来ていたアガシは、全部で5名。まずは、初心者の某部下に指名権を与えました。

某部下は、悩んだ末、私の好みのアガシ以外の娘を選択。

私は、胸が大きく童顔のアガシをチョイスしました。

団長と落ち合ったのが夕食後だった事もあり、軽くお酒を飲んで、ホテルへ。

部屋へ入って、シャワーを浴びて出てきた彼女は、私の見た目通り、くびれのあるナイスバディ。

また、顔に似合わずテクニックもかなりのもので、満足させて頂きました。

某部下も、それなりに満足した様子です。

また、出張時にはお世話になります。

それでは、また韓国にてお会いしましょう。


団長のコメント:相変わらず手厳しいですな(苦笑)ま、いつもよりランクがひとつ落ちてるので、そう感じるのはしょうがないですね。また、お会いしましょう。


NO.61 TAROさん

団長、ご無沙汰してます。2/17〜19に友人と2人で渡韓しました。

遅くなりましたが、今回の旅行のご報告をさせて頂きます。

出発前、我々2人は、団長から伺った『韓国版 出会い喫茶』への期待に胸躍らせ、
まさにアゲアゲ状態で週末を迎えました。

そんな土曜の夕方、知人と韓国土産の相談の真っ只中、
「明日は同行できそうにない」と、団長からの訃報(?)が飛び込んできました。

楽しみにしていた『韓国版 出会い喫茶』が消え去った事を相方に告げると、互いの胸中に、
「これは、今回の旅行への不吉な前触れではないのか?」との懸念が巻き起こりました。


出発当日の朝、空港への電車に空席が無かった事も手伝って、前日の懸念が膨らみ、
少しの期待と沢山の不安を抱きつつ、飛行機に乗り込みました。

道中、相方から、「俺、9ヶ月くらいS○Xしてねぇ」とカミングアウトされ、その言葉の重さに、
ヘルス通いでそれなりに(?)満たされていた私は、先行指名権を快く譲ってあげました。
(この男の優しさが、この旅を素晴らしいものにした事は、言うまでもありません。)

現地に着き、係員の巧妙なセールストークについホロリときて、危うくオプションの契約を
取られそうになったり、執拗な寄り道を薦める係員に、「早くホテルへ連れて行け」と言って
拗ねられたりで、「今回は良くない事が起きるのかなぁ?」と思いつつ、午後3時頃に
チェックイン、すぐにママさんへ電話しました。

団長の計らいで直接紹介して頂いたママさんにより、それまでマイナス思考の塊だった
我々の懸念は、一瞬で消え去りました。

とにかく美人揃い、ママを含む5人の内、自分は正直、誰でもOK!でした。

そんな状況で、先行指名権を持つ相方が迷うのも無理はありません。

しかし、1人で複数人選ぶ訳にもいかないため、自分は取り敢えず、心の中で2人に絞りました。

1人は万人ウケする可愛い感じの若いアガシ、もう1人は綺麗なお姉さん的なスレンダーなアガシ、
2人に絞ってはみたものの、この2人に順位は付けられませんでしたが、相方は恐らく前者だろう
と思い、様子を伺うと、「悩むぅ〜!!」と一言。

そこで、もう心の中では決まっているのでは?と思った私が、「じゃあ、俺が先に選ぼうか?」と
急かす様にカマをかけてみると、「じゃあ、黒い服の娘!」と即答。(ヤッパ決めてんジャン)

私の読みはズバリ的中!言うまでもなく、お姉さんアガシを選んだ私は、隣に来た瞬間、BINGO!
と心の中で叫びました。

と言うのも、座り位置の関係上、少し離れて真横にいたアガシを、チラッとだけしか見ておらず、
長年風俗遊びで鍛えた直感力を信じつつも、一つの不安を抱いておりました。

そのアガシ、見た目の綺麗さが故、客に冷たい人?との思いがよぎったのです。

ところが、隣に並んだ時の可愛らしさと、薄めの化粧を見て、ガツン!!とやられてしまった訳です。

まさにドンピシャ。この娘はイイッ!と思ったのは、相方も同じでした。

実は、お互い2人に絞り込むには何の躊躇いもなく、2人に順位を付ける事に苦慮していたとの事。

そんな浮かれ気分の2人と、2人のアガシ+ママさんの5人で、焼肉屋へ。


この旅で、一つだけ苦言を呈すならば、この焼肉屋さんについて。

店内は綺麗で、味も美味しく、値段はそれなりだったのですが、我々のリクエストは、日本人が
あまり行かないような、むしろ、日本人だけでは行けないようなお店をリクエストし、ママさんもOK
してくれたので、楽しみに店に着くと、目の前にいきなりカタカナの看板が。

そこもママさんのビジネスに入っているなら仕方ないけど、アガシが気遣ってか、余り食べなかった
のを見ると、少し残念な気分になりました。

食事⇒カラオケの後、小腹が空いたと言うアガシに付き合い、4人でホテル近くの店へ。

そこでブデチゲを突付き、いよいよホテルへ。(ブデチゲ旨かったぁ〜)


同じホテルに部屋を取り、部屋に入ると、お酒の好きなアガシと、2人でまた乾杯!

1時間位飲んだ後、シャワーを浴び、ベッドへ。

何事も一所懸命なアガシ、ベッドの中でもそれなりに。。。(韓国女性としては頑張ってくれた方?)

過去2度の渡韓で、まだ実現してない、「朝の一発(以上)」を今回こそ!と密かに夢見ていた私に、
アガシからの悲しすぎるお願いが。

「私から唯一のお願いがあるの。朝はゆっくり寝かせて!」

ガッシャーン!!私の心の中の何かが、音を立てて崩れました。。。

残念な思いを胸にしまい込み、必死に振り絞った一言が、

「お疲れさん、ゆっくり休んでね」  でした。。。zzz。。。


朝になると(まだアガシはお休み中)、もう一人のアガシから部屋に電話が。

♀;「何時におかゆ食べに行くの?」 私;「えっ?そんな約束したっけ?」
♀;「ウン、四人で行こうって!」 私;「ごめん、忘れてた。○○チャン、急ぐの?」
♀;「ウン、これから予定あるから」 私;「でも、××チャンまだ寝てるよ」
♀;「じゃあ行けないネ」 私;「ウン、ごめんね」

なんか、楽しみにしてたみたいで、申し訳ない気分で一杯でしたが、結局は残る三人で、
おかゆを食べに行きました。(これまた旨かった!)

アガシと別れ、買い物を済ませた後、街をブラブラしていると、相方から思わぬ一言が。

「○○チャン 可愛かったなぁ。もう一日いっちゃおっかなぁ?」

えっ?っと驚く私。実は以前、二日連続の話を持ち掛けたとき、「ありえねぇ!」
とバッサリだった彼が吐いた言葉だったからです。

相当”おきに”だったようで、持ち合わせの実弾を計算し、帰国後の生活費も考慮し、
リピートは無理だ、という結論が出たようです。

「残念だったね。また今度来るとき、ママに同じ娘紹介して貰う様頼んでみたら?」
と慰めると、更に驚きの一言が。

「これ返品したらいけるかも?」と言って取り出したのが、免税店で買ったカバンのレシート。
「この支払いが来なけりゃ、帰国後の生活費も何とかなりそうだし。。。」とか言い出す始末。

すぐさま免税店に問い合わせ、タクシーで免税店へ。解約を済ませた後、また耳を疑う一言。

「あぁ〜、迷うなぁ〜。」 おいおい、ここまでしてまだ迷うか!?

まるで恋に落ちた純情青年の様、えーおっちゃんをここまで悩ますアガシ、罪ですなぁ。
結局悩みに悩んで、アガシとの再会は、次回に持ち越すことになりました。

帰国までの間も、帰国後も、アガシがどれ程良かったかを惚気られ、
「じゃあ、その愛しのアガシに会いに行くのはいつ?」と聞くと、
「夏(のボーナス後)!」との事で、それまでアガシが居るかどうか、不安は尽きませんが、
私は、次回こそ「出会い喫茶」を経験したいので、メンバーを増員し、「紹介」と「出会い」の
2本立てでお願いできればなぁ、なんて思ってます。

長々と書きましたが、今回も団長のおかげで、大変楽しい韓国ツアーを満喫できました。

また、6/末〜7/頭 あたりに連絡しますので、宜しくお願いします。

団長のコメント:出会い喫茶は、マスターが気まぐれで店を開けたり閉めたりするので、当分はちょっと無しですね。朝の一発は残念でしたね。次回は、本懐を遂げられるようお祈りしております。



TOPへ     体験談一覧へ